双子の姉ちゃん達のパンツでオナニーしてたのがきっかけで、姉ちゃん達のショーツを穿くのが趣味になってしまった変態な弟の告白です。

俺は22歳、もうじき大学卒業。
25歳の姉ちゃん達と現在、共同で賃貸マンションに住んでいる。
姉ちゃん達のショーツを毎日穿いている。

姉ちゃん達は双子だけあって顔は瓜二つ。
髪型が違うから見分けがつくが、今でもたまに呼び間違えることがあるくらいそっくり。
双子は色んな部分が似るというが、着るものとかの好みも似ているんだわ。
ブラやショーツの趣味も似てる。
2人ともご近所でも有名なくらい美人姉妹です。
芸能人だと小島瑠璃子に似ている。
2人が揃って歩くと、みんな振り返るくらいだから、まあ似てる。

で、俺はと言うと、姉ちゃん達のショーツ愛好家になってしまった。
高校時代とかは姉ちゃん達のショーツがオナニーグッズだった。
ミク姉ちゃん(姉)とミキ姉ちゃん(妹)のショーツを日替わりで借りてオナニーしてた。

姉ちゃん達の着替え中のヌードを見ちゃったのがきっかけだった。
けど、まさか毎回ヌードを見るわけにいかない。
悶々としてたら干してあったショーツに目が行った。
(これだ!!)って思って、自分の部屋に持って行ってオナニーしたのが始まり。
まあ姉ちゃん達はお互いに下着の貸し借りをしてたから、1枚くらい1~2日なくてもばれなかった。

大学2年の19歳の時だったな、初めてショーツを穿いたのは。
ブルーのサテン生地のショーツがリビングのソファに落ちてた。
ミク姉ちゃんのものだった。

(ミク姉ちゃんのパンツだ。なんでこんなとこにある?)

姉ちゃん達がいないので、こっそり部屋に持って行った。
で、オナニーしようと思ったんだわ。
Gパンとボクサーパンツ脱いでオナニー開始!!

(っと!待て。姉ちゃんのショーツを穿いたらどんな感じだろう?)

ブルーサテンに足を入れて穿いてしまった。
部屋にあった鏡に下半身を映して、どんなふうになってるか前後、横と見てしまった。

(なんかエロい!!)

もっこりは仕方がないが、お尻はしっかり包まれている。
もしかして男もショーツを穿けるんじゃないか?
何より軽くて伸縮性があるから動きやすかった。
屈伸したり色々と動いてみた。

(これ、マジにいいじゃん!)

亀頭がショーツ前面の生地に当たる感触も良かった。
ツルツルした感じで柔らかいから穿き心地は最高!!
初めて穿いてみたが、あまりの肌触りの良さにお気に入りになってしまった。
その上からGパンを穿いて、1日そのままでいた。

それからしばらく、ミク姉ちゃん、ミキ姉ちゃんのショーツを交代で借りて穿いてた。
色や柄は色々。
白、ピンク、水色、黒、レモン色、水玉模様、シマシマ・・・。
うーん、たくさんあるな!
さすがにTバックは手が出せなかった。
穿くのに抵抗があった。

しかし見つかった!!
俺が部屋で着替えている時、たまたまミク姉ちゃんが用事があって俺の部屋のドアを開けた。
もう大事件だった。
Tシャツ&黒ショーツ姿の俺。
姉ちゃんは最初、ブリーフだと思ったって。
でも前面にレースの飾りとかあったからすぐにショーツだとばれた。

