息子となってはいけない関係になってから6年が経ちます。
当時、夫は転勤族で、5年も単身赴任をしていました。
私の体は常に欲求不満。
悶々とした日々を過ごしていました。
それでも息子が受験生になってからは息子の方に関心が向いて、夜食を作ったり、塾を選んだり、あれやこれやと忙しい日を送っていました。
そんな私に女を目覚めさせたのは、オナニーしている息子の姿でした。

その日、エッチな本を見ながら荒い息遣いで息子はおちんちんをしごいていました。

「うっ」という声とともにペニスから精液が飛び出したとき、息子に男を感じている自分に気がつきました。

その後も何度か息子のオナニーシーンを目撃しました。
たまたま目撃したのではなく、息子がオナニーするのを待って、ずっと見張っていたんです。

ある日、息子が私のパンティーを穿いてオナニーしているのを目撃しました。
それを見たとき私はものすごく嬉しくなり、心の中で何かが切れました。
そのあとの行動はほとんどメス犬でした。
私は息子の部屋のドアを開けるとネグリジェを脱ぎ捨て、息子の体に抱きついていきました。
息子は一瞬焦ったようでしたが、すぐに私のオッパイを口に含み、乳首に吸い付いてきました。
何年かぶりに男の人に吸われた私の乳首はすぐにビンビンに立って、快感が全身を走り抜けました。

「もう1人で我慢しなくていいのよ。おかあさんと一緒にしましょう」

そう言って息子の手を取り、ベッドに入りました。
息子は私の胸からはじまり全身を舐めてくれました。
もちろんあそこもたっぷりと舐めてくれて、指でもいっぱい弄ってくれました。
私のあそこは今までにないくらい濡れて息子はびっくりしていました。
私も息子のビンビンになったペニスを舐め、手でも愛撫しました。
息子はすぐに1回果てましたが、すぐに回復しました。
主人とのセックスがなくなって以来、男の人は久しぶりで、しかも若い肉体にもう私は夢中でした。
初めての息子に手取り足取り教えてあげました。

とうとう息子のペニスが私の中に入ってきました。
もう後戻りできないと思いながらも、私の体は言うことを聞きません。
息子のペニスをひたすら受け入れました。
すごい快感が走りました。

「あああ~すごくいい!もうだめ、イキそう、もっと突いて!」

そんな叫び声をあげたように記憶してます。
その後のことはあまり覚えていませんが、めくるめく快感が私を虜にしたのだけは確かでした。

そしてその日から、2人の修羅の道が続いています。
幸い息子は希望の大学に合格して、卒業後は就職も決まり、彼女もできて、もうすぐ結婚する予定です。
あれから6年の月日が流れましたが、2人の関係は今も続いています。
私は息子の彼女に嫉妬しています。
息子を取られたくありません。
もしかしたら自分自身の快楽のために息子を失いたくないのかもしれません。
でも彼女の若い肉体にはとても勝てそうにないので、もっとテクニックを磨こうと、色んなビデオなんかを見て研究しています。
アダルトグッズなども今度使ってみようと思っています。

息子のほうも、私との行為はやめられないようで、主人のいない夜は必ず私の部屋に来ます。
私とのセックスなら、彼女には頼めないようなことも色々言えるし、息子の感じる場所はすべて知っているので気持ちいいようです。
愛してはいても、やはり彼女とやるときには色々と気を遣うようです。

息子との関係がいつまで続くかわかりませんが、もうこうなったら2人で地獄まで行こうと話しています。