オレの女友達には簡単にエッチをさせてくれる女がいる。
合コンで出会い、あっという間に意気投合したルナという女、28歳。
スレンダーで胸はそこまでない。
Cカップに近い、Bというところか。
小柄なのでお姫様抱っこも簡単にできる。

合コンの帰りにオレの家に来て、ふざけてお姫様抱っこをしてベッドに寝かせたら、もういやらしい目でオレを見てくる。
オレはキスをしながら服のボタンを一個ずつ外し、ブラのホックを外した。
可愛いピンク色の乳首をした乳房が目の前に現れる。
オレはその先端をしゃぶりながらルナのスカートとパンティーを脱がしていった。
そして下半身を露わにさせたまま、オレはルナの体全体を指でフェザータッチで滑らせていく。
脇の下から腰、陰唇付近や鼠蹊部に太ももまで。
ルナは体をクネクネとさせながら、エロい喘ぎ声を出している。

「ひゃあぁぁあ・・・あぁん・・・!んん・・・」

オレの10本の指が白くきめ細かなルナの肌の上を自由に滑っていく。
それがルナは気持ちいいらしく、可愛いクリトリスを備えたヴァギナは完全に濡れてしまっていた。
この時を見計らってオレはルナのヴァギナにしゃぶりつき、クンニをする。
ルナもこの瞬間が大好きなのだろう。
今までにない乱れた吐息と喘ぎをオレに披露した。

「あぁぁぁ・・・!!それすごい・・・ヤァんん・・・あ、アァぁああ・・・!!」

ルナの体が震えながら、腰を上下に振って感じている自分を表現している。
シーツを握り締めて、そのまま絶頂へと向かっていった。

「やぁぁぁ、ダメェぇぇ・・・もうアタシ・・・あぁぁぁぁ・・・!!」

そこでオレは1回クンニを止めた。
このタイミングで止められてしまってはルナも不完全燃焼の極みだろう。

「な、何で・・・?」

その一言が出た瞬間、オレはペニスをルナのヴァギナに挿入してやった。
そしてピストンを炸裂させた。

「キャぁぁぁぁ!!ぁあぁんん・・・!ず、ずるいィィ・・・!!」

再び熱い快感を味わっているルナ。
もう完全に濡れきっていたルナの膣、オレの肉棒も完全にヌルヌルの感触にまとわれている。
そんなオレのピストンがルナの奥まで突きまくって、今にも白目を剥きそうになっていた。

「ハァァァん・・・!も、もう・・・ほんとに・・・!あぁっぁぁぁ・・・イク・・・!」

こうしてルナは今度こそ絶頂に達することができたのだ。
そしてオレもルナの膣の中を精子でいっぱいにする。

合コンで会ったその日にオレの部屋に入り、そしてエッチまでしてしまったルナ。
これがきっかけでオレとルナはセフレのような状態になった。
ルナがオレと会うのは絶対にエッチをするときである。
その認識はお互いに持っていた。

そんなルナが、友達を連れて家に来たいと言ってきた。
可愛い女の子だからというから連れてこさせた。
見た目はルナ同様に素朴な感じだった。
名前はカヨ、27歳らしい。
なんでもルナの職場の後輩だとか。
後輩をなぜオレのところに連れてきたのか不思議であったが、ルナは突然オレの股間を弄りだした。

「ねえ・・・ちょっと今日はお願いがあるの・・・」

ルナはオレのパンツまで下げてきて、勃起しまくったペニスをカヨに見せる。
初対面でオレはいきなり肉棒を披露することに。

「このおチンチンを・・・彼女に舐めさせていい?」

いきなりすぎて意味が分からないが、話を聞いたらカヨにフェラの練習をさせて欲しいとのこと。

「す、すみません。実は私、彼氏にフェラが下手って言われて・・・」

なかなか酷い彼氏を持っているようだ。
しかし、それでオレにレクチャーを受けたいなんて・・・さてはメンヘラか?
そうこうしているうちにルナはカヨの服を脱がし始めた。

「え、あ、アタシもですか・・・!?」

「それはそうよ・・・彼がここまでしてるんだから・・・」

なぜかルナが仕切っているのだが、オレは悪い気がしない。
むしろカヨの下着姿が見れて得だ。

「じゃあカヨちゃん、始めようか」

オレもノリノリでカヨを抱き寄せる。
挨拶代わりにキスをしながら胸を揉んでいると、カヨもその気になってきた。
勃起しているオレの肉棒を握って、しごきながらしゃぶり始める。

「ど、どうですか・・・?気持ちいいですか・・・」

カヨが心配そうに聞いてくる。
一生懸命さがあって可愛いのだが、オレは正直に教えてやった。

「ちょっと歯が当たるかな。唇を意識して」

「は、はい・・・こうでしょうか?」

「うん、いい感じだよ、気持ちいい」

オレはカヨにオレ好みのフェラの仕方を教えていった。
裏筋の舐め方やカリの弄り方など教えていると、だんだんオレも気持ち良くなってきた。
ベッドに寝転んでカヨのフェラで快感を得ていると、横で見ていたルナも興奮したのか、オレにキスをしたり乳首を舐めてきた。
さすがに2人に同時にされては、オレは昇天するところまでいってしまった。

「カヨちゃん、オレ、イッちゃうよ」

その瞬間、オレの肉棒から濃い白濁液が発射された。
その全てがカヨの口の中に散乱した。

「ああぁ・・・イッたんですね・・・嬉しい・・・」

カヨは初めて男をフェラでイカせることができて満足らしい。
オレも気持ちいい射精ができて大満足、カヨを抱き締めた。
その日、3人で3Pに励んだのは言うまでもない。