私は大学の4年間、親元を離れての生活費を賄うために、ある女性の愛人をしていました。
私より27歳年上のその女性は、私の若い下半身を徹底的に楽しみました。
生きた淫具としてだけでなく、私のお尻の穴を辱めたりもしました。
彼女が満たされている時は、私より3つ年先輩の彼女の娘さんの相手をしたり、彼女の行きつけのバーのママや従業員などに有償で貸し出しされることもありました。
そんな次第で、女性との性体験は異常なほど豊富でしたが、自由な恋愛をすることは出来ませんでした。

私は小学4年生から母子家庭で育ちました。
母は離婚の慰謝料を元手に小さなスナックをやっていました。
養育費は支払われていたようでしたが裕福ではありませんでした。
それでも母は私を大学まで進学させてくれました。

年に数回、母の店に顔を出していた美佐子さんは、私の進学先の町に本店を持つ婦人服販売店の経営者でした。
母は、私が進学先で住むアパートなどの手配を美佐子さんにお願いしていました。
私は1階に美佐子さんの店がある建物の2階に案内されました。
その建物は鉄筋コンクリート3階建てで、1階が店舗、2階と3階が単身者向けの賃貸アパートでした。
ワンルームマンションのような部屋で、学生には少し贅沢でした。

「ねえ満男ちゃん。あなたの体を4年間、私の自由にさせてくれたら、この部屋タダで貸してあげる。お母様には時々私の仕事を手伝ってもらうっていう条件ってことにしておくから」

そう言うと美佐子さんは母に電話して・・・。

「ちょうど1部屋空いてるのよ~。大丈夫、大丈夫。その代わり、時々私の仕事を手伝ってもらう条件付き。男手があると助かるし、お願い」

こうして私は美佐子さんの愛人となりました。
引越しが終わって部屋を片付けていると、美佐子さんが若くて綺麗な女性を連れて来ました。
今でいうと多部未華子さんのような感じでした。

瞳「はじめまして、瞳です。学部は違うけど、あなたと同じ大学の4年生よ」

美佐子「この子、私の娘なの。瞳、大学のこととか色々教えてあげなさい」

瞳「アレもいいのよね?」

美佐子「いいわよ。どうぞお先に」

美佐子さんは不敵な笑みを残して帰って行きました。
瞳さんはニヤニヤしながら聞いてきました。

「ねえ、満男君は女の子とエッチしたことある?」

実は高3のときに、母の同業者の20歳も年上の女性と初体験を済ましていました。
その女性とは全部で10回くらいで、それもいつもリードされっぱなしのセックスで、ほとんど童貞のようなものだったので・・・。

私「あ、ありません。彼女いない歴は年齢と一緒です」

瞳「ふーん。じゃあ私に初めてをくれない?」

瞳さんは、めりはりのあるセクシーなスタイルをしていました。
私は初めて見た若い女性の裸に興奮していました。

「まあ、すっかりエレクトしちゃって。満男君、長いわね。でも未使用だから生っ白いわね」

ニコニコしながらフェラされました。
色っぽい大学4年の瞳さん・・・。

(いつ誰と初体験したのかな?)とか(経験人数は何人かな?)とか(今、彼氏はいるのかな?)とか考えてしまいました。

「ねえ、クンニリングスしてみて」

瞳さんが股を開くと、薄紅色の陰唇の間に桃色の膣口が見えました。
初体験の37歳のマンコとは違って綺麗でした。
私は言われるままに舐めましたが、舐め方を細かく指示されました。
そしてコンドームを被せられて・・・。

「ゆっくり入れてみて、そうそう、アアッ、初物は美味しい~。そ、そこ、そこ突いて、アアアッ、そう、上手よ」

やがて瞳さんは私の臀部を押さえてグイグイ押し付け、自分で腰を振ってのた打ち回っていました。
私は堪らず精液を漏らしてしまいました。

「ふふ、いいわ、初めてだもんね。満男君、奥まで届くいいチンチン持ってるわね」

瞳さんは笑っていました。
その後、瞳さんは大学の構内を案内してくれました。
一通り大学を歩いて駅で瞳さんと別れて部屋に戻ると、すぐに美佐子さんが訪ねてきました。

美佐子「どう?瞳とは上手くできた?」

私「初めてだったので、すぐ出ちゃいました」

美佐子「そうなの。でも若いから、もう1回できるわよね?」

母より2歳年上の美佐子さんのマンコは陰唇が灰色に変色していました。
でも中は桃色で、言われた通りにクンニもしましたが、瞳さんよりも淫核を強めに吸うように指示されました。
熟した女体に反応した私の陰茎を見て・・・。

「あらヤダ、満男君って長いのね。瞳は楽しんだみたいね。美味しそうだわ」

いきなり跨がられてグラインドされました。

「コンドームをつけないと!」

「大丈夫、今日は大丈夫な日なの。それより揉んで、擦って」

そう言って私の手のひらを自分の乳房に宛てがうと、私の胸に両手をついて激しく前後に腰を振り始めました。
膣内で私の陰茎が暴れました。
美佐子さんがエビ反りになって喘ぐと、前後の動きに上下の動きが併用され・・・。

「出、出そうですっ、出ます、あああ~」

美佐子さんの膣内に射精してしまいました。
美佐子さんは笑みを浮かべて腰を浮かせました。
陰茎がスポッと抜けると、ドロドロした精液が美佐子さんの膣口から糸を引きました。

