私:フツメン・・・だと思います。
当時は童貞。
身長は高めでやや細め。

美樹:かなり可愛い、菅野美穂に似てる。
165cmくらいで細い。
そして、処女でした。

私と美樹が付き合い始めたのは、大学での生活にも慣れてきた6月でした。
ゼミの中でもなんとなく仲のいいグループのようなものができてきて、7、8人でカラオケに行って少し遅めの親睦会のようなものをやったんです。
私は80年代の終わり頃の歌が好きで、少しみんなとは毛色の違う歌を歌ってたんですが、どうやら美樹の趣味もその辺りだったみたいでデュエットしたりしてました。
私は女の子と付き合ったこともなく、シャイな純情ボーイだったのですが、その時は浮ついた気持ちを抑えることができず、調子に乗ってはしゃいでました。
美樹は私の歌をかなり気に入ってくれたらしく(カラオケには自信あります!)、私が歌ってるところをデジカメで撮影したりして・・・。
もう私は完全に浮かれてしまって、ちょっとでも美樹の気を引こうと必死で色んな話をしてました。

で、美樹の歌なんですが、これが異様に上手かったです。
女の人の歌って、個性を出すのが難しい(と勝手に思っている)んですが、美樹の歌は声からしてレベルが違いました。
素で「まじで上手いな」と褒めると、「いやー、◯◯君に比べれば全然」とか言って照れてました。
恥ずかしいやりとりです。

その後は飲みに行き、美樹も私もテニス部だったので共通の話題も多く、2人で盛り上がってしまい、結局11時を回って終電組(私含む。美樹は一人暮らし)の帰宅に合わせてお開きになる頃にはすっかり打ち解けてました。
30分ほど電車に揺られ、家に帰ってから携帯を見てみると、ちょうど美樹からメールが来ていました。

『家着いたかな?今日は楽しかったねー、なんか2人で盛り上がってばっかりでめっちゃ空気読めてなかった(笑)』

みたいな感じ・・・。

『俺も今同じこと考えてた(笑)。でも◯◯(美樹の苗字)と話ができてすごく楽しかったよ』

と、当時の私としては精一杯気を利かせたメールを返しました。
んで、ドキドキしながら返信待ってたんですが・・・。

『うん、私も。今度またどっか遊びにいこうね』

明らかに社交辞令って感じですが、それでも十分嬉しかったですね。
それからはほとんど毎日学校で美樹に会って、色んな話をしました。
結構同じ講義を選択してて、必修の講義以外にも一緒に受けに行ったりしました。

そして飲み会から3週間後くらいに、ついに美樹と2人で遊びに行くことになりました。
広告に入ってた映画の割引券を見て、ちょうど昨日の会話に出てたやつだなと気づき、美樹を誘おうと思って、かつてないほどに緊張しながら声をかけたんです。
(一応、メールで前振りはしてました)
そしたらあっさりOKしてくれて、『ついでに2人でカラオケに行って、もっと色んな歌を歌いたいし聞きたい』とのことでした。

2人でのお出かけ当日はあいにく雨が降っていたので延期にしようと思ったんですが、観たい映画の上映期日が2日後に迫っていたので、結局行くことになりました。
しかし、雨の中いきなり相合傘なんてあり得ないですし、距離的にもお互いに声が届きにくいですよね。
なんとなく会話も少なくなり、やっぱ止めにしてけば良かったと後悔しながら沈黙の中カラオケボックスまで歩きました。

しかし、先にカラオケにしといたのが良かったです。
先に映画館だったら微妙に気まずいまま静かに映画を観るしかないわけですが、カラオケに来て会話がないわけがないですし、歌いながらゼミの友達をネタにした話をしてたらあっという間に2時間が過ぎてしまいました。
カラオケを出たらまだ雨が降っていたんですが、美樹が立ち止まったまま傘を差さないので、「しょうがないなあ」とか言いながら不自然な動きで自分の傘に入れました。
カラオケでは多少スキンシップも発生していたので(もちろん性的な含みは一切ありませんが)気を許してくれたんだと思います。

(これは完全にデートだなー、嬉しいなー)

