はじまりは夏休みのとある日でした。

部活も何もやってなかった高校生の私は、両親と温泉宿に一泊旅行に出かけました。
そんなに大きな旅館ではなかったのですが、ロビーでたむろするツアーの客の中に顔見知りの女性を見つけました。
3年ほど前まで、私はある習い事をしていて、彼女はその教室で先生をしていた人でした。
向こうもこっちに気づいてくれて、簡単に挨拶を交わして、私は両親と食堂に向かいました。

その夜、お酒を飲んで早々と寝た両親を横目に私は部屋でテレビを観ていました。
気がつくと、もうすぐ浴場が閉まる時間。
温泉や銭湯が苦手な私でしたが、汗をかいてそのまま寝るのは嫌なので、仕方なく大浴場に向かいました。

よく、「レズの人って温泉やプールとか見放題だから嬉しいでしょ」って言われますが、少なくとも私は逆で、女性の体を意識してしまいむしろ目のやり場に困ってしまうので、私には苦痛でした。

閉まるギリギリの時間帯に行けば誰にも会わずに済むと思ったのですが、浴場には先客がいました。
岩で作られたお風呂に浸かっていたのは、先ほど再会した習い事の先生でした。

紛らわしくてすみませんが、私は当時、委員会の顧問をしていた学校の若い先生(もちろん女性です)に片思いをしていました。
ある時、作業のために私と顧問がジャージに着替える場面があり、その時にチラッと目に映った顧問の白い肌に見惚れてしまい、それからいつも彼女を意識してしまい、家ではその時の光景を思い出して1人ですることもありました。

ちょうど年上の女性に焦がれていたということと、若い欲求を持て余してたせいでしょうか。
湯船に浸かって昔話に花を咲かせながら、私の目はその先生の熟れた体に釘付けになりました。
先生は私の片思いの顧問よりもずっと年上で、というか私の母よりも3歳ほど年上でした。
そもそも私がその教室に通い出したのは、母と先生の共通の友人経由でした。
しかし40代半ばの先生の熟れた裸を見て、私の中に何かが芽生えるのを感じました。
そんな私の様子に何かを感じたのでしょう。
先生は、自分の部屋でもう少し話そうと誘ってくれました。

やがて母と娘のように寄り添いながら私たちは先生の部屋へ。
先生はビールを飲みながら、最初は私が教室に通ってた頃の話をしていました。
けれども先生の、「好きな人とかいるの?」という問いかけをきっかけに、私は自分が女性を好きであること、委員会の顧問に片思いしていることを正直に告げました。
どういうわけか、その時は無性に自分の全てを外に吐き出したくて仕方なかったんです。

私が話し終わると先生は、「話してくれてありがとう」と、そして「じつは私もそうみたいなんだよね」と自分の話をし始めました。

先生曰く、結婚して育児をして、子供も成人した今になって、自分が本当は女性を好きなのかもしれないと気づき始めたとのことでした。
当時でさえ、まだゲイやレズを笑いものにする風潮があったので、先生の時代はもっと酷かったでしょうし、自分の心を押し込める人がいてもおかしくはなかったでしょう。

そんな私たち2人が一緒になってしまったのは、ただの偶然だったのでしょうか。
お互いに予測してなかった告白に沈黙が訪れました。
ですが2人きりの部屋。
親子のような年齢差とはいえ、秘密を共有し、長年に渡って同性への欲望を押し殺してきた女が2人・・・。
その後の成り行きは必然だったのかもしれません。

どちらからともなく口づけを交わすと、お互いの浴衣に手をかけ、私たちは裸になりました。
あとで聞いたのですが、このとき私のパンツがぐっしょりと濡れていたのを見て、先生の理性にも歯止めが効かなくなったそうです。
私にとっては初めての性経験、先生にとっても女性は初めて。
今にして思えば、かなりたどたどしいセックスだったと思いますが、私たちはお互いの欲望に忠実な時間を数十分ほど味わいました。
先生は年相応に熟れた肉体。
私は、まな板にゴボウが付いたような、色気のない貧相な肉体。
ですが、そんな2人の肉体が、ぴったりと組み合わさったような時間でした。

せっかくお風呂に浸かったばかりなのに、布団の上で2回目のキスを交わす頃、お互いの身体と顔は、涎と汗でベトベトでした。
我に返って少し恥ずかしさが込み上げてきた頃、布団の上の大きなシミを指差して、「仲居さんに怒られるね」って2人で笑いました。
それから3度目のキスをして私は部屋へと帰りました。

その夜が明けて、結局私と先生は顔を合わすことなく、それぞれに帰路に就きました。
生まれて初めてのエッチの後で、私は興奮と混乱が抜けきらず、思い出して1人でしたりしていました。
当時はガラケーすら持ってなかったので、連絡もできなかったですし。
結局、我慢ができず、その次の週末に久しぶりに教室に顔を出して、仕事を終えた後の先生と2人きりになりました。
待ちに待った再会と思いきや、先生は会うなり頭を下げて、私に酷いことをしてしまったと謝りました。
私の方はぽかんとしたのですが、私と違って常識のある先生からすると、自分の子供よりも歳の離れた元教え子、ましてや同性と関係してしまったことを悔いているようでした。

先生は、「もう会うべきではない」と言ってきましたが、私は必死で「嫌じゃなかった、またしたい」と懇願し、勢いのまま先生にキスをしました。

先生も私の覚悟が分かったんでしょう、私を抱き締め返してくれました。
もうみんな帰った後とは言え、事務所のような場所だったので、抱き締めあったままキスをして、お互いの肌や性器を服の上からなぞり合うだけでしたが・・・。

しばらくして、先生が仕事のために借りているアパートの一室が2人の逢瀬の場所になりました。
ほとんど荷物置き場のような部屋でしたが、フローリングにマットと布団を敷くと、2人だけの簡易ラブホの出来上がりでした。
一応アパートなのでバスルームもありましたし。

女同士のカップルだと、よく「どっちが男役なの?」かと聞かれることもありますが、私はあんまりそういう風に分けたりしないし、先生ともそんな感じでした。
片方が片方を攻めるのではなく、お互いがお互いの欲望のままに身体を貪り合うような行為でした。
週末、朝から夕方まで一緒にいれる時も、指すら使わずに、延々とお互いのアソコを舐め合って過ごした時もありました。
過激な描写を期待された方にはつまらないかもですが・・・。

私と先生の最初の数ヶ月の記憶で印象的なのが、私のテスト休みを使って、平日の朝からローカル線に乗って山奥まで行った時のことです。
先生が見つけてきた無人の露天風呂に入りに行きました。
行ってみると、普段は地元の人が朝湯に使ったり、たまに物好きな登山客に使われてるだけの無人の露天風呂なので、仕切りも何もない、かと言って景色が綺麗なわけでも、綺麗に整備されてるわけでもない平凡な露天風呂でした。
けれど、アパートの狭いお風呂でしている反動からくる興奮とでも言うのでしょうか。
湯船に浸かりながら示し合わせたようにキスをすると、やがてお互いのアソコに手を伸ばして、湯船の中でしてしまいました。
火照ってきたら、片方を岩場に腰掛けさせて、もう片方がアソコを舐めたりして、たっぷり1時間近くはレズ行為をしていたと思います。

仲のいい母娘にしか見えない2人が、いきなりキスをしはじめて、お互いの体を貪り会うのですから、知らない人が見たらびっくりしたでしょうね(笑)