最近、全ての愛人に飽きてしまったので、別の女性を探すべく全員と縁を切りました。
そして新しく見つけたのが里枝。
大手上場会社の役員秘書をするM大卒の28歳でお嬢様。

出会いのきっかけは携帯サイトでした。
街頭で配っていたティッシュに興味を持ったらしく、「面白半分で電話をかけてみた」と本人は言っておりました。
とりあえず話をして会う約束を取り付けて待ち合わせ場所へ。
そこには、スレンダーボディの清楚で可憐という言葉がぴったりとマッチする女性が待っていました。
(まさか美人局?)などと考えつつも近くの喫茶店へ。
話を聞くと、彼氏がこの春から海外勤務になったらしく、しばらくご無沙汰とのこと。

「それなら彼氏の代わりになってあげようか」

そう切り出すと・・・。

「本当の彼氏はいるし、束縛されるの嫌。でもエッチは好きだから、割り切った関係でいいのなら」

向こうからお金の交渉を持ちかけてきたわけです。
しかし「1回10なら」と言う世間知らず。

「別の人を探して。今時10なんてありえないから」

「どのくらいなんですか?」

「女子大生とかでも生中出しで3くらいだよ」

適当に言うと、里枝はかなり驚いていました。

「とりあえず、してみてから決めていいのならかまわないけど」

「わかりました。それでいいです」

ホテルの部屋に入ると、「先に風呂に入ってきなよ」とお風呂に向かわせました。
当然、いつものように後から入って、体中を隈なく洗い、後ろから抱きつくように秘部へ手をまわしました。
里枝は初めての相手ということでかなり緊張しているのか、「だめ、恥ずかしいからやめて」と言うのだけど秘部はエッチな汁でグショグショ。
そこで里枝の手を私の肉棒に導くと、言葉とは裏腹に従順にソフトにしごき始めてくれました。
オッパイはAカップもない極貧乳だけど、乳首の感度は抜群。
右手で秘部を弄りながら左手で里枝の右乳首を摘むと、まともに立てなくなってきたらしく、だんだんと前屈みになって腰が引けてきます。
それに伴い、どんどん私の肉棒の前に突き出されてくる里枝のヒップ。
肉棒を一生懸命にしごいていた里枝の手を払い、そのまま後ろから突き刺しました。

「アウッ・・・」

年齢の割には締りがいい。
男性経験は2人と聞いていたけど、どうやら本当みたいです。
喘ぎ声が響き、里枝の両手が風呂の壁へ押し当てられます。

「ダメ・・・こんなとこで・・・」

とは言うものの感じきっている様子でされるがままの里枝。

「ア・・・ダメ・・・ダメ・・・」

そう何度も口にする里枝に、ちょっと疑問が湧きました。

(Mなんじゃないか?)

試しにガンガン力強く突きながら言葉責め。・・・。

「気持ちいいか?見てみろ、鏡に映ってるぞ。昨日まで顔も知らなかった男に後ろからやられてるんだぞ」

「いや・・・恥ずかしい・・・でも気持ちいい・・・」

「もっと気持ち良くして欲しいなら、『もっと突き上げてください』って言ってみな?」

「お願いします・・・もっと・・・もっと突いてください」

予想通りのM女だった。
そんな淫乱なシチュエーションに里枝は自分で酔ってしまったみたいで、ガクガクと足が揺れたかと思うと、「イク~・・・」という声とともに昇天してしまった。
ちょっと乗り遅れた感があったが、それはそれ。
肉棒を抜き、シャワーを浴びて風呂を出た。
すると、後からよろしながら里枝が出てきて、洗面台に手をついて「フ~ッ」とひと呼吸。
バスタオルを巻いた里枝を後ろから抱き締めながら、「気持ちよかった?」と聞くと・・・。

「お風呂でしたのは初めてだったし、まさか立ってするなんて・・・」

「ここは?」

バスタオルの下から秘部を触ると当然グッショリ濡れている。

「イヤだ~、恥ずかしいから」と手を払いのけようとするので、そのまま指をするりと突っ込みました。

「アン、ダメ・・・こんなとこで・・・」

言葉を無視して指を高速ピストン。
すると、「アッ・・・アッ・・・アンッ・・・」と言いながら両腕から力が抜けて、そのままヒップを突き出した体勢に。

「何?入れて欲しいの?」

「違う・・・そん・・なんじゃ・・・ない」

途切れ途切れに返答はするものの、先ほどよりもグショグショのあそこ。

「ちゃんと言わないとしてあげないよ?」

「はい・・・したいです・・・入れてください」

すかさず再度突入!!
すると先程とは比べ物にならないほどの乱れようで、こちらとしてもギンギンになりピストンのスピードも上がる上がる!!

「鏡を見ろ!」

指示すると恥ずかしそうに上目遣いに鏡を見ながら・・・。

「ア~・・・されてる・・・こんなとこで・・・凄い・・・気持ちいい」

「悪い女だな。彼氏じゃない男にやられて気持ちいいんだ?」

「ごめんなさい・・・でも・・・でも・・・変になりそう・・・気持ちいい・・・またイッちゃう・・・イッちゃう・・・一緒に・・・一緒にイッて~」

「じゃあイクぞ・・・全部中に出すぞ」

「早く早く、イクイク、イク~・・・」

その声と同時に大量に発射!
俺に発射されるたびにビクビクと震わせる里枝に全ての液体をぶちまけました。
その後ベッドで再度頑張った結果、セックスフレンドということで契約成立。
当初は週1ということでしたが、里枝の希望で今では週3。
毎週土曜は泊まりに来て、朝まで乱れまくってくれます。