僕の下で汗を滲ませて喘ぎ声を上げているのは、真知子、36歳だ。
真知子は僕の兄の奥さんで、僕は22歳の大学生。
兄は30歳で真面目なエンジニア、地方出張が多い。
体型は身長が170cmで体重は60kgくらいだろうか?

僕は大学に入ってから兄の所に居候している。
兄夫婦にはまだ子供がいない。
義姉の真知子はちょいポチャのグラマーなタイプで、オッパイとお尻が凄く大きい。
顔は唇が厚く凄くセクシーだ。

居候を始めた当初は義姉にかなり嫌われていた。
なぜかと言うと、僕が身長180cmで体重が120kgもあり、太っていたからだ。
いつも「汗臭い」とか「側にいるだけで暑苦しい」とか言われていた。
僕は居候の身だったので我慢を続け、心の中では(いつか見返してやる!)と思い続けた。
さらに、(いつか犯してやる!)と思った。
居候を始めた頃はよく義姉をオカズにオナニーをしていた。
盗撮もしたし、下着も盗んだこともあった。

大学では大きな体格からラグビー部に引き込まれてしまった。
ポジションはフォワードです。
そして日々厳しい練習に明け暮れていた。
気が付くと120kgあった体重が2年ほどで80kgまで落ちていた。
周りの仲間からも、「痩せたな~」とか「締まったよな~」とか声をかけられた。

その頃、初めて彼女が出来た。
それも向こうから告白してきたのだ。
相手はかなり遊んでいるタイプで、名前をユキという。

付き合いはじめてすぐにユキの家へ行った。
部屋に入るとされるがままに脱がされた。
ユキも裸になった。
ユキは僕にキスをするとペニスに舌を這わせてきた。
僕のペニスはどんどん硬くなった。
ユキが言うには、今までで一番太くて長いらしい。
嬉しそうにしゃぶりついている。
僕は緊張からかなかなか射精しませんでした。

するとユキは僕を寝かせて、ペニスを掴むと腰を下ろしてきた。
僕のペニスはユキのマンコにゆっくりと埋もれていった。
半分ほどで何かに当たった。
ユキは脂汗を額に滲ませてながら口をパクパクさせてす。

「もう入らない」らしい。

ユキはじっとしていた。
僕は動かしたくなり、ユキを寝かせて腰を動かし始めた。
ユキは相変わらず口をパクパクさせている。
僕は加減が判らずペニスをユキに打ち付けてた。
ユキは白目を剥いて、「イクイクイクイクイク・・・」とうわ言のように声を発していた。
僕は射精感が高まり、慌ててペニスを抜くとユキの腹へ大量の精子をぶちまけた。
その精子はユキの胸にも飛び、なんと顎にまで達していた。
ユキは腰を波打たせながら痙攣していた。
そしてユキのアソコはパックリ開き、痙攣に合わせるようにパクパク動いていた。

それから2人は時間があれば家でも大学でもデパートでもセックスをした。
しかし突然、親の海外赴任に合わせて渡航することになり、関係は終わりとなった。

さて長くなりましたが、義姉との話へ戻ります。
僕の身体が締まってきたのと同時期に義姉はよく晩酌に付き合わせるようになった。
兄が出張の時は2人で飲んでいた。

ある日のこと・・・。
大学で体調が悪くなり、帰宅した。
家にいるはずの義姉がいない。

(寝ているのかな?)

そう思い、寝室前を通ると何やら声が聞こえた。
ドアに耳を当ててみると、義姉がオナニーをしているようだった。
さすがにドアを開けるとばれるので、知らないふりをしてシャワーを浴びに浴室に向かった。
シャワーを終えてタオルだけ腰に巻き、リビングでわざとバタバタと音を立ててみた。
すると義姉は真っ赤な顔をして、「帰ってたの~?」と白々しく下りてきた。
そして僕の格好を見て、「何か着なさいよ!」と少し強い口調で言ってた。
僕は、「ハイハイ、すみませんね~」とふざけながら返して自分の部屋へ戻ろうとした時、腰に巻いていたタオルが落ちて下半身丸出しになった。
義姉はその時、しっかり僕のペニスを確認したと思う。

着替えてリビングへ戻ると、義姉はテレビを観ていた。
僕は「ちょっと出かけてくる」と言い、家を出た。
少しして戻ると、義姉はお風呂に入っているようだった。
僕が脱衣所を覗くと派手な下着が無造作に脱ぎ捨ててあった。
パンティーを手に取り、股間の部分を見ると、そこはベッチョリ濡れていた。

