私は結婚前、彼氏に露出調教されていました。
もともとMっ気があった私ですが、その彼に完全に露出マゾ奴隷に調教されてしまったんです。
彼とのデートは超ミニにノーブラで胸を強調(谷間露出や乳首浮き、脇乳など)した服装で街中を連れ回されるんです。
例えば、階段やエスカレーターを何度も上がらされ、わざとパンチラさせられます。
そして前屈みになって、谷間やその奥の乳首までをも覗かれたりとか・・・。
さらに下から風が来る場所を通り、スカートが捲れ上がらせたり・・・。
散々露出させられた後で、河原や公園等の野外でエッチと言うのが定番コースでした。

ある時、彼と泊まりがけで貸し別荘を借りて旅行に行った時、行きの車の中で高速を走りながら助手席で着替えさせられたりしました。
それも下着まで総替えで、着替えさせられたのは膝上、というより股下5cmくらいの超ミニで・・・。
乳房が半分露出するくらいに胸元が開いている破廉恥なワンピースをノーブラ、ノースットキングでした。
つまり靴以外、ワンピの下はパンツ1枚です。
休憩でドライブインに入るたびに周囲の視線が突き刺さりました。
料金所を通るたびに、ただでさえ短いスカートをたくし上げて、パンツを露出した状態で、料金所のおじさんに覗かれていました。
それ以外にも車中で彼に身体を弄ばれてたのは言うまでもありませんが、それらはまだ手始めにしか過ぎませんでした。

貸し別荘に着き、早速テニスウェアに着替えてテニスをやりに行きました。
しかし超ミニのテニスウェアにも関わらずアンダースコートを穿くことは許されず、自前の生パンです。
立ってるだけでもお尻の下の部分が露出してしまうほどの短さですから、それで動こうものならパンツは丸見えです。
出来るだけアンスコに見えるようなパンツを選びましたが、無駄なことでした。
周囲の人には生パンであることはバレバレで、あからさまなヤジ馬まで集まりました。
テニスが終わっても、そのままの恰好でお土産屋や軽食屋に入らされ、レンタルサイクルを借りてパンツ丸見えサイクリングまで・・・。

そうして昼間、散々露出させられた夜、出前を取ることになりましたが、その出前の人に全裸を晒せと言うのです。
私が出来ないと言うと、「出来る状況を作ってやる」と言いました。
浴室でシャワーを浴びて待ち、出前が来たらバスタオルを身体に巻いて慌てたふりをしながら出迎え、品物を受け取る時にタオルを落とせと言われました。
彼には逆らえず、私は服を脱いでシャワーを浴びて、バスタオルを身体に巻いて出前が来るのを待ちました。
しばらくするとチャイムが鳴りました。
私はバスタオル1枚の姿で玄関を開け・・・。

「すみません、シャワー浴びてたから・・・」

あえて言わなくてもいい言い訳をしながら、出前の人から品物を受け取る瞬間・・・。
わざと緩めて、脇で押さえていたタオルを落としました。
一瞬・・・以上、彼に「出来るだけ長く全裸を晒していろ」と言われていたので、極力呆然としたふりをして立ちすくんでいたつもりでしたが、実際には一瞬よりほんの少し長い程度だったのでしょう。
それでも出前の人の視線をまともに浴びました。
出前の人には私の全裸が目に焼き付いたことでしょう。
慌てて、本当に慌ててしゃがみ込み、タオルを拾い身体を隠そうとしましたが、しゃがむ、拾う、巻き付ける、隠すを同時にやろうとしても無理があり、出前の人の視線を浴び続け、タオルを身体に巻き終わるまでに何度かこぼれ出た乳房を見られました。

出前の人が帰ってから彼に・・・。

「あの出前、お前の身体から目が離れなかったぜ。目を真ん丸にして凝視してたぜ」

そう言われながら抱かれました。
羞恥に震えながら、ゾクゾクするような快感に身を浸して何度も絶頂に達しました。
この行為に気を良くした彼は、翌晩も違う店の出前を頼み、再び私は全裸を晒せられました。

