44歳の既婚者です。
今まで7~8人の人妻と不倫しています。
今回は先月から今も続いている裕美とのことです。

先月、社内で飲み会があり、前から一度エッチしたいと思っていた裕美の隣に座ることができました。
裕美はとても明るく、スレンダーですが胸はおっきくて、とてもそそる人妻です。
酒がある程度回ってくると、だんだん旦那の愚痴が出てきて、俺の腕にしがみつくように話してきました。
ブラの上からでも大きくて柔らかい胸がはっきりわかり、俺も肘でグリグリと感触を楽しんでいました。

そのうち話が下ネタになってきて、裕美が「もう2ヶ月もしてないの」と言ってきました。
もしかしたら裕美とできるかもと思い、肩を抱いて、「可哀想に」と髪を撫でてやりました。
すると裕美はさらにもたれかかってきました。
俺は裕美の手を取り、半立ちの股間へ持ってきました。
裕美は全然嫌がらず、ズボンの上からから軽く揉むように触ってきました。
これは絶対に大丈夫と確信し、肩に回した手で胸を触ったり、スカートの上から太股を触ったりしてると、裕美は俺の硬くなったモノをさらに力を入れて握ってきました。
俺もスカートの上から裕美の股間辺りを触ると、「あっ」と声を出しました。
俺は我慢できなくなり、「10分後に駅前の交番で待ってるから」と言って、先に店から出ました。
しばらくすると裕美が俯き加減にやってきました。
俺が裕美の腕を取って歩き出すと、裕美はオッパイを押しつけるようにしがみついてきました。

道玄坂のホテルに入りました。
部屋に入ると、その場で裕美が抱きついてきて、しばらくねっとりとしたディープキスをしてから抱えるようにソファーに行きました。
匂いや口紅が付くとまずいので上着とワイシャツを脱ぎ、裕美のジャケットとサマーニットを脱がせました。
薄紫のブラからは、見た目よりも大きなオッパイがこぼれそうでした。

またキスをしながら俺はズボンを脱ぎ、裕美のスカートも脱がせました。
裕美は、「さっきのお店でストッキングだけ脱いできちゃった」と舌をペロっと出しました。
パンティーもブラとお揃いの薄紫で半分レースになっていて、かなり多そうなマン毛が透けて見えていました。
俺もグレーのブリーフがはち切れそうに盛り上がっていて、もう我慢汁がヌルヌルに染みていました。

ブラを外すと、ちょっと垂れ気味ですがまだまだ張りのある大きなオッパイがブルンと飛び出てきました。
黒くてコロっとしていて俺好みの乳首です。
裕美のオッパイを揉みながら乳首を触ると・・・。

「あ~ん、気持ちいい、ひろさんのここ、すごく硬くて太い。ズボンの上から触っただけで想像しちゃったら我慢出来なくなっちゃった。でもこんな女だなんて思わないでね。結婚してからは旦那以外の人初めてなの。ひろさんとならって、一大決心なんだからね」

「俺も裕美と前からこうなりたいと思ってたんだよ」

「あ~っ、ひろさんのオチンチン本当におっきい、もうこんなにヌルヌルになってる」

顔を上気させてパンツの上から擦ったり握ったりしてきました。
裕美のオッパイを触りながら足を少し広げると、薄紫のパンティーがオマンコの所がかなり大きく染みになってました。

「裕美のここもすごく濡れて染みになってるよ」

「や~ん恥ずかしい~。お店のにいた時から濡れてたの。私、すごく濡れやすいんだ」

そう言いながらぞもぞしてました。
裕美はもう我慢できないといった感じでパンツからカチカチになったペニスを出しました。

「すごく太い~。旦那とは大違い。口でしてあげる」

「シャワー浴びなくていいの?昼間、汗かいたし臭うかもよ」

「大丈夫、おちんちんの臭いって大好きだし、もう我慢できないの」

裕美は床に跪き、洗ってないおちんちんを舐めだしました。
裕美のフェラチオはすごく上手く、玉を触りながら舐めたりしゃぶったり吸ったり、すぐにでも爆発しそうでした。

「ソファーに横になるから俺の顔に跨がって」

「え~、いっぱい濡れてるから恥ずかしい~」

そう言いながら跨がってきました。
染みの広がったパンティーの上からクリの辺りを触ると、おちんちんを咥えながら、「うっ」と声を出し、腰をクネクネさせていました。
パンティーをずらすとヌルヌルに光った、まだまだ綺麗なオマンコが顔を出しました。
毛は剛毛でクリトリスはかなり大きなほうで、すでに勃起して剥き出しになっていました。
少しオシッコの匂いが混じったツンとした臭いがまた興奮します。

