大学時代、同い年の従姉と付き合うことになった。
2人とも田舎から上京して各々1人暮らし。
父方はいわゆる昔の豪商だったので、いとこも多かったし、貧乏ではなかった。
なので、「どうせ同じ大学なら一緒に住む?」というような展開はなし。
従姉のほうが半年早く生まれてたので、姉ちゃんな感じだった。

一応、スペック。
オレ:ブサではないと思いたいが、もちろんカッコ良くもない。
美樹:従姉、本仮屋ユイカ系だがプラス5キロくらいな感じ。

ちなみに、オレは小学校低学年の頃から美樹が好きで、一浪して追っかけた。
ちなみにお互いに新品だったので、付き合ってからエッチするまで1年もかかった。
高校時代の美樹はとびきり可愛い、ってわけではなかったが、クラスの男子で結構狙っているヤツは多かったようだ。
まあ、ひと目で性格の良さがわかる、ってタイプかも。
笑うと可愛くて、朗らかな感じかも?
結構頭も良くて公立の進学校だった。
ただ、じつは結構天然で、狙ってるのか、ヌケてるのか・・・。
オレの前では姉ちゃんぶってても、そそっかしい感じだった。
カレーに隠し味で砂糖を入れるつもりが、気づかずに塩を入れ続けるとか・・・。
実家同士は原チャリで10分くらいだったので、時々その爆弾メシを食わされることもあったが、狙ってる男子たちへのちょっとした優越感もあった。

サイズがあってないのか、Tシャツとブラの隙間越しに何度かBカップくらいの乳を拝ませて頂いたことはあった。
とにかく肌がきめ細かくてキレイで、わずかに覗く乳首と乳輪もベストサイズ!
一度だけ見た乳首で一晩に5回は抜けた・・・。

高校時代は両家とも親が忙しかったから、ちょいちょい夕飯は一緒に食った。
ちなみにオレはひとりっ子で、美樹には姉がいたが、短大を出て関西で働いてた。
美樹もオレも小さい頃から兄妹、いや、姉弟みたいに育ってて信頼されていた。
両親はまさか2、3年後に隠れ学生夫婦みたいになるとは思ってなかったかも。
すまん、叔父さん伯母さん・・・。

明らかに美樹を女として見たのは高3の冬だ。
帰りのバスでたまたま一緒になって、家まで帰るときのこと。
ちなみに、駅→バス→徒歩→美樹の家→頑張って徒歩20分→俺んちな感じ。

美樹「あれ、修(オレの仮名)、今帰りなの?」

オレ「今日、進路指導で掴まった。たぶん浪人だな・・・」(←地味に凹んでた)

美樹「自転車で遊んでばかりいるからだよっ。たまにはさ、ちゃんと勉強するとか、アタシにご飯をご馳走するとか、CDを買ってくれるとか、日々の行ないが大事」

オレ「なんだよ、途中から美樹の都合いい感じになってんじゃん」

美樹「へへっ、そのほうがアタシを誘いやすいかなって」

オレ「群がる他の男に尽くしてもらえよ、アホ」

美樹「群がってなんてないし、アタシは修一筋だからさ。えへっ。はーと」

オレ「なんかバカにしてるだろっ。いいの、オレは自分の趣味が大事なのっ」

美樹「もちろん冗談だけどね。そうそうクリスマスは塾?」

オレ「たぶん。いいよなお前、推薦だもんな・・・」

美樹「じゃあさ、帰りにウチに寄りなよ。アタシが励ましてあげるから。あ、クリスマスは帰りにケーキ買ってきてね」

なんて、バカにしてるのか本気なのか分からん会話でバス停に着いた。
山間部ってほどじゃないけど、そんなエリアだし、冬だし結構寒い日だった。
ホントは3つ先のバス停がオレん家に近いんだけど、流れで一緒に降りた。

