俺はバイクにはまっており、地元のツーリングチームに入っていた。
ツーリングチームとは毎週のように秩父の峠やいろは坂まで遠征に行って走りを楽しんでいた。

ある日、チームのメンバーがバイクレースのチケットを入手したので、ツーリングがてら1泊2日のロングツーリングを行なうことになった。
当日は明け方に出発して、峠やダムに寄ってまったりとした走行をしつつ、みんな気持ちが高揚していた。

そんなこんなで10時には『もてぎ』に到着してレースを観戦。
レースは俺のご贔屓選手が見事優勝し、ホテルへ戻り宴会を開くことになった。
ホテルと言っても旅館とホテルの中間のような造りだったため、会議室兼宴会場がある。
宴会場での飲みが2時間くらいになったとき、だいぶ酔ってきた俺は外の空気を吸ってこようと席を外した。

エレベーターで1階へ下り、フロントの前を通りかかった時、田舎のホテルでは見たことのないような金髪の女性がホテルマンと話をしていた。
俺はその横を通り過ぎてホテルを出て、出口付近に設置されている自動販売機でコーヒーを買い、一服しながら星空を眺めていた。
30分ほど芝生で寝転んで、だいぶ酔いが醒めてきたのでホテルに戻ることに。
再びフロントの前を通ると、先程の女性がまだ何やらホテルマンと話し込んでいた。
興味本位で聞き耳を立ててみると、その女性はどうやら金髪に染めた女の子ではなく、外国の女性だった。
ホテルには英語がしゃべれる人間がいないようで、下手くそな片言の英語で色々と説明していた。
しかし、ほとんど中学生程度の英語なので、その外人女性には一切通じていなかった。
1年ほどアメリカに留学経験のあった俺は日常会話程度であれば話せるので助け舟を出した。

俺「あの、もし良かったら通訳しましょうか?」

ホテルマン「申し訳ございませんがお願いしてもよろしいでしょうか」

俺「何かお困りですか?」

外人「あ、あなた英語しゃべれるの?助かったわ。実はサーキットの近くのホテルを予約してたはずなんだけど、手違いがあったらしくて予約が取れてなくって・・・。しかも、今日はレースがあったから部屋が満室で、ここのホテルを紹介してもらってきたの。でも、言葉が通じなくてどうしようかと思ってて」

俺「ってことは、君はこのホテルを予約してないけど泊まりたいってこと?予算はいくら?」

外人「予算は1万円程度だけど足りるかしら?」

俺「OK。それじゃちょっと交渉してみるね。・・・ってことなんだけど、部屋空いてるかな?」

ホテルマン「あいにく本日はシングルのお部屋が満室で、ツインのお部屋でしたらご用意できますが、料金は1万4千円になります」

俺「なんとか負けてくれないかな?予算が1万円なんだって」

ホテルマン「あいにく当ホテルではそういったことは行なっておりませんので」

※俺が外人さんとしゃべっているのは英語ということでよろしくです。

俺「実はシングルが空いてなくて、ツインの1万4千円のところしかないらしいんだけど、予算オーバーしちゃっても平気?」

外人「4千円もオーバーしちゃうと東京に戻れなくなっちゃう・・・。明日は東京観光をして夜の便で帰らなくちゃいけないから・・・。かといってヒッチハイクしてる暇もないし・・・」

俺「俺さ、友達とツーリングで着てて、明日の朝に東京に帰るから後ろに乗ってく?」

外人「ほんと?そうしてくれると助かる!正直言ってほとんどのホテルが満室か英語が通じないかで、何件も探し回ったからクタクタで、早くシャワー浴びたいの」

俺「ホテルマンさん、そのツインの部屋でOKだって。案内してあげて」

外人「本当に助かったわ、ありがとうね。良かったらお礼も兼ねてバーで少し飲まない?お金ないからそんなに飲めないけどw」

俺「OK!夕涼みしてすっかり酔いが醒めちゃったから寝る前に少しだけなら付き合うよ。じゃあここで待ってるからシャワー浴びてきちゃいなよ」

外人「分かったわ。じゃあ30分後にここでね」

俺は外人女性と別れ一度宴会場へ戻った。
宴会場ではすでにお開きになり、半数は自室に戻り始めていた。
俺もそのまま仲間へ自室へ戻ることを告げ、シャワーを浴びに部屋へ戻った。
部屋へ戻るとすでに待ち合わせの時間の10分前、急いでシャワーを浴び、汗でべとべとの服を着替えてロビーへと向かった。
ロビーへ着いたのは待ち合わせ時間ぴったり。
外国人女性はすでに待っていた。

