小6~中3年にかけての4年間、母親の知り合いの息子さんの大学生のK司さんが、家庭教師として来ていました。
学校の保健体育で、生理とか妊娠や出産などの授業があった頃で、ちょうど私にも初潮があった時期でした。
体にも変化があり、胸も膨らみ始めていて、早い友達はブラとかしてました。
お姉ちゃんがいる友達から色んなエッチな話を聞いて、「スゴ~イ!」とか「キャー!」とか言いながら話を聞いていました。
時には、経験のない女の子同士で妄想話なんかもして盛り上がったりしてました。
色々とそういう事に興味が出てきていて、男の人からの話も聞きたかったけど、クラスの男子にはもちろん、家庭教師のK司さんにも恥ずかしくて聞けずにいました。
女の子同士の秘密の話、という感じで男子禁制って感じでしたね。

そんなある日。
K司さんから保健体育の授業の話を切り出されたのです。
大切なことだと言いながら、私のことを聞いてきたんです。

「もう生理は来たの?」
「妊娠の仕組みはわかった?」
「毛は生えた?」
「ブラはしてる?」

など・・・。

「興味本意だけでセックスしちゃダメ」とかも話してくれました。

(なんかエッチ!)とは思ったし、私のことを聞かれるのは嫌でしたけど、こっちも聞きたいことがあったので答えていました。
でも結局、私からは何も聞けませんでした。

でも私は男の人の体にも興味があったのです。
だから何回目かの下ネタ話の時に私は、「見てみたい」って打ち明けました。
するとK司さんに・・・。

「見たいなら見せてもいいけど、見せ合おうよ」

そう言われて・・・そうしました。

でも「触ってみる?」と言われたときは、(それは無理!)と思って、ちょっと怒り口調で断りました。
だから、触らされたり、触られたりはしませんでした。
中学になったら自分で自分の胸を揉んでみせたり、アソコを開いて見せたり、K司さんの射精を見せてもらったりもするようにもなっていました・・・。

中2の時、友達が夏休みに初体験をしたという話を聞き、なぜか焦りがありました。
だからって私も初体験したいってわけじゃなかったけど、初体験の話をなんとなくしたかったし、そんな話をできるのはK司さんとだけだったから、また下ネタにならないかなぁ・・・って思っていました。
でもその日は、なかなかそんな話にならなかったので、私から友達の初体験の話をしちゃいました。

「痛かったし、気持ち良くなかった」と友達から聞いた話をすると、K司さんは「初めて同士だったからだよ。それに痛いのは最初だけ」と言い、宿題の続きを淡々と進めていきました。

あれ?下ネタ・・・嫌いになったのかな?
私に興味なくなったのかな?
最近は私の体も見たがらなくなってきたし・・・。
もう飽きられちゃった?

なんてボーッと考えていたらK司さんが・・・。

「したいの?初体験してみたいの?なんか集中力がないよ。エッチしたら勉強に集中してくれる?」

そう言いながら、私のシャツのボタンを外してきました。
K司さんの前で裸になるのは馴れていましたが、今回は状況が違います。
いつもみたいに私が脱がされ、私がK司さんのズボンを脱がせて、いつものようにK司さんのが勃っていく様子を見せてもらいながら私のアソコを見せるっていうのをしようとしたら、K司さんが私の胸を揉みながら乳首を吸ってきました。

(いつもと違う!やられちゃう?!)

でも、抵抗しませんでした。
2人とも裸になると、当然の流れのようにベッドに行き、濃厚な愛撫をされると私のアソコが凄くなっていくのが分かりました。
指で触られて、音がしちゃうのが恥ずかしくて、顔を両手で隠しました。
足を開かされ、K司さんの顔が私の股間に沈みました。
舌がスジにそって何度か這うと、割れ目に入ってきて、一番敏感な部分を細かい動きで刺激されると、思わず熱い息を漏らしながら声が出てしまいました。
気持ちいいっていうより・・・くすぐったかった。
舌で刺激をされたまま指も少しだけ入れて刺激されながら、アソコを広げられているようでした。

(避妊しなきゃ)

そう思いながらも口に出せずにいるとK司さんが覆いかぶさってきて、「いい?」と聞かれました。
私は顔を隠したまま頷きました。
足を開き気味に上げられ、アソコに先っぽが当たり、グイグイと体全体が押された感じになり、K司さんのモノで何度かスジをなぞると、グーッと入ってくる感じがしました。
痛みはそれほどなかったけど、やっぱりすんなりとは入らなかったです。

K司さんが上手いから?
指であらかじめ広げたから?
もしかしたら、見せ合いをしてるときに自分で広げちゃったのかな?

