妻と結婚して4年になります。
去年、高校を出たての若い黒人が私の会社に入社し、私の部下になりました。
私は彼が入社した後、前にも増して妻にせがむようになりました。

黒人の彼は18歳。
彼の話しぶりや会社の女の子に対する態度を見ると、彼がセックスについてかなり経験を積んでいるのは明らかでした。
それにジーンズの膨らみから察するに、かなり大物を持っているようでした。
実際、何回かトイレで見る機会がありましたが、勃起していない状態にもかからわず、かなりの巨根だったのです。
彼のペニスを見て、私は想像をするようになりました。
彼が妻のあそこに巨根を突き立てている光景です。
私の妻が彼のペニスに愛しそうに奉仕している光景を夢見るようになっていました。

ちょうどその頃、私の妄想のシナリオと似たようなストーリーを妻と2人で雑誌で読んだのでした。
妻もそのストーリーを気に入ってました。

「もし私が彼とすることになったら、この話にあるようなことを全部、あなたにさせると思うわよ」

そんなことも言ってました。
妻の言う通りだと思いましたし、たぶんそうなったら、私もその通りにするだろうと思っていました。
その話は妻をかなり興奮させたらしく、黒人の彼とさせるという私の妄想に対しても、妻はあまり抵抗しなくなっていきました。
もう一押しだと思い、妻が同意するまで強引に説得し続けたところ、とうとう妻も、「一度だけなら」と言うところまできたのです。
最初は、あまりにうるさく誘い続ける私を黙らせるために同意したのだろうと思いましたが、どうやら妻の中でも次第に考えが膨らんでいたらしく、彼女の方から、「例の件はどうなったの?」と催促するほどになっていました。

私は何度か妻を会社の若手が集まるパーティーに誘い出しました。
集まった者の中には当然彼も含まれています。
妻は引き締まった身体のセクシーな女性なので、男性の興味を引き付けるのは容易いものです。
それは黒人の彼も例外ではなく、2人で話している様子から、彼も妻に惹かれてることが分かりました。

彼は身長が180センチ以上あり、顔も悪くなく、筋肉質の大きな身体をしています。
ボクシングやウェイトリフティングをしてるらしく、強靭な肉体を持っているのは本当でした。
そんなある日、職場で私は彼に言ったのです。

「もし私の妻に関心があるなら、一度プライベートで妻に会ったらどうだ?」

すると彼は、「是非そうしたい!」と言いました。
でも一言だけ念を押しておきました。

私「もし、妻とすることになってもコンドームはつけるんだぞ。私はいつもそうしている」

彼「俺はそんなの使ったことないっすよ」

私「そうか。分かった。まあいいだろう。妻はいつも終わった後に私に舐め取ってもらいたがるから」

彼「え!◯◯さんって変態なんすね。でも、いいっすよ、この話、俺も乗ります。奥さんには、俺は乗り気だって言っておいてください」

私「大丈夫だ。絶対できるから」

帰宅して、すぐに妻に話しました。

妻「いいわ。あなたを喜ばすために彼に抱かれるわ。そして黒人男性が本当に女を喜ばせるのが上手かどうか試してみることにするわ。でもね、一言いっておくと、彼のアレが評判通りだとしたら、あなたは最悪の状態になると思うわ。それだけは覚悟してね。私、一度彼を受け入れたら、もうやめられなくなると思うの。いつもやってもらいたいと思うようになると思うの。それにあなた、約束通り、私が彼に抱かれた後は、いつもあそこを舐めてもらうからね」

私「して欲しいことがあったら何でもするよ。でも彼とした後に舐めてもらいたいなら、コンドームなしでセックスしなければならないのは分かってるね?」

妻「ええ、分かってるわ。生理の前の時期なら大丈夫でしょ」

次の日、私は彼に私たちが話し合ったことを伝えました。
妻が心の準備ができたと。
すると彼は色々と注文をつけてきました。

彼「最初の夜は奥さんと2人っきりでやらせてもらうぜ。あんたがいると気が散りそうだし」

この注文には気持ちがくじかれる思いがしました。

彼「早速、今夜やらせてもらうよ」

この注文も驚きでした。
私が予定していたよりも1週間も早かったからです。
ですが仕方なかったので、これも許すことにしました。
私は妻の職場に電話してすべて話し、彼に今晩抱かせることを認めたと話しました。
妻は怒っていましたが、落ち着くと、「わかったわ」と答えました。

私「それにもう1つ。着るものについて彼から注文があるんだ。網タイツとTバック、ハイヒールを準備しておいてくれ。彼はそれを着ている女が好きらしいんだ」

妻「分かった。何とかするわ」

その日、働きながら私は彼を見ていました。
彼の力強くて滑らかな黒肌の肉体が妻の白い体に覆い被さっている光景を想像していたのです。
結局2回もトイレに行き、自分で出しました。
そう言うときにいつも心に浮かぶのは、彼の若々しく逞しい男根が妻の肉穴に深く突き刺さってる光景です。
その中に彼の精液が噴出して妻の中を満たすイメージ。
そしてその後、私が妻の脚の間に入り、2人が出し合った体液を啜る光景でした。

