45歳のバツイチです。
最近は勃起はするものの、中折れするのでカマグラを服用してます。
会社員をしていますが30代前半の頃は給料が少なく、その頃から19時~24時までラブホでバイトを始め、今でも続けてます。
今は給料もそれなりになり、夜のバイトをしなくても良くなったのですが・・・ラブホでの楽しみもあり今でも続けています。
ラブホの経営者からは長く勤めていることもあり信用してもらえ、今では土日や他の連休の時は泊まりの責任者を任されています。

楽しみというのは・・・。
うちのラブホは1階が駐車場で真上に部屋があり、駐車場横の階段から部屋に入るという造り。
表と裏にそれぞれ5部屋あり、表5部屋と裏5部屋の間にスタッフが出入りする廊下があります。
ラブホの造りが古いこともあり、廊下にいると中から女性の喘ぎ声が聞こえてくるんです。
それをドアの前で聞きながらオナるのが楽しみでした。
40歳になった頃は土日や連休は完全に任されて泊まり込みをしていたので、とても楽しいです。

私の他に5名のスタッフがいて、昼と夜をローテーションしています。
全員、近所のおばさんですが、1人だけ若いスタッフの美紀さんがいます。
若いと言っても私より年上の50歳ですが(笑)
美紀さんの体はムチムチで、昔は結構美人だったと思える感じで、私はずっと美紀さんを狙っていました。

昨年の夏のことです。
その日は金曜日で泊まりを頼まれていました。
その日の夜は美紀さん。
私は日中の仕事で残業になり、普段は19時から入るところ、しばらくは美紀さん1人だけの状況でした。
22時過ぎにラブホに着き、美紀さんを驚かそうと思い、そっと中に入りました。
そしてスタッフ専用の廊下に入るドアを開けると・・・美紀さんはこちら側に背を向けて、部屋のドアに体を寄せて体をモジモジしてました。
最初は(ん?)と思いましたが、すぐに(あ!)と気づきました。
美紀さんは部屋から聞こえる喘ぎ声を聞きながら、スパッツの上からオマンコを弄ってたのです。
頭の中に一瞬で色々なことが駆け巡りました。

(これをネタに美紀さんとエッチ!)とか。

しかし、その場はそうすることをやめ、そっとドアを閉めてそっと階段下まで降りてから、わざと足音を立てて上がってスタッフ廊下のドアを開けました。
すると美紀さんは何事もなかったようにシーツにアイロンをかけてました。

「美紀さん、遅くなってすみません」と言うと、「はい、大丈夫ですよ」と美紀さんはニコッと微笑んでくれました。

美紀さんは19時~1時まで。
それまで何度か美紀さんと2人の日があり、美紀さんが上がる時に事務所のタイムカードを押しに来たのに気づかず、ソファで爆睡してたこともありました。
事務所に入った私は、喘ぎ声に聞き耳を立ててオナっていた美紀さんを思い出すとムラムラが収まりませんでした。
そこで考えついたのは、(美紀さんがタイムカードを押しに来た時に狸寝入りして、勃起で短パンにテントを張ってるところを見せつけてみよう)でした。

泊まりの時は必ずカマグラを持参していたので12時半に服用しました。
お腹が減っていたせいもあり10分ほどで効きはじめ、すぐにギンギンに勃起しました。
ちなみにカマグラ(バイアグラもですけど)は、空腹の時は効きが早いです。
個人差はあると思いますが、私の場合は調子がいいと、この歳でも抜かずの2発をいけることもあります。

1時が近づくと事務所の灯りを消してテレビだけ点け、私はソファに仰向けに。
片足はソファからダラリと垂らし、なるべくテントが目立つようにして美紀さんを待ちました。
美紀さんが来る気配がしたので狸寝入りをしながら薄目を開けると、「お疲れ様です」と小声でドアを開ける美紀さん。
次の一瞬、『あ!』というような顔になったのがわかりました。
タイムカードを押すとこちらを向き、じっと私の方を見たまま美紀さんは動きませんでした。

