この話は僕が中学時代の時の話です。
そしてちょっと話は遡りますが、僕には小学生の頃、イジメが原因で不登校気味になっていた時期がありました。
でも、それを解決してくれた女の子がいました。
近所に住む幼なじみの由香でした。
学校を休んだ日はプリントとか持って来てくれたし、朝も「一緒に学校に行こう!」とわざわざ来てくれたりしました。
性格は文字通りの天真爛漫な感じで、僕はそんな彼女を見てると心から癒されました。
彼女は僕の不登校を治してくれたと言っても過言ではありませんでした。

中学に入っても、運よく僕と由香は一緒のクラスになることが出来ました。
さらに僕のことをイジメていたグループとは違うクラスになりました。
この時ほど神様に感謝したことはなかったです。

それで部活を決める時に由香は、「ねえ、直君、私と一緒に陸上部に入らない」と言ってきました。
僕は貧弱でガリガリでスポーツはやる気はしませんでしたが、由香の強い推しもあり、身体が鍛えられたらいいかもと思い、一緒に陸上部へ入部届けを出しました。
陸上部は先輩が10人ほどしかいない、割とこぢんまりとした感じでした。
1年生は僕たちを入れて5人が入部しました。
やはり上下関係とか練習の辛さはありましたが、イジメとは全く違うし、とても居心地が良かったです。
由香は短距離、僕は自分で希望して長距離を頑張っていました。

由香も、「なんか直君すごく変わったね、明るくなってきたよ」と言ってくれました。

一緒に帰ったりもして、次第に僕は由香に恋愛感情を抱くようになっていました。
正直、性的な意味合いの方が強かったかもしれません。
部活はもちろん男女一緒にやるのですが、由香のお尻を包むブルマに浮かぶパンティライン、Tシャツから透けるブラをいつもさりげなく見ていました。
そして、それをネタに由香のことを思い出しては懸命に抜いていました。

けれど時が経つにつれ、なぜか由香は僕から離れていくような冷たい態度を徐々に見せるようになりました。
よくよく見ていると、3年生の部長の裕也先輩と仲良しだなぁと感じることがありました。
中総体も終わると3年生は引退しました。
しかし僕が一緒に帰ろうと由香に声をかけても・・・。

「私、ちょっと用事あるからさ、先に帰ってて。って言うか、ちょっと直君しつこいよ」

そんな強烈な言葉を浴びせてきたりしました。
確かに、この頃になると僕へのイジメはピタリとなくなっていたし、由香にとっては僕のことなどどうでも良かったのかもしれません。

そして夏休みになりました。
当然、部活はあるわけで、陸上部は午前中にグラウンドの使用を許可されていました。
そして何日かは引退した3年生も指導に来ていました。
僕は夏休みの部活で、由香と裕也先輩のいけない場面を目撃することになりました。
いつも午前中の部活は11時半までやるのですが、裕也先輩と由香は、その後もなぜか2人きりで筋力トレーニングとかをやっていました。
結構おおっぴらにやっていたので、「あの2人は間違いなくデキているな」という噂も自然と広まりました。

数日後のことでした。
その日も2人は、皆が帰った後も部室の入り口のコンクリートのたたきでストレッチとかをやっていました。
僕はその日、2人のことがすごく気になって、かなり離れた自転車置場からその様子を見ていました。
お昼になると2人は一緒に部室に入り、戸を閉めてしまいました。
不安になった僕の足は部室の裏側に向かっていました。
裏側の窓は大きく開いていました。
姿勢を低くして近づくと、中から2人の会話が聞こえてきました。
それはただならぬ会話でした。

「由香、最高だ、好きだ・・・」

「あん、先輩、私もよ」

ウッグッグッ・・・チュッチュッ・・・。

恐る恐る中をそっと覗くと、衝撃の光景が目に飛び込んできました。
かなり刺激的でした。
2人は立ったまま身体をピタリくっつけ、キスをしながらお互いのあそこを密着させて、腰をグリグリしていたのです。
先輩はブルマの上から由香のお尻をいやらしい手つきで触っていました。
僕はびっくりして顔を引っ込めました。
2人は行為に夢中で僕には気付かなかったようでした。
僕はドキドキしながら、しばらく声だけ聞いてました。

「ハア~ン、先輩、もっとキスして」

「由香、最高だよ、可愛いよ、好きだよ」

ブチュブチュブチュ・・・。

2人が夢中でキスしている音しかしませんでした。

ブチュブチュブチュ。

「ハア~ンハア~ン・・・ハァ~ハァ~ハァ~」

直接に見たい衝動に駆られながらも、バレるのが怖くて必死に堪えていました。
そんな中で2人の行為はエスカレートしていきました。

「あ~ん先輩~、気持ち良すぎるよ~、先輩大好き~。ハァ~ハァ~ハァ~ハァ~」

「あ~由香、最高だぞ」

僕は慢出来なくなり、再度覗き込みました。
2人の上半身は着衣のままでしたが、由香のブルマとパンティは膝下まで下ろされ、先輩も短パンとパンツを下げて、立ちバックの真っ最中でした。

「アッアッアッ、先輩~」

「由香由香由香!」

先輩は由香のシャツの上から胸を思い切り揉みながら、懸命にピストン運動をしていました。
僕は2人に圧倒されて固まっていました。
蛇に睨まれた蛙みたいなものです。
そのとき、ほんの一瞬ですが、由香と目が合ってしまいました。
やばいと思って急いでしゃがみましたが後の祭。

次の瞬間、「キャッ!直が見てる!」と言う由香の甲高い声が部室に響きました。

2人のセックスは中断され、先輩に部室に入れと言われました。
先輩に怒られるのを覚悟しましたが、「頼むからみんなには内緒にしてくれ」とお願いされました。
でも由香のほうはかなり怒っていて、それ以後、一言も口をきいてはくれませんでした。

15年も前の話です。
心の傷はまだ完全には癒えていません。