俺「ごめんね。待たせちゃったかな?」

外人「ううん、大丈夫だよ、それよりバーはどこか聞いてくれない?」

俺「OK。じゃあちょっと待っててね」

ホテルマンにバーの場所を尋ねた。

俺「すみません、こちらに軽くお酒を飲めるようなお店はありますか?」

ホテルマン「はい、ございますが、あと1時間ほどで終了してしまいますが構いませんか?」

俺「う~ん・・・まぁしょうがないか」

俺は女性のところへ戻り、2人でバーへ向かった。

俺「このバーって営業時間があと1時間なんだって。まぁ軽く飲むだけだから大丈夫だよね?」

外人「しょうがないか、とりあえず飲もうか」

俺「それじゃあ、2人の出会いに」

外人「この素敵な夜に」

俺「そういえばまだ名前も聞いてなかったね。俺は忍。君は?」

外人「私はエミリー。よろしくね」

軽い自己紹介を終えると2人でドリンクを飲み始めた。
女性はかなり酒に強いらしく、ウォッカベースのかなり強いカクテルを2杯ほど飲み干した。
しかし2杯飲み終わった後は水を頼み、お摘みもほとんど食べない。

俺「もう飲まないの?酔っちゃったならオレンジジュースでも飲む?」

エミリー「そうじゃないけど・・・お金が足りないから・・・」

俺「あぁ、そんなことか。大丈夫、俺が奢ってあげるよ」

エミリー「ホントに?じゃあ後1杯だけね。時間ももうないみたいだし」

その後、エミリーと一緒に1杯ずつ飲み、閉店時間となったところでバーを出た。
2人でいい感じに飲んでいたところの閉店だったので、もう少し話がしたくて、バーを出たエレベーターホールにあるベンチに座って話をしていた。

俺「明日はみんなと10時に出発するから、ロビーに9時半くらいに集合ってことになってるけど大丈夫?」

エミリー「私は大丈夫よ。でも本当に平気なの?」

俺「俺は安全運転だし、仲間も良いヤツばっかりだから何にも問題ないよ」

外人「そっか、ありがとう。それより少し飲み足りなくない?せっかく盛り上がってきたのにさ」

俺「まぁそうだけど・・・ここら辺に歩いていけるところに飲み屋ってなさそうだし」

エミリー「私の部屋はツインだから、私の部屋で飲まない?たぶんお酒も少しは置いてあると思うし」

俺「いいの?それならお土産に買っておいた日本酒を持って行くよ。日本酒は飲める?」

エミリー「日本酒は飲んだことないけどたぶん平気だと思う。じゃあ私の部屋は◯◯◯号室だから」

俺「じゃあまた後で」

エミリーと別れて部屋に戻り、お土産用に買っておいた日本酒を持ってエミリーの部屋へ向かった。

(もしかして、いけちゃったりするのか?)

信じてもらえないかもしれないが、そんな下心はなく、ただ早く飲みたいと思っていた。

俺「エミリー、来たよ~」

エミリー「ちょっと待って、今開けるから」

ドアが開き、エミリーが迎えてくれる。
先ほど別れた時と同じ格好をしていると思い込んでいた俺は驚いた。
ドアの向こうにはノーブラタンクトップにホットパンツ姿のエミリーが立っていた。
俺を導き、テーブルの場所まで先導していくエミリーの尻にはパンツが食い込んでおり、半ケツ状態。
一瞬にしてフル勃起状態になったが、ジーンズを穿いていたためなんとかバレずに済んだ。

テーブルに着き、俺の対面に座ったエミリーが『デスノート』のLのような座り方をしている。

(これって俺のことを誘惑しているのか?)

一瞬思ったが、どうやらそうではないらしい。
そのホテルの椅子は籐の椅子で、あまり造りが良くなかったため、普通に座ると太ももの部分にチクチク刺さって痛いらしい。
俺は密かに、(田舎ホテル、GJ!)と思った。
当然、両足を抱えるような座り方をしているため、エミリー真っ白な太ももが露わになっている。

(このままでは襲ってしまいそうだ)

