昨日サークルの新歓コンパが新宿であり、俺と同じY浜線民の麻衣ちゃんという新入生が来た。
比較的小柄で特段可愛いというわけではないが、素朴で垂れ目な感じで比較的タイプであった。

もちろん帰りは一緒に帰ることになり、途中から2人になった。
初めてのお酒だったらしく、色んなお酒を味見程度にしか飲んでいなかったようだが、初めてにしては多かったようで、途中駅で一旦降りてトイレに行った。
吐き気というより酔いのようで、しばらくベンチで休み、乗換駅であるM田に着く頃にはだいぶ回ってきたようだった。
乗換通路の途中で動けなくなり、麻衣ちゃんは隅に座り込んでしまった。
最初は心配していたが、胸元が少し開き、ピンクの刺繍の入ったブラや小ぶりな胸が見えてきたあたりから、俺の下心が出てきてしまった。
背中を擦るとブラのホックが気になるし、胸元には谷間。

そんなこんなで12時が回り終電の時間になったが、麻衣ちゃんは動けなかった。
12時半近く、なんとか顔を上げて話せる程度になり、カラオケで始発まで時間を潰すことになった。
ルームに入ると麻衣ちゃんはぐったりして目を閉じてしまった。
俺は隣に座って手を回し、軽く胸に手を当てる。
反応がないので少し揉んでみるが、やはり反応がない。
そのままエスカレートしてスカートの中に手を入れ、局部を触ると脚が閉じた。
起きたのかと思ったが、反射的に動いただけで意識はしてないようだ。
そのまま触ると濡れていくのがわかる。
麻衣ちゃん自身の反応はなかった。

思いきってパンツを脱がした。
直に触っても、身体は反応するが意識はない。
俺は下だけ脱ぎ、生で入れた。
比較的すんなり入った。
上も捲り上げ、ブラのホックも外した。
小さめな乳首は立っていた。
眠りながらも身体はしっかり反応しているらしい。

そのまま突き続けていると、麻衣ちゃんは喘ぎ声を出し始めた。
ただ話しかけても会話が成立しないので、やはり泥酔状態のようだ。
アルコールに加え、その初々しい声が興奮を助長させ、俺も数分でイッてしまった。
お腹に出したつもりがブラにもかかってしまった。
ティッシュで抜き取り、俺も眠くなってしまったので衣類を元に戻して眠りに落ちた。

朝、5時前のアラームで目覚め、麻衣ちゃんも一緒に起きた。
酔いも醒めたようで、昨晩とは打って変わって会話も普通にできる。
一応気になって、なんとなく昨晩のことを聞くと、駅でしゃがみ込んでカラオケで寝たことくらいしか覚えてないようだった。
とにかくラッキーな一夜だった。