私は36歳です。
夫は44歳、結構年が離れています。
残念ですが夫は無精子症なので私達には子供がいません。
夫は超まじめで仕事人間。
つまらない夫婦ですね。
私も40歳が近くなり、このままでいいのかと考えていました。


そんな時でした。
夫の上司(52歳)からのお誘いです。
仲人をしていただき、時々お会いはしていましたが、「2人だけで会いましょう」というお誘いは初めてでした。
お世辞にも見た目が素敵な男性ではありません。
でもいつもお世話になっている夫の上司なのでお食事程度なら・・・。
たまには美味しい物も食べたいし。

そんな軽い感じでしたが、一度お食事に行ってからは頻繁に連絡が来るようになりました。
そのうちお酒を飲んだり、ゴルフに行ったりするようになりました。
当然、お部屋への誘いもありましたが丁重にお断りしました。

そんなある時、上司から驚くことを聞かされました。
上司が私を誘ったのは、実は夫の提案だったのです。
初めて聞いたときは信じられませんでしたが、夫は私が上司に抱かれることを強く望んでいたのです。
上司の携帯を見せてもらうと、夫が上司宛に送ったメールには、確かにそのような意向が確認できました。

『私の妻の亜紀は濡れやすく締りがいいおまんこをしています。部長の自慢のイチモツで亜紀が悶ている姿を想像すると気が狂うほど嫉妬して興奮します。ぜひとも実行をお願いします』

真面目で優しい夫がそのような性癖を持っていたとは・・・。
夫は以前から性器へのコンプレックスが強かったです。
短小の真性包茎で、大学時代にかなり嫌な思いをしたようです。
私が出会った時は手術直後でした。
私は特に気にしませんでした。
そして無精子症が発覚。
夫の男の自信が一段と失せました。
そんな事もあって、このような性癖になったのだと思います。

でも、いくら夫が望んでいるとはいえ、夫の上司と寝るなんて、すぐに割り切ることはできません。
ですが、私の中にもう1人の自分が現れるようになりました。
日増しに、もう1人の自分が私を支配するようになっていきました。

そして夫の中国支社への2週間の出張。
そのタイミングに合わせて、私は上司の誘いでタイに海外旅行。
4泊5日でした。
私は覚悟を決めていました。

現地のホテルに到着して、すぐにセックスが始まりました。
熟年男性の素晴らしい愛撫で私は呆気なくイカされました。
夫が羨む上司のモノは本当に大きくて太くて硬くて強いものでした。
普通の女性よりもアソコが小さめの私には明らかにオーバーサイズですが、濡れやすいのが幸いでした。
上司の巨根で張り裂けるほどあそこを開かれ、決して夫のモノでは届かない一番奥まで突かれまくりました。

南国のリゾート地であることも私を大胆にさせました。
ホテルの広いベランダに連れ出され、そこで激しいフェラをしました。
立ちバックや駅弁もしました。
今までそのような体位のは経験なく、ましてや夫とは正常位以外はありませんでしたから衝撃的でした。
私は気が遠くなるような強い快楽を味わいました。

そして上司は最後、私の顔と体に射精しました。
夫に慣れた私には驚愕でした。
あまりにも違います。
その勢いと濃さと量に驚きました。
顔から胸までドロドロに汚されました。
凄く臭いですが、妙に男らしく感じました。

翌日は観光の予定でしたが、キャンセルして丸1日セックスしました。
上司に言われ、あそこの毛は綺麗に剃りました。
3日目はほとんど紐のような水着でプールに。
後ろ姿は全裸同然です。
乳首もあそこもくっきり透けて恥ずかしいです。
でも海外のリゾート地の開放的な気分が私を濡らしました。
逞しい外人男性にナンパもされました。
まだまだ女として通用するという自信が、上司とのセックスをより過激にさせました。

本当にやりまくりでした。
帰国した空港の駐車場でもカーセックスして、自宅の玄関でもしちゃいました。
それから上司と私の夫が公認の奇妙な関係が始まりました。