今まで生きてきて一番スリリングで興奮したオナニーの話。
もう時効だと思うから、この際みんなに聞いてもらおうと思う。

まだ俺が高校でバリバリ部活をやってたときの話だ。
とりあえずスペック。
175cm、やや小太り、ロンブーの敦似。
元サッカー部、現在大学4年生。

うちの部活では毎年夏になると校内の合宿棟に1週間、缶詰にされる合宿がある。
携帯電話等の通信機器の持ち込みも不可。
県内でも厳しいと有名な部活だった。
とは言え、青春真っ盛りな高校生。
1週間も男だらけの部屋で生活をしていれば潤いを求めたくはなる。
携帯も弄れない中でみんな悶々としていたことは言うまでもない。

そんな地獄の1週間の中盤、胸が高鳴る噂が舞い込んできた。
どうやら女子バドミントン部の合宿が最後の2日間だけサッカー部と被るらしい。
それは砂漠に湧き出たオアシスに違いなかった。
その話を聞いただけで俺のモノは半勃起していた。

うちの学校は合宿棟に男女の別はなく、食事も同じ食堂で食べて風呂も同じ、時間で区切って使用する。
本来なら女子部と合宿期間が被ることはないのだが、バドミントン部の顧問に急な用事が出来たらしく予定が変わったのだ。
それ以降、半勃起のおさまらなかった俺は股間を隠すようにモゾモゾと部活をこなした。

合宿も残すところあと2日。
朝の練習を終え、朝食をとるために合宿棟に戻ると、すでにバドミントン部の1年生は集まり出していた。
それだけで半勃起が反応した。
バドミントン部の部活は昼から始まったらしく、その日の夕飯は同じ時間に食堂で食べることとなった。
サッカー部の人数に比べるとバドミントン部の人数は少ないが十分だった。

(同じ空間に女子がいるだけでこんなにも違うものか・・・)

興奮した俺は左手に持っていた豚汁を隣の先輩にぶちまけてしまった。
隣で激昂する先輩をよそに、俺はバドミントン部の女の子たちを品定めしていた。
うちの高校のバドミントン部はそこそこ可愛い娘の集まる部活で、どの娘を見ても俺のチンポは元気良く反応した。

そんな日の夜、俺はある計画を実行することにした。
その日はサッカー部が先に風呂に入り、その後バドミントン部が風呂に入ることになっていた。
勘の良い人ならもおわかりだろう。
そう、みんなが寝静まった後、風呂場に落ちているマン毛を採取するのだ。
俺はみんなに計画がバレないようにストレッチなんかをするフリをして、みんなに先に風呂に入るよう勧めた。
俺は最後に風呂に入り、落ちているチン毛を1本残らず掃除するつもりだったのだ。
みんながだいたい風呂から上がった頃、俺はいそいそと1人風呂に向かった。
が、風呂場の様子がおかしい。
ほとんど人が残っていないはずの風呂場から甲高い笑い声が聞こえるのだ。
その他にも数人の笑い声が混じっている。

(いつまで入ってんだよ・・・)

イライラしながら風呂場を覗くと、さっき俺が豚汁をぶちまけた先輩が後輩数名をはべらせて面白くもない話を延々と興じていた。
俺は一旦は入るのを躊躇ったが、部活で汚れた体を早く洗い流したくて服を脱いだ。
風呂場に入りシャワーを浴びていると、さっきまで大騒ぎしていた豚汁先輩がこちらを睨みつけながらヒソヒソと何か言っている。
気にせずに体を洗い続けていると、豚汁先輩は後輩を引き連れて風呂から出ていった。
豚汁先輩と一緒にいた後輩の1人が俺の肩を叩くなり、「お前、やっちまったなw」とニヤニヤした顔で言ったのをなんとなく覚えている。
今思えばこいつの言ったことは正しかった。
だが正確には、「お前、これからやっちまうな」だ。