「裕美のオマンコすごく濡れてるよ、クリもこんなに大きくなって、すごくいやらしいオマンコだね。オシッコの臭いも興奮するよ」

「やだ~いじわる~そんなにじっくり見ないで。裕美のオマンコいやらしい?や~ん、オマンコなんて言ったことないのに、恥ずかし~い。早くいっぱい舐めて~」

オマンコを顔に押しつけてきました。
パンティーを脱がしてクリやヴァギナを舐めると、裕美はフェラしながらかなり感じていました。
いやらしい言葉にもかなり感じていました。
結構Mっ気があるみたいでした。
裕美のラブジュースで俺の顔はべちゃべちゃでした。

俺は裕美のアナルを舐めました。
臭い匂いにさらに興奮しました。

「だめ~!そんなとこ汚いよ~!ア~ッ、そんなとこ初めて~、いや~ん」

裕美は初めての感覚に、オマンコから透明なお汁が垂れるくらい感じていました。
しばらくオマンコに指を入れてグチュグチュといやらしい音を立てながらアナルを舐めてましたが、よしと思い、アナルにも指を入れました。

「いや~ん、お尻なんてだめ~、ア~ッ、でも何か変な感じ、ア~ッすごい~」

裕美が、かなり感じてきました。
初めてのアナルでこんなに感じるのも珍しい女です。
オマンコとアナルに指を入れて中で摘むと、薄い肉壁を隔てて指同士の感覚がわかります。
裕美はやっとの思いでフェラをしているようでした。
そのうち裕美もペニスをしごきながら俺のアナルを舐めてきました。
俺にも限界が近づいていました。

「裕美~イクよ~出るよ~」

「ア~ッ、私ももうだめ~、イッちゃう~、イク~、ひろさんも一緒にイッて~」

2人で、ほぼ同時にイキました。
俺は裕美の口の中にかなりのザーメンを出しましたが、裕美はそれを全部飲んでくれました。
しばらく69のまま、お互いにオマンコとオチンチンを軽く弄りながらぐったりしていました。
しばらくして体を起こし、全裸のまま2人でソファーに座りました。
裕美のお汁で口の周りはべちゃべちゃで、裕美も俺のザーメンが口の周りに付いていて、思わず2人で笑ってしまいました。

「口と指だけでイッちゃうなんて今までなかったし、こんなに感じたのも初めて。お尻も初めてたけど、こんなに気持ちいいなんて知らなかった。ひろさん最高~」

裕美は嬉しそうに抱きついてきました。

「俺もすごく良かったよ。裕美がこんなにエッチで感じるとは思わなかった」

抱き合って、しばらくキスしてました。
俺が裕美に、「どんなエッチをしたい?」と聞くと・・・。

「え~。どんなって言っても、本当に普段は普通のエッチだけだからわかんない。こんな事も今まではしないもん・・・。気持ちいいことならなんでもするから教えて」

そう言うと裕美はまたオチンチンを触ってきました。

「じゃあこれから色んなエッチなことをいっぱいしようね」

俺も裕美のヌレヌレのオマンコをクチュクチュと触りながらキスしました。
しばらく抱き合ってから、「一緒にお風呂入ろう」と裕美とバスルームに行きました。
風呂に入り、お湯が溜まるまでの時間を利用して、お互いの体を隅々まで洗いっこしました。
オチンチンはまた硬くなり、裕美のオマンコは洗えば洗うほどヌルヌルと濡れてきました。
湯船に入っても潜望鏡でフェラさせたり、裕美を風呂の縁に座らせてオマンコ舐めたりしました。
どれも裕美にとっては初めてのことばかりみたいで、後から後からジュースが溢れてきてヌルヌルでした。

そのうち裕美が、「トイレに行ってくる」と風呂を出ようとしました。

「裕美、恥ずかしいけど、すごく感じることしたい?」

「え~、どんなことするの~?でも感じるんならしてみた~い。とりあえずトイレ行ってくるね」

「俺もオシッコしたいから、2人でここでしよう。恥ずかしいけどすごく感じるから」

「やだ~、オシッコなんて誰にも見せたことないし、恥ずかしいよ~」

「恥ずかしいから快感になるんだよ。アナルまで舐めあったんだから大丈夫」

「え~恥ずかしいな~。でも・・・想像しただけで何かジュンてなっちゃう」

裕美が一度開けたドアを閉めて戻ってきました。

「どうするの?ここでしゃがんでするの?」

裕美がしゃがんだので、後ろから赤ちゃんがオシッコをするように抱き上げ、風呂の鏡の前に行きました。
足を広げて丸見えのオマンコと、ビンビンに立った俺のチンコがいやらしく映っていました。

