つい先週の金曜日、行きつけのダーツバーに行ったところ、常連に混じって新顔の子が。
その子は常連の女の子の友人で、ダーツは今日が初めてで、常連の子に誘われて来たとのこと。
当然ながらマイダーツではなくハウスダーツで投げていたが、よく見ると結構可愛い。
そのグループに混じって一緒にゲームをするうち、緊張も解けてきたのか色々と話し始めた。

年齢は22歳で、医療関係に勤めてる。
彼氏は今はなし。

早速、彼女とゲームを楽しんだ。
お酒も入り、何ゲームか終わって、そろそろお開きという時間。
車で来ていた彼女は代行で帰ると言っていたので、それじゃということで自分が彼女を送っていくことで決定。
車は明日、一緒に取りに来るということで。

彼女を乗せて店を出る。
もう時間も遅かったので助手席では彼女はうとうとし始めた。
あと少しで彼女の家というところで彼女が言った。

「少し酔いを醒ましてから帰りたい」

そこから少し離れたショッピングセンターの駐車場に車を停めてしばらく話をしたが、「喉が渇いた」と言うので自販機で缶コーヒーを買って2人で飲んだ。
今日初めて会ったのに警戒されるわけでもなく、彼女は自分のことを色々と話し始めた。
途中で話が途切れたとき、彼女がもたれかかってきた。
会って初日に襲ってやろうとは考えていなかったので正直驚いたが、次の瞬間・・・彼女の右手が自分の下腹部に。

(やばっ!反応してる)

無言で彼女はベルトを外し、スラックスとパンツを一気に下げにかかった。
自分の下半身はすでに怒りまくっていた。
柔らかな手で刺激され、さらに彼女が覆い被さるように小さな口で責めてくる。
ここまで来たらこちらからも攻撃開始だ。
彼女の下半身に手を入れると、そこはすでに溢れ返っていた。

お互い我慢ができなくなり、そのままシートを倒して彼女に覆い被さった。
お互いに刺激されているのでスムーズに合体できた。
彼女の中は体温以上に熱く、きつく締め付けてくる。
それから間もなく彼女も限界になったのか軽い痙攣を起こし始めた。
こちらもすでに限界間近だ。
とっさに体を離そうとしたが、そうとは知らない彼女は自分のピークに合わせて足を絡めて離そうとしない。
あえなく発射。
無防備のまま彼女の中にぶちまけた。

「中があったかい・・・」

すぐに彼女もわかったらしい。
しかしすでに相当量の分身は彼女の中・・・。

「ごめん。間に合わなくて中で出しちゃったよ」

「仕方ないよ。すごく良かったし・・・」

「まずいよね?中に出しちゃ?」

「大丈夫だと思うけど、もうそろそろ女の子の日だから」

聞けば彼女、今まではゴム付きでしか経験がなく、生はもちろん、中にそのまま出されたのも初めてだとか。
まったくもって安全ではないとは思いましたが、一応医療関係に勤務している子なんで信じてます・・・。

で、その後だけど、1回しちゃったならどうせ同じということで、そのあと2回。
もう彼女のアソコはドッロドロ。
思い切り自分の分身をお腹に溜めて彼女は帰宅しました。

結局、それがきっかけで彼女とは付き合い始めました。
実は先程も2回ほどぶちまけてきたばかりで、生エッチにはまった彼女曰く、もうゴム付きは考えられないとのこと。
近々ピルを飲み始めると言っていましたが、最初にエッチしてからすでに4日。
まだゲストがお見えになっていないというのが気にかかります。

まあ体の相性も良く、性格もスタイルも顔も好みなので付き合う分にはいいのですが、困ったことに自分は妻帯者。
今後の展開にハラハラしています。