妻が怪我をして救急車で運ばれて町の病院に入院しました。
同じ町に住んでいる叔母さん(義母の妹)が見舞いに来てくれました。

「会社帰りに病院に寄って家に帰るのも大変だから、入院中はうちから会社に通えば」

ここはお言葉に甘えることにしました。
夜、叔母さんと晩酌していると、ふっくらした叔母さんの胸の谷間が目に付きます。

「ねぇアンタ、彼女はいるの?」

「え、まさか・・・何のこと?」

「ハハハ。若いアンタがしばらくエッチなしなんて無理じゃない?」

「もう、叔母さんったら~」

「叔母さんで良かったらいいよ」

「本当に?」

「うん」

「本当のことを言うと、ずっと前から叔母さんのことが好きだった」

「うん、ちょっと分かってた。だからアンタなら・・・。先にお風呂に入ってきて、お布団を敷いておくから」

風呂から上がり、借りた浴衣で布団に入ってたら、叔母さんが浴衣の紐を締めずに前を手で合わせてるだけで入ってきました。
俺の浴衣の上から勃起したムスコを撫で、「やっぱり若いね、元気」と俺の浴衣の紐を解いています。

「ねぇ叔母さん、ゴムある?外に出す?」

「中で出していいよ」

そう言って抱きついてきました。
叔母さんを抱き締めて仰向けに寝かせ、片手を首の下から入れて肩を抱き、口を吸いながらもう片方の手でオッパイを揉んだり・・・。
だんだん下に行き、割れ目を指先で撫でました。
膣の入り口に軽く指を入れ、少し奥まで差し込むと、叔母さんが息を止めて・・・。

「ウッ・・・ウッ」

感じてるようです。
指を動かしながら割れ目を伝って少しずつ上に行き、クリトリスに辿り着いたら指先で摘みます。
叔母さんはピクッピクッと全身で反応していましたが、尚も続けてると堪え切れなくなったのか・・・。

「ああ、ダメーッ!」

両手で叔母の花びらを開くと、石鹸のいい匂い。
きれいなピンク色が欲情をそそります。
クリトリスを舐め、口に含んで舌先で擦ると・・・。

「もうダメ、もう来てっ、イッちゃうから~」

花びらの真ん中にムスコを押し当て、ゆっくり押し込みました。
膣の中をジワジワとかき分けて行くようで気持ちいいんです。
一番深い所まで行ってもまだ押しつけていると、叔母さんも腰を突き上げるように押しつけてきました。
何回か浅く突いて、たまに一番奥深い所まで・・・。
このピストン運動をゆっくり繰り返し、やがて激しく突くと、叔母さんの腰の動きも速くなり、オッパイを思いっきり揺らしながら・・・。

「イックー!」

頂点に達した叔母さんが体を仰け反らして膣を締め付けてきます。
俺の射精に合わせるようにキュッキュッと何回も・・・。
叔母さんが肩で息をしながら言ってきました。

「すごく良かった。体が爆発するかと思っちゃった。この年になるまで、こんなに気持ちいいセックスは初めて」

いつまでも抱きついている叔母さん。
俺が叔母さんから下りても手を離してくれません。

「今夜は一緒に寝よ?ね?」

そのうちまたエッチ気分になって、どちらからともなく求め合い、また2人で頂点に達しました。

朝、目が覚めたら叔母さんがムスコを握っていました。

「朝から元気ね。してもいいよ。出すだけでもいいから」

その言葉に興奮した俺は叔母さんに乗っかって、そのまま差し込んで一気に突くと、あっと言う間にイッてしまいました。
オナニーよりも手軽で、しかも気持ちいい!

「叔母さん、ごめんね。ありがとう。叔母さん大好き」

「アンタが私の中でイッてる時の満足そうな顔を見てると私も嬉しい」

朝ご飯を済ませて、出勤する時に玄関でハグ。

「行ってらっしゃい」

「行って来ます」

チュッ。

「昼間は病院に行ってるから」

「病室では、なるべく叔母さんを見ないようにするね」

「そうね。もう昨日までとは違うから、気付かれないようにそうしたほうがいいね」

名残りを惜しんで、もう一度叔母さんと抱き合いました。