美紀さんは小声で、「樋口さん」と私を呼びました。

無反応でいると、「樋口さん」と今度は少し大きめの声で呼びました。

もちろん私は無反応。
すると再度大きめの声で「樋口さん」と呼び、それでも無反応でいると、美紀さんは私に近づいて来ました。
そして私の腰の真横まで来ると、また「樋口さん」と呼び、なんとテントを張った短パンの上からチンポの先をそっと指先で触りました。
さすがにチンポはピクッと反応しました。

「樋口さん、寝てますよね・・・?」

美紀さんは再びチンポの先を指先で、今度はゆっくりと撫で回しました。
私は「うぅん・・・」とお腹をボリボリ掻きながら股間も掻きながら短パンを少しずらし、また寝たフリをしました。
すると美紀さんは大胆になり、短パンとブリーフの腰部分のゴムに指を引っ掛けて持ち上げ、覗き込んできました。
その瞬間、勃起したチンポがバチンとお腹に跳ね返りました。
私がドキドキしていると、美紀さんはそっと手を離して事務所から出て行ってしまいました。

(あそこまで美紀さんが行動したんだから、俺も動けば良かった・・・)

その時は本当に後悔しました。

・・・が!次の週にチャンスは来ました。
その日は金曜日でしたが、いつももよりかなり忙しく、私と美紀さんと2人で汗だくになりながら清掃していました。
いつもは夜のスタッフは21時に休憩するのですが全く休憩できず、22時過ぎまで2人でしていました。
清掃が終わって『空室』にすると、待っていたかのように次の客が入り満室に。
タイミングを考えると今しか休憩がとれないと思い、「美紀さん、休憩しましょ」と2人で事務所に入り、コーヒーを飲みながらようやく一服。
私も美紀さんも先週のことなど忘れたかのように世間話をしながら笑ってました。

それから30分くらいすると精算の合図があり、それからバタバタと退室が続き、また2人で汗だくで片付けていきました。
退室が始まって4部屋目を清掃してた頃、やっと余裕が出てきました。
その時、2人で清掃していた部屋は全体が鏡張りで、ベッドのシーツは女性客の愛液でベッタリと濡れていました。
ふと見ると前屈みの美紀さんが鏡に映り、Tシャツの胸元から胸の谷間と膨らみが覗き見できました。
私は先週のことを思い出してムラムラしてきました。
何気なく美紀さんの後ろを通ると、それまで忙しさで気づかなかったのですが、リンスのすごくいい香りが私の気持ちを堪らなくしました。

かといって襲いかかる勇気もない私は、「美紀さん、見てくださいよぉ、こんなにシーツ濡らしてるんですよ(笑)」と美紀さんを呼びました。

美紀さんは、「あらぁ、若いっていいですね」とニッコリ。

私「俺なんて離婚してからずっとしてないから欲求不満ですよ」

美紀「どれくらいしてないんですかぁ?」

私「もう2年です」(わざとらしく寂しそうな顔で)

美紀「でも風俗とかには行ってるんでしょ?」

私「風俗なんて行かないですよ」(嘘)

美紀「えー!じゃあどうしてるんですか?」

私「どうしてるって、それは手でしょ」(右手でジェスチャー)

美紀「そうなんだぁ・・・」

しばらく沈黙。

私「美紀さんは?美紀さんは色っぽいから旦那さんが放っとかないでしょ?」

美紀「色っぽいなんて、またぁ。旦那なんて全然!私なんて樋口さんよりしてないです」

(ここだ!)と思いました。

私「ウソでしょ?俺だったら、もし美紀さんが奥さんなら毎晩でもやりたいな」

美紀「またまた~、お上手なんだから」

後ろを向き、無言で黙々と美紀さんはベッドメイキングを続けました。
私は美紀さんとヤル気満々だったのですでに勃起してました。
そして黙って美紀さんの背後に近づき抱きつくと、「え!何?ダメ!」と言っている美紀さんの耳元で、「お願いだから怒らないでください・・・美紀さんとしたいんです」と勃起チンポを美紀さんのお尻に押し付けました。