彼との露出旅行から帰ってから、珍しくラブホに入った彼は、「ルームサービスを頼むから、全裸で出迎えて品物を受け取れ!」と言うのです。
しかも今度は、シャワーを浴びていたという演技が出来ません。
貸し別荘と違い、ワンルームのラブホでは彼が隠れてるわけにはいかないので、彼がシャワーを浴びている設定なのです。
私は彼の命令に従い、全裸でルームサービスを待ちました。
今度は理由がない、事故に出来ない、慌てて隠すことが出来ない・・・。
一瞬どころか数秒以上も全裸を晒していなければいけないのです。
身が震えるほど心細くて不安でした。

ルームサービスが来て、私はドアを開けて品物を受け取りました。
平然とした態度で、裸なんか少しも恥ずかしくない・・・というフリで。
ホテルの従業員は一瞬びっくりしたものの、何も言わずに淡々と事務的に品物を渡し、伝票を書いてサインを受け取ると、私の裸を舐め回すように見ながら一礼して出ていきました。
その動作は必要以上にゆっくりしていたように思えました。

それからは頻繁に、同じホテルで同じようにルームサービスを全裸で受け取ることを繰り返されました。
何度も繰り返すうちにホテルの従業員達に覚えられ、ルームサービスを頼むたびに必要もないのに2人で来たり、2度に分けて持って来たり、頼んでない品物をサービスだと言って持って来たり・・・。
明らかに私の裸を期待して、それを眺めに来ていました。
彼はそれを面白がり、もはや浴室に隠れることをせずに、ベッドの上で笑いながら見ていました。
品物を注文するだけでなく、ビデオの使い方が分からないと言って従業員を呼び、ビデオの使い方の説明を全裸のまま聞いたこともありました。

ホテルの従業員達に全裸を見られることに慣れてしまいそうになった頃、彼はさらに一段階エスカレートしました。
いつもは従業員への対応は私任せで見ているだけなのに、彼が声をかけたんです。

「いつも面倒をかけてすまないね」

「いいえ、お得意様ですから・・・」

「いやいや、世話になってるお礼でもしたいんだけど・・・。そうだ、その女のおっぱい、触りたくない?なかなか触り心地がいいぜ」

「えっ?いや、あの・・・」

「遠慮することないよ、減るもんじゃないし。そいつ、乳首が性感帯だから、触ってやると喜ぶし、どう?」

「いや、でも本当にいいんですか?」

従業員が私を見ました。
私は彼には逆らえない。
彼がそれを望んでいるなら、従うしかない。

「え・・・ええ。私のでいいなら、ど、どうぞ・・・」

(断って!遠慮して、お願い!)

私の心の叫びは彼には届きませんでした。
考えてみれば、(本当はそうではないんだけど)平然と裸を晒して、見られることを嫌がらずにいる破廉恥な女ですから、触られることも・・・と彼が考えても無理はありません。

「いいんですか?」

彼に最後の確認をした従業員は私の胸に手を伸ばしてきました。
最後の救いを求めて彼をチラッと見ましたが、彼はギラギラした目で見ているだけでした。
従業員の手が私の乳房を掴みました。
ビクっと身体が震えましたが、必死に堪えると、従業員の手が私の乳房を揉み、撫で、弄び、乳首を摘み、転がし、嬲りました。

「気持ちいいか?」

彼の問いに私は必死の演技で答えました。

「あん、気持ちいいわ。あっ、あん」

その言葉に勇気づけられた従業員に散々弄ばれました。
それからは、そのホテルを利用するたびに、従業員達に乳首を弄ばれました。
2人で来た時などは、両方の乳首を取り合うかのように2人がかりで弄ばれ・・・。
その頃には遠慮がなくなった従業員達の慰みものとして、揉まれるだけでなく、乳首をしゃぶられたりまでしました。

