結婚8年の34歳、妻は30歳です。
私は女性を見ると、色々妄想してしまいます。

あの女性は処女かな?
あの人は結婚を指輪してるけど、どんなセックスするのかな?
清純そうな顔をした若いお母さんを見ると、旦那さんに中出しされて、さぞかし喘いだんだろうなとか、妄想を巡らしてしまいます。

そんな私が妻と知り合ったのは妻が短大の時で、当時の私の彼女の友人でした。
私は次男坊なので、親元を離れて県庁所在地の大学へ進んで、卒業後も故郷へは帰らずそのまま居つきました。
就職して、大学のそばから通勤環境の良いところへ引っ越した時、時を同じくして隣の部屋にも越してきたのが元カノで、短大1年生でした。
元カノは大人しくて控え目な田舎の女の子で、押しに弱そうな純朴な見た目をしていました。
お隣同士ということで仲良くなって、2ヶ月ちょっとの6月中旬には、私に処女を奪われていました。
元カノの部屋は郊外にある短大から少し離れていたので友達が尋ねてくることはほとんどありませんでしたから、元カノが快感を知ると週末はやりっぱなし、平日でも帰りが遅くなければエッチしていました。
ちょっと田舎くさい純朴少女が・・・。

「あ、あ、やぁっ、くっ、ひぃ、ひぁっ、あっ、あっ、あっ、あんっ、あんっ、あんっ!」

だんだん淫乱な喘ぎをするようになっていきました。

2年生になって、裕未というアイドル級に可愛い女の子がちょくちょく元カノの部屋に顔を見せるようになりました。
裕未は地元住みの自宅通学の子で、可愛いだけあって自治体のミス◯◯に選考され、2年生の時は市のキャンペーンガールの1人として活動していました。
そのため市街地に近い私鉄の駅のそばの元カノの部屋で時間調整をするようになったのです。
週末、私が元カノの部屋にいるときに訪ねてきて・・・。

「すみません。お邪魔ですよね。2時間ほどしたらいなくなりますから」

なんてことはしょっちゅうでした。
裕未が帰るとすぐに元カノとエッチを始めて、大人しい純朴娘の外見からは想像できないくらい淫乱に喘がせていました。
裕未のことも妄想していました。
元カノとは対照的にハキハキしていて明朗な裕未は性の対象でした。

アイドル級に可愛い裕未だから、当然彼氏はいるよな。
セックスのときはどんな喘ぎ方をするのかな?
どんな裸なのかな?
どんなアソコなのかな?
これだけ可愛いとやられまくってドドメ色だったりするのかな?
・・・などと妄想していました。

そんな1年が過ぎて、元カノが卒業して実家に帰り、隣の空き部屋の前で淋しさを噛み締めていたら裕未が訪ねてきました。

「淋しそうですね。私と遊びませんか?1年間もお邪魔虫しちゃったから、そのお詫びに」

「彼氏いるんだろう?マズいんじゃない?」

「去年はイベントで忙しくて彼となかなか会えなくなってたら、彼、他の女の子とエッチしてて、それで別れちゃったんです。『お前がなかなかヤラせてくれないから』なんて言うんですよ。頭に来ますよね」

私は、どちらかと言うと彼氏の気持ちの方がわかりましたが、もしかするとこのアイドル級の裕未と付き合えるんじゃないかと思って同調していました。
こうして3月半ばから裕未と遊んでいるうち、元カノへの思いより裕未への思いが募ってきて、ゴールデンウィークの最終日に交際を申し込みました。

「ハイ、もちろんOKですよ。私、嫌いな男の人と二人で遊びませんから」

裕未は拍子抜けするほどあっさり承諾してくれました。
こうなると次は今まで妄想を重ねてきた裕未の裸、アソコ、喘ぎを見たいと思うのが人情というもの。
早速、5月最後の週末のドライブの帰り、ラブホの前で減速して・・・。

「裕未ちゃん・・・まだダメかなあ・・・」

「私、もう経験済みですから、交際している以上断りませんよ」

と、これまたあっさり。

「いつ口説かれるのか、ずっと楽しみにしていたんですけど、意外とあっさりでしたね」

なんて逆に言われてしまいました。

裕未はセックスも明朗快活でした。
シャワーから出ると、私の目の前で体を拭き、隠すことなくベッドに来ました。

「あの~、男女の中になるんだから、もう裕未ちゃんはやめて、今から裕未にして下さいね」

「わかったよ裕未。そしたら裕未も敬語はもうなしね」

「うん、わかった。じゃあ気持ちいいエッチしましょ」

裕未は華奢だった元カノより肉付きも良く、ムッチリの一歩手前という感じでした。
この顔と身体ならグラビアアイドルでもいけるんじゃないかと本心で思いました。
妄想していたアソコは、新婚夫婦のようにヤリまくっていた元カノと比べたらずっと綺麗で、クリの両サイドが若干色付いている程度でした。
クンニしながら今度は、可愛い裕未のアソコに入ったペニスのことを妄想しました。

(初めて入ったのはいつかな?何本入ったのかな?)

