オレはあるとき、居酒屋のキッチンでバイトを始めた。
そこでホールのバイトをしていた睦美という子と出会った。
最初は特に話すこともなかったが、睦美がキッチンに移ってきてから2人の仲は急接近した。

「彼氏がひどいの」と話す睦美。

別に興味はなかったが、みんなとそんな事を話してた。
だんだんキッチンに2人でいる時間も長くなり、少しずつ2人は近付いていった。

ある日、すごく店が忙しかった。
洗い物も山ほどある。
1人でやってたら何時になるかわからない。
睦美に少しバイトを延長してくれるように頼むと、家まで送っていくことを条件にオッケーしてくれた。

バイトが終わっての帰り道、雨の中相合い傘で駐車場に行き、睦美のアパートまで車で送って、車の中で話し込んでしまった。
ふと睦美が「部屋に上がってけば」と言う。
部屋には2人きり。

「シャワー浴びてくるから寝てていいよ」と睦美はシャワーへ向かった。

床の座布団でウトウトしてたオレに睦美が言う。

「そこじゃ寒いからベッドで寝なよ」

そう言われ、2人でベッドに入る。
どのくらい過ぎただろうか。
睦美がふいに言ってきた。

「もしあたしが、『好きなんだ』って言ったらどうする?」

最初は何がか分からず、何も答えずに誤魔化して寝ようとすると、「寝ないで!」と睦美がキスをしてきた。
いきなりで何が何やら判らなかったが、彼氏とはもう別れたみたいだったので流れに身を任せようと思った。
じつはオレも睦美が好きだったから。
睦美の胸を揉み回した。
感じてるのか息が荒い。
ブラを外すと乳首が立っていた。
舐めると、「ん・・・あぁん」とよがる。
下の方も濡れている。
中指を入れると指に吸い付いてくるようだった。
スイッチが入ったように睦美がよがる。

「あ・・・はぁん、そこ、いい」

動かすほどグチャグチャになる。
すると今度は睦美が攻勢に出た。
オレの服を脱がして全身リップ。
舌の動きがすごくいやらしい。
睦美は隅々まで舐めてから、愛しそうにチンチンにしゃぶりついた。

ジュル、チュパ、ジュポジュポ・・・。

睦美はAカップだったがテクは凄かったし感度も良かった。
マンコに指を2本入れた。
簡単に入り、愛液が滴った。
オレのを咥えながら喘ぐ睦美。

「あ、んん・・・(ジュポジュポ)」

睦美を仰向けにしてマンコを舐め回す。

「あ、いや、ん・・・」

指を入れると締め付けてくる。

「このままでいいの?」

「イヤ、オチンチン入れて・・・早く・・・」

おねだりしてくる睦美のマンコにチンポをねじこんでやる。

「あ・・・あぁ~、入ってる、オチンチン入ってる」

嬉しそうに腰を動かす睦美。

「もっと突いて」

言われた通り思いっきり突いてやった。

パンパンパン、ズコズコ、グリグリ。

奥までチンポをねじ込むと・・・。

「あぁ~、ダメェ、そんなに!」

隣の部屋に聞こえそうなくらいの大きな声で喘ぐ。

「もうダメ、イッちゃう」

「オレもイキそう、いっぱいかけてやるよ」

「いっぱいかけて、体中を精子まみれにして、もうイク~」

ドピュ、ドバ、ビュルビュル、ピクピク・・・。

久しぶりだったから精子の量もすごい。
ムツムの愛液もすごい。
睦美がチンポにしゃぶりつき、「キレイにしてあげるね」と夢中で舐め回してくる。

それからしばらくして、ユリという女がバイトで入ってきた。
意気投合して何回か飲みいくうちにラブホへも行くようになった。
彼氏と遠恋中で欲求不満な女だった。
初めての日、部屋に入るなりオレのズボンを下ろし、チンポにしゃぶりついてきた。
久しぶりのチンポなのだろう、すごい勢いだった。

「そんなにチンポが欲しかったのか?」

「うん・・・半年以上してないの。だから今日はオチンチンをたくさん舐めさせて」

ユリは23歳で、少しぽっちゃり気味だが可愛い系。
フェラの次はDカップのオッパイでパイズリを始めた。
これがまた上手い!
睦美の時にはパイズリなんてできなかったし。

「睦美ちゃんはこんなことできなかったでしょ。あたしの胸の方がいいでしょ?どっちのほうがいい?」

「ユリのほうが上手いよ」

そう褒めてやると、嬉しそうにチンポをぬちゃぬちゃ。
ユリのテクに爆発寸前だ。

「イッてもいいよ。飲んであげるからいっぱい出して」

咥えて速くしごかれて、たまらず口からチンポを引き抜き、ドクドクと大量の精子をユリの顔にぶちまけた。
すると、すぐさまチンポにしゃぶりついて残りの精子を口で受け止める。

「もう、飲んであげるって言ったのに」

顔についた精子を指ですくって舐めるユリ。

「今度はユリにして」

ベッドに行くと顔面騎乗された。

「ここ・・・いっぱい弄くり回して」

そう言うと自分でクリを擦りだした。
ユリの手をどけてすでに大きくなったクリを刺激してやると・・・。

「あ~ん!すごく気持ちいい・」

体を反らせて喜ぶ。
マンコに指を入れて、「ここもいじめて欲しいんだろ?」と聞くと、「うん、早くユリのオマンコ掻き回してぇ」とねだってくる。
びしょ濡れのマンコは指2本をすんなり受け入れた。
Gスポを刺激してやると「あん、ダメェ!」とよがる。
そのままクリも同時に舐めてやると髪を振り乱して喘ぎ始めた。

「ユリのオマンコ、もうこんなにビチャビチャだぞ」

舐めながら言うと、今度は自分で乳首を舐め出した。
そして、「もうダメ、イッちゃう」と叫ぶユリ。
自ら69の体勢になりチンポをしゃぶりだす。

「我慢できない、このオチンチン、ユリにちょうだい!これでイキたいの」

鏡の前に連れて行って立ちバックで入れてやる。

「あ~、すごい、硬くて大きい、奥まで来てる」

「久しぶりにチンポを入れられてどうだ?」

「嬉しい!気持ちいい!もっと激しく突いて」

パンパンパン!

ズコバコ突くたびにユリの喘ぎ声が大きくなる。
その姿を鏡に映してやると・・・。

「恥ずかしい・・・ユリのが丸見え・・・」

いじらしく顔を赤らめるが、突いてやるとメス犬のようにエロい声で鳴くユリ。

「睦美ちゃんとどっちがいい?」

どうやらユリは睦美に対抗心を燃やしているようだ。

「ユリだよ」と答えると、「嬉しい」とキスをせがむ。

「ずっと睦美ちゃんが羨ましかったの、今日はあたしだけ見て」

彼氏がいるくせに、そう言って抱きついてくる。

「ダメ、もうイッちゃう、いい?」

「オレもイク、どこにかけて欲しい?」

「外はいや、ユリの中にいっぱい出して!」

「じゃあ中に出すよ、イクよ?」

「いっぱい出してぇ、イク、もうダメ、イッちゃう~!」

ドピュ、ドクドク、ビクビク・・・。

睦美には悪いと思ったが、たっぷり中に吐き出した。
チンポを抜き、口でキレイにさせる。
ユリは美味しそうに舐め回し、「またしようね」と言ってきた。

それからもしばらくユリとの関係は続いた。