私は25歳になりますが、職を転々としています。
やる気だけはあるのですが、仕事が長続きしません。
もう貯金も底をつき、このままでは家賃を滞納してしまうと思い、手っ取り早く夜のバイトをしました。
スナックみたいな所で、お客さんの隣りに座ってお酒の相手をするお店でした。
私はお酒が弱いので心配でしたが、飲まなくてもいいということだったので毎晩行きました。
ドレスも選り好みしなければお店にあるのを使えるので、着るものに困ることはありませんでした。

でも、ただお客さんの相手をしていればいいかと言えばそうでもなく、ベタベタ触ってくるおじさまもいれば、むっつりしている若いお兄さんもいて、その都度どうしたらいいのかが問題でした。

ある日、私が付いたのが2度目というお客さんが来ました。
そのお客さんは私のことが気に入ったようで、私にどんどんお酒を注いできました。
いつもは飲まなくてもいいと言うママも、そのお客さんのただならぬ気配を感じてか、『ほどほどに飲みなさい』という目配せがありました。
気が付くと私は酔っぱらってしまい、仕事にならない状態でした。
ママが「今日はもう帰りなさい」と言ってくれたので、私はいつもより早く帰りました。

目が覚めると、私は見たこともないアパートの部屋で裸になって寝ていました。
ベッドの中で、布団を掛けてもらっていましたがすっぽんぽんです。
周りを見渡しても誰もいません。
仄暗い部屋の中、シャワーを使っている音が聞こえました。
この状況は・・・お酒を飲み過ぎて意識朦朧となり、知らない人とセックスしてしまったのか、これからセックスしようとしているのか、そのどちらかしかありません。

(どちらにしても非常にまずい・・・)

私はとりあえず服を探そうと体を起こそうとしました。
でも頭が割れそうに痛いのです。

(困った・・・あんなに飲むんじゃなかった)

でも今さらそんなことを考えても仕方がありません。

これからどうするか?
誰の部屋にいるのか?
する前なのか、した後なのか?
それが問題でした。

でも、考えると頭が痛いのです。
そうこうしているうちにシャワーの音が鳴り止み、こちらに向かってくる足音が聞こえます。
誰だろうと思って、その人が来るのを裸のまま待っていると、暗闇から現れたのは思いっきり飲まされた男性のお客さんでした。
暗い中で目をぱっちり開けていると、腰にバスタオルを巻いた男性と目が合いました。

「あ、目が覚めたんだ」

「私、なんでここにいるんですか?」

「覚えてないの?君が店を出た後、居酒屋で2人して飲んだんだよ。そうしているうちに君は僕とセックスしたいから2人っきりになりたいって、僕に絡みついてきて」

「え、私が?」

「そうだよ。どうしても僕とセックスしたいって言ってチンコ触ったの覚えてないの?」

「す、すみません。覚えてないし、私から触ったんですか?」

「そうだよ。だから僕の部屋に来てセックスしたんだよ。気持ち良かった~」

「えっ、嘘!」

私は自分の大事な所を触ってみました。
ヌルヌルなのは確かですが、中で出されたのかは不明です。

(やってしまった・・・)

私としたことが、自分から男を誘惑して部屋に押しかけただなんて。
酔っぱらっていたとはいえ最低です。
自分がこんなに酒癖が悪いなんて知りませんでした。

「本当にしちゃったんですか、セックス?全然覚えてないんですけど・・・」

「覚えてないの?あんなにいい声で鳴いてたのに?嘘でしょ?『気持ちいい!』って僕にしがみついてたよ。『もっとして』って、自分から上になって腰を振ってたのも覚えてないの?」

聞いているだけで顔が赤くなりました。
そんなことってあるんだ。
私は布団をすっぽり頭まで被りました。

「さあ、さっきの続きしようよ」

そう言われても記憶にありません。
布団を被って困っていると、「ほらほら」と言ってお客さんが布団を剥ぎ取り、キスをしてきました。
タイプではないので、すっごく嫌でした。

(でも、一度しちゃったのならしょうがないか・・・)

私は目をギュッと閉じて、舌が入ってくるのを受け入れました。
お酒臭い息でディープキス。
よだれがダラダラと出て、舌が絡みつくようなキスでした。
耳に舌を入れられてゾクゾクしてしまいました。
首筋にキスされて、鎖骨、おっぱいと丁寧にゆっくりと愛撫されます。
おっぱいをゆっくりと撫でられ、乳首を摘ままれると、思わず声が漏れました。
ソフトタッチが心地よくて、酔いと相まって自分が感じてくるのが分かりました。
乳首をしゃぶられると、私はお客さんの頭をグジャグジャに撫で回していました。
下の方に指が行くと私は身を固くしました。
あそこの毛をかき分けてクリトリスをそっと撫でられると、私の体にビリビリと電気のような快感が走りました。
足先までビーンとなり、「ああ、ダメ!そこはダメ」と口走っていました。
優しく撫でられているのにクリトリスだけで感じてしまい、私はお客さんにしがみついていました。

「プックリと膨れたクリトリス、食べちゃいたいよ」

そう言って私のクリトリスに吸い付きました。
私は「ダメダメ~」と首を横に振りましたが構わずクンニされました。
気持ち良くて、私はすぐにイッてしまいました。

「僕のも舐めてよ」

お客さんが腰のタオルを取ると、すごく勃起したチンチンが見えました。
私は仕方なく竿を握って舌でチロチロしました。
チンチンは気持ちよさそうにピクンピクン動いてていました。

「ああ~上手だね。口でイキそうだよ」

そう言われて私はフェラを止めました。
するとお客さんは自分の唾液を私のあそこになすりつけると、どこからか出してきたコンドームを被せました。

「入れるよ」

ゆっくりとチンチンが私の大事な所に入ってきました。

「ああ、苦しい。ゆっくり、お願い」

お客さんはゆっくりとチンチンを沈めました。
奥まで届くと、いっぱいになったのを感じました。
ゆっくりとしたピストン運動で、私のあそこは感じていました。
私は気持ち良くて、自分から腰を動かし始めました。
ちょうどいい所に当たって、またすぐにイキました。
キスをしながら、乳首を吸われながら、チンチンが私の大事な所を出たり入ったりしました。

「気持ちいい。イキそうだ」

お客さんは少し速めのピストンをすると、そのままイッてしまいました。
そして射精したコンドームの処理することもなく、また私のおっぱいを揉んだり舐めたりしているとチンチンが固くなって、私の大事な所でムクムクと大きくなっていくのが分かりました。
そして今度は私をうつ伏せにさせると、後ろからチンチンを入れてきました。

「ああ、いい。気持ちいい。もうダメ、イク。イク~」

私は後ろから突かれてイッてしまいました。
また体位を変えて今度は正常位になりました。
チンチンが速く出入りするとすぐに、「あっ、イクよ」と言ってイキました。

「本当は私の記憶がなかった時にセックスしてないでしょ?」

「え?なんで」

「女の勘で分かるの」

「ごめん、嘘ついた。どうしても君としたかったんだ」

「もういいわ。私も気持ち良かったから。もう1回する?」

私たちはもう1回セックスしました。