その晩、私はそわそわしながら妻の身支度を見ていました。
それを見ながら私は驚くほど勃起していました。

妻「これが終わったら、私たち、すべてが変わると思うわ。分かるでしょ?」

私「分かっているよ。でも僕は、君を彼のような若くて逞しい男と共有できたら嬉しいと思うんだ。今回の埋め合わせは必ずするし、約束したことは何でもするよ」

妻は『分かっているわ』と言いたげに、にっこりと笑っていました。

妻が完全に装いを決めて部屋から出てきたとき、私はその姿に溜息を漏らしました。
たわわな胸がこぼれるような小さめのブラに派手なTバックを身に着け、下品な下着の上から上品な薄手のミニワンピースを着ていました。
そのワンピースは前のところをボタンで留めて閉じるスカートなのですが、その裾の所のボタンを外して見せていたのです。
トップの方のボタンも同じで、胸の谷間が大きく見えるようにしていました。
靴もかなりヒールが高い靴で黒のエナメル。
そして網タイツ。
胸元を大きく開け、黒レースのブラジャーも見えました。
妻の身なりを見て、私は妻が彼の要望をすっかり理解できているのが分かりました。
実に素晴らしい装いでした。
アクセサリー、ブレスレット、時計と指輪はすべてゴールド。
それに私が贈った婚約指輪と結婚指輪もつけていて、照明の中でキラキラと輝いていました。
綺麗に染めた茶髪も美しく輝いていて、私の小さなペニスも硬くなり脈動していました。
妻は私が勃起していることに気づいたようです。

妻「いいこと?最後のチャンスをあげるわ。もし私にして欲しくないのなら、今ここで言って。やって欲しくないって言って、行動で私に示すの。そこに跪いてオナニーをしなさい。でも、もし私にこのまま進んでもらいたいと本気で思っているなら、今すぐ部屋から出て、彼を連れて来て私と2人っきりにして」

私は、すぐにでもペニスを出して自慰をしたい気持ちでいっぱいだったが、それを堪えて部屋を出ました。
私の背中に妻の声が響いていました。

妻「あなた後悔するわよ。若い黒人の方が私にいい仕事をしてくれることを教えてあげるわ。あなたが男としては全然役に立たないということも。彼がやりたいと思うことを何でもさせてあげるわ。この変態弱虫!」

私は車の中で彼が来るのを待ちながら股間を擦って自分を慰めていました。
彼は予定の時間よりも早く着きました。
私は車から出て出迎えましたが、彼は私を無視したまま家に向かっていきました。
その時になって初めて、不安と嫉妬心で苦しくなってきました。

(こんなことをするんじゃなかった)と思いはじめていました。

しかしセクシーに装いを決めた妻が玄関を開け、彼を迎えに出てきたのを見た時、私はズボンの中に射精していました。
妻は私がいるのを見て、誘惑的に腰を振りながら私の前を通り過ぎていきました。
そして彼を連れて一緒に私の前を通り過ぎ、振り返って言いました。

妻「私、初めて本当のセックスをしてもらうの。本物の男にね。カール(黒人の彼)にはたっぷり中に出してもらうつもり。あなたは邪魔だから、どこかに行ってその変態ちんぽをしごいてて」

私は近所のパブに入りました。
嫉妬で狂いそうでした。
その一方で、あの若い彼が私に替わって妻とセックスをして、激しく腰を振っているのを想像して、ひどく興奮もしていました。
2時間近く待ちましたが、とうとう限界に達していました。

(もう、こんなことはやめさせなければならない。妻を彼の女などにさせてはいけない)

私は心に決めました。
急いで家に戻り、2階の寝室に上がりました。
寝室のドアには鍵が掛かっていました。
中から2人が笑う声が聞こえました。

妻「あらあら、変態ねずみ男が帰って来たようねえ」

彼「そのようだな。あいつに見せてやろうぜ。あいつが持ってない代物と言うか、お前がたっぷり咥え込んだ代物をさ」

妻がドアの鍵を開けたのを受け、私は中に飛び込みました。
私は目の前の光景に石のように動けなくなってしまいました。
下着とハイヒールだけの姿の妻が腰に両手を当てて、美しい顔に傲慢な笑みを浮かべて立っていました。
妻の向こうを見ると、ベッドの上に彼が素っ裸で大の字に寝ていました。
私の方を横目で見ながら、長くて太い男根が重たそうに太股に横たわっていました。
柔らかくなっていても依然として巨大で、照明の中でテカテカと輝いていました。
妻の愛液と彼自身の精液でヌルヌルと黒光りしていました。
妻は迷惑そうな顔つきで私を見てました。