「宏和!なんでショーツ穿いてんの!あんた買ったの?」

俺、さすがにしゃがみ込んでしまった。
恥ずかしいのと後ろめたさで。

「ちょっと!ミキ来て!!宏和がショーツ穿いてる!!」

ミキ姉ちゃんも来た。
そこからは考えられないくらい痛めつけられた。

ミク「あんたねぇ、姉ちゃん達のショーツ盗んだでしょ!!」

ミキ「下着泥棒!!変態!キチガイ!!」

ミク「キモすぎ!!ちょっと立ってみな」

ミキ「うげぇーー!マジ?」

こてんぱんに怒られた。
当たり前だけど。
俺、土下座するしかなかった。
ひとしきり怒られ、嵐が過ぎ去って・・・。

ミク「宏和、なんでショーツなんか穿いたの?あんたショーツ好きなの?」

ミキ「キモい!キモ男!さっさとこの家から出てけ!」

ミク「ちょっと黙ってなさい。宏和、ちゃんと話してごらん」

俺は告白するしかなかった。
全部話した。
さすがにショーツでオナニーしてたのは伏せたけど。

ミキ「ショーツって男でも穿けるんだね。うーん、でも見慣れないだけに変」

ミク「まあ穿き心地ってことで言えば、男のパンツより楽ってのは理解できるけど・・・」

俺、立たされたまま。
姉ちゃん達の目が股間に釘づけなのが痛かった。
じーっと見られてるのってたまらない。

俺「あのー、Gパン穿いてもいい?」

ミク「いいわよ。もう散々見たから。しっかし、まさか宏和がショーツ穿くとはねぇ」

ミキ「あのさ、ショーツが欲しいの?」

俺はコクリと頷いた。

俺「えっと、部屋着としてのパンツにしたい。だってすごく楽なんだ、コレ。動きやすいし」

ミク、ミキ共に沈黙。
しばらく3人沈黙タイムだった。
ミク姉ちゃん、ミキ姉ちゃんともに大きくため息。

ミク「しょうがないか・・・」

ミキ「そうね・・・」

ミク「私たちのを貸すしかないか・・・」

ミキ「よその家のを盗んできても困るし・・・」

ミク「犯罪者になっちゃうよ」

ミキ「そうね。貸すしかないわよねぇ」

ミク「宏和に似合う色とか柄とか考えてあげないと」

ミキ「大丈夫よ。だってショーツのままでうろうろするわけじゃないし」

ミク「でもさ、その・・・アレがついてるわけじゃない?どんなデザインでもOKってわけにはいかないんじゃないの?」

ミキ「そっか!確かにね。ねぇ宏和、ショーツの前の部分って、ちゃんと生地があったほうがいいんでしょ?」

俺、意味わからずポカーン。

ミク「あのね、前の部分がレースとかだと透けちゃったりするの。つまり宏和のナニがそこに当たっちゃうのね。どう?」

ミキ「試しに穿かせてみたら?そうすれば感覚がわかるんじゃない?」

ミキ姉ちゃんが部屋から前面レースのピンクを持ってきた。

ミキ「穿いてみて、これ」

言われるままに穿き替えた。

ミク「うーん、やっぱ物体が丸見えね」

ミキ「これはちょっとキモすぎよ。宏和はどうなのよ?」

俺「うーんとさ、なんか亀さんが当たって痛い感じがする」

ミク「やっぱね。じゃあ当たっても痛くいない生地のショーツなら大丈夫でしょ?」

ミキ「そうね。宏和に貸し出すのはナニが痛くならないショーツね。さて、どんなのにするか考えないとね」

なんだかんだと姉ちゃん達に試された。
俺はしおしおと小さくなるしかないわな。
で、また沈黙タイム。
結局最後はミク姉ちゃんの決断で決まった。

ミク「よし!決めた!宏和、あんたに私のショーツ貸してあげる。ただし家の中でだけだからね!外出するときは着替えなきゃだめだからね!」

ミキ「お姉ちゃん。じゃあ私のも貸すわ。もしも変なことに使ったら殴るからね」

ミク「あ!変なことってまさか・・・宏和どうなの?」

俺「変なことなんてしないよ。だってパンツだもん」

ミク「そ、そうね。女物のショーツってだけで、ただのパンツだもんね。うん、わかったわ」

ということで姉ちゃん達が認めてくれた。
嬉しい反面、(いいのか?マジに借りていいのか?)と不安にはなった。

俺「お姉ちゃん、ごめんなさい。借りてばっかじゃ申し訳ないから、俺、自分用の買おうか?」

ミク「ばーか。買う必要とかないでしょ。私たちが自分たち用で買うから。あんたは私とミキのパンツ使いなさい。それに、まさかあんたランジェリーショップ行く気?考えただけで怖いわ」

俺「でもさ。汚したりしたら申し訳ないし」

ミキ「うーん・・・まあ、いいんじゃない。家族だし。宏和が汚いわけじゃないし、あんたって男の割には綺麗好きだから」

俺「じゃあ姉ちゃん達の借りることにするよ。お願いします」

俺はペコリと頭下げた。
それからはミクとミキ姉ちゃんが交代で俺用にショーツを貸してくれてる。
毎日交代はめんどいってことで、3日分(3枚)ずつ渡されて使っている。
慣れてしまえば変な感じはしない。
というか姉ちゃん達は今は喜んでくれてる。

ミク「ちょっとこれ穿いてみ」

5枚ほど新品を渡されて、姉ちゃんたちの前でショーツ姿を見せることも度々。
もちろん姉ちゃん達の前で生着替えってわけにはいかないので、リビングの廊下で穿き替えてリビングに入る。

ミキ「へえ~、黒に白の水玉って可愛いじゃん!似合ってる」

ミク「水色のサテン無地もいい感じ。清潔感いっぱいよ」

ミキ「やっぱ黒のサテンって男でもセクシーね。なんかベッドで迫られたらノーと言えないくらいセクシー」

ミク「真っ赤なショーツって男でも似合うわ。なんとなく昔いたアントニオ猪木だっけ?そんな感じ。強そう。ん?違うわよぉ。あっちが強そうって意味よ」

評価はそれなり。
姉ちゃん達の協力で毎日ショーツを穿いて暮らしてる。
ってわけで俺はいっぱしのショーツ愛好家になりました。
変だと思われるだろうけど、ショーツってマジでいいよ!