もう限界だった。
一ピストンでもされたら、もう終わり。
ぴたっと停止する彩さんの腰。

「何?出すの?出たいの?」

「はい、出したいです」

「あと5回我慢したら出していいよ」


そう言うとするりとリボン状の物をチンポから外した。

「い~ち、に~い」

そう言いながら体重かけてどんどんと腰を打ちつけてくる。

「さ~ん」

(もうダメだ、もう・・・)

「よ~ん、あと1回!」

歯を食いしばって我慢する。

「ご~ぉ!いわよ、出しなさい」

なんでだろう、歯を食い縛ってまで我慢してるのに、彩さんの「出しなさい」という言葉によって我慢していたものは吹き飛び、頭の中が白くなった。
すごい勢いで精液が尿道を通過して行くのがわかる。
びくんと反り返り、彩さんの奥で迸る。

「あぁぁ出てる、俺君のいっぱい出てるよ」

耳元で囁かれた。
身体全体の痙攣が止まらない。

「そう、そうやっていっぱい出す子はいい子なんだよ」

湿っぽい声が耳の中でこだまする。

「俺君の・・・いっぱい注がれちゃった・・・ふふふ」

それでも腰だけがガクガク動く。
今までこんなのは味わったことがなかった。
一呼吸して目を開ける。

「気持ちよかった、俺君?」

「はい」

「あっ!もう彩様とか呼ばないでね」

ニコっと笑顔を向けた。

「彩さん・・・でいいですか?」

「うん、それでいいよ」

「紐を解いて欲しいなと思いまして」

「あっ、ごめんごめん!でも約束して、逃げ出さない?」

「逃げませんよ」

「じゃあ解いてあげる」

また酒を飲むが、興奮して全然酔えない。
世間話から核心へと入っていく。

「で?びっくりしたわけかぁ」

「まさか縛られて跨がれて中出しとか考えてませんでした」

「私も初めてだし・・・」

そう言うと黙ってしまった。
そして突然、「今日泊まって行きなよ!」と言われた。

「あっ、はい」

「今、ベッドシーツ取り替えちゃうから、その後シャワー浴びようね」

妙に優しい彩さんに戻っていた。
シャワールームに入ると石鹸でチンポをごしごし洗われる。

「ごめんね、中で出すとかさせちゃって」

「大丈夫です、自分でやりますよ」

「いいって、洗ってあげる」

洗ってシャワーで流す。
その途端、もう咥えている。

「あぁ彩様」

その時点で俺の口調も彩さんモードから彩様モードへ。
この人になら何をされてもいい的な感情。

「あんだけ出したのに、もうほら!」

「あぁ彩様、気持ちいいです」

「どうして欲しい?お口でいっぱい遊んで欲しいんでしょ?」

「はい」

強烈なフェラ。
吸ったり舐めたりの他に、擦り付けたりするのも忘れずにグリグリと亀頭を刺激し、もちろん手コキも忘れない。

「あぁ彩様、出そうです!」

「いいよ、お口に出しなさい」

彩さんの後頭部を軽く押さえる。
根本まで一気に咥えられる。
そこに出す。
尿道が広がる。
精液と唾液が交じった液体が糸を引くように口から垂れる。

「俺君のってやらしい味がするね」

「そうですか?」

シャワーを出て、ジャージを貸してもらうが、ピチピチで全然サイズが合わない。
ベッドに行くと初めてキスをされた。
ぎゅーとかじゅーとか擬音が入りそうなキスで悩殺される。
片手はもうチンポを握って離さない。

「まだできる?」

「はい」

ちなみに俺は5回はイケる。
そのぶん早漏だけど・・・。
するするっとジャージを脱ぐ彩さん。

「来て」

正常位で挿入。

「今度は我慢しなくていいから」

「はい」

最初は正常位だったが、いつの間にかまた騎乗位になっていた。
対抗心でバックへ!
また返されて正常位に戻される。
自由に腰を動かしてたらもう限界。

「彩様!彩様!」

「いいよ、俺君来て!出して!俺君のいっぱいちょうだい!」

そんな淫乱なセリフに脳もチンポもやられる。

「あぁ彩様、イク!」

「エッチなちんちんなんだからぁ」

ドクドクと再び中出し。
抱き合ってちゅぽんと抜けると、そのまま寝た。

翌朝。
搾り取られた俺と元気いっぱいの彩さん。
廊下の横のクローゼットから色んなエログッズを出してくる・・・。

毎週末、俺はまるで奴隷のような扱いを受ける。
それに慣れてしまった自分とそれを望んでいる自分。
「お帰りなさい」と玄関で迎え、彩様の靴を脱がす。
ストッキングにさわさわして、ご奉仕するように舐めながら脱がしにかかる。
この時点でもう彩さんは濡れて、腿まで滴ってる。