そう思いながらも、手を握ることは畏れ多くてとてもできそうになかったので、美樹の手の甲に自分の手を軽く触れさせたりしてたんですが、ちょっと歩いたところで美樹の方から、「しょうがないなあ」と言いながら手を握ってくれました。
心拍数がおかしなことになっていました。
こうなると変に意識してしまって逆に話が弾まないんですが、でもこのときはそれも心地よくて、かなりゆっくり歩いてました。

映画を観た後、7時頃までブラブラして食事しました。
んで、その時に何がどうなったのか、なんと美樹の家に泊まることに。
確か家のインテリアの話の流れで、私が「美樹の家を見たいなー」みたいなことを言ったんだと思います。
あわよくば美樹の家に行けるかもしれないという器の小さな人間の思考の発露です。
そしたら美樹は、「じゃあ今度うちに来なよ」って言ってきたんですが、私は何をとち狂ったか、「じゃあ今日行きたい」と言ってしまいました(冗談ぽくですが)。
美樹はリアクションに困っている風で、私が滑ったなーと思っていると、「いいよ!」と俯きながら言ってくれました。

「でも変なことしないでよ」みたいなベタなことを言われるかとも思ったんですが、それを言うということは逆に少なからずそういう風に意識してるってことですし、言わないのが当然かもしれないですね。

そこから2駅くらい電車に乗って美樹の家に着いたわけですが、思ったよりも狭い家でした。
部屋自体は普通の8畳間なんですが、ベッドが大きい上に女の子は荷物が多いですし、そんなもんなんでしょうね。

そんで話すネタもなくなってきた頃、順番に風呂に入ったわけですが、風呂上がりの美樹はかなり良かったです・・・。
細いのに胸がデカい!
普通に勃っちゃいましたよ。
ジーパンでよかった・・・。

さすがにシャツ1枚とかはあり得ないので、キャミソールの上からジャージを着てましたが、昼のふわっとした服と比べると体のラインがかなり露わになってました。
個人的には、化粧を落としてもほとんど雰囲気が変わらないのが嬉しかったです。
肌はわずかにそばかすがあったりするんですが、それも逆に可愛い感じになってますし、目元にきついメイクを入れてないからか化粧しなくても全然違和感ありませんでした。

(これは一発抜いといたほうがいいかなー)とか考えながら私も風呂に入ったんですが、熱いお湯を浴びてると萎えてきちゃって無理でした。

しかしまあ風呂から上がって落ち着いてくると勃起してしまうわけで、美樹が喋りながら肩をくっつけてくるのがたまらなく愛おしくて、性欲を刺激されまくりでした。
ジーパンをまた穿いていましたが、なにせゼロ距離ですし、普通に気づかれて、少し私の股間に目を留めた後、「男の子は大変だねぇ」と照れ笑いされました。
こんな風にエロス方面の話をはっきりと口にしたことはこれまで一切なかったもんですから、こんな軽いセリフでも物凄く興奮して、それはもう最高に焦りました。
あり得ないほどにキョドりながら、「黙れ!肩とか当てんな」とかって返したと思います。
そしたら、「あっそ」と言うと、さっさとベッドへ上がってしまいました。

(あー馬鹿なことを言ってしまった・・・。いや待て。もしかしてこれは誘われてるのか?・・・いやいや・・・)

という具合に思考は回っていましたが、ダメ男の私は座ったままマンガを読んでました。
しばらくすると、聞こえてくる美樹の呼吸が深くなってきているようだったので・・・。

(酒も飲んだし、もしかして寝ちゃったのかな?)

そう思いながらベッドを覗き込みました。
すると美樹は寝ておらず、私のことを見ていたようで、ばっちり目が合いました。
驚いた私も美樹もほんの3秒ほどそのままでしたが、美樹が視線をそらして体を壁側に向けてしまい、「ずるいよ」と言いました。
(やっぱ誘われてたっぽい?)と思いつつ、「ごめん」と一言謝ると、向こうを向いたまま、「頭を撫でてくれたら許す」と言われました。
股間は萎んでましたが、のろのろと布団に入ると美樹は体をこちらに向けて、「腕枕も」と更なるスキンシップを要求してきました。
経験がある方もいらっしゃると思いますが、一瞬で勃起するときってありますよね。
その時の私は美樹が腰に抱きついてきた瞬間、まさに一瞬で最高まで勃起しました。
美樹のお腹に思いっきり当たってます。

