高校2年のことです。
同級生の龍之介は家が近く、小学校からの友達です。
龍之介のお父さんが親父の会社の社長で、そこからの関係でした。

龍之介には3つ上の大学生のお姉さんがいて、龍之介とお姉さんは別々の部屋を持っていました。
とても綺麗で、仕草や人に接する態度がすごく可愛い人で、僕の憧れでもあり、初恋(片思い)の人でした。
家族ぐるみの付き合いでしたので、龍之介がいない時でも、おばさんやお姉さんはよく遊んでくれました。

僕が高校1年の時に遊びに行った時です。
それまでは制服姿(ブレザーでした)が多かったのですが、大学生になったお姉さんの私服を見た時、大人の女として見てしまいました。
チェックのミニスカートから出たベージュのストッキングに包まれた脚に見惚れてしまいました。
龍之介の部屋で一緒に遊んでいた時、お姉さんが座ったときにチラっとパンツが見えた時は興奮しましたね。

ある日、龍之介がいない時に龍之介の部屋に行って隠しているエロ本を見ていたら、バタバタとお姉さんが帰ってきて部屋に入りました。
どうも様子がおかしいと思い、お姉さんの部屋の前に行ったら、中から泣き声が聞こえました。
僕はドアをノックして、「僕です。なんかあったんですか?!大丈夫ですか?」と声をかけました。

「なんでもないの。いいの。放っておいて・・・」

そう言われたため、大人しく龍之介の部屋に戻りました。
しばらくしたら、お姉さんが目を腫らして来ました。

「お姉ちゃんの部屋においで」

僕は素直について行きました。

「さっきはごめんね。今日ね、嫌なことがあったの」

僕は黙って聞いていました。

「実は彼氏から別れ話をされたの・・・」

お姉さんは、また涙目になってしまいました。

「お姉さんを振る男がいるなんて信じられないよ・・・。僕なら大切に大切にするのに・・・」

僕はお姉さんの手を握っていました。
お姉さんは「ありがとう、嬉しいよ」と少し笑ってくれましたが、ちょうどそのとき龍之介が帰ってきたので龍之介の部屋に戻りました。

後日、お姉さんから僕に電話がありました。

「近くに遊園地が開園したみたい。行かない?龍之介と私のお友達も一緒だから行こうよ」

断る理由なんてありません。
即答でOKです。
次の日曜日に約束しました。

日曜日、4人で遊園地に行きましたが、開園間もないとあって満員でした。
4人乗りのアトラクションで待っていたときに龍之介が、「姉弟でなんか乗りたくないよ」と言ってきました。
どうも龍之介はお姉さんが連れて来た友達のことが気になっているみたいで、結局、僕とお姉さん、龍之介とお友達のペアになりました。
順番が回ってきて先に龍之介達が乗り、その次に僕達が乗りました。

「ありがとうございます。今日は人が多くてあまり乗れないけど、お姉さんといるだけで楽しいです」

「ありがとうね。彼女いるんでしょ?モテそうだし」

「いませんよ~!僕はお姉さんファンクラブの会長ですから。他の女なんかに手は出さないですよ(笑)」

「そうなんだ。私も好きだよ。龍之介の友達じゃなくて男として」

ふと前のゴンドラを見みたら龍之介がお友達の肩に手を回していたので、僕もお姉さんの肩に手を回してみました。
嫌がられても仕方がないと思っていたら、逆にお姉さんは僕の肩にもたれてきました。