ホテルの従業員達に乳房を弄ばれるようになって1ヶ月ほどして、珍しく違うホテルに連れて行かれました。
普通のラブホではなく、受付は機械で自動精算するみたいで人に会わずに部屋に入れました。
部屋の中も変わっていて、広めの部屋の中には所狭しと色んな器具がありました。
使い方の分からない物もありましたが、SM的な器具なのは分かりました。
天井から吊された鎖や、産婦人科にあるような股を広げて固定される奇妙な形の椅子(ベッド?)や、檻や磔など・・・。

「SM専用のホテルだ。面白そうだろ?」

そう言って私を裸にして奇妙な椅子に座らせ、私は両手両足、肘と膝、腰と肩をベルトで縛られて身動き出来なくされました。
その状態で身体を嬲られました。

(あぁ・・・今日はこんな風に責められるんだ)

しかし、そんな甘いことではなかったんです。

「このSMホテルは色々変わってるんだ。受付で人に会わなくて済むし色んな器具もある。それだけでなく、普通のラブホは定員2名だけど、ここは制限がないんだ」

そう言うと彼は部屋の扉を開けたんです。
すると男が2人、入ってきました。
一瞬分からなかったんですが、いつも行くラブホの従業員でした。

(え?何?どうして?)

頭が真っ白になりました。
全裸は何度も見られていますが、今は大股開きの恥辱的な格好で拘束されています。

「このホテルも彼らに教わったんだ。今日は一緒に楽しもうぜ」

その言葉で私の運命は決まりました。

「こんないいホテルを教えてくれたお礼に、今日は先に楽しんでいいよ」

その言葉を合図に、私は2人がかりで弄ばれ始めました。
抵抗は無駄でしたし、彼のすることに逆らえるわけもなく、私は2人からの凌辱に身悶え、喘ぎ、そして快感の波に押し流されて次々に犯されました。
彼から「何をしてもいい」と言われた2人は私の唇を奪い、乳房を揉み、乳首を嬲り、膣を蹂躙し、クリトリスを弄び、口腔を犯し、性器に挿入し、精液で汚しました。
拘束を外され、2人がかりの責めを受け入れさせられながら、2人に対しての奉仕を強要され、上下の穴を同時に何度も交代されながら犯されました。
彼が加わり、3人がかりでの責めに、私は何度も失神しながら絶頂を繰り返しました。

その後も何度かそのホテルで私は3人からの輪姦を受け、おぞましいSM器具を使われて凌辱されました。
天井から吊された鎖に両手首を拘束されて、吊されて嬲られました。
プラスチック製の透明な木馬みたいな物にうつ伏せで両手両足を縛られて、背後から剥き出しになったアナルやクリトリスを嬲られもしました。
さらに首輪をされて四つん這いで奉仕させられたり、犯されたり、磔にされて弄ばれたり・・・。
3人で同時に犯すためにアナルを開発されて、3穴同時凌辱もされました。
彼は他の男達と私を輪姦凌辱することがかなり気に入った様子で、自分が加わるよりも他の2人に凌辱されている私を見る方が楽しそうでした。
そんな彼の様子を見て2人は遠慮がなくなり、好き放題、好き勝手に私を慰みものにしました。
彼以上に私を奴隷として扱い、アナルに関しては彼よりも多く犯されました。
3人に犯されるようになってからは、同時に2人や3人に犯されるため、アナルを犯されるのが当たり前のようになり、2人に口とアナルを・・・というパターンが増えました。
口による奉仕にアナルの凌辱。
完全にマゾ奴隷でした。
今、誰に犯され、誰に奉仕してるのかも分からずに、ただ懸命に奴隷奉仕をしていました。

擬似拘束というのもさせられました。
縛られたという設定で私は身動きを禁じられて、彼らの責めを甘んじて受けるんです。
本当に縛られていれば、それはそれでいいのですが、実際には動けるのに動かせず、彼らからの意地悪な責めに耐えなければなりません。

