俺が大学4年の時の話です。
一浪しているのでその時の年齢は23歳。
そして恥ずかしいことに、その年齢でまだ童貞でした。
高校時代に2度ほど女の子と付き合ったことがあるけど、キス止まりで、最後まではいけなかった。
大学に入ってからは全くそういう事なし。

大学4年の夏前に新しいバイトを始めた。
男臭い工場だった。
職場の雰囲気は良く、比較的早い段階でバイト仲間とは馴染めた。
色々な話をしたが、その中でもエロ話は特に盛り上がる。
みんな相当なエッチ体験を積んでいるようだ。
正直、そういう話題になると童貞の俺は気が引けてしまう。
最初は極力この手の話題に参加しないようにしていたのだが、そのうち誰ともなく俺にもエロ話を振ってくる。
いい年して童貞だって知られるのは恥ずかしくて嫌だった。
しかも年下もいるし、舐められてはいかんと思い、俺はホラを吹いた。
大学の友人から聞いた話を、さも自分が経験したことのように話した。
一度嘘をついてしまうと、バレないように嘘を重ねてしまう。
しかもなぜかそれが妙に受けて、俺もだんだんと調子に乗ってしまった。

そのうち俺はみんなの中に『エロい人』として刷り込まれてしまった。
今思えばかなり痛い、我ながら痛すぎる。
そんなんだから23歳にして未だ童貞だったんだろう。

職場には一応、女性もいた。
パートのおばさん数人と、事務所に2人。
そのうちの1人、事務の佳代さんという人が何となく気になる存在になった。
年齢は20代半ばくらいだろうか、俺より少し年上に見えた。
佳代さん(実際は苗字で呼んでましたが)は、俺が入ったばっかりの頃に色々と世話を焼いてくれたし、その後も何かとよく話しかけてくれた。
職場で唯一の若い女性だったのもあり、女慣れしていない俺はそれだけでぽーっときちゃったわけだ。

あれは職場でお盆休み前の打ち上げ飲み会をやった帰りのこと。
車で来ていた佳代さんが、乗れるだけの人を送って行ってくれることになった。
俺も乗せてもらった。
狭い車内に5人がぎゅうぎゅう詰め。
1人ずつ家の前で落としていき、最終的には車の中は俺と佳代さんだけになった。
他愛もない話で盛り上がった。
佳代さんとは何となく気が合う。

そして俺のアパートの前に到着。
お礼を言って車を降りようとすると、佳代さんがふいに、「ねえ、ちょっと上がっていってもいい?」と聞いてきた。
車の中で妙に話が弾み、俺ももうちょっと話したかったので、「あ、いいですよ。お茶くらい出しますよ」と佳代さんを部屋に入れた。
女性を部屋に入れることでドキドキはしたが、この時は正直下心なんてなかった。
部屋で佳代さんは周りを見渡しながら、「ふ~ん。大学生の男の子の部屋ってこんな感じなんだ~」と散らかった我が部屋に感心していた。
で、部屋で麦茶をすすりながら、雑談。

佳代さんは女性にしては背が高い方で、一見スラっとしているのだが、胸やお尻や二の腕なんかはムチっとしている。
目鼻立ちが整っているせいかキツそうに見えるが、性格はさっぱりしてて気さくで、バイトの男連中からも普通に慕われていて、感覚的には友達とかお姉さんのようだ。
・・・大人の女の人。
そんな憧れの人と部屋で2人きりで話すのは、何か自分だけ特別になった気がして嬉しかった。

部屋で30分くらい話しただろうか、会話の流れで、「圭クン(俺)、ここに女の人を連れ込んでるんでしょ?他のバイトの子から色々と悪い噂を聞いてるよ~」と佳代さんに意地悪っぽく聞かれた。
正直、女性を部屋に上げたのは母親除いては佳代さんが初めて。
しかし、今更そうとは言えず、お茶を濁す俺。

「いや、まあ、それほどでもないですけど・・・」

佳代さんはそんな俺をからかうような疑いの眼差しを向ける。

「ね、今、付き合っている子とかいないの?」

「あ、今はいないっす」

「今は」って、ずっといないんだが・・・。
深く突っ込まれるとボロが出る。
この話題は早く切り上げたい。
しかし佳代さんの質問は矢継ぎ早に続く。

「どのくらいいないの?」

「う~ん、ちょっと前から」

「ちょっと前ってどのくらい?」

答えに窮した。
が、適当に、「3ヶ月くらいかな」と答える。
そう言うや否や、佳代さんがいきなり俺の太ももに手を当ててきた。
俺は一瞬ビクっとして、驚いて佳代さんの顔を見た。
佳代さんの雰囲気が明らかに今までとは違う。
いつものフレンドリーな感じではなく、得体の知れない女オーラを放っている。
無言で俺の太もも辺りを擦る佳代さん。
どう対応すればいいか分からず硬直する俺。
しばらくそうした後、佳代さんはとろんとした視線で言ってきた。

「圭クンってさぁ、上手そうだよね」

上手・・・上手って、何がですか?
エッチがですか?
その話題の意図は何ですか?