「ばーか」とか言ってますが、たぶん照れ隠しでしょう。

もう私も開き直って、腕枕を中断すると美樹を抱き寄せました。
身長は10センチも違わないので顔が近いです。
いきなりキスしそうになりましたが、最初は頬同士を擦り付けてました。
徐々に唇を近づけていって、頬ずりの延長のような形でどさくさにまぎれてキスしましたが、キスした瞬間に美樹が、「んっ・・・」と声を漏らしました。
そのまま20分はキスしていたと思います。
最初の5分くらいは唇同士を触れさせてるくらいだったんですが、唇を唇で挟んだり舌を入れたり、だんだん激しくなってきて、最後には互いの顔の下半分を舐めあってました。

キスが終わると、胸を触ったりということは一切せず、アホな俺はいきなり美樹の足の付け根の辺りに手を伸ばします。
すると物凄い濡れてました。
美樹はハーフパンツを穿いてたんですが、半径5センチくらいのお漏らししたようなシミが出来てました。
ここらで余裕を見せておきたい私は、「めちゃくちゃ濡れてるよ、凄い可愛いね」と言いながら脱がせて、美樹の顔の前に持っていきました。
美樹は反射的に目の前の自分のズボンに目をやりましたが・・・。

「え?・・・いやっ」

ちょっと驚いた風に言うと布団に潜ってしまい、たまらなく可愛く感じた私はショーツを少しずらし、指を美樹のマンコに擦り付けました。
もう無茶苦茶濡れてて、指を当ててるだけなのにクチュクチュいってます。
しばらくそのまま弄った後、中指を少しずつ入れていきました。
最初は痛かったようですが、15分ほどかけてゆっくりと慣れさせました。
マンコから指を抜いて、抱き合ったまま美樹の顔を見ていると、小さい声で自分のハンドバッグの中を見るように私に指示しました。
バッグの中を見てみると、ゴムが入ってました。

(帰りに寄ったコンビニで買ったのか・・・)

「いいの?」

「うん。『好き』ってちゃんと言ってくれたら」

(こいつ、マジで可愛いな)

そう思いながら自分も布団の中に潜り、軽くキスをしてから「大好きだよ、美樹」と言い、そのまま布団を剥ぎました。
上を脱がせ、ブラジャーも外します。
シミュレーションには余念のない私でしたが、ホックが一つだけ外れて逆に取り辛くなり、思いのほか手こずってしまいました。
そしてショーツも脱がせます。
ピンクの可愛い飾りの付いたものですが、美樹の愛液を吸って少し重たくなっていました。

「ちょっと待ってね」

一言、断りを入れてゴムをつけます。
そして電気を豆電球だけ残して消すという紳士ぶりを発揮しつつ、美樹を強く抱き締めました。
美樹は笑いながら、「痛くないようにね」とか言ってました。
私は「はい」と返して、美樹の足の間に体を割り込ませ、軽くチンコを押し付けました。
大量の愛液のおかげで割りとあっさり入ったんですが、指が届かなかったところまで入ると痛がります。
まあでも男としてはカリの引っかかる浅いところで前後させるのも十分気持ちいいですし、美樹の負担にならないように細かく動きました。
腰を動かすうちについ深くまで入れてしまい、その度に美樹は痛がりましたが、徐々に慣れてきたようで、最後は私が激しく動いて美樹のきついマンコの中で射精しました。

そんなわけで晴れて私たちは結ばれ、それからは学校帰りに時おり美樹の家に寄り、ご飯を一緒に作ったりしました。
セックスに関してですが、最初に物凄い濡れてたので感じやすいのかなとは思ったんですが、予想以上に敏感でした。
初回こそ痛がっていたものの、キスだけで濡れ、頭を撫でても濡れ、すぐにねだってきます。
精神的に気持ちいいと、いっそう濡れちゃうみたいですね。
というわけでセックスの最中は、お互いに優しく言葉を掛け合います。
感じやすい美樹は息切れしながら、「はっ・・・愛し、てるよっ・・・」って感じです。
終わったあとも、「大好きだよ、一番愛してる」と甘えてきます。
私もそういうやり方が性にあっているようで、セックス中に美樹が快感に息を切らしながらも優しく微笑みながら、「◯◯が一番大切だよ」と囁いてくれるたびに愛を感じ、同時にチンコを硬くしていました。

なんかのろけ話みたいで恥ずかしいですね。