混浴が癖になってしまい、暇があれば田舎町の混浴に出かけてます。
そこは別浴と混浴があり、混浴は脱衣所に入る際に靴を脱ぐので、女性の脱衣所の前に靴があれば小躍りして向かい、なければがっかりします。
大体混浴に来る人は常連のカップルで、男連れなので女性に声を掛けられないのですが、男の方と親しく話が弾めば隣にいる女性の裸を自然にガン見できるので、私以外の常連の人は結構話しかけています。

今回訪れたのは平日ということもあり、別浴の客は閑散としてました。
ということは、それと比例するように女性も少ないということです。
今日はハズレかなと思ったら、女性の脱衣所前に靴が!
しかも男性側にはない。

ということは女性1人?
こんな田舎の混浴に女性1人で来るなんて、エロ願望剥き出しで男を誘ってるのか?

そんな妄想をしながら入浴すると、やはり女性1人でした。
しかも何度か見かけたことのある常連の人でした。
いつもは男に連れられて来ていましたが、だんだん慣れてしまったのでしょう。
全く隠そうともせずに、胸やアソコを堂々と見せています。
風呂場のドアを開けた際、彼女から声を掛けられました。

「あら、こんにちは」

常連客とは気さくに話す彼女ですが、私とは初めて。

「よく来られるでしょう?」

彼女の中では私も常連の1人とみなされているのでしょう。

「今日は旦那さんは?」と尋ねると、「今は単身赴任してるの」とのこと。

(旦那と一緒じゃなくても混浴に来るんだ・・・)

そう思って面と向かいながら世間話をする。
相変わらず胸を隠そうとはしない。
いつもなら女性の胸を見るために、常連客の後ろに座ってり、話している女性の正面から胸をチラ見していたが、今回は堂々と見ることができる。

話をしていると、旦那さんが赴任先で浮気をしているとのこと。

「男なんてそんなものよね」

なんてサバサバした感じで話していたが、今日はその腹いせとして他の男を誘っているのか?
欲求不満ならば誰でもヤラせてくれるんじゃないのか。
そんな妄想と、隠そうともしない胸を目の当たりにして私のアソコはビンビンになってしまいました。
もちろん彼女の視界に入っているはずです。

しばらくすると彼女はトイレに入りました。
普通トイレは脱衣所にありますが、そこは浴場にトイレが付いてます。
全裸でずぶ濡れのまま用を足して、洗面器のお湯でアソコを洗うのですが、そのトイレのドアは建付けが悪く、キッチリ閉められません。
鍵の代わりに、ドアノブに結ばれた紐を持ちながら用を足さないと開いてしまうのです。

彼女は常連なので、当然そのことを知っているはずなのですが、その日は紐を持ってませんでした。
ドアが開いても構わずに用を足している彼女。
和式の便器に跨がる彼女のお尻は丸見えでした。
私が湯船から出て体を洗っていると、彼女は隣に座り、洗面器のお湯でアソコを洗っていました。
ついついガン見していると彼女と目が合って、「背中を流してあげるわ」と。
もちろんビンビンなアソコは丸見えのはず。

彼女は急に手を正面に回し、私のアソコを掴んできました。
石鹸でヌルヌルのアソコを上下にシコシコしだすと、亀頭を優しく撫でたり、カリをくすぐったり・・・。
速攻で気持ち良くなってきた。
彼女は全くの無言。
私も彼女の乳首を撫でたり股を撫でたりして応戦。
あそこに指を入れたら、「ウッ」と体が反応し、ビンビンを握っていた手に力が入った。
私はイキそうになった瞬間、お湯をかけて泡を流し、立ち上がって彼女の口にアソコを押し付けた。
フィニッシュは口内射精。

「いっぱい出たね」

彼女はその量に驚いた様子だった。
中腰で精子を吐き出してお湯で口を洗っていると、私の目の前に彼女のお尻がある。
私はお尻にかぶり付き、指でアソコを弄りだした。
彼女はビックリして「キャッ」と声を上げたが、抵抗も拒絶もしなかった。
乳首を強く吸うとアソコは濡れてきて、力が抜けるように洗い場に横たわった。

ゆっくりと挿入していった。
声を上げるのを我慢している様子だった。
背中が擦れて痛そうだったので、起こしてバックから突いたら、何かから解放されたように声を荒げてきた。
きっとバックが一番感じるのだろう。
最後は腰とお尻にフィニッシュ。
精子がお尻の割れ目から肛門付近に流れ落ちるのを見て、肛門にも一突きした。
彼女は「ハウッ」と仰け反るように硬直し、「お尻はダメ」と息を切らしながら言った。

その後、一緒に湯船に浸かると、彼女は燃え尽きたようにぐったりして居眠りをし始めた。
相変わらず誰も入って来ない。
まあ私達以外に誰もいないから可能だったのだが。

私は帰宅時間を考慮して、彼女との挨拶もそこそこにお暇しました。
帰宅途中に後悔したのは連絡先を聞かなかったこと。
セックスの相手くらい、いくらでもするのに。
そんなことを思いながら、次にまた混浴で再会するのを楽しみにしていました。

早速、次の週も訪れましたが、彼女とは会えずじまい。
次の週も、そのまた次の週も。
そうこうしているうちに半年が過ぎていた。
やはり連絡先を聞いておくべきだった。