美樹「寒いねぇ~」

オレ「ん」

美樹「ね、小学校のときみたいに手とか繋いでみる?ね、ね!」

オレ「やだ。ポケット温かいし、美樹も手袋してんじゃん」

美樹「えー、たまにはいいじゃない。ねっ」

そう言って左手の手袋をとって、無理やりオレの手があるコートのポケットに美樹が手を突っ込んできた。
そん時はただじゃれたいのかなと思ってしぶしぶ手を繋いだ。
ちょっと温かくて、でもしっとり柔らかくて、華奢な手に地味に萌えた。
ついでに、(この手が風呂とかであんなトコにも触れてるのか・・・)と妄想も。
たった数分の距離だけど、そろそろ美樹の家に着くなって思うようになって、20分くらい前までのただの従姉とは違う甘酸っぱい感じになった。
オレ、純情だったんだな・・・。

で、美樹の家のすぐ手前に昔遊んだ小さな公園がある。

オレ「ちょっとだけ寄ってみる?」

美樹「いいよ。(ちょっと鼻すする)」(←これが美樹のゆるーい感じだ)

結局、受験やら学校の話をちょっとだけしたんだが、この時点では美樹のことが気になって、意味なくボーっと見てた感じ。
で、その間も手は繋いでた。
女の子の爪ってちっさくて柔らかいのね。

美樹「そろそろ、帰ろっか」

腰かけていた小さい鉄棒から身体を起こす。

「んだね」と冷静を振る舞ったのだが・・・勢い、暴走自転車と化したオレは繋いだ手をぎゅっと引き寄せてしまった。

美樹はちょっとバランスを崩してこっちによろける。
さらに勢いのついたオレは引き寄せて軽く抱き締めてみた。
ただ・・・抱き締めているウチにオレのご子息が元気になりそうだったので、感づかれぬように10度くらいの前屈み。
学校帰りなのに、女の子っていい香りがするんだね。
制服越しなのに華奢な肩ってわかるんだね・・・。
嫌がるかなとも思ったが拒絶はされなかった。
で、ご想像の通り初めてのキスになったんだが、オレの唇はカサカサ・・・。
一方の美樹はリップつけてて、しっとりとした柔らかさが印象に残った。
舌は入れてないけど、15秒くらいはキスしてたかも・・・。

美樹「・・・えっと、クリスマスは絶対にケーキを買ってくるってことで。CDとかプレゼントも歓迎しておりますが、いかがでしょうか?」

オレ「えええ・・・」

オレは緊張してたのに意外にもフツーにふざけた感じだった。
でも分かれ際に、いつもと違う笑顔で小さく手を振る美樹に惚れました・・・。
そして家で、またしても3回くらいは抜きました・・・。

付き合ってから聞いたんだが、好きだったけどアレは想定外だったらしい。
ちなみに小学校くらいの頃から美樹のことは好きだったけど、「オレの従姉は可愛いんだぜっ!」って感じで、親戚自慢モードな感じ。
なんとなく、恋愛はいけないことって認識もあったし、高校くらいは強がりモードで、自転車と写真に没頭しているフリをしてたオレ。
でも、乳首チラ見えやら、親戚と一緒に撮った写真に写るちっさなパンチラとかでがっつり抜いてたのも事実だ。
今思えば、綿のチェックとかストライプのパンツだけであんだけ抜けるってのも、スゲーなオレ・・・。

で、この一件とクリスマス→正月で一気に進展しそうになって、それがきっかけで浪人したわけだが・・・。
だってさ、2ヶ月くらいの間で、エロDVDくらいでしか見たこともない女の子の大事なトコまで見ることができるなんて思ってもなかったし・・・。

クリスマスイブ当日、ウチの両親は地域の忘年会に行くことになっていた。
ちなみに美樹の家は会社というほどではなかったが商売をしていて、例年の盆暮れ、正月はかなり忙しいようだった。
追い風だったのは、「だったら美樹ちゃんとご飯食べといて」と両家とも納得済みで、オレと美樹を放っておかれたことだろう。
予備校の授業が終わる頃、美樹からメールが届いた。