何度か、少し入れては出してを繰り返し、徐々に奥まで入れ始めました。
股間に凄い違和感があり、痛いというよりも変な感じしかなかったように覚えてます。
ピストンがだんだん激しくなったけど、別に気持ち良くはなかったし、(これが初体験?初体験ってこれ?)っていうのを頭の中で繰り返していたと思います。
まだオナニーでもイッたことがないから、イクっていうのもわからないし、何かあっという間にK司さんが私のお腹に出して終わった感じでした。
特にK司さんが早かったわけではないけど、(こんなもの?)って・・・。

それから何回かK司さんとエッチして、口でするのとか、体位も色々と教えてもらい、中学を卒業する頃には、たぶん学校の誰よりもセックスに慣れちゃってたと思います。
中学を卒業して無事に高校にも入学できて、K司さんも大学を卒業して地元に戻って就職したので会うこともなくなりました。
高校に入った私は大学に行く気もなく、ろくに勉強もせずに遊びまわっていました。
高2になる頃には外泊とかもするようになり、学校以外での友達も増えて、もう遊びが楽しくて仕方がない感じでした。

入学してすぐに親友(Y美)もできたので、1年の時からいつも一緒に遊んでました。
男友達の中に母子家庭の人がいて、母親が夜の仕事をしていてほとんど留守だったので溜まり場になっている家があり、週末は大体そこで過ごしていました。
その頃は決まった彼氏を作らないで、2人で自由気ままに遊んでいました。
その家では、お酒を飲んだりタバコも吸ったりしていて、酔ってくると決まってエッチな話をしていました。
でも私とY美以外、ほとんどの人が未体験でしたけど。
Y美は中学の時に年上の彼氏としていたらしいです。
しかも彼氏と別れた後も、彼氏には新しい彼女がいるのに、たまに会ってしているみたい。

リビングで話をしたり、飲んだり食べたりして眠たくなると空いてる部屋を見つけて勝手に寝たりしてました。
そこは5LDKのマンションだったので、母親の部屋以外なら適当に空いている部屋で寝られたのです。

そんな事をしていたある土曜の夜。
いつものように、その家のリビングで飲んだり話をしていたけど、その日はちょっと飲み過ぎていてフラフラ気味で眠たくなったので、空いている部屋を探していたら、部屋を暗くして何やら語っている人達がいる部屋を開けてしまいました。
Y美は、まだ他の友達と飲み続けてました。
そこには、ちょっと前に寝に行ったはずのA君、B君、C君の3人が、6畳の和室に乱雑に敷き詰めてある布団に潜り込んで、まだ起きていました。
開けてしまった手前、入るかどうか迷っていたら、「話に混ざる?」と声を掛けられたので、誘われるままその部屋で寝ることにしました。

(後でY美も来るだろうから大丈夫)と思っていたのもあったかも。

布団に入り、何の話をしていたか気になりながらも黙っていると、やっぱりエッチな話でした。
前に付き合ってた彼女とのエピソードや、女の子の胸を生で見た話とか、ミニスカートの女の子のパンツを見た話とかAVの話とか。
つまらない話ばかりで寝たフリをしていたけど、「もしエッチをしたら」って話になって、「3人だけの秘密にするからオッパイ見せてよ」って言われました。

「眠いから無理だし、見せないよ~」と言うと諦めたようでした。

その後も寝たフリをしながら聞き耳を立てていると・・・。

「酔って寝てるから、そっと脱がせばバレないかも」

なんて言ってたから、仕方なく起きて、話には混ざることにしたんです。

(あ~あ、面倒な部屋に入っちゃったなぁ。Y美、早く来ないかなぁ)って後悔していました。

未経験者同士の話だったので、私も処女ってことにして話に加わっていました。
だからAVとかの話をされても、「知らない」とか「そうなの?」とか言って、深い話をしなくて済むようにしてました。
でもその中の1人が、前に私が酔って処女じゃないって話をしたことを思い出しちゃったんです・・・。