「あぁん、俺君、待ってたの?ご褒美あげる」

「ください」

「そこに寝なさい、全裸になって!」

「はい」

OLスーツのまま俺の腰に跨がり、一気に突き入れる。

「どう?ご褒美は?」

「彩様っっ、すごいきつくて・・・」

声が出ない。

「洋服を汚したら抜いちゃうからね」

「はい、持ってます」

スカートを汚さないように捲り上げて、彩さんが騎乗位で喘ぐ。

「イク!彩様、もうイッちゃう!」

「いいわよ、今日はご褒美でそのままイキなさい」

「はい」

OLスーツのストッキングを撫でながら思いっきり中にぶちまける。

風呂から上がり。
下着姿でテレビを観ていると、「ちょっと!」とソファにM字で座らされ、ローションまみれの手で優しくアナルを穿り返される。
俺は知ってて待ってる。
そのプレイの前に浣腸して、お腹をキレイにして待ってる。
前立腺までグリグリと刺激され、やがて情けない声でドライを迎える。

「彩様!もう!」

「ほら!お尻で感じちゃうなんて変態だよね」

「うぐっっ」

「びくびくしておちんちんからいっぱい垂れてるよ」

泣きそうになる。

「いいの?お尻いいの?気持ちいいんでしょ?」

「はい。気持ちいいです、彩様」

「何回イッたの?正直に言いなさい」

「さ、3回です」

「嘘言ってる!」

「あぁ、これで4回目です、あぁ彩様、またイクっ!」

飛び散る精液。
彩さんの顔にまでベトベトにさせる。
四つん這いにさせられて、後ろから小さいペニスバンドで責められる。
どうしても女性だと腰の動きがぎこちない。
それに極太バイブとかディルドはさすがに無理。

「自分で腰を動かしなさい!」

「はい」

その後、正常位にさせられてまたペニバン攻撃。
そしてチンポにはローションたっぷりのオナホ。

「これって気持ちいいんでしょ?ほら!私とどっちが気持ちいいの?」

「彩様です、彩様のほうが・・・うっっ」

「嘘言いなさい!こんなホールでビクビク言ってるじゃない!」

「あぁごめんなさい彩様、もう、もうイキそうです」

オナホを高速に上下させられて、前立腺を弄られたら、もう無理だ。

「うあぁぁぁぁぁ」

「ほら、我慢するのよ!」

「もう・・・もうだめです!」

貫通型のオナホを根本までぶりゅっと入れられて、空高く射精した。

「こんなに汚して!悪い子はもっとこうしてあげる!」

また腰が動き出す。
5分もすればまたオナホを持ち上げるほど復活した。

「あんだけ出したのに?そんなにいいの?」

「あぁあぁぁぁ」

もう意識は朦朧としている。

「今度は私でイクのよ」

ペニバンを外して69の体勢に。
ローションまみれのチンポをしごかれて、ぐんぐんと硬度が増す。

「俺君!だめ!舌入れて!そう、それ、それ気持ちいいよぉ」
「もっと!もっと舐めて!もっとぐちゃぐちゃにして!」
「もっとエッチな音させて!あぁイッちゃう!またイッちゃう!」

グリグリと顔に押し付けてイク彩さん。
そのまま跨がってグリグリされれば出そうな雰囲気。

「どっちがいい?ホールと私とどっち?」

男ならわかると思うけれど、じつはホールの方が何倍も気持ちいい。

「彩様、そんな・・・」

「これでも?これでもあっちが気持ちいいっていうの!」

ぎゅーっと締められて、根本を包み込むようにグラインドされる。

「俺君の!俺君のちんちんいいよぉ。お仕置きしてたのに私が先にイッちゃう!だめ!突いちゃいや!イク!あっイク!!」

お互い疲れ果てて、裸のままベッドで寝ることも多い。
でもこんな彩さんだけど、セックスだけじゃなくお互いデートしたり食事したり、普通のカップルみたいな関係で、セックス以外では意外と主導権は俺にあったりする。
まあ女王様スイッチが入ったらとても敵わないけど・・・。