『ケーキ』

そのひと言だった。
こいつ、バカにしてるのか?と思いつつ、いそいそと買いに行くオレ。
ま、キスの一件もあったのでダッシュで美樹の家に向かう。

美樹「おつかれ。ご飯作ったよ。チキンだよ」

オレ「えっ、塩増量カレーはイヤだよ・・・」

美樹「大丈夫、ケンタッキーだからwサラダはアタシが作ったけど」

オレ「野菜を切っただけじゃん・・・」

あっさり普通に夕食を済ませてケーキ食べて時計を見ると、まだ10時前。

美樹「ね、部屋でゲームする?昔の写真とか見る?」

オレはなんとなく期待して、「うん、そっちの学校の写真とか見せてよ」と珍しく美樹に従ってみた。
お互い結構行き来してても部屋の中でじっくり2人って機会はあんまりない。
でも、これは美樹が作ってくれた口実だったのかなと後では思う。

部屋に入ると、「はい、コレ」って小さな紙袋をくれた。
開けると中には手袋があった。

美樹「買ったもんだけどね。手もカサカサしてたでしょ」

オレ「あ、ありがと。で、手もって?」

美樹「ほら、この前、公園でカサカサだったし・・・。唇も、ね・・・」

こいつ、微妙に照れてやがる・・・。
姉ちゃんキャラなのか、妹系なのかはっきりしてくれ。

オレ「いや、じつはオレも・・・。ストラップだけど・・・」

金欠なオレだが、安物だけどちっさい石の付いた携帯ストラップを渡した。

美樹「え、ホントに!?ありがとー」

無邪気にベッドの上で小さく跳ねる美樹。
無邪気に跳ねながら、美樹の手がオレの太ももやら肩にぶつかる。

美樹「ね、彼女作らないの?」

オレ「いや、たぶんオレ浪人するし、学校でもモテないし」

美樹「ね、修ちゃん、アタシのこと好き?」

意外にもコイツは単刀直入だ・・・。
オレと正反対かも・・・。

オレ「好き好き。従姉ん中では一番かも」

と、本心を悟られるのもシャクなので誤魔化してみる。
ちなみに、父方にはいとこ同士で結婚した先人がいるので、付き合う上での障壁はよそ様に比べりゃ低いかもしれない。
でも、やっぱり自分がその壁に挑むのか?と言われりゃ話は別だ。

美樹「アタシも従兄弟の中では一番だよ」

オレ「なんだよ、オレと同じじゃん」

美樹「でもさ、アタシ春から東京でしょ。離れるのはちょっと寂しいかも」

オレはまた小さく暴走自転車になりかけていた。

オレ「オレ、今年は無理かもしれないけど、来年は絶対に受かって東京に行くから!」

勢いで言うと、美樹はちょっとだけ下を向いて頷いた。

美樹「ほら、なんか凄い宣言したし、記念、記念。んっ」

そう言って唇をちょっと突き出す仕草をする。
寒くない部屋の中で2度目のキス、本当に顔が火照った・・・。
ちょっとだけ欲も出て、舌を美樹の唇に入れると、すんなり受け入れてくれたが、舌先が触れる程度でぎこちない。

美樹「ね、ね、今のは従姉として?それともちょっとは好き?」

オレ「いや、フツーに好きっていうか」

気の利いたことが言えないオレ・・・。
フツーって何だよ・・・orz

美樹「この前みたいにギュッとしてよ」

オレの手を引き寄せて隣に座らせる。
もう意地は張れない、というか勢いだ。
一気に抱き締めて美樹の髪や肩を撫でる。
ただ相変わらず胸はBカップ(想像)くらいで、洋服越しにはその感触は伝わらない。
美樹もオレの背中に手をまわしてきたので調子に乗って美樹の太ももや腰、その上の様子を窺いながら手を動かす。
なんとなく胸にタッチしても拒否する様子はない。
白いセーターの裾から一気に手を滑り込ませる!
でも、あれ?
下にTシャツ着てた・・・ま、当たり前か・・・。

