私は妻の両親と同居をして15年を迎えようとしています。
妻の母は55歳という年齢ではあるんですが、とても若く見えます。
ポッチャリ体型に色白な肌。
胸はFカップの巨乳なんです。
義父は定年間近ではあるんですが、いわゆる仕事人間。
出張も多くて、家に居ないことが多々あります。

ある日、私は妻に使おうと媚薬を購入しました。
説明書を見ながら妻に試すと思っていたよりも盛り上がり、いつも以上に興奮する妻だったんです。
そんな姿を見て、ふと義母にも使ってみたくなったんです。

日中、妻と子供が出かけて義母と2人だけになったので、媚薬をジュースに入れて義母に飲ませました。
20分もすると義母の頬が赤らみ始め、ハァハァと息が荒れるのが分かりました。
何気なく様子を窺うと、義母はトイレに向かったんです。
後を追うようにトイレ前で耳を澄ますと・・・。

「どうしたのかしら?変だわ・・・あぁ~ジンジンする」

明らかに発情しているのが分かりました。
リビングに戻ってきた義母でしたが、目が潤んで落ち着かない様子でした。
私は義母の裸体を想像して勃起してきました。
私の股間が大きくなっていることに気づき、義母がチラチラと見るのがわかりました。
義母も我慢の限界だったのか、「ちょっと部屋で休もうかな?」と言うと、自分の部屋に向かったんです。

それから1時間ほどして義母がキッチンで夕食の準備を始めたので、私は風呂の掃除でもと思い、脱衣場に入ったんです。
なんとなく洗濯機の中を覗くと、義母の下着が入っていました。
そっとパンティを拾い広げてみると、クロッチ部分がビッショリ濡れていました。
思わず匂いを嗅ぎ、オシッコ臭と女性器の匂いを堪能してから洗濯機の中に戻し、素知らぬ顔でお風呂掃除を始めました。
すると慌てるように義母が脱衣場に入って来て、「あ、掃除してくれてたの?すみません」と言うと、何も言っていないのに、「ちょっと汗かいたから・・・下着を取り替えたの」と言い、洗濯機の中の汚れた下着を誤魔化していました。
顔を赤らめる義母を可愛いと思いました。

義母とすれ違うとき、大きくなった股間をわざと義母の手に当ててみました。
すると、一瞬私の顔を見た義母が、その場にしゃがみ込んだのです。
私は義母の顔の前にズボンの上からでも分かるくらいにテントを張った股間を見せつけました。
義母は赤らめた顔を一瞬背けましたが、すぐに股間を見てきました。

「すみません、お義母さんに恥ずかしいところを見せてしまって・・・」

そう言って私が股間を押さえると、「お願い」と小さな声が聞こえ、義母は私の股間を握り出したんです。

「お義母さん!お願いします」

お願いすると、すぐに義母はズボンを下ろして咥えてくれました。
予想以上の展開に我を忘れ、しゃぶられながら義母の巨乳を揉みまくりました。

義母の服を脱がせると、想像以上に肉付きが良く、お腹は少し垂れていました。
巨乳も重力には逆らえないといった感じに垂れていて、腿を開かせると糸を引く花園がぱっくりと口を開いていました。
結構使い込んだと見え、どす黒く、辺りを毛が覆い隠していました。

私は義母を洗濯機に手をつかせました。
そのままバックから挿入すると、ズルズルと中に入り込み、ヒクヒクと締め付けてきました。
ヌルヌルのマン汁がどんどん溢れ、太腿を伝って流れるほどです。
妻とは違う熟女の匂いが漂う中、義母は喘ぎ声を出していました。
バックから激しくピストンを繰り返しながら手を前に伸ばしてクリトリスを刺激すると・・・。

「凄い!!!イク・・・」

義母はガクガクと体を震わせ始めたんです。
そんな義母をさらに絶頂へと向かわせようと、もっと激しくクリトリスを刺激すると、ビチャビチャと潮を噴き上げました。
よっぽど媚薬が効いてたのか、それからも義母は何度も絶頂を迎え、その場に倒れ込んでしまいました。
最後に私が義母の体内に大量の精液を出すと、義母の口で掃除させながら、私の性処理係になることを誓わせました。

以来、義母はすっかり私とのセックスにハマり、家族の目を盗んでは私のチンポを欲しがってきます。
義父がいる所でも義母は私の言うことに逆らうことはなく、ノーパンになったりオナニーをしてくれるようになりました。
こうして義母に悪戯をして毎日楽しんでいます。