オレに近所に住む家族のこと。
両親と娘の3人家族だった。
オレはご近所づきあいの延長で、その家族にもお邪魔させてもらってご飯を頂いたりもしている。

娘とも仲良くしていた。
初めて会った頃の娘は、まだ15歳くらいだったろうか。
彼女が中学を卒業すると同時くらいに近所に引っ越してきたのだ。
彼女は『ミリア』という名前で、いかにもモテそうな可愛らしさがある。
オレの2歳下なので、同じ高校に入ったために1年間は同じ学校に通うことに。
まあそんなことを言っても、学校ではほとんど顔も合わせる機会はない。
近所でたまに会うか、家族ぐるみの付き合いで会うかくらいだった。

そしてオレが社会に出ると、オレは一人暮らしを割と近くで始める。
ミリアともほとんど合わなくなる。
近所にいるのは変わりないので逆にあまり意識をしなくなっていた。
ふと、家にいるなくらいは思ったことはあったが。

しかしオレが22歳の頃、偶然仕事が早く終わって家に帰ろうとしていると、ミリアにばったり出会った。

「おう、久しぶり!」

オレが声をかけると、ミリアは変わらないテンションで挨拶をしてきた。
ミリアは少し大人っぽくなっている気がする。
たぶんこの時で2年ぶりくらいだと思う。
オレはゆっくり話しながら家に向かっていた。
そしてオレが自分の家に行こうとするとミリアは不思議そうな顔に。

「あれ、家はこっちでしょ?」

ミリアはオレが一人暮らしを始めたことを知らなかった。
それを説明すると、家を見たいと言ってついて来た。
あまり綺麗にはしていなかったが、恥ずかしいほどでもないのでミリアを部屋に入れた。

「意外とキレイだと思うけど・・・」

ミリアはそう言うが、まあ言ってしまえば物があんまりないってことである。
オレはミリアにお茶を出して、ソファーの代わりにベッドに座らせた。

「久しぶりだけど彼氏はできた?」

何気なく聞いてみた。
ミリアは思いっきり首を横に振る。
そんな雰囲気もないらしい。
こんなに可愛いのに、不思議なこともあるものだ。
周りの男はどうしちゃったんだ?

「でもね、今度成人式に出るんだよ!」

オレは全く意識をしていなかったが、ミリアは今年で20歳になっていたのだ。
記憶が17歳くらいで止まっていたので、そのつもりでいてしまう。

「そっかー、じゃあなおさら彼氏が欲しいでしょ。大人の階段上らないとさ」

そんなことを言いながらオレはゆっくりとミリアの体をベッドに寝かせた。

「え・・・何するの・・・?」

「大人なことだよ」

オレはミリアにキスをしながら横たわるミリアの胸を軽く揉んでいた。
きっとミリアは恥ずかしい気持ちでいっぱいになったのだろう。

「アァぁん・・・ちょっと・・・!止めてよ・・・」

ミリアはオレの手を外そうとする。
しかしオレはミリアの耳や首筋に舌を滑らせると、感度がいいのか力を抜いてしまい喘ぎ声を出してしまう。

「アァぁん・・・ヤダぁぁん・・・!」

可愛い顔と可愛い声がオレの股間を興奮させてしまう。
子供だと思っていても、ミリアはもう胸の膨らみもある立派な大人だ。
オレは自分の勃起した股間をミリアに押し付けながら手をミリアの下腹部に持っていく。
スカートを捲ると、そこには薄いブルーの可愛いパンティーが見えた。

「エロいの穿いてるね?」

そう言いながらオレはミリアのヴァギナを弄る。
ミリアの反応が著しくなった。

「あぁぁ、あん・・・ハァぁあん・・・!!」

ミリアはモゾモゾしながらオレの手マンを受けてしまうことに。
太ももの間にオレの足が入っているために股間はガラ空きになっている。
勢いに任せてオレはミリアのパンティーの中に手を入れて、柔らかい感触の恥丘を触っていた。

「あんん・・・ダメェぇ・・・あん・・・」

ミリアはこれ以上ないといった恥ずかしい表情をしている。
しかしもっと恥ずかしい目に遭わせようと、オレはパンティーを脱がせてクリトリスに舌を当てた。

「きゃん・・・!!な、何するの・・・!!」

ミリアにとってクンニは未知のものだったのかもしれない。
その照れる可愛い顔に必死さを感じることができた。
しかしそれでもオレの舌は完全にクリトリスを捉えているわけで、ミリアが離れようとしてもクンニは続けられていた。
ミリアのヴァギナからヌルヌルの愛液が流れてくる。
それ以上にミリアの体がもう今にもオーバーヒートしそうになっていた。

「ひゃあぁぁん・・・!!ア、アァぁ・・・なんか変になりそぉぉ・・・!!」

オレのクリトリス攻めがミリアの絶頂を呼びこんでしまう。
体を震わせたミリア・・・クリトリスでイッてしまった。
吐息を乱しながらベッドに横たわって、大人になった体をオレに寄せる。
オレの勃起したペニスは、そんなミリアに欲望を隠せない。
オレはミリアの目の前に肉棒と化したペニスを見せつけた。

「今度はこれを舐めてみようか?」

ミリアはフェラもしたことがないかもしれない。
しかし無意識にミリアはオレの肉棒を優しく握って、自然としごき始めた。
そしてオレに言われるがままにフェラを始める。
チュロチュロと消極的な舐め方から、オレの一声で一気に積極的なしゃぶりを披露した。
たぶんミリアの心の中に男のカラダに興味があったのだろう。
舐めながらミリアは、オレの肉棒の先っぽから出ている我慢汁に興味を示していた。
前のめりな気持ちでフェラをするミリア。
オレのペニスはその無邪気なフェラで昇天してしまいそうになる。
そしてオレがペニスをドクドクと躍動させると、ミリアは何かを感じたかのようにフェラを勢いづけてきた。
もう我慢できるはずがない。
オレはミリアの口の中に精子を大量に放ってしまった。
ミリアの驚いた表情は、どこかしら幸せそうな感じがした。

ミリアの処女をオレが奪ったのは、その数日後だった。