気持ちを紛らわすため、持ってきた日本酒を開けた。

俺「この酒って結構甘口で口当たりいいから、初めて日本酒を飲む人でも美味しいと思うんだよね」

エミリー「うん、美味しい。日本酒ってこんなに美味しいんだね。はまっちゃいそうw」

俺「良かったら小さい瓶のがあるから、それお土産に持っていったら?」

エミリー「ありがとー!でも私、なんにもお返しできる物がないんだよね」

そんな話をしながら1時間ほどが過ぎた。
エミリーは初めての日本酒が口当たりのいい甘口だったためガンガン飲んでしまい、すっかり出来上がってしまった。
俺は日本酒では酔わない体質のため、ほとんど酔わずにエミリーの太ももを堪能していた。

エミリー「もうフラフラだぁ。見てみて、こんなになっちゃった」

そう言うとタンクトップの胸元を下へ引っ張り谷間の部分を見せてきた。

(こんなの洋物ビデオでしか見たことない!)というほど見事な谷間がほんのりピンク色に染まっていた。

俺「だいぶ酔ってきたみたいだね。もうそろそろ寝ようか?明日も早いことだし」

エミリー「えー、せっかく良い気分になってきたのに。もう少しだけお願い!」

俺「じゃあ、お酒ももう少ししかないから、これを飲み終わるまでってことにしようか」

そこからさらに30分、エミリーはラストスパートのように一気に残りを飲み干していった。
次第にエミリーの呂律が回らなくなり、何を言っているのかが聞き取りにくくなっていった。
エミリーと同じく俺も酔いがかなり回り、エロい質問コーナーへと突入していった。

俺「俺、昔から不思議に思ってたんだけど、白人女性って胸の形がものすごく良いでしょ?それって整形とかしてるの?」

エミリー「整形して大きくしてる人も結構いるけど、私のは天然だよ。お母さんも大きかったから、特に何にもしてないけど自然とこうなっちゃったんだよね」

俺「なんか硬そうだね」

エミリー「そんなことないと思うけどな、触ってみる?」

俺「え?!いいの?」

エミリー「別にいいよ。変なヤツに触らすのは勘弁して欲しいけど、忍だったらいいよ」

タンクトップ越しにエミリーの胸に触れてみる。
確かに弾力はあるが柔らかい。
たとえて言うならば、柔らかめの低反発クッションを触っているような感じ。

エミリー「なんか忍の触り方いやらしいねw、相当慣れてる感じがする」

俺「いやいや、まさか白人女性の胸を触るなんて考えてもみなかったから、ついつい」

エミリー「私もまさか日本人の男性に触られるなんて考えもしなかったよ」

俺「ついでにもうひとつ質問!アンダーヘアーも金髪なの?」

エミリー「ん?そうだよ、当たり前じゃん。あなたも黒いでしょ?それと同じだよ」

俺「そりゃそうか。で、これは見せてくれないの?w」

エミリー「当たり前でしょ!それはダメー」

俺「ダメって言われても、さっきからパンツの脇からはみ出てるんだけどw」

エミリー「キャー!ホントに忍ってスケベだねェ。お返しに忍のも見せろー!」

俺「ん?いいよ」

すっかり出来上がっており、スケベトークも炸裂していたので、何の躊躇もせずに俺はズボンとパンツを下ろして息子を露出した。

エミリー「オゥ、ホントに見せなくてもいいのにw」

俺「とか言って、ちょっとは興味あったんでしょ?」

エミリー「まぁねw。日本人のって小さいって聞いてたけどそうでもないんだね。それにすごく硬そう・・・」

旅先では開放的になるということを聞いていたけども、これほどすんなりとエロトークに発展するとは予想していなかった。
しかも、フル勃起の息子を露出しているにも関わらず、嫌がるどころかエミリーは興味津々。
このときは、(なんとかしてエミリーを押し倒してやろう!白人女性と初体験だ!)ということしか頭になかった。

俺「それなら触って確かめてみたら?」

俺がそう言うとエミリーは何も言わず恐る恐る息子に触れてきた。

エミリー「・・・ホントに硬い。なんでこんなに硬くなるんだろう?」

俺「白人は最大値が大きすぎて100%勃起する人が少ないから硬くならないらしいよ。それに比べて日本人は最大値がそんなに大きくないから、ほとんどの人が100%の勃起になるからカチカチになるんだって」

そう説明すると、一言「フゥン」と言ったきりじっと息子を見つめている。

俺「どうしたの?」

エミリーは無言のまま口に咥えた。
日本人の一般的なフェラと違い、息子を奥まで咥えて、喉の奥のほうで亀頭に刺激を咥えるようなフェラだ。
今までに感じたことのない感覚に背筋に電気が走るような快感だった。
しかもそれを咥えているのが金髪美女。
俺の息子は10分もしないうちに絶頂を迎えそうになる。