妻「それで?あなたは何がしたいの?」

もうやめさせようとした私の決心は、目の前に立つ妻の美しい肉体と、彼女の太股の内側を伝って流れる白濁液を見てぐらついてしまいました。
妻の首や胸はキスマークがいっぱい付いていました。
妻は勝ち誇ったように私を見ていました。
私は打ち負かされ、「すまなかった」と呟き、部屋を出ようとしました。

妻「あんた、ちょっと待ちなさいよ。約束があるでしょう?こっちに来て跪きなさいよ」

私は躊躇ったものの、妻の命令に従いました。
両脚を広げて立つ妻のTバックの脇から彼の精液が流れ落ちています。
妻は両手を腰に当てて胸を張り、足元に膝をついてにじり寄る私を見下ろしていました。

妻「よろしい。じゃあさっそく始めなさい。舌を出して吸い取るのよ」

目の前10センチも離れていないところに妻の肉穴があり、ひくひくと動いていました。
セックスをした直後の女の匂いと精液の匂いが混じりあい、強烈な匂いを放っていました。
私は助けを求めて彼の方を見ましたが、彼は面白そうに見ているだけです。
仕方なく私は妻の濡れきった股間に顔を埋め、狂ったように舐め回しました。
妻は私の髪の毛を掴み、逃げないようにとがっちりと押さえていました。
そのような支配的な妻の態度を感じ、私の自尊心は完全に吹っ飛んでしまったと言えるでしょう。
心から妻のその部分を舐め回したいと思ったのです。
交じり合った体液を味わいたいと思いましたし、彼の前で妻に侮辱されたいと思いましたし、私よりも10歳以上も若い黒人の部下と、その虜になった妻のセックス奴隷になりたいと思ったのでした。

妻は私の頭を股間に押しつけたまま、ゆっくりとベッドへと後ずさりして横になりました。
大の字になっている彼の隣に並んで横になり、両脚を私の肩に乗せました。
妻のあそこの入り口が大きく口を開けています。
彼の太いペニスによって押し広げられたからでしょう。
見たことがないほど大きく開き、中で彼の吐き出した精液が泡を立てているのが見えました。
私は舐め続けていましたが、視界の隅には彼のペニスが見えていました。
それがムクムクと硬くなっていき、自慢気に神々しい姿を見せて勃起してくるのでした。
25センチはありそうな立派な姿でした。
すでに私はカールを尊敬していました。
と同時に、そのような怪物を相手にした妻のことも尊敬し始めていたのです。

近くに寄って気づいたのですが、彼の精液が溢れてくるのは妻のあそこだけでなく、アナルからもでした。
夫である私でさえ一度も触れたことのないアナルも彼によって征服されてしまったことの証でした。
彼は、その強力な男根の力によって妻が立派な女性であることを証明し、私は情けない変態マゾ男であることを証明したのです。

私は舐め続け、精液を全部呑み込みながら、自慰をしようと自分のペニスに手を伸ばしました。
妻はその行為を嫌悪し、私に自慰を禁じました。
それでも私は耐え切れず、自慰を続けようとしました。

彼「おい、命令だ。ちゃんと従え!」

カールの声が轟き、私は素直に従いました。
妻は私の口で高まってきたのか、両脚で私の顔を締めはじめました。
そして頂上に達したようです。
私の頭を股間に押し付けながら体全体を大きくうねらせていました。
しかしその直後、彼は私を脇に押しのけたのです。
再び妻とセックスしようとしているのでしょう。
その時は知りませんでしたが、その夜3回目のセックスだったそうです。
彼が妻の中に入って行くのを私はペニスを手に見ていました。
そんな私を見た妻が言いました。

妻「さっさと部屋から出て私たちだけにしてよ!」

私は抗議しようとしました。
しかし彼が妻から離れ、妻の愛液を滴らせたペニスをそそり立たせながら私の前に立ちはだかりました。
肉棒を振って見せて、それを使って私に外に出るように指図していました。
仕方なく部屋を出ると、鍵が下りる音がしました。
そして妻の笑い声も。
私は寝室の外に立ったまま妻の淫らな声を聞き、静かに自慰をして射精しました。

その夜、2人のセックスは何回も繰り返されました。
彼は結局、翌朝まで妻と続け、その彼を私は会社へと送ったのでした。
職場で彼は、すべての仕事を私にさせました。
その間、彼は事あるごとに私に話していました。
妻がどれだけ彼とのセックスを楽しんだか、私がどういう風に妻の局部を舐めたかを。

すぐに会社の社員のほとんどが、この話を知るようになってしまいました。
彼は、自分の上司である私の妻とセックスをして、私が妻の穴の中の精液を吸ったことを楽しそうに大声で吹聴しまわったからです。
侮辱と恥辱を感じましたが、私は変態なのでしょう、内心その侮辱を楽しんでいたのです。

妻は当初話していたように、彼の望むことを何でもするようになっているようで、彼が禁じているため私とのセックスは一切なくなりました。
私は2人のセックスの後、彼の精液を舐め取ること、また彼らのセックスの最中に自慰することだけ許されましたが、それさえも妻の許可を得ないとさせてもらえませんでした。