僕が会社の同僚2人にお持ち帰りされた時のことを書きます。
2年前になります。
当時、僕は20歳。
高卒で就職した工場でラインについて流れ作業をしていました。
モテた記憶など全くない20年間でした。

ラインの職場仲間でビアガーデンに行った時に、ラインの同僚2人にやたら飲まされました。
その2人も高卒で就職した同期でした。
1人は僕と同い年で、顔は平均的でしたが身体はなかなか。
もう1人は定時制の高卒でしたので僕より一つ上で、入社当時から少し濃い系の化粧をしていて、エロいという印象が強く、お水系の顔も美人だと思います。
痩せていて胸は大きくも小さくもないけど、セクシーに見せるのが上手みたいで、見惚れてガン見したことが何度もありました。
それに気付くと彼女はいたずらっ子みたいな表情で、「にっ」と笑いかけてくる子でした。
初めの同い年の子を『あゆみ』、一つ年上の子を『まゆみ』とします。

職場では生産ラインで組み立て作業をしているので会話は不可能ですし、休憩時間は女子はトイレに集まるみたいで話せませんし、もっとも話せる機会があっても恥ずかしさが先立って話せません。
僕は気が弱く、特に女子とはまともに話したこともないくらいでした。
ただ性欲だけは強く、AVを観たり女子の普段の姿を撮影した写真を見たりして、それをオカズにしてました。
慰安旅行の時のあゆみやまゆみの写真をネタにしたこともあります。

そのビアガーデンではなぜか同じテーブルに誘導され、僕とあゆみ、まゆみの3人が同じ丸テーブルにつきました。
僕は無口だし、あゆみたちは職場ではいつもツルんでいて他の人たちとほとんど話さないので、これ幸いと他の人たちと区切られ、僕たち3人だけ放っておかれたような状態でした。
僕にとっては他の人たちと話を合わせたりしなくていいので良かったのですが、あゆみが「トッちゃんとは、あまりってか話したことないよね?」と、生まれて初めて「トッちゃん」と呼ばれました。
僕の名前は「としお」で、「としちゃん」とか「としくん」と呼ばれたことはありましたが、「トッちゃん」は新鮮な感じがして、なんとなく以前から親しかったような錯覚すら覚えました。

「うん、話をするのは初めて・・・かな?」

「うわっ、初めて声が聞いた気がする」

まゆみが言いました。

「よろしくね、まゆみです」

手を差し出したので、思わず僕も手を出して握手してしまいました。
その時、まゆみに少し長く手を握られてしまい、恥ずかしくなりました。

「あ、赤くなってる?照れてる?酔ってきた?」

まゆみが僕をからかいました。

「ちょっと恥ずかしいかも?」

「そうだね、まだ飲んでないし」

あゆみに笑われてしまいました。
以後、からかわれて酒のツマミにされながら、2人のペースで飲みすぎてしまいました。
僕にとって楽しい時間はあっという間に過ぎてしまい、職場の集いは解散になりました。
話の大半は僕の素行調査みたいで、「彼女はいるのか?」「付き合ったことはあるのか?」「風俗に行ったことがあるのか?」など聞かれました。
全て「ない」と答えましたが、「オナッてるの?」と聞かれた時だけは、「はい」と答えました。
そしたら2人に「可哀想かも?」と言われたところまでは記憶があるのですが・・・。

解散後、電車で帰るつもりで歩いていたら2人に挟まれました。
右にまゆみ、左にあゆみという並びで、「どこ行くの?帰るつもりだった?」と聞かれてドギマギしてると・・・。

「今夜は私んちに泊まるって約束したじゃん。覚えてないの?」

まゆみに言われました。
そういえば、なんとなくそんな会話をしたようなしてないような・・・。
2人に引っ張られてタクシーに乗せられ、まゆみのアパートに行きました。
まゆみは働きながら定時制高校に通っていたので、貯金があったということで、真新しいアパートに住んでいました。
2階の角部屋で女の子らしいパステルカラーの部屋でした。
低いテーブルがあって、床にクッションを置いて3人で飲みはじめました。
まゆみがお風呂の準備をしたりツマミを作ったりして、あゆみが僕と話していました。