妄想がペニスを硬くしていきました。

「あう~ん、ん、ん、ん、ううっ、あー、気持ちいいー、あ、あ・・・」

クンニに喘ぐ裕未は元カノよりもはっきりと快感を表現して、素直にエッチを楽しもうとしていました。
フェラもすごくエロい舐め方で、視覚的にもエッチを楽しませようとしていました。

「あーん、もうそろそろ入れて!チンチン欲しいよー」

本当に素直にエッチを楽しむ裕未は腰の動きも私にシンクロさせて快感を貪り・・・。

「ひっ!ひっ!あひっ!あひっ!す、す、凄い、凄く感じるぅーーくぅ~~~っ!ひぅぁーーーーーーー!」

全身を引き攣らせて昇天しました。

私は純朴な元カノの恥じらう仕草や、喘ぎを我慢する様子に萌えていました。
だんだん感じて、我慢しきれずに喘ぎだして、乱れて、そんな自分に恥じらう元カノが健気で好きでした。
外見は裕未のほうが圧倒的に可愛いですが、元カノの可憐さもまた愛しかったのです。
ですが2年間も男女の関係にありながら、私は元カノをイカせることは出来ずじまいでした。
元カノは遠く離れた・・・と言っても県内ですが、しょっちゅう会える距離ではなくなるので、自然消滅してしまうる辛さを避けて別れましたが、もしも交際が継続していれば結婚していたと思います。

一方、明るくセックスを楽しむ裕未を見て、素直さに好感が持てました。
自分から気持ちいい場所にペニスを誘導するように腰を使って快感を貪り、可愛いアイドル顔を歪ませて昇りつめていく裕未は、与えられる快楽こそが愛情と考えているような女の子でした。

裕未との10回目のセックスは6月下旬。
射精を必死で我慢しながら汗だくで裕未を感じさせていたら、裕未が唸るように仰け反って動かなくなりました。

「私、初めてイッたかも・・・」

かつては快感に反応することを我慢する元カノを乱れさせたい一心で射精を我慢していた私でしたが、今度は貪欲に快感を貪る裕未をイカせたくて射精を我慢して頑張るようになりました。

「あー気持ちよかった・・・私をイカせてくれようって頑張ってくれるのって愛情を感じるなー。夫婦ってセックスあっての関係じゃない?やっぱりお嫁に行くならこういう人がいいな・・・」

イッた後で余韻を楽しみながら呟かれて、その日プロポーズしました。
私26歳、裕未22歳。
周囲からは「ちょっと早いんじゃない?」と言われましたが、8年前に結婚しました。
毎日エッチをする結婚生活は8年過ぎても変わっていません。
いつもは明るくて可愛いママの裕未を、夜は淫らに喘がせるのが生き甲斐になっています。

「どうやってあんな可愛い子をゲットしたんだよ?」

なんてやっかみも受けましたが、おっしゃる通り私はイケメンじゃありませんから、周囲はさぞかし不思議だったことでしょう。
私がアイドル級に可愛い妻と結婚できたのは間違いなく元カノのおかげなのです。
元カノが私の部屋の隣に越してこなければ裕未との出会いはありませんでした。
結婚してから裕未から聞いたのですが、私との赤裸々な秘め事の話を元カノから聞いたことがあって、それで私に興味を持ったようなのです。
裕未の元カレはイケメンだけど自分本位のセックスで、自分の友達の彼氏(私)はイケメンじゃないけど彼女本位に考えて頑張ってくれるセックス。
そこに愛情が感じられたのだと言いました。

また、これは裕未を通して聞いたのですが、元カノは実家に戻ってOLをしていましたが、控え目な性格なのでなかなか彼氏が出来ず、26歳で婚活に入り、28歳で3歳年上の草食系な男性と結婚したそうです。
その話を聞いて私は、旦那さんに抱かれて喘いでいる元カノの華奢な体と純朴な顔を妄想して、なんだか切なくなりました。
10年前に愛した元カノのことを私は今でも愛しているんだなと思うと、(もしかしたら裕未も元カレのことを忘れられない時があるのかな?)と、いつものように妄想してしまう私なのでありました。