「瞳にゴム付きの童貞を、その母親に生中出し童貞を奪われた今日は記念日ね」

この日から大学のオリエンテーションの日まで毎日、美佐子さんのお相手をしました。
安全日の期間中に、生セックスで射精寸前に抜いて外に出す訓練をさせられました。

翌週は香織さんという女性に貸し出されました。
香織さんのアパートで香織さんの可愛い裸を観賞しました。
顔も幼く体もお子様ボディでした。

「若い頃は中学生になりすましてロリコンのオジサマと援交してたのよ。20歳の頃でも14歳で通ってたから」

当時26歳の香織さん(人妻)。
見た目の体は幼かったけれど、これまで何本の陰茎を咥えてきたのか、紫色の陰唇がベロンと伸びていました。
物凄く淫水を噴く女性で、激しい肉弾戦の後はシーツに敷いたバスタオルがびっしょりでした。

大学3年生の時、私はついに美佐子さんの管理下にない女性と関係してしまいました。
その女性は晴香さんと言って、香織さんと同じ高校の同級生の人妻でした。
晴香さんも可愛い顔をしていましたが、アイドル顔の香織さんと違って、地味で大人しそうな感じでした。
ご主人の浮気で大喧嘩して家出した晴香さんが、香織さんのアパートに転がり込んだのでした。
香織さんに貸し出された私は、晴香さんがいることなど知らずに香織さんのアパートに入りました。
私と一緒に帰宅した香織さんを不思議そうに眺めていた晴香さんはとても純情そうに見えました。

「晴香、この子、大学3年生なのよ。旦那に対抗して若い男の子と浮気して仕返ししちゃいなさいよ。晴香って旦那しか男を知らないんでしょう?仕返しついでに他の男も味わいなさいよ。満男ちゃん、ママには内緒ね」

香織さん、晴香さん、私の順にお風呂に入りました。
私が風呂から出てきたら、香織さんは晴香さんをM字開脚にして、バスタオルで手足を縛っていました。

「晴香、Mっ気あるんだよね。結構旦那に突っ込まれてるのね。スケベな色になってるわよ」

香織さんは晴香さんに言葉責めを始めました。
そして私には晴香さんにクンニをさせて、香織さんは晴香さんの乳首を責めていました。
しばらく耐えていた晴香さんも堪らず身悶えして息が荒くなりました。

香織「どう?晴香、若いオチンチンを味わってみない?どう?ホラホラ」

晴香「い、入れて、入れて欲しい」

香織「何を入れて欲しいの?晴香、何を入れて欲しいの?」

晴香「オチンチン、オチンチンを入れて欲しいの」

香織「誰の、どんなオチンチン?」

晴香「だ、大学生の、硬いオチンチン」

香織「満男ちゃん、入れてあげて。わかってると思うけど中に出しちゃダメだよ」

私は晴香さんのバスタオルを解いてゆっくり膣に陰茎を埋めていきました。
初めて体験する若妻の体でした。

「ああ、長い・・・子宮まで・・・子宮まで届いてる感じ・・・」

大人しそうな可愛い顔が次第に虚ろになっていきました。
膣壁を抉り、仰け反る晴香さんの喘ぎを唇で塞ぐと、舌を絡めて激しく身を捩り、次第に恥じらいを捨てて乱れ始めました。
さっきまでの物静かな純情奥様のイメージが音を立てて崩れ去りました。
中に出しては一大事なので、早めに抜いて晴香さんに精液をかけました。
しばらくグッタリしていましたが、晴香さんは急に涙ぐみ・・・。

「私、とんでもないことを・・・夫以外の男の人に抱かれた・・・初めて夫以外のものを受け入れた・・・」

晴香さんは、ご主人が浮気したのにも関わらず贖罪の涙を溢れさせていました。
私は、なんだかとても悪いことをしたような気持ちになって、その日は香織さんの部屋に泊まらずに帰りました。

その後、私は大学を卒業するまでの間に晴香さんと50~60回は関係しました。
晴香さんは私との浮気を猛省しつつも不倫のスリリングな興奮が中毒症状のようになっていました。
そして、ご主人に対してだけでなく、香織さんの部屋で私に抱かれて以来、「もう浮気セックスは絶対にしない」と言った香織さんの目を盗んでは、香織さんのセフレである私と密かに関係することに酔っていました。
私も美佐子さんにばれないよう細心の注意を払って、真面目で大人しい人妻の体を味わっていました。

私が大学を卒業する時、送別会を開いてくれました。
香織さん、美佐子さん、そして瞳さんも駆けつけてくれました。
49歳になった美佐子さん。

「面白い4年間だったわね。私も今年で50歳。もう若いツバメとのエッチは卒業かしらね(笑)」

最後のお別れセックスでは3発も搾り取られてしまいました。

「なんだか寂しいな。もうお別れなんだね」

香織さんはしんみりとして、薄っすらと涙を浮かべていました。

「香織ちゃん。満男ちゃんの新しい門出なんだから湿っぽくしないの」

みんなエッチでいい人ばかりでした。
私までしんみりしてしまいましたが、みんなとの最後の夜は賑やかに更けていきました。

私は就職してしばらくは仕事に打ち込んでいましたが、2年もすると慣れてきて、恋愛する余裕が出てきました。
仲良くなった女性は純情で大人しい女性でした。
性体験は豊富でも恋愛経験に乏しかった私は一世一代の勇気を出して口説きました。
実は相思相愛であった彼女は、生まれて初めての生娘でした。
それが今の妻です。

先日、出張で12年と8ヶ月ぶりに大学のある町を訪ねました。
私が4年間を過ごしたアパートを遠くから眺めていたら、1階の店舗から綺麗な女性が出てきました。
瞳さんでした。
そして小学校高学年と低学年くらいの子供2人を連れた年配の女性は美佐子さんでした。
すっかり白髪頭の美佐子さんは62歳、やさしいおばあちゃんになって孫の面倒を見ているようでした。
私は遠くから眺めただけで声はかけずにその場を立ち去りました。
懐かしい思い出が胸いっぱいに込み上げました。