美樹「へへ、修ちゃんにもそういうモードがあるんだね」

オレ「モード?」

美樹「エロモード」

オレ「当たり前。そういう美樹だって顔赤いじゃん」

子供のように負けず嫌いで言い返してしまった、お子さまなオレ。

美樹「うん。最近アタシね、結構自分の一部が修ちゃんで出来てるって思う。推薦が決まった時に修ちゃんどうするのかな?って思ったら、ちょっと寂しくなった。ま、勝手なんだけど・・・」

オレ「塩カレーとか爆弾投下する相手がいなくて寂しくなると・・・」

美樹「ね、ホントのこと言って。アタシのことやっぱり従姉?」

オレ「いや、オレ昔から美樹のこと好きだった。今も女子として好き」

美樹「ありがと。アタシも修のこと好き、大好き。えへへ。電気、ちょっと暗くするね・・・」

と言って床の間接照明だけ残して電気を消した。
正直、オレさまのご子息はそこまでの展開を予想していなかったのだが、もちろん痛いくらいにお元気でした。

美樹「ね、もう一度ギュッとして」

両手を前に差し出す。
本仮屋ユイカっていうか、基本清楚な感じの美樹がちょっと甘える・・・。

(ヤバい、こいつマジで可愛い・・・)

抱き締めながら胸や首筋を撫でる。
そして今度は美樹のサポートもあって、Tシャツの下に手を入れてみた。
温かくて、すごくしっとりしてて、思ってた以上に華奢な感じ。
頑張ってブラジャーの下から手を入れようとするが入らない・・・。
すると美樹はそっとホックを外し、両手でオレの右手をそっと胸へと導く。
デカくはない胸だが、張りのある柔らかさを右手の全神経で感じる。
乳首のあたりはしっとりと汗をかいているのが人差し指でもわかる。
もう堪らん。
とにかく美樹のすべてが見たくなった。

オレ「胸、見たい」

ホントにダメなヤツだな、オレ。
美樹はまたもや小さく頷き、タートルネックのセーターとTシャツを脱ぐ。
その時の腕の動きと柔らかそうな髪の様子に期待は高まる。
そして、そっとオレがブラジャーを外すと、両手でぎこちなく胸を隠す。
でも、その手の上にオレの手を重ねると、ゆっくり手は下におりた。
ブラの隙間からチラチラと覗き見た時とは印象が違う。
コイツ、神か?ってくらいキレイで柔らかそうな胸の形。
マジで神か?ってくらい薄いピンクの乳輪と乳首が目の前にある。
ま、間接照明での明かりを脳内補正してるんだが、それでも神だ。
美樹のことを気にしている男は少なくないし、告白だってされてるはずだ。
ここに来てオレの中で小さな賢者も目覚める・・・。
こりゃ、なんかの冗談か?
ちょっとした不安から、言っちゃいけない一言を言ってしまった・・・。

オレ「美樹、今まで彼氏とかは?キスとか・・・」(←マジでバカだ)

美樹「アタシ、結構一途なんだよ。修と一緒にいるのが楽しかったし・・・」

すごい言葉に困ってるのが分かる。

美樹「今も修だからホントに嬉しかったの・・・」

微妙に泣きそうだ。
やばい。
慌てて抱き寄せて、もう一度キスをした。
美樹がオレにはない勇気を振り絞ってくれたのに、オレって・・・。
今度のキスはちょっと舌も絡みつく感じ。
美樹って歯並びもキレイだし、舌の感触も絹みたい。
背中を経由して美樹の腰にあるオレの手がちょっと動くだけで美樹はピクッと震える。
オレ、めちゃめちゃ幸せ感じ。
なんとなく2人でベッドに倒れこんだ。
ちなみにオレが上で。
最強に頑張って、震えながら美樹の太ももや胸を触る。