俺「エミリー出ちゃうよ、このまま出しちゃってもいいの?」

エミリー「あなたの好きなところに出して!」

俺「それじゃあ口に出してもいい?」

エミリー「いいよ、私の口にいっぱい出して!!!」

息子は息子を口から出すと、口を大きく開けて手コキを開始した。
すでに暴発寸前の息子はエミリーのフィンガーテクに耐え切れず、口めがけて射精した。
思ったよりいっぱい出た。
エミリーの口だけでなく、ほっぺやアゴ、そしてアゴから垂れて胸にまで精子がかかった。
顔にかかった精液をエミリーは掬い取り、口に運ぶ。
外国人はポルノ動画だけでなく、リアルにこういう事をするんだと変に感心してしまった。

エミリー「ずいぶんいっぱい出たわね。それに濃くて美味しいわ。今度は私も満足させて」

そう言うと息子についていた残りの精子を舐め取り、尿道に残っていた精子まで吸い出してくれた。
その後、タンクトップとパンツを脱ぎ捨て、エミリーは片足を俺の座っている椅子の肘掛けに乗せ、俺の顔の前にプッシーを押し付けてきた。
エミリーのプッシーは白人女性のそれで、淡いピンク色の周りは綺麗な金髪の陰毛で薄く覆われていた。

俺「ピンク色で綺麗だね、涎をダラダラ垂らして光ってるよ」

エミリー「もう焦らさないで!激しくして頂戴!!!」

エミリーのリクエスト通り、激しくクリトリスを吸いまくった。
時には軽く甘噛みすると、その度にエミリーの口から外国人独特の喘ぎ声である、「オォ、イエス、オォイエー、ムフゥ」という声がこぼれた。
次第にどちらともなく我慢できなくなり、エミリーが壁に両手をついて立ちバックの体勢になる。

俺「それじゃあ入れるよ、いい?」

エミリー「来て!奥まで突いて!!!」

俺は一気に挿入した。
日本人と違った挿入感を多少期待していたが、あまり日本人女性とは変わらなかった。
しかし、挿入したと同時にエミリーの背中がこれ以上ないくらい弓なりに反って雄叫びを上げた。
憧れの金髪が腰の辺りまでさらさらと絡み付いている。
バックから突いていると、改めてエミリーのお尻の大きさに見惚れた。
手触りも最高だ。
あまりにも綺麗なため、思わずスパンキングをしてしまった。

エミリー「オォ!もっと叩いて!真っ赤に腫れるくらい強く!」

俺「エミリーは叩かれて感じるんだね、エミリーがイクまで叩き続けてあげるよ!」

力いっぱい真っ白なエミリーの尻を叩き続けた。
次第に赤く俺の手の形が浮かんでくる。
北国にいる少女のほっぺたのように真っ赤になるまで叩き続けた。

エミリー「もうだめ、私狂っちゃう!イッちゃう!最後に激しく突いて!!」

俺「俺もイク。濃いヤツをお尻にかけるからね」

エミリー「来て!来て!来て!来て!来て!ああああぁぁぁぁぁぁ!」

俺とエミリーは2人ともほぼ同時にイキ、エミリーのお尻に2回目とは思えないほど大量の精液をぶちまけた。
2人ともそのままベッドへ倒れこみ、エミリーはお尻についた精液を体中に塗りたくっていた。
その後、3回戦目をベッドで終え、2人でシャワーを浴びることに。

俺「エミリー、今夜は最高にエキサイティングな夜だったよ。ありがとう」

エミリー「私も日本でこんなに最高の夜が過ごせるとは思わなかったわ」

俺「明日は早いから今夜はもう寝よう」

エミリー「もう寝ちゃうの?忍って意外に淡白ね」

シャワーを浴びつつエミリーに誘惑されて4回戦目に突入。
さすがのエミリーも疲れたようで、シャワーからあがったら裸のまま寝てしまった。

翌朝、目覚めると、隣に金髪女性が寝ている。
昨日のことは夢ではなかったと知り、エミリーの髪を撫でながら気怠い朝を迎えた。

エミリー「おはよう、忍」

俺「おはよう、エミリー」

軽いキスをし、お互いに抱きあっていたら、またムラムラしてきて、朝立ちを有効活用して再び重なり合った。
このとき初めて正常位でした。
朝日に照らされたエミリーの顔は思っていた以上に幼くて可愛かった。