私は専業主婦で35歳です。
夫は商社勤めで、おかげさまで多少裕福な生活をしていますが、夫が出張がちで夫婦としての営みは遠ざかり気味。
正直、欲求不満な身体を持て余していました。
家に私だけになると、ネット通販で買ったバイブを相手にオナニーをすることで欲求不満の身体をなんとか癒していましたが、やはり人工のペニスと本物では違いすぎます。

1年ほど前のことでした。
私はいつものようにベッドルームで全裸になり、ヴァギナに激しくバイブを出し入れしながら思いっきり喘ぎ声を上げてオナニーに没頭していました。
ベッドルームのドアが静かに開き、ドアの前に唖然とした表情の息子(章夫)が立っていました。
その日は学校行事で、いつもより早く息子が帰ってくることを失念していました。
一気に血の気が引くのを感じました。
それでもヴァギナに入っているバイブは私の膣内で蠢き続けています。
私はすぐにヴァギナに突き入れられたバイブを抜きましたが、その瞬間、息子の見ている前で、「あぁぁぁぁー!」と不覚にも喘ぎ声を漏らしてしまいました。
後退りしてベッドルールから離れようとしている息子の手を握ると、私はベッドルームへ半ば無理やり引き入れました。

私はとりあえずシーツを体に纏い、息子を私の横に座らせました。

「いつからいたの?」

息子に問いかけても、下を向いたまま何も話してくれません。
よく見ると息子の身体が微かに震えているのがわかりました。
息子にとって見れば、乳房を揉みしだきながらヴァギナにバイブを出し入れして、激しい喘ぎ声をあげて快感に溺れている母親を見て怖くなったんでしょう。

「ごめんなさい、章夫ちゃん。ママね・・・とっても寂しくてあんな事してたの。まだ章夫ちゃんは何も知らないよね?」

息子の口から意外な答えが返ってきました。

「マ、ママは今、セックスしてたんでしょう?赤ちゃんを作るために・・・」

たぶん保健の時間に習ったのでしょう。

「あのおちんちんでは赤ちゃんは出来ないのよ」

私はまだ小刻みに震えている息子を抱き寄せてました。
その時、私の手が息子の股間に一瞬触れ、息子のズボンの中のペニスが勃起していることに気づきました。
ちょっと驚きました。
再び息子の股間に視線を移すと、可哀想なくらいに息子の股間が勃起しているのがわかりました。
私は息子の股間にそっと手をやり、包み込むように軽く握ってみました。
まだ中1の息子のペニスがこんなにも大きいとは・・・。
私は驚きを隠せませんでした。
ズボンの上から優しく勃起したペニスを撫でてあげていると、息子のペニスはさらに大きくなるではありませんか。

「章夫ちゃん、おちんちんがこんなに大きくなったら痛いよね?」

「うん・・・ママ、おちんちんがどんどん硬くなってきて、痛いよ、ママ・・・」

「大人しくしてママに任せて、すぐ楽にしてあげるから」

「うん・・・ママわかった。僕はママの言う通りにしたらいいんだね?」

「そうよ。ママに任せて。まずはズボンとパンツを脱いじゃいなさい」

私がそう言うと息子はズボンと一緒にパンツを脱ごうとしました。
勃起したペニスが邪魔をするのを私が手伝って脱がせました。
華奢な身体には不釣り合いなほど大きく硬く勃起して、ぴたっと下腹部に張り付く息子のペニスに私は目を見張りました。
息子をベッドの縁に座らせると、まだ完全には皮が剥けきっていないペニスを手にして、優しく優しく扱いてあげました。
1分もしないうちに息子が、「ママ、おしっこが出ちゃいそうだよ・・・」と言ってきました。
息子のペニスからは脱がせた時から先走りが出ていました。
息子の亀頭がプクッと膨らむと同時に、私は口を大きく開いて息子のペニスを咥え込みました。

「あああっ・・・ママ、おしっこ出ちゃうよ。ママ汚いよ・・・で、出ちゃうー!」

次の瞬間、私の口の中に温かい液がいっぱい注がれました。
久しぶりの精液でした。
私はごくりと音を立てて息子の精液を飲み干しました。
性に目覚めたばかりの男の子の新鮮な精液は、夫の精液などとは比べものにならないほどの美味しさでした。
息子は自分の出した精液を飲み干した私の顔を心配そうに覗き込んできました。