「あ・・・。ん。ん」って感じで美樹は小さく呼吸する。

陥没じゃあないんだけど、小さな乳首が少しだけ硬くなる。

「ん・・・」

じつはこの時、美樹はキュロットパンツを穿いてたから、スカートほど下の方へのアクセスは良くなかった。
で、オレもなんとなく体重を保持するのがきつくなって、美樹に覆いかぶさるように抱き締めた。

オレ「あったけぇ・・・」

美樹「うん・・・」

髪の毛やタオルケットの香りがいかにも女子だ。

ちなみに書き忘れたのだが、オレは私立の高校に行っていた。
美樹の公立進学校とはまあ近所だったので、駅とかで接点はあった。
あと、小学校も学区が違ってて別だった。
中学は同じでしたが、お互い思春期だったのと苗字が同じなのでなんとなく(オレのほうが)避けてたかもしれない。
大学受験の時、美樹は早々に首都圏の大学の推薦を貰ってて、ほぼ確定。
予備校とかほとんど行かずに成績も良かったんだってさ。
オレは地元の大学でギリギリな感じ・・・。
正月は後悔して寝込みそうだった・・・。

もはや(このままエッチまで・・・!)という思いと、進学やら結婚やらが頭の中で交錯しまくった。
でも手はキュロットパンツの入口あたりを行ったり来たり。
流れからすると、大事なところを触るくらいならOKかなと思ってみたり。
なんとなく2、3分が過ぎて、すぐ横にある美樹の顔も見ると目が潤んでた。
いや、ちょっとだけ涙が滲んでた・・・。

美樹「いいよ。アタシ、覚悟あるもん」

やべー、さっきの質問がちょっと引き金っぽい。
気づかなかったけど、こんなオレを好きになってくれてたのにって、むしろ賢者モードになってしまった。
いや、オレのご子息の先っぽはかなり湿ってたんだけど・・・。
残り少ないこっちでの生活もあってか、弱気になってるのかもしれない。
すまん、オレの覚悟がなくてクリスマスは乳揉みで終了。
脳内にしっかり焼き付けた美樹の胸は当分のネタだ。

抱き合ってたんだけど、「喉が乾いたね」という美樹の一言で居間へ。
不思議なのは、コーヒー入れてる間にまたフツーの美樹に戻ってたこと。

美樹「修ちゃん、あんまり砂糖入れないほうがいいよ」

オレ「いやオレ、コーヒーよりコーヒー牛乳が好きだし」

12時くらいになって、親も戻ってきそうなので、挨拶だけして帰ろうかななんて思っていると美樹が察したように話す。

美樹「あのさ、東京の話だけど、無理しなくていいよ。地元の大学でもさ、従弟って関係は切れないから、また会えるし。ホントはさぁ、気持ちを確かめずに行くつもりだったんだけど修が自転車でコケて記憶喪失とかになっちゃうかもしれないじゃん」

オレ「・・・、ま、その時はそん時だし。って、お前アホか?」

美樹「でもね、お互いの気持ちが分かってスッキリしたね」

なんか勝手にスッキリしたようだ。
でもオレ、こん時はマジで頑張ろうと思った。
アッチもコッチも。

そんな時に美樹の両親が帰宅。
叔父が、「2人でクリスマスって寂しい青春だなぁ」と笑う。
信用されている反面、まさか1時間前にあんなことになってるとは思うまい。

美樹「ほら、アタシは修ちゃん大好きだし、全然OKだよ」

コイツ、どこまで本気なのか、冗談なのか、天然なのか?
歩いても帰れるが、叔母さんが車で送ってくれることになった。
動き出すときに美樹のほうを見ると、この前の公園のときと同じ、はにかんだ笑顔で、腰のあたりで小さく手を振ってた。
やっぱり、マジで惚れた・・・。

<続く>