「や~ん、こんな格好恥ずかしい~」

そう言って裕美が顔を隠そうとするので・・・。

「ほら、裕美のヌルヌルのオマンコと俺のチンコをよく見てごらん。もっとオマンコが濡れてきちゃうよ。もっとよく見えるように自分の手でオマンコ広げて」

自分でオマンコを広げさせました。

「ほら、クリが剥き出しになって、ヌルヌルのオマンコがいやらしく開いてるよ。このままでオシッコしてみな、俺も一緒にするから」

「あ~、恥ずかしいけど裕美のオマンコすごくいやらしい~。オマンコが熱いよ~、我慢できない、一緒にオシッコして~」

裕美はかなり興奮していて、勢いよくオシッコをはじめました。
俺も合わせてオシッコをしました。
裕美はじっと鏡に映った恥ずかしい格好の自分を見ていました。
俺が片手を伸ばし、裕美の生温かいオシッコを手のひらで受けると・・・。

「ひろさんが裕美のオシッコを触ってる~。恥ずかしい~、あ~もっと~、オマンコ感じる~。ひろさんのオシッコ~気持ちいい~」

裕美も自分の手で俺のオシッコを触って、すごい興奮していました。
風呂場には2人のオシッコの臭いが充満していました。
裕美は恥ずかしいオシッコ姿に興奮して、床に下ろしても立ち上がれず座りこんでいました。
風呂の縁に座らせ足を広げて、「裕美のオシッコだらけのオマンコを綺麗にしてあげるね」と言って、オシッコと愛液まみれのオマンコを舐めました。

「裕美のオシッコ、美味しいよ。ほら、鏡見て。裕美のいやらしいオマンコ舐めてるのがよく見えるよ」

わざと見える角度にしました。

「ア~ン、ひろさんが裕美の汚れたオマンコ舐めてる~。自分がクンニされてるのを見るの初めて。ア~、すごくいやらしくて気持ちいい。またイッちゃう~」

裕美はクンニでまたイキました。
少し裕美も疲れたみたいだったのでシャワーで綺麗に洗い流して風呂から出ました。
そのままベッドに倒れ込み、しばらく裕美を抱き締めていました。
抱き締めながらオッパイを軽く愛撫していると・・・。

「こんな感じたエッチ、生まれて初めて。今までも何回かしかエッチでイッたことないのに。こんなエッチな自分も初めて。恥ずかしい~」

「恥ずかしがることなんてないよ。思いっきりエッチになって、お互いに気持ちよくならないとつまんないじゃない。いやらしい言葉もいっぱい言ってたエッチな裕美が大好きだよ」

「恥ずかしい。でも嬉しい~。なんか今まで損してた気分。良かった~、ひろさんとエッチ出来て。でも、もう旦那とできなくなりそう」

「良かった。でも旦那は別の意味で大事にしてよ。俺と裕美は会ってる時はエッチな恋人同士だからね」

ギュッと抱き締めてキスしました。
すると裕美が言ってきました。

「ねえ、裕美のオマンコにひろさんの太いオチンチン入れて。今日は大丈夫だから中に出して。裕美のオマンコでひろさんを感じたいの」

裕美のオマンコはまたヌルヌルに濡れていました。
裕美を跨がらせて、硬くなったペニスに腰を沈め、騎乗位ではめました。
裕美は飛び跳ねるように上下に激しく動き、その度にEカップのオッパイがゆさゆさと揺れました。
子供を産んだとは思えないほど、締まりも抜群でした。

「ア~いい~、ひろさんのオチンチン太い~、奥に当たる~、オマンコ気持ちいい~」

普段のクールな裕美からは想像できないよがり声をあげてました。

「俺も気持ちいい~。裕美のオマンコ最高、もう出るよ~」

「だめ~、イク~、一緒にイッて~、ア~イク~」

同時に俺も裕美のオマンコの奥でイキました。
裕美はそのまま俺に抱きつき、「最高~。ひろさんのがオマンコの中でピクピク動いてる。すごく幸せ。このままでいて」と言い、しばらく繋がったまま抱き合っていました。
裕美の肌の温もりを感じながらオマンコの中のペニスが小さくなり、ヌルっと抜けました。
抜ける時も裕美は「あっ」と声を出して、ギュッと抱きついてきました。