確かにホラ話の中の俺はセックスマシーンかもしれない。
見た目だって鼻が大きい。
が、実際は、単なる短小の童貞だ。

正直、興奮はしている。
ジーンズの中のチンチンもむにょむにょと半勃ち状態。
そして佳代さんのことは嫌いじゃない。
むしろ好きだ。
たまにオナニーのネタにしている。

そんな人からいきなりの誘惑。
心臓がバクバクだ。
誘いに乗るべきか。
だが佳代さんの中の俺は、ホラを真に受けて、それなりの経験を積んだセックス巧者ってことになっているだろう。

どうしよう・・・下手したら笑われるかも。
童貞ってバレたら嫌われるかも。

「あ・・・佳代さんは彼氏とかいないんですか?」

とにかくこの場をやり過ごす為に誤魔化しの質問返しをした。
すると・・・。

「私、圭クンのこと好きよ」

質問に対する答えにはなっていないが、これって・・・告白?
どうしようどうしようどうしよう・・・?
何も答えられない俺。
しばらく間を空けて佳代さんは・・・。

「ねえ・・・しよっか?」

そう言うや否や、いきなり唇を重ねてきた。
俺の答えを待たず、ディープなキスだった。
高校時代のキスの経験なんて、唇と唇をちょっと合わせる程度のもの。
舌を絡ませたのは初めて。
そしてここから先はまさに未知のゾーン。
彼女が積極的だったのはここまでで、後は俺に委ねるような感じになった。
さしずめ“女慣れ”している俺のお手並み拝見ってとこか。
・・・困った。

かなり不器用な感じで彼女の乳を揉んだり、キスしたりしながら服を脱がした。
下手なことをしないように、なるべく手馴れたふりをして、見栄坊な俺はそんな痛いことを考えながらも正直いっぱいいっぱいで、興奮する余裕すらなかった。

しかし何とか佳代さんをブラとショーツだけにする。
自分もトランクスだけになった。
しかし、この後がまずかった。
格好つけて片手で彼女のブラを外そうとして苦戦。
かなり時間がかかり、しかも焦ってうろたえてしまう。
額から汗がだらだら。

「痛っ!」

彼女の声で俺は我に返り、手を離した。

「あ・・・今日、調子悪いなあ・・・」

意味の分からない痛い言い訳をした俺。
佳代さんもちょっと興醒めって感じで俺を見る。
たぶん服を脱がしている時点から俺に何か違和感を感じていたんだろう。
気まずい空気が流れる。
所詮は小心者の俺、ここでついに緊張が限界に達した。

「・・・すみません、実は俺、初めてで・・・」

佳代さんは、『えっ!?』って顔で俺を見た。
しかし彼女は何も言わない。
緊迫感に耐え兼ね、つい俺は多弁になってしまう。
しかし一旦吐いちゃうと案外楽になり、正直にすべてを告白した。
童貞が恥ずかしくホラを吹いていたこと、でも佳代さんのことは好きだということ。

(ああ、もうこれで終わりだ。絶対に嫌われた・・・)

しかし佳代さんは言い訳がましい俺の言葉を遮るかのように顔を思いっきり近づけてきて、妙に好色な笑みを浮かべながら言った。

「で、どうする?続ける?やめる?」

とにかく許してもらえたようでホッとした。

「出来れば・・・続けたいです」

俺も情けない声で答えたもんだ。
すると佳代さんは俺に抱きついてきてキスをしてきた。

「誰でも初めてはあるんだし、いいんじゃない?ま、君のホラはちょっと痛いけどね」

そう言ってクスクス笑う佳代さん。
俺は恥ずかしくて俯いた。

「布団敷こっか」

佳代さんが俺に促した。
布団の上で俺は佳代さんに押し倒された。
さっきまでは俺に委ねる感じだったのが、今は完全に攻めの表情になっている。
仰向けに寝転がる俺の上に乗った佳代さんは容赦なく俺の体にキスをしてくる。
顔、首筋、乳首、腹・・・。
俺はされるがままだった。

「なんで嘘ついてたの~?」
「童貞ってそんなに恥ずかしいものなの~?」

キスの合間に何だか嬉しそうに問い詰めてくる。
俺は口籠った。
佳代さんは上から俺をニヤニヤと見下ろしながら自分でブラジャーを外した。
こぼれ落ちそうなオッパイ・・・というか、こぼれ落ちてる。
少々垂れ気味だが結構デカい。
ちょっと大きめの乳輪と茶色の乳首がまたいやらしい。

続いて佳代さんは俺を跨いだまま膝立ちになり、ショーツを脱ぎ始めた。
俺の反応を楽しむかのようにゆっくりと。
なんだかストリップを見ている気分だ。
佳代さんは俺の上で腰をくねらせながら器用にショーツを脱ぎ捨てた。
逆三角形の陰毛。
ちょっと濃い目。
俺の上で全裸になった佳代さん。
細身なのだが妙にムッチリしていて、いやらしい。

(これから・・・この体で・・・俺は初体験するんだ)

そう考えるとゾクゾクした。

<続く>