美紀「ダメです!」

美紀さんが私の手を外そうとしたので・・・。

私「なんでダメなんですか?先週は俺のチンポを触ってたじゃないですか」

そう言うと、見る見る美紀さんの耳は真っ赤になり、固まったように動かなくなりました。

私「それに、美紀さんが客の喘ぎ声を聞きながらオナってたのも知ってるんですよ・・・。美紀さんも欲求不満なんでしょ?」

耳に息を吹きかけるように言いました。

美紀「そんな・・・」

体から力が抜けた美紀さんを振り向かせると、抱き寄せて耳元で囁きました。

私「ずっと美紀さんが好きで、ずっと美紀さんとヤリたくて、ずっと美紀さんでオナってました・・・。美紀さんとヤリたい・・・」

美紀「本当に?本当に私なんかとしたいと思ってる?」

そう言う美紀さんのお腹に勃起チンポを押し当てながら、「じゃなかったら俺のチンポ、こんなにならないですよ」と言いました。

すると、「すごく嬉しい・・・」と美紀さんの方から強く抱きついてきました。

堪らずキスをして舌を挿し込むと美紀さんは舌を絡めてきました。
本当に気持ちのいいキスでした。
私が美紀さんの体を貪ろうとすると・・・。

美紀「いや・・・シャワーさせて・・・汗臭いから・・・」

私「臭くなんかないですよ・・・すごくいい香りです」

そのまま貪り続けようとしましたが、美紀さんの希望を聞き入れてシャワーを浴びることにしました。
先に美紀さんがシャワーしてる時にハッと気づきました。

(カマグラを飲まなくては!)

勃起はしていましたが、中折れしたら美紀さんに申し訳ないと思い、急いで飲みに事務所に行きました。
かなり空腹だったのですぐに効きはじめました。
風呂場から出て来た美紀さんはバスタオル一枚。

「じゃあ俺も」と入れ代わりに私もシャワーを浴びました。
体を洗ってる時から、もうチンポははち切れんばかりに勃起していました。

バスタオルを腰に巻いて風呂場を出ると、美紀さんはソファに座ってテレビを観ていました。
平静を装っていましたが緊張しているのが手にとるようにわかりました。
私は美紀さんの隣に座り、リモコンを手にすると、「美紀さんはアダルトビデオを観たことある?」と聞きました。

「若い頃ね」と答えたので、何も言わずにアダルトチャンネルに変えました。

変えた途端に、「あー!気持ちいい!オマンコいい!」という喘ぎ声が聞こえ、観るとバックでガンガン突かれてました。

「もっとー!もっと突いてー!」と女優は自分からお尻を打ちつけていました。

その画面を2人で食い入るように観ながら・・・。

私「エロいですね・・・」

美紀「そうね・・・」

私「美紀さんもこんなエロいことを言うんですか?」

美紀「そんなこと・・・」

私は美紀さんに襲いかかりました。
美紀さんは、「あ・・・」と一瞬声を上げましたが、全く抵抗せず私のキスを受け入れ、すぐに自分から舌を絡めて抱きついてきました。
バスタオルを剥ぎ取ろうとしましたが、美紀さんはバスタオルを掴み、「おばさん体型だから・・・ガッカリしないでね・・・」と上目遣いでなんとも可愛らしく恥じらいながら言いました。

「そんな事ないですよ」と再びキスしながらバスタオルに手を掛けると、美紀さんはバスタオルから手を放しました。

美紀さんの体・・・。
オッパイはかなり大きめで、さすがに垂れ気味。
乳首は濃いめの茶色で、大きくはないけど少し長め。
乳輪は小さめでブツブツが堪らなくエロかったです。