「私から入るよ」

まゆみが言い、浴室に入りました。
服を脱ぐ音と気配がして、何気に振り向くと白い肌が見えました。
見えたけど酔ってるせいか焦点が合わなかったので、一瞬僕の動きがフリーズしてしまい、端から見るとガン見状態でした。

「やっぱ、気になる?」

あゆみに言われ、オドオドしながら、「いや、そんな事は・・・」と言うと、「あるよね?」と言われてしまいました。
まゆみはシャワーだけで済ませたようで、髪も濡れてなく化粧もそのままで、バスタオルを巻いただけの姿で戻ってきました。

(次はあゆみかな・・・)

僕は帰るタイミングを探していました。

「じゃ、トッちゃん行ってらっしゃい」

(えっ、俺?)みたいに思っていたら、「早く早く」と急かされ、僕もシャワーを浴びました。

浴びている途中であゆみが入ってきました。
もちろんマッパです。
間近で見てしまい、チンチンが反応してしまいました。

「可愛い~っ、立ってる~っ」

そう言いながら、あゆみは僕のチンチンを軽く握り、サワサワと撫でました。
チンチンを撫でられ、心地良い感覚に包まれていたらまゆみも入ってきました。

「初めて触られたんだよね」

僕は頷きました。

「じゃあ私が咥えたげる。でも、まだ出さないでよ」

まゆみに初めてのフェラをされていると、あゆみの顔が僕に近づき、僕とあゆみの唇が重なりました。
キスです。

(えっ、こんなに吸うの?)

ってくらい吸われてて、口を開いた瞬間にあゆみの舌が入ってきました。

(人間の舌って、こんなに長くて動くものなの?)って思いました。

当然3人ともマッパですから、僕は2人の身体を、特に股間を見たかったのですが、遠慮したわけでもなく怖かったわけでもないんだけど見れませんでした。

あゆみが「もう出ない?のぼせたのかな?私も欲しくなっちゃった」と言い出し、まゆみも「そうだね」と返しました。
僕は立ったままで2人に拭いてもらいました。
2人して拭きながら胸を押し付けたり、脚を拭きながらチロチロと亀頭を舌先で刺激するから、もう勃起しっぱなしで・・・。

「こっちは元気あるね。その持ち主はビビり気味だけど」

2人にからかわれました。

まゆみが使っているセミダブルのベッドに連れて行かれました。

「まずは初めての儀式だね。みんなで正座しよう」

3人が三角形に位置したところに座り、まゆみが・・・。

「これからトッちゃんの童貞をいただきます。よろしくお願いします」

そう言って頭を下げると、あゆみもベッドに手をついて頭を下げました。
僕も頭を下げて、「よろしくお願いします。僕なんかのためにありがとうございます」とお礼を言いました。
それからマジマジと観察するように見られ・・・。

「大きい方かな?大きいよね。頭んとこも大きい。抜くときに引っ掛かって気持ちよさそう・・・」

「反ってるし長いよ、これ。やっぱデカイ、デカイよ」

などと言われながら観察され、恥ずかしいのに気持ちよくてじっとしていたら、あゆみが頭のところを触り始め、指先で静かに割れ目をなぞったりして、軽く痺れるような快感が集中して勃起してきました。

「ねぇ、オナニーって、どのくらいの頻度でやってるの?」

「ほぼ毎日っす」

「やだぁ、敬語?マジやめてよ、友だちなんだからさ」

「友だちっすか?」

「だから敬語はやめてよ。そしたら全部、経験させたげるから」

「毎日、少ない時で2回、多い時は5、6回」

「5、6回ってヤバくない?」

「駄目・・・?」

「じゃあ今からオナニー禁止ね。勿体ないから。毎日2人でかわりばんこにエッチしたげるから。マジでトッちゃんのチンコ、気に入ったし」

まゆみが言いました。

「じゃあ初めてのは私?まゆみ?どっちがいい?」

あゆみが僕のチンコを握ったまま聞きました。
僕が答える前にまゆみが言いました。

「初めてだから私の方がいいんじゃないかな?今日は中出しOKだし、生でいいし」

「私だって、そういう事情なら生で中出し、大丈夫だよ」

そう言いながら、あゆみは僕のチンコを擦り始めました。
あゆみとまゆみは僕にお構い無しで相談し、最初にマンコにチンコを入れるのはまゆみ、マンコを舐めながら指を入れるのはあゆみ、フェラはまゆみ、口内発射はあゆみ・・・みたいに担当を決めていきました。