僕は部屋に戻り、少し昼寝をすることにした。
起きたときにが数時間が経ち、すっかり夜になっていた。
兄はまだ帰宅していなかった。
リビングで義姉と2人で夕飯を摂った。
兄のことを聞くと、急に今日から出張になったらしい。
なんだか義姉の目がギラギラしていた気がした。

食事が終わり、いつものように2人でビールを飲み始めた。
その日の義姉は飲むペースが早かった。
テレビを観ながら普通に飲んでいると、彼女の話やらかなり際どい話をしてくる。
そしていつになくボディタッチをしてくる。
僕もふざけて義姉の髪に触れたり肩を押したり太ももを触ったりした。
それでもお互いに一線を越えそうな雰囲気はなかった。

時間も遅くなり、お互いに部屋へ戻って寝ることに。
部屋へ戻り寝ようとしたが、なかなか寝付けなかった。
義姉のボディタッチのせいだろうか・・・。
時計を見ると夜中の1時を回っていた。
僕の足は無意識に義姉の眠る寝室へ向かっていた。

寝室の前に着き、僕は意を決してドアノブに手をかけてゆっくりと回した。
運よく音もせずにドアが開いた。
部屋の奥にはダブルベッドがあり、義姉はベッドライトを点けた状態で僕にお尻を向けて寝ていた。
僕は忍び足でベッドに近づき、義姉の様子を窺う。
軽い鼾も聞こえ、完全に熟睡しているようだった。

僕は義姉のお尻に初めて触れた。
凄く大きくて張りがあった。
ゆっくりと円を描くように触り続けた。
素敵なお尻の感触に我慢出来ず、僕は義姉に襲いかかった。
義姉は、「キャー」と声を上げた。
相手が僕だとわかると、「止めて止めて止めて~」と必死に抵抗してきました。
しかし、180cmの僕に敵うはずがない。

僕は義姉に馬乗りになり、パジャマの上着を引きちぎった。
ブラはしておらず、生の巨乳が姿を現した。
その巨乳に顔を埋め、激しく揉んだ。
あまり張りはないが、手に馴染む最高のバストだった。
僕は片方のバストに吸い付きながら義姉の下半身へ手を持っていった。
義姉も必死に抵抗してくるが、僕の手が股間に触れた瞬間、義姉の抵抗が少し弱まったように感じた。
僕が義姉の股間をパジャマの上から激しく愛撫していると、だんだんパジャマが湿ってきた。
その時点でも義姉は弱々しく抵抗し、腰をくねらしたり、僕を押し退けようとしてきたが、僕は愛撫を続けながらバストを吸いまくった。

僕は義姉の片手を取ると、勃起したペニスへ無理やり持っていった。
義姉は僕の顔を見ながら、「無理無理、絶対に無理」と顔を横に振った。
僕はとにかく義姉と一つになりたくて、がむしゃらにパジャマを脱がせて全裸にした。
ベッドをずり上がって逃げようとする義姉の両足をガッチリ掴み、僕の方へ引き寄せた。

「本当に無理だから・・・。壊れちゃう」

義姉は最後の抵抗をしてきた。
僕は構わず、義姉のマンコへ勃起したペニスを宛てがい、ゆっくりと腰を沈めていった。
義姉はカッと目を見開いて口をパクパクしている。
元カノのユキの時には半分しか入らなかった僕のペニスが、とうとう半分を超えた。
そして奥に行き当たった。
義姉は初めての感触に入れただけで絶頂を迎えたようで、身体をビクつかせていた。

僕は義姉が一旦落ち着くのを待ってからゆっくりと腰を振り始めた。
そして義姉の厚い唇を激しく吸い上げた。
義姉はすっかり抵抗を止め、僕の背中に手を回してきた。
僕は一度出したくなり、義姉の耳元で「どこに出す?」と聞いた。
義姉は無言。
セックス自体が久しぶりだったため我慢出来なくなり、いきなりスパートを始めて腰を強く打ち付けた。
義姉の身体はどんどんベッドの上へずれていき、頭がぶつかって止まった。
白目を剥いていて反応がない。
どうやら失神しているみたいだった。
僕は避妊も考えず、義姉の子宮めがけて溜まりに溜まった大量の精子を送り込んだ。
その射精は、永遠に出るのではないかと思うほど長く続いた。