「ママ、おしっこ飲んでも大丈夫なの?」

「大丈夫よ。章夫ちゃんも学校で習ったでしょう。章夫ちゃんが今出したのはおしっこじゃなくて精液なの。赤ちゃんを作るために必要なもの。精液の中で沢山の精子が泳いでいて、女の人の卵子とくっついて赤ちゃんになるのよ。おしっことは違って白いの。それに出した時、とっても気持ちよかったでしょう?」

私がそう言うと、息子はまだ先端部から溢れ出る精液を見て納得したような顔をこちらに向けました。

「ママの言う通りだ。これが精液なんだね。・・・ねぇ・・・ママ・・・もう一度・・・」

最後は消え入りそうな声で、また射精をねだってきました。
もちろん私は大歓迎です。

「ねぇ章夫ちゃん、セックスしてみたくない、ママと?」

「えっ・・・セックスって僕のおちんちんをママの中に入れるんでしよう?ホントにいいの?ママとセックスしても?」

「いいのよ章夫ちゃん。その代わり、このことは誰にも言っちゃダメよ、パパにもね!」

「うん。僕、誰にも言わない。ママと僕だけの秘密だね」

嬉しそうに言ってくる息子を全裸にしました。

「セックスはキスから始めるのよ。ママがするように章夫ちゃんもしてね」

私は息子と初めてディープキスをしました。
息子の口の中へ舌を入れて舐め回すと最初は戸惑った様子でしたが、すぐに私がするように私の舌に自分の舌を絡めてきました。
そして私が息子の手をとって乳房に宛てがうと、男としての本能が為せる業なのでしようか、とても初めてとは思えないように私の乳房を巧みに揉みしだきました。

「ママのオッパイ、吸ってもいい?」

私はこくりと頷きました。
息子は赤ちゃんの時のように一心不乱に私の乳首を吸ってきます。
その快感が電流のように全身を駆け巡り、私は思わず「あああっ」と喘ぎを漏らしてしまいました。

「ママ、ごめん、痛かった?」

「違うのよ。気持ちいいと女の人はこんな声が出でしまうの。さっき見たでしょう?ママがおもちゃのおちんちんを入れてた時、女の人は気持ち良くなるとあんな声が出でしまうの。だから章夫ちゃん、ママにもっと気持ちいい声を出させて」

「うん、わかったよママ。ママがいっぱい気持ち良くなれるように僕、頑張るね」

前戯が進み、ついに私のヴァギナまで来ました。

「ほら、ここがママのヴァギナよ。ジュースが奥からいっぱい出できて濡れてるでしょう。真ん中の穴が、今からおちんちんを入れる穴よ」

私はヴァギナの愛撫のやり方を、喘ぎ声を上げながら息子に指示しました。
息子のペニスを握って、射精しない程度に扱いていました。
私のヴァギナが息子のペニスを欲して蠢き始めると、私は息子を仰向けに寝かせて跨がりました。

「さあ・・・章夫ちゃん・・・ママの身体で今から大人になるのよ」

私はそう言うと息子のペニスを握り締め、愛液の雫が垂れ落ちるヴァギナに充てがいました。
息子はその瞬間を見逃すまいと頭を上げて私がペニスを挿入するのを待っていました。
ふと母子相姦の恐怖が頭を過りましたが、もう私の身体は息子を欲して後戻り出来ない状態でした。
意を決して、私は久しぶりの本物のペニスの挿入感を味わうようにゆっくりと腰を沈めていきました。

「あぁ・・・ああああぁぁーー・・・あ、章夫ちゃんが・・・ママの中に帰って来たわぁー・・・」

息子のペニスが根本まで沈み込み、子宮口まで達していました。
私はすぐに腰を上下に動かして快感を貪りました。
私の欲望はさらなる快感を求めていました。

「あっ・・・ああああぁぁーー・・・章夫ちゃん・・・ママに合わせて動いてー」

息子はすぐに下から突き上げてくれました。
全身に小さなアクメが次から次へと訪れます。
しかし息子は初めてのセックスに慣れていないせいで・・・。

「ママー・・・僕・・・出ちゃいそうだよ・・・我慢出来ないよー」

「い、いいわよ・・・ああああ、章夫ちゃん・・・ママの中にいっぱい出してぇ・・・ママの中を章夫ちゃんの精液で・・・ああああぁ・・・いっぱいにしてー」

次の瞬間、膣奥で息子の精液が弾け飛ぶのを感じ取りながら私もアクメに達しました。

その日以来、息子が学校から帰って来ると、息子の精液を浴び続けています。
夫がいない日は、前夜から翌日の深夜に至るまで、食事やトイレ以外は繋がったままで過ごしています。