俺も裕美もこのまま朝まで一緒にいたかったのですが、そうもいきません。
2人とも家庭があるので、その日は帰ることにしました。

裕美は、「本当にひろさんとエッチして良かった。またしてくれる?色んなエッチしたいな、なんでもするから。ひろさんとならなんでもてきそう」と言ってキスしてきました。

「俺の方こそ裕美といっぱいエッチなことしたいよ。もっとエッチな裕美にしてあげる」

そう話してその日は帰りました。

翌日、会社に行くといつもの裕美がいました。
お互いなんとなく顔を合わせないようにしていました。
俺も裕美も営業なので、それぞれ予定があり外出しました。
昼過ぎくらいに裕美からメールが来ました。

『昨日は本当にすごく良かった。でも、家に帰って子供の顔をまともに見れませんでした。旦那はどうでもいいのですが、いけないことをしてしまったんだなと少し不安になってしまいました。でも布団に入るとひろさんとのことを思い出し・・・またオマンコ(キャッ、メールでも恥ずかしい~)が濡れてきて、久しぶりにオナニーしてしまいました。今朝は恥ずかしくてひろさんの顔をまともに見れませんでした。こんなメールをしているだけでまた濡れてきちゃったみたい。早くまたひろさんとエッチしたいよ~』

かなり過激なメールでした。
俺も裕美にメールを返しました。
それからは毎日のように過激なメールをやり取りして、お互い営業なので昼間待ち合わせをしてホテルに行ったり、週に1~2回はセックスをしています。

この間は平日に2人で休みを取り(お互い家には仕事に行くと言って)、車で河口湖の方へ行ってきました。
車に裕美を乗せると、すぐに太股の辺りを触りました。
裕美は、「や~ん、せっかちね。でももう濡れてきちゃったみたい」と触りやすいように足を少し開いてきました。
俺の車は4WDのワンボックスなので乗用車からは見えません。
トラックとかだけに気をつければ大丈夫です。
カーテンもありますし、シートもフラットになるので走るラブホテルです。

高速に入ると大胆になってきて、裕美のストッキングとパンティーを脱がせました。
オマンコはすでにグチュグチュでした。
裕美も俺のズボンのファスナーを下ろして硬くなったおちんちんを弄ってました。
ドライブしながらオマンコに指を入れたりクリトリスを弄ったりしてると裕美はかなり感じていました。
まだ朝で、周りはたくさん車が走っているのに、誰にも邪魔されない2人だけの不思議な空間・・・いやらしい行為が興奮を高めるのです。
この行為は今までも、女子高生から人妻まで、ほとんどの女性がはじめは躊躇っても、だんだんとはまってしまいます。
裕美も外には聞こえないので、かなりの声で喘ぎ、卑猥な言葉を出していました。

そのうち、「あ~っ、もうだめ~、オマンコイッちゃう~」と叫んで、走ってる車の中でイッてしまいました。

河口湖に着くと少し山の方へ入り、車も入ってこないような林の中に車を停めました。
シートをフラットにして2人とも全裸になり、カーセックスを楽しみました。
全裸のまま外に出て、外でもはめました。
そのままお互い見えるようにオシッコしたり、裕美もなんでもしました。

「車で走りながらイッちゃうなんて初めて・・・。こんな明るいところで、しかも外でするなんて、恥ずかしいけど最高~。セックスがこんなに気持ち良くて楽しいなんて本当に知らなかった。最近、昼間でもエッチなこと考えて、毎日濡れて染みができちゃうの。こんなエッチだったなんて、自分でも信じられないくらい。でも、セックスはしないけど旦那とも上手くいってるし、なんかすごく充実してる感じ。ひろさんに会えない日はいつの間にかオナニーしちゃうんだ。ひろさんのせいだよ。こんなエッチな裕美、嫌いにならないでね」

さっきしたばかりなのにおちんちんを触ってきました。

「エッチな裕美が大好きだよ。俺だって仕事中に裕美のことを考えると立ってきて、先っぽが濡れちゃうよ」

それからお昼ご飯を食べてラブホに入り、夕方まで抱き合いました。
帰りの車中、裕美はノーパン・ノーブラ、俺もノーパンでお互いに弄りながら帰りました。
しばらく裕美とはお互いに離れられないと思います。
これからどんないやらしいことをしようか考えてます。