「女の人と付き合ったことはあるの?」

「うん、ちょっとだけなら」

「いつ?」

「中2の時。龍之介も知ってると思うよ。ただ、その子が高校で寮生活になったから自然消滅。でも、その頃から僕、お姉さんのことが好きでした」

「ふ~ん、そうなんだ。結構遊んでるんだ」

「遊んでませんよ!だってその子1人だけだし」

少しの沈黙。

「キスしようか?」

お姉さんが手で顔を寄せて、唇を合わせました。
すごく長い時間に感じました。

「キス上手ね。うっとりして体の力が抜けちゃった」

お世辞を言われて顔が真っ赤になりました。
そうこうしていると終着点に来たので降りました。

そんなことがあってからは、ほぼ毎日のように龍之介の家に行きました。

「僕と付き合ってください」とは言っていないけど、お互いにそういう関係になったと思っていました。

龍之介がいない時はお姉さんが勉強を見てくれることになり、会う回数も増えました。

「大学に行くんでしょ、どこが志望なの?」

「◯◯大学の電気か機械」

「じゃあ私と同じだね。私は建築だけど」

「だからだよ。難しいけど頑張るから」

「嬉しい。合格できるように私も頑張って教えるからね」

お姉さんは机の横に座って教えてくれました。
僕がチラチラ胸元を見ているのに気が付いたお姉さんは・・・。

「気になる?だって今日は夜まで誰もいないのよ。知ってるでしょ?」

「えっ?」

言われて思い出しました。

「今日は昼から実家に行くんだ」って龍之介が言っていたことを。

僕はお姉さんの顔に顔を近づけました。
お姉さんは目を閉じました。
そっと唇を合わせました。

「久しぶりだね、キスするの。遊園地以来」

「今日は勉強に手が付かないよ。したい。お姉さんとしたい。もう我慢できないよ」

そう言って僕は抱きつきました。

「いいよ。今日はそのつもりだったから。私のこと自由にしていいよ」

僕はお姉さんをベッドに連れて行きました。

「電気消して、恥ずかしいから」

「嫌だ・・・全て見たいんだ」

お姉さんの服を脱がしました。
思っていた通り凄く綺麗で可愛いかったです。

「可愛い下着だね」

「来る前にお風呂に入って穿き替えたの」

パンツもブラジャーも薄いオレンジで、お姉さんに似合っていました。
僕も服を脱いで裸になりました。
お姉さんのおっぱいを舐めたり揉んだり吸ったりしていたら、乳首が大きくなりました。

「あっ、ちょっと出ちゃったみたい」

「何が出たの?」

「バカ!恥ずかしい」

パンツを脱がしてオマンコを触ってみました。
そこには愛液が滲んでいて、まだ奥から出ています。
指ですくって嗅ぎました。
ちょっと酸っぱい匂いがしました。

「いや、恥ずかしいでしょう」

「臭くないよ、僕の好きなエッチな匂いだよ」

そう言ってオマンコを舐めました。

「私も舐めたい」

お姉さんは僕のチンポをしゃぶりだしました。
ベチャベチャと音を立てながら。

「もう入れて!欲しいの!」

お姉さんが机の引き出しから新しいゴムを出して、「付けてあげるね」と。
ゴムを付けてもらってから、お姉さんのオマンコにゆっくりと僕は挿入しました。
でも女の人の中は久しぶりなので、すぐにイッてしまいました。
お姉さんは、「ちょっと早かったけど気持ち良かったよ」と言いながら舐めてキレイにしてくれました。
そしたらまたすぐに大きくなりました。

「またしたいな」

お姉さんが四つん這いになってお尻を持ち上げてくれました。
そこに挿入しました。
今度はお姉さんが先にイッて、その後で僕もイキました。
それからお姉さんとお風呂に入りました。
お風呂でもフェラしてもらって、立ちバックでしました。

合格発表はお姉さんと2人で行きました。
掲示板を見ました。
僕の番号がありました。

「良かったー!これからお祝いだね。夜までは私と2人で。それからはみんなと一緒に」

タクシーでホテルに行きました。
すべてお姉さんが手配してくれました。
ホテルに着いて部屋に入ったら、いきなりお姉さんは服を脱ぎました。

「おめでとう!」と言って僕に抱きついてきました。

「ぜんぶお姉さんのお陰だよ。ありがとう」

僕も裸になって抱きついて何度も何度もキスをしました。
そしてお姉さんが呆れるほど、何度もエッチしました。
回数は覚えていません。
最後は何も出なくなって先っぽが痛くなってギブアップでした。

学校ではお姉さんと僕はずっと一緒でした。
サークルで飲み会があった時に、「僕が卒業したら結婚して」と告白したら、「はい。先に卒業して待ってるね」と泣きながら抱きついてきました。
僕たちはみんなの前でキスをしました。
みんなが祝福してくれました。

終わり。