私は41歳。
妻は39歳。
先日、妻に内緒で性感マッサージ師を募集しました。
普通のマッサージ師として自宅に呼び、徐々に性感マッサージに入り、最後はセックスまでという寝取らせ企画です。
何人かの人とメールをやり取りして、妻のタイプそうな男性に決定しました。
その男性と実際に会って、寝取らせ役に決めました。
彼は青木さん(仮名)と言います。
数日前から妻にはマッサージを呼ぶからということで了解は得ていました。

青木さんはかねてからの打ち合わせ通り、自宅にやってきました。
青木さんは妻に向かって、「効果の関係で体を温めて欲しいので、シャワーを浴びて下さい」と言いました。
妻はたぶん青木さんの顔がタイプだったんだと思いますが、「どうせマッサージされるなら青木さんみたいな人がいいから良かった」と嬉しそうに風呂場へ行きました。
妻がいない間に青木さんから、「奥さん、綺麗ですね。ルール違反かもしれませんが、個人的に付き合いたいので口説かせて下さい。もちろんすべて報告します」とお願いされました。
一瞬考えましたが、どうせ落ちないだろうと高を括って、「妻がOKすればいいですよ」と言いました。

そうこうしているうちに妻はガウンを着て風呂から出てきました。
青木さんは妻に、「ブラジャーをしたままだと効果が薄いので外して下さい」と言いました。
妻は何の疑いもなく、「は~い」という感じでした。

「では、うつ伏せになって寝て下さい」

ガウンの上にバスタオルを置いて普通のマッサージから始まりました。
本当に妻は体が硬いみたいで、青木さんも妻に対して、「◯◯が悪いですよ~」とか普通の会話をしていました。
時折、妻も痛いのか、「ウッ」と唸ったりしていました。
青木さんも妻に対して、「ここは、止めて欲しいとか希望があれば言って下さい」とか、「ここは痛くても我慢してください」と言ってました。
青木さんとは、途中で私は部屋から出て行く約束をしていたので、15分くらいして出て行きました。
妻と青木さんには、「ちょっと眠くなってきたので上の階に行ってます。後はマッサージをよろしくお願いします」という感じで2階に行くふりをして、こっそり隣の部屋から覗くことにしました。

しばらくうつ伏せのままでマッサージが続いてました。
しばらくすると、普通のマッサージをしながらですが、「奥さん、綺麗ですね」とか褒め言葉が入ってきました。
妻も「本当ですか?」とか言いながら満更でもないみたいでした。
青木さんは、「腰をやりますのでパンティを少しずらしてください。嫌ならいいです」などと妻の様子を窺いながらマッサージをしていました。
妻は嫌がるわけでもなく、普通に受け入れてマッサージされていました。
このときに初めて青木さんに素手で触られました。
でも、まだ普通のマッサージでした。

仰向けになってのマッサージが始まりました。
最初は足からで、まだタオルの上からの通常のマッサージでした。
腰とか腕のマッサージもタオルの上からの普通のマッサージでした。
妻は時折「ウッ」と痛がっていましたが、互いに打ち解けてきたようで、会話はもう友達感覚でした。

それから首の辺りのマッサージに入っていきました。
その頃になるとタオルもなく、首やバスト付近を撫でるようにマッサージしていました。
妻も気持ち良さそうにしていました。
青木さんの口説き文句も絶好調で、「奥さんみたいなきれいな人をマッサージできて嬉しいです。普段はオバサンばかりなので」とか言っています。
妻も、「お世辞でも嬉しいわ!私もあなたのような人で良かった」などと言っています。

ここまでで約1時間くらいでしょうか、一旦マッサージは終了しました。
すると青木さんは妻に向かって、「肌が綺麗になるオイルマッサージがあるのですが、どうされますか?」と聞きました。
もうここまで来たらすっかり青木さんのペースで、妻は「お願いします」と答えてました。