美紀「いや・・・恥ずかしい・・・」

私「美紀さん、見てください」

腰のバスタオルを取り、勃起チンポを見せました。

私「大好きな美紀さんのエロい体を見たから俺のはこんなになってるんですよ」

美紀さんの手を掴み、チンポを握らせました。

美紀「あぁ・・・すごい・・・硬い・・・」

美紀さんはチンポの形を確かめるように握りました。
そして「嬉しい」とニッコリ微笑んで抱きついてキスしてきました。
ベッドに誘って立ち上がると、美紀さんが座っていた部分に染みが付いていました。

私「美紀さん、もう濡れてるんですか?」

美紀「恥ずかしいけど・・・私・・・すごく濡れるの・・・」

恥ずかしそうに答える美紀さんにゾクゾクしました。
ベッドに上がると美紀さんは仰向けで横になり、私はすぐに覆い被さりました。

私「美紀さん、素敵です」

そう言ってキスすると、「お願い・・・敬語はやめて・・・それと美紀って呼んで・・・」と。

私「美紀・・・解ったよ。じゃあ美紀も俺のこと、『たけし』って呼んで」

美紀「うん・・・たけし・・・」

それからお互いにお互いの体を求め合いました。
垂れ気味の大きなオッパイはとても柔らかく、グッと揉み上げると美紀自身が乳首を舐めれるほどで、揉み上げた時に長めの乳首にしゃぶりつきながらキスしました。
オマンコに手を伸ばすと美紀の言う通りで、濡れ方が半端なくグチョグチョになってました。
指を挿入して掻き回すと、グチョ!グチュ!といやらしい音がします。

私「美紀・・・すごいよ・・・もうオマンコがグチョグチョじゃん」

美紀「いや・・・そんないやらしいこと・・・」

私「気持ち良くないの?」

美紀「気持ちいい・・・」

私「どこが?AVみたく言ってよ」

美紀「そんな・・・こと・・・」

私「じゃあやめるよ」

美紀「ダメ・・・もっと・・・して・・・」

私「じゃあどこが?」

美紀「ォ・・・マンコ・・・」

恥ずかしそうに小声で言ったので、もう1本指を入れて激しく掻き回しながら・・・。

私「聞こえないよ・・・どこ?」

美紀「あぁ!いや!オマンコぉ!あぁん!オマンコがいいのぉ!」

叫んだ途端に、「あ!くぅ・・・!」と体をビクンビクン痙攣させながら美紀はイキました。
オマンコからゆっくり指を抜くと、指はもちろん、手のひら全体がベチョベチョに濡れていて滴り落ちるほどでした。
シーツを見ると、見たことないような染みが大きく地図を描いてました。

脱力している美紀の隣に私も横になり美紀が気を戻すのを待っていると、「たけし・・・気持ち良かった・・・」と言い、「今度は私がたけしを気持ち良くするね」とキスしてきました。
されるがままでいると、キス→耳→首筋→胸元→乳首と舌を這わせ、乳首を舐めながらそっとチンポを握りました。
敏感な乳首を舐められるとチンポはビクンと反応しました。

美紀「たけしは乳首が敏感なんだ・・・乳首・・・硬くなってるよ」

私を見上げながら舌先で乳首をチロチロと舐め回しました。
それからお腹→ヘソ周り→股の付け根に舌を這わせ、私の脚を拡げると間に入り、私を見ながらゆっくりとチンポを上下に扱き始め、「あ、先から汁が出てるよ」と指先に我慢汁を絡ませ先をヌルヌルと撫でました。

