初めてデルヘルを使った。
出張先で暇ができたので、パソコンから一番若い子(18歳)を指名した。
顔にモザイクあるが、可愛いと思った。
ラブホテルで一人、風呂にも入って待っていたら女の子が到着。
可愛い系の顔に普通っぽい服装、好みだった。
前金を渡すと、彼女はお風呂場に行った。
イタズラでシャワーを覗くと、「だめですー」とじゃれた声が返ってきた。
これは見ていいってことだ。
ほとんどパイパンといえるくらい薄毛だった。

「もともと薄いの?剃って薄くしてるの?」

「このバイトを始めてから剃ってるの」

イタズラっぽく言って開脚して見せてくれる。

「じゃあ僕に剃らせて」

「いいよ」

ラッキー。
丁寧にカミソリで剃った。
割れ目の周りは全く毛がなく、正面から見える部分に少しだけだったので簡単に剃れた。

「ベッドで待ってて」

「は~い」

上がって来た彼女は、全裸でツルツル。
男が好きなポーズを知っているみたいに、開脚してオナ見せを始めた。

「今夜はもうこれでバイト終わりだから」

「終わりだから、何?」

「たっぷり時間とってもいいよ」

それって何?
何回でもできるってこと?

18歳とは思えないテクニックで思いっきりしゃぶられて、ベチョベチョにされながら出してしまった。
口で受け止めた精液を洗面所で流して戻ってくると・・・。

「じゃあ、ちょっとお店に電話しますね」と彼女。

「はい、今終わりました。私、そのまま帰ります、はい。さーて、これでバイトも終わったし、今から私も楽しんでいいでしょ?」

望むところです。
さっきまでは彼女主導だったが、ここからはお互いにエロモード全開。
濃厚なキス、きつい抱擁・・・。

「今度はあなたが舐めて」

ツルツルのヒダを広げながらネチネチと舐める。
舐めながら小振りの胸を揉む。

「ねえ、入れようか」

なんと彼女が自分から上になって、回復して硬くなったモノを生で掴んで腰を沈めた。

「おー、これこれ。あー、これを入れたかったの」

狭い割れ目がぬるっとしながら、きゅっと締まる。

「じっとして、私が動くから・・・。あんあんあんあんあん。やっぱりだめ、あなたも動いて、奥まで突いて!もっと突いて!」

突くたびに「あんあん」と可愛い声。

「イキそう、一緒にイキたい、ねえ、お願い、このまま中に出して、ねえお願い、中に出して!」

この日、最高に燃える一瞬だった。

「出すよ、いい?出すよ!」

「出して、お願い、イクー!」

さっき出したばかりなのに、射精がかなり長く続いた。
倒れかかってきた彼女を抱き締めてキス。

「出てくるのを見てて」

上に乗った彼女が離れて、M脚になりながらパイパンのマンコを開いて見せてくれた。
出したばかりの精液が、どろーっと流れ出てきた。

「あー、出て来た、あー、恥ずかしいことして良い?」

そう言うと彼女は、精液を指ですくいながらオナニーを始めた。

「あー、出された精液でしてる私ってスケベでしょ?あー、イッたばっかりなのに、また感じる、あー」

オナりながらチンポも咥えてくれた。

「あー、さっきまで私の中に入ってたのを咥えて、あー」

かなり好き者のようだ。
そんな彼女に回復させられて2回目はバックで。

「あー、もっと突いて、お願い、突いて!」

朝までやりまくった。
何発したか分からないほど。
出して、咥えられて、また入れて出す。
延々その繰り返しだった。