しかし俺はそれどころではなかった。
風呂場に誰もいなくなったことを確認すると、俺はシャワーを駆使してタイルに落ちたチン毛を1本残らず流した。
排水溝に溜まったチン毛や髪の毛を全て捨て、脱衣所の床も隈なく掃除した。
達成感に満ちた顔で脱衣所を後にすると、外ではバドミントン部の女子数名が俺が出るのを待っていた。
もうすぐこの娘たちのマン毛が手に入ると思うとニヤニヤが止まらない。
俺は思わず我がチンポとアイコンタクトを取り、お互いの信頼を確かめ合った。

夜になり合宿棟は消灯した。
みんな部活の疲れが溜まっていたこともあり、すぐに眠りに就いたようだ。
もちろん俺は眠れるはずもない。
うちの部活では消灯後に私語をした者がいたら、それが何時であろうと連帯責任で部員全員が顧問がいいと言うまで走り込みをしなければならない。
ましてや消灯後に外をほっつき歩くなんて以ての外だ。
俺は念には念を入れ、顧問も寝静まったであろう深夜2時過ぎに計画を実行することにした。
途中で仮眠を取ろうかとも思ったが、興奮状態にあったため、一睡もしないまま2時を迎えた。
その間、俺は一発抜いた。

俺はまず脱衣所の棚を調べた。
すると女子の名前の入ったハーフパンツが置いてあった!
思わずガッツポーズした。
それを頭から被ると汗の染み込んだとてもいい香りがした。

風呂のタイルはまだ濡れていた。
居ても立ってもいられず、俺は頭に被ったハーフパンツ以外を脱ぎ捨て、濡れたタイルの上に横たわった。
女子の体を流れた雫たちを全身に感じ、俺はもうここで死んでもいいとさえ思った。
が、まだ早い。
そう俺の目的はあくまで現役女子高生たちのマン毛なのだ!

ビショビショになった体で排水溝に近づくと・・・あるはあるはの宝の山!
俺は声を出して喜んだ。
長い髪の毛の中に短い縮れ毛。
俺は全身に毛をくっつけて夢中になっていた。

これで一発抜いて、終わりにするつもりだった。
・・・が、気づくと俺は、毛だらけの体で、バド部員たちが眠る部屋の前に立っていた。

(少しでいい、少しでいいからこの毛の持ち主の顔が見たい。その娘の顔を見ながらイキたい・・・)

それが男である。
そして男とは愚かである。
ちなみに全裸にビビった俺は、拾ったハーパンを穿いていた。
それもどうかと思うが・・・。

襖を少し開け、隙間から中の様子を見た。
中では数十人の女の子が雑魚寝をしていて、女の匂いで満ちていた。
シャンプーの匂い、化粧水の匂い、日焼けどめの匂い、汗の匂い・・・。
まさに夢心地だ。
まだ寝付けないのか携帯を弄ってる子もいた。
俺は部屋の真ん中あたりで携帯を弄ってる娘をオカズにしようと決めた。
液晶の光で照らされた顔は夏帆に似ていた。
俺は夏帆を視姦し、一心不乱にチンポをしごいた。
しかし、夢の時間は長くは続かなかった。

「ぐらぁっ!!何やってんだーーー!!!!」

俺は頭が真っ白になった。
廊下でこそこそしている俺の物音に気づき、鬼の顧問が起きてきたのだ。
俺は懸命に取り繕った。

「いや、風呂場に毛が・・・じゃなくて誰かのハーフパンツが忘れてあったので届けに・・・」

顧問の怒鳴り声えで目が覚めた部員や、寝付けずにいたバド部員たちが廊下に出てきた。
そして全てが終わった。

その後、深夜2時過ぎに部員全員の前で俺は悪行を告白して謝罪した。
そして4時過ぎまで、連帯責任で部員は全員走らされた。
合宿最終日の朝、豚汁先輩が昨晩の出来事を大声で語り始めた。
どうやら誰もいなくなった風呂場で熱心にチン毛を集めてる俺の姿を、こっそり脱衣所から見ていたらしい。
まあ、この期に及んではどうでもいい話だ。