私「美紀・・・早くしゃぶって!」

堪らずと懇願すると美紀はニッコリ微笑んで、私をジッと見ながら、「はぁ・・・ん」と亀頭にしゃぶりつくと、ゆっくり顔を舌ろして根元までチンポを咥え込み、ゆっくりゆっくりと頭を上下に振りました。
美紀のフェラは咥えながらもカリや裏筋を舌で舐め回し、竿に舌を絡めてくる最高に気持ちのいいフェラでした。
もうそのフェラだけで堪らなくなり、絶頂を迎えそうになった私はヤバいと思い、「美紀!ダメだよ!イッちゃうよ!」とフェラを止めさせようとしました。
するとハァァアとチンポから口を離した美紀は・・・。

美紀「いいよ、イッても・・・時間あるからまだ出来るでしょ?」

私「そりぁ休憩したら大丈夫だけど」

美紀「じゃあ口に出して」

また美紀がフェラを始めました。
最初はゆっくり・・・だんだん速く・・・。
唇で竿を扱くようにしつつ舌を絡めつつ・・・。
それから2分も持たずに絶頂が訪れました。

私「美紀!イクよ!イクよ!イク!イク!」

その言葉に合わせるように美紀は頭を振り、「イク!」と最後に叫んだ直後に大量のザーメンが吐き出されました。

美紀「ん!ん・・・ぐ・・・ゴク・・・ゴク」

美紀は全てのザーメンを受け止め、吐き出されるザーメンをゴクゴクと飲み干してくれました。
今まで味わったことのないようなフェラと今まで味わったことのないような射精感に頭が真っ白になり、私は動けなくなりました。
美紀は尿道に残ったザーメンも搾り出し、先からザーメンが溢れると啜りながら飲み込みました。
完全に射精が終わると動けない私の隣に寝て、顔を寄せてきて耳元で、「たけしの美味しかったよ」とチュッとキスしてくれました。

私「美紀のフェラ・・・すごく気持ち良かったよ」

美紀「嬉しい」

私「美紀って・・・本当は・・・すごくエロい・・・とか?」

美紀「実は・・・ね♪」

私「じゃあ、AVみたいなエロいことを言うのも本当は好きとか?」

美紀「実は・・・ね。だってエッチな言葉を言うと、それだけでエッチな気分になるし気持ち良くなるし」

私「なんだ・・・じゃあもっと早く美紀を誘えば良かった」

美紀は私から誘われるのを妄想していたらしく、先週、私の勃起チンポを触ってからは毎晩オナっていたそうです。
ふと時計を見るとすでに1時を回ってました。

私「俺は休憩すればたぶんあと2回は大丈夫だけど、美紀は時間は大丈夫?」

美紀「あと2回も出来るの!嬉しい。時間は全然大丈夫!」

美紀は嬉しそうに言いました。
それから一旦事務所に戻り、客の出入りを確認して、おそらく朝まで動きはないだろうと判断して2人で部屋に戻りました。
それから4時頃までで2回楽しみました。

美紀の体は最高にエロいです。
オマンコは信じられないくらいの濡れ方で中で、チンポへの締め付けはもちろん、大きめのビラビラも抜き挿しするたびに竿に絡みつきます。
本当にマン汁の量が多く、バックでハメてる時は突く時にブチュと溢れてポタポタと落ちるのがわかるほどです。
美紀が上で69してる時、オマンコを顔に押し付けられると鼻から下がベチョベチョになるほどです。
そして何よりいやらしい言葉を口にしてくれるのが本当にエロいです。
頼んでもいないのに・・・。

「早くぅ!チンポ入れてぇ!」
「あぁ!ダメ!オマンコいいよぉ!」
「もっと激しく突いてぇ!チンポでオマンコ突いてぇ!」

・・・などなど(笑)
安全日には中出しまでおねだりされました。

「今日は大丈夫だからぁ!中に!オマンコの中にいっぱい出してぇ!」

お互い忙しいので、しっかりエッチできるのは月1くらいですが、なるべく2人の時間を作るようにして朝まで楽しんでいます。