爆乳好きです!
私は会社には通っていましたが、人生のウエートは仕事ではないので、義務を果たす程度にそこそこやっていました。
私は無類の女好きで、会社の同僚や先輩からも、「いい年なんだからそろそろ落ち着いた方がいいぞ」とも言われました。

つい最近の話なのですが、私は人妻生保レディーを犯してしまいました。
適当に色んな女と遊んでいたのですが、生保レディーとしたことはありませんでした。
会社に来る生保レディーはいかにも主婦って感じの40歳くらいのおばさんばかりで全然興味がなかったのですが、ある日の昼休みに若くて爆乳の生保レディーが来ました。
スーツから飛び出そうな爆乳にみんなの視線が注がれました。

彼女は身長166センチで28歳。
俺より一つ年下の生保レディーでなかなか美人な人妻です。
スカートも短めで肉感的な女です。

「宜しくお願いしまーす」

その日は飴と名刺をみんなに配って帰りました。
俺は色気で契約を取ってる女だろうと思いました。
知り合いに色気で契約してしまったヤツがいて、でも結局はぐらかされてやらせてもらえなかった話を聞いていたので気を付けようと思いましたが、仕事中も彼女の爆乳が頭から離れず、色んな妄想をしてしまい仕事が手に着きませんでした。

無性に爆乳生保レディーに会いたくなり、名刺の携帯に電話して仕事が終わってから呼び出しました。
最初は喫茶店で話を聞きましたが、彼女の胸が気になって全然説明が頭に入りませんでした。

「お酒に付き合ってくれたら考える」と言ったら、彼女はあっさりOKしました。

居酒屋で1時間くらい飲んで、それからパブに行って夜中まで飲みました。
色々話して、彼女の旦那も俺と同じサラリーマンで35歳、結婚3年目で時々出張があることや、まだ子供がいないことなどを聞き出しました。
俺は「明日、答えを出す」と言って、その日はまっすぐ家に帰りました。

今、旦那が出張していることを知った俺は我慢できなくなりました。
次の日、俺は会社の飲み会があって夜の10時くらいじゃないと会えないと嘘をつき、彼女と会う約束をしました。

「やっと飲み会が終わった。申し訳ないけど俺の部屋に来てくれ」と呼び出すと、彼女は俺の部屋に来ました。

狭いワンルームにベッドがあるので、彼女は警戒しているようでした。
彼女を落ち着かせる為、「もうちょっと飲みたいから一緒に飲もう」と缶ビールを出し、飲ませました。
俺は「ごめんね。こんなに遅くなっちゃって」と言いながらどんどんビールを勧めました。
結構飲んで、彼女がトイレに行ってる間に、精神安定剤を粉にしたものを彼女のグラスに入れました。
俺は眠れないときの為に精神安定剤を使っていたのですが、女とやる為に使ったのはこのときが初めてです。
酔って顔が赤くなった彼女に興奮しました。
次の日は土曜日なので彼女も時間に余裕があったようです。

あとは契約書の手続きをして判を捺すだけとなりました。
精神安定剤を入れたビールを飲んだ彼女はハイテンションになり、下ネタをして反応を窺いました。
笑いながら彼女は話に乗ってきたので、「旦那とはどれくらいやってるの?」とか「セックスは好き?」とか初体験のことなどを質問をしました。
彼女はハイテンションで、「エッチが嫌いな人はいないでしょ」と言うので、「じゃあ俺と浮気しようよ!」と言いました。
彼女は笑いながら、「何言ってるの。駄目よ、私は人妻なんだから」と言いました。
しかしだんだん彼女は体がだるくなってきたようでした。

「ちょっとベッドで休んだら?」

「それはちょっと・・・」

彼女はギリギリ残った最後の理性で抵抗していました。
ここまできたら大丈夫だろうと、彼女の胸に手を入れてブラジャーの上から爆乳を揉み始めました。
ジャケットを脱がせてブラジャーを外しました。
体が怠いようでほとんど抵抗してきません。
難なくブラを外して、服の中に両手を入れて生乳を揉みました。

「止めて!駄目です。お願いです」

口では言うものの抵抗はますます弱くなったので、彼女をベッドに寝かせると彼女はもう動けなくなりました。
意識がボーっとしている彼女の前で俺は服を脱ぎ、彼女の服を一枚一枚脱がせて全裸にしました。
そして体を舐め回しました。
弱い声で「ダメー」と言っていますが、薬が効いて動けない彼女に俺は挿入しました。
もう抵抗はありませんでした。
感じてきた彼女は声を上げて腰を振り始めました。
そしてセックスが終わると彼女は気持ちよさそうに眠ってしまいました。

朝、目覚めると彼女はまだ眠っていました。
布団をはぐと彼女のグラマーな体に爆乳が露わになりました。
傍らにあったブラジャーのカップを見たら、なんとGカップ!
興奮して再び彼女の全身を舐め回し、セックスしてしまいました。
途中から彼女も目覚めてよがり声を上げていました。
俺は2回目が終わると、彼女の裸をポラロイドで撮りました。

彼女は再び眠り、4時間後に目覚めました。
まだ薬が効いているみたいで、頭がボーっとしているようでした。
彼女が、「私、何してんの?ここはどこ?」と聞いてきたので、「ここは俺の部屋で、俺とセックスしたんだよ」と言うと、「エーッ!」と驚いて体を起こして胸を両手で隠しました。
ブラジャーを彼女に見せながら、「すごいね、Gカップもあるんだ」と言うと、「ダメー!!」とブラジャーを取ろうとしたので、そのまま押し倒してまたセックスしました。
ちょっと垂れ気味ですが、手のひらから溢れる爆乳!

「もう旦那を裏切って2回もしたんだから平気だろ?」

ねちっこく攻めまくると彼女は何回もイッたようでした。
彼女は「どうしよう・・・」と旦那を裏切ったことに沈んでいました。
そんな彼女に襲いかかって、もう一度抱いてしまいました。
開き直った彼女は大きなよがり声を上げ、フェラチオもしてくれました。
さらには騎乗位、バックと何でもするようになりました。
それからは狂っようにやりっぱなし。
結局、彼女が帰宅したのは日曜日の朝でした。

彼女は「言いなりになるから絶対に旦那にはバラさないで欲しい」と言いました。

俺は、俺に抱かれ続けてくれる限りは絶対にバラさないと約束しました。

彼女は人妻だけに床上手で、フェラチオも騎乗位も上手く、俺はますます気に入りました。
最高の玩具を手に入れた俺は悪乗りしてしまい、旦那が出張中に毛剃りをしたり、体にキスマークを付けたりして彼女の体を弄びました。
その他、バイブプレイやハメ撮り、精子を飲ませたりなど色々やりました。