「トッちゃんは最初は何がよろしくて?」

まゆみが聞くので・・・。

「入れてみたいです」

「じゃあ体位は?」

「バック・・・後背位で思い切り突きたい・・・」

そのときの正直な気持ちでした。

「最初から思い切り突かないでよ。トッちゃんのデカいし、私のが準備OKになったらいいけど・・・そんときは言うから」

まゆみは僕に背中を向けると四つん這いの姿勢になってくれ、アナルと濡れたマンコが開き気味の股間から見えました。
初めて見るエロすぎる光景に、僕のチンコはギンギンに張り切って痛いくらいでした。
先っぽの穴からはとろけたような透明な液が顔を覗かせていました。
その先っぽをまゆみの穴に宛てがい・・・。

「いい?」

「ゆっくりちょうだい」

本当にゆっくり入れていきました。
亀頭を摩擦するような抵抗感と、ヌチャヌチャする膣の中の潤滑液。
それらは僕が夢見ていたものでした。

全部が入りきる前にまゆみが、「当たってるんだけど・・・」と言いながら、お尻を僕の下腹部に寄せてきました。

さらに進めると、チンコの先端に行き止まりの壁みたいなのを感じました。
でもその壁は固くはなく、押せば柔軟に対応してくれるみたいに感じました。
チンコの竿の部分をまゆみの膣の内壁が締め付け、まとわりつきました。

「動いていいよ」

そう言われて僕は腰を前後に動かしました。
あゆみが、「ほれ、どうだ。イケ、早くイケ」と言いながら僕の腰を後押しします。
だんだんコツがわかってきてリズミカルに突いていると、チンコが痺れるようなとろけるような快感に包まれました。
その時、まゆみが深い溜め息をつき・・・。

「あ、気持ちいい・・・マジイカされそう・・・初めてのトッちゃんにイカされるぅ!」

そう言うと、その後も卑猥な声で喘ぎ続けました。

「あ、あん、ヤダ、イクっ、イキそう・・・あん、ふん、ふん、ふう、ん」

その声は僕の動きに連動して聞こえてきました。
それが面白くて、僕はリズムを維持したり崩したりしながらまゆみを突きました。
気持ちいい感覚のままで僕のチンコが膨張し、射精の気配を感じました。
まゆみに中に出してもいいか改めて聞く前にドピュッと先発し、止めようもないまま2発目、3発目・・・と出してしまいました。

「ゴメン」と言うと、まゆみは四つん這いでお尻を高く掲げたまま顔を枕に押し付けていました。

見ると枕の角を咥えていて、唇の端から白く泡立った涎が伝っていました。
まゆみを見ると呼吸をしてないみたいな感じで少し怖くなり、揺するとしばらくして、「んあ~っ」と大きく息を吸いました。

「大丈夫?生きてる?」と聞くと・・・。

「バカっ・・・本当に初めて?初めての人にイカされちゃったよ・・・。出せた?良かった~イケたんだね」

まゆみはにっこりして言いました。

「次は私もイキたい」

あゆみがまゆみの隣で同じ体位をとってお尻を突き上げて、振り返って僕を見つめています。
昨日までの20年を思い出して、(こんな幸せなを味わっていいのだろうか・・・)と思いました。

2人は僕をイチから学ばせたという気持ちがあるらしく、また僕も初めてを指導してもらったという恩も感じていました。
2人の竹を割ったような性格と面倒見の良さから離れられなくなり、しかも正直に言うと、どちらがということではなく2人とも愛していました。
優先順位とかなくて2人を同じように愛してしまいました。
2人は僕という男を、都合のいい男として確保しようとしたようでしたが、僕と体を合わせるうちにだんだん好きになっていてくれたようで(とはいえ、決して「愛してる」みたいな言葉は言ってくれませんが)、その後も関係は続きました。