最初はうつ伏せで、足からのマッサージでした。
それから腕、首へのマッサージと続きました。

「奥さん!お肌、最高ですね~」

青木さんもだんだん調子が全開になり、ついにガウンの中に手を入れて妻のアソコに触ったようです。
妻もだんだん感じてきたみたいで息が荒くなってきました。
たまに吐息が漏れています。
しばらく続くうち、ついに「あ~気持ちいい!」と完全に喘ぎ声が出てきました。
私は妻が青木さんに抱かれる覚悟をしました。
嫉妬しながらも異様に興奮している私がいました。

青木さんは、「仰向けになって下さい」と言いました。
妻は「恥ずかしい」と言いながらも青木さんの言いなりです。
もう完全にガウンは脱がされて全裸にされて、妻の乳房やおまんこももろ見え状態です。
足から始まり、体全体へのオイルマッサージになりました。
妻は、「気持ちいい!青木さん~」とよがっています。
青木さんは妻に向かって、「奥さんどうですか?奥さんは肌も綺麗で最高です」などと言ってます。
そしてついに青木さんの手が妻の乳首をマッサージし始めました。
妻は喘ぎ声も高くなり、「気持ちいい!最高!」を連発しています。
ついに青木さんの手はアソコに行き、ピチャピチャと音が立っています。
とうとう青木さんは舐め技まで駆使してきました。
もう妻は喘ぎまくりです。
青木さんは妻のおっぱいを執拗なまでに舐めて感じさせています。
そして妻の唇まで奪い、激しくディープキスをしています。
完全に落とされた妻は青木さんに激しく抱きつき、ねっとりと舌を絡めています。

「青木さん!好き!好き!」

「奥さんの体、綺麗だよ!吸い込まれそう」

そして青木さんは妻の体を引き寄せると、「今度、2人だけで会いたい」と誘いました。
たぶん妻は体だけでなく心も奪われたのでしょう、「本当に会ってくれるの?いいの?」と嬉しそうです。

青木さんが全裸になりました。
妻はすぐに青木さんのモノを口に運びました。
そして美味しそうにむしゃぶりついています。
青木さんのモノはすでにビンビンで先からは透明な我慢汁が出ていました。
また攻守交替して、青木さんは妻のアソコをピチャピチャと音をさせながら舐めています。
妻の喘ぎ声も最高潮に達し、ついに青木さんに向かって叫んだのです。

「入れて!早く!」

妻が落ちる瞬間がやって来ました。
最初は「まだダメ」と焦らしていましたが、青木さんも我慢できなくなったのでしょう。
青木さんはついに妻のアソコに挿入しました。
どうやら妻と青木さんのカラダの相性は良かったようで、妻は「凄く気持ちいい!青木さん、気持ちいい!」と大きな声が出ていました。
正常位でしっかりと繋がった2人。

妻は、「青木さん、愛してる!」とまで口走っていました。

青木さんも妻に、「奥さんに一目惚れしました。仕事でこんなことをしたのは奥さんが初めてです」と。

青木さんは妻のおっぱいを舐めながら正常位で突いていました。
しばらくして妻は絶頂を迎えました。
大声で、「イク!青木さん!愛してる」と言いながら果てました。
ほぼ同時に青木さんも精子をたっぷりと出したようです。
外したゴムにはかなりの精子がありました。
その後も青木さんと妻は激しくディープキスをしながら、「今度はいつ会える?」などの会話をしていました。
そして2人は連絡先の交換をしていました。

私に怒りという感情は全くなく、ものすごく興奮しました。
女ってこんなに簡単に落ちるのか?
青木さんのマッサージテクにも関心させられました。

そうこうしているうちに妻はお風呂に入りました。
私は隣の部屋から出てきて、青木さんと会話をはじめました。

「約束通り奥さんと付き合わさせてもらいます。もちろん報告はします」

ということで、青木さんと妻は付き合うこととなりました。
長年の夢が実現して、今後の楽しみが増えました。