「ウソついてたな!何もしなかったとしても、今夜4Pしたって仲間やY美に言いふらすぞ!言われたくなかったらウソをついた代わりにオッパイくらい見せろよ!」

訳のわからない要求をされました。
酔っ払いだからムチャクチャです。
でも、私も酔ってたから・・・。

「見せたら、本当に変な噂を広めない?」

「見せてくれるなら何も言わないし、見せてくれたことも言わない」

所詮は酔っ払いの言うこと、信じられない・・・。
だったら、お互いにリスクがないと・・・。
そう私は考えて・・・。

「全裸になるから、3人にも全裸になって私でオナニーしてもらう。ただし、絶対に体には触らないって約束して!」

そんな提案をしました。
どこからかティッシュを持ってきた3人は、張り切って全裸になりました。
私も胸を出してあげました。
自分で胸を揉んだり、乳首を指でクリクリしたりしました。
早い人は、すぐにイッちゃいました。
でも私も全裸になるって約束だったので、3人に脱ぐように頼まれちゃいました。
キャミを脱ぎ、それからパンティーを脱いだら、まだミニスカートを穿いていたのに、「おぉ~」って言われて、私は立ち上がってスカートを下ろしました。
全裸になると3人の目が私の股間に集中したので、「見たい?」って聞くと、3人が揃って大きく何度も頷きます。
そんな3人を見てたらなんか可愛くなってしまって、サービスして開いてあげました。
するとさらに大きい声で、「おぉ~!」って言いながら、3人は激しくシゴいていました。
ちゃんと見るだけという約束も守ってくれて、凄く喜んでくれているそんな姿を見ていたら、私もK司さんとのエッチ以来してなかったし、少しくらいなら触らせてあげようかなって気になっちゃって・・・。

「胸、触ってみたい?」

言うが早いか、3人が一斉に触ってきました。
3人に好きなように触られ、久しぶりに感じてしまいました。
触るだけだと思っていたら2人に乳首を吸われてしまいました。
私は目を瞑っていたので誰のかはわからかったけど、2人のを同時に握っていました。
手でしていたら残りの1人のが私の口に入れてきました。

「ちょっ、ちょっと待って。ゴムもないのに3人を相手にするの?!冗談じゃないわっ!」

私が怒って言うと3人は・・・。

「内緒にするから、もうちょっとだけ」

そう言って胸だけでなく、アソコまで舐めてきたんです。
私の口にもまた入れてきて、胸を舐めている人のを手でさせられたりして、結局3人がイクまで続けられました。
最後は、胸やお腹、口に出されました。

(自分達だけイッて終わり?)

って思ったけど所詮は童貞君・・・挿入させてあげなかったのもあったので、文句は言わずにいました。
でも3人は、「またしたい!この事は絶対に内緒にするし、次はゴムを用意するから!」って。

全員が服を着て、もう一度寝ようとした時、Y美がかなり酔って部屋に入ってきました。

「やっと見つけた!」って言いながら、私の隣にバタンって倒れるように。

私だけこんな目に遭ったのに、Y美が呑気にイビキをかき始めたのにちょっとイラッとして・・・。
そこで私はY美のシャツを捲ると、3人はY美の胸に釘付けでした。
童貞君達は1日で2人の胸を見れたのがよほど嬉しかったのか感激してました。
Y美は何も知らずに寝たまま。
ゴメンね、Y美!

何週間かして、童貞君たちとの約束も忘れかけていた夏休みの終わり頃。
A君とB君とC君と、また一緒に寝る機会がありました。
3人はゴムをちゃんと用意してました。
それも1人1箱・・・やる気満々です・・・。

「3人を一度に相手にするのは嫌だ」

と言うと、3人はジャンケンで順番を決めていました。

(大変な約束をしちゃったなぁ)って思ったけど、言いふらされるよりはマシかと思って覚悟を決めました。

全員が全裸になり、私が布団の中で待っていると、最初にB君が来ました。
私は、彼に彼女ができた時のことを想定して教えてあげました。
B君に、私がして欲しいことやエッチの仕方を教えていたら、なんとY美が私を探して部屋に入って来ちゃったんです!
相当に酔っていたY美は、驚くというよりなぜか喜んでました。

後で聞いたのですが、元彼とするのも飽きたし、私と2人でフリーで遊んでいたので、こんなハプニングに遭遇するのを期待して、この溜まり場には来ていたって。
要するにY美はヤリマンなんです・・・。

Y美は自ら裸になり、2番目に決まっていたC君を自ら誘って布団の中へ。
さらには、待ちきれない様子のA君まで呼んで相手を始めたんです!
C君に挿入させながらA君のを口でしていたけど、B君がイッたので私がA君のを口に含みました。
イッたばかりのB君はY美の胸を揉んだり吸ったりしていました。
A君が私に挿入すると、今度はC君がY美でイキました。
するとB君が今度はY美に挿入していて、イッたばかりのC君は私の胸を触り始めて・・・。
そんな感じで、私とY美を相手に3人がそれぞれイク間に、私もY美も何回かイカされていました。
3人は、初体験で2人の女を相手にできたととても喜んでいました。

ちなみにこの5人の関係は卒業まで続きました。