ホテルでの凌辱にも飽きてきた彼らに、ホテルに行く前に電車で集団痴漢ごっこと称して弄ばれたりもしました。
最初から痴漢しやすい服装を指示され、前にも後ろにも指を挿入され、おっぱいを剥き出しにされたりしながら痴漢されて、電車内で何度もイカされました。
初めからノーブラノーパンで乗せられ、半裸状態にされて弄ばれたりもしました。
走る車の後部座席で全裸にされて、左右に座った2人から延々弄ばれたりとかもしました。
公園とか神社の裏とかで野外輪姦されたりもしました。

そんなある日、いつものように電車内で半裸状態にされて3人から痴漢されてたら、別の痴漢が加わってきたのです。
彼は止めさせたりすることなく、逆に場所を譲るようにして私を嬲らせたんです。
すでに半裸状態にされていましたから、性器も胸も触り放題で、私は見ず知らずの男にまで散々弄ばれてイカされた挙句、男のモノを握らされました。

本当の痴漢に弄ばれる私を見て、彼の中で新たな欲望が生まれたようです。
全くの赤の他人に嬲られる私を見たい・・・という。
あの2人の店員に私を弄ばせるのに飽きてきたのもあるのでしょう。
彼は私に、町で知らない男を逆ナンして、野外で男に弄ばれろと言うのです。
彼が見れるように野外でです。
逆ナンなんかしたことがないので出来ないと言うと・・・。

「露出過多の破廉恥な服装をさせて、町をふらついてれば男から声をかけてくる。それに従えばいい。もしかしたら商売女と間違えて値段を聞いてくる男もいるかもしれない。そしたら、『お金はいらないから野外でして』と頼め」

そう言われました。
野外プレイに適した公園が近い繁華街で男が声をかけてくるのを待ちました。
膝上20cmの超ミニに胸元が大きく開いた服をノーブラで着て・・・胸の谷間を露出した破廉恥な服でした。
心の準備が出来る間もなく、たった5分足らずで男が声をかけてきました。
彼が予想したように売春婦と間違えたのか、単なるからかいだったのかは分かりませんが。

「姉ちゃん、いくらだ?」

最後の救いを求めるように彼をチラっと見ましたが、彼は黙って『その男にしろ』と合図してきました。
私は彼に言われた通りに言いました。

「お金はいらないから、そこの公園で遊ばない?」

「本当かよ?いいのかよ?」

男は私の腰に手を回して公園の方に歩き出しました。
私の身体の感触を確かめるように、腰に回した手を上下に動かしながら私の身体を弄っていました。
公園に入り、人気のない茂みに押し倒されて、私は男に弄ばれました。
唇を奪われ、手は早くも胸元から中に押し入れられて乳房をまさぐられ、強引に乳房を剥き出しにされて乳首を吸われました。
スカートを捲られ、パンツの中にねじ込まれた指が無遠慮に私の性器を蹂躙しました。
嫌で嫌でたまらなかったはずなのに、ビショビショに濡れていたのに自分でも驚きました。
男は乱暴に下着を剥ぎ取り、前戯もなしに私の中に侵入してきて、私は犯されました。
初めて会ったばかりの名前も知らない男を自ら誘って犯されてる状況が私を狂わせました。
私は男の自分勝手な凌辱にさえ我を忘れて絶頂に達してしまいました。
男の求めに応じて男のモノを口に含んでフェラ奉仕までして、2度も男に凌辱されました。
男と別れて彼にホテルで抱かれた時も失神するほどの快感でした。
それからは何度も色んな男を逆ナンして、彼の見ている前で見知らぬ男達に凌辱されました。
若い男もいれば50過ぎのおじさんもいました。

どこまでもエスカレートしていく彼が怖くなり別れましたが、今でも当時のことを思い出してはオナネタにしてしまいます。
彼から調教された露出癖は今も直らず、いまだにミニスカばかり穿いてますし、胸元を強調した服ばかり選んでしまいます。
階段などを上がる際も隠すことはせず、見られてることを意識して、知らないふりしてわざと見せてしまうこともあります。
今、こうして恥ずかしい告白をしているのも、その名残りなのかもしれません。