「入るぞ」

無言でアキホが頷く。
亀頭を中に押し込んだ。

「いっ!!!」

アキホがズルズルと上へ逃げた。
もう一度当てて、アキホの腰をがっちり手でホールドして・・・。


「いっ!!・・・いたっ!!・・・」

「先っぽ入ったぞ」

「痛い!!兄ちゃん待って!」

「やめようか?」

「だめ!やめちゃだめ!待って!スーーーハーースーーーハーーーースーーーハーーー」

アキホは深呼吸してた。

「兄ちゃんOK!えっとね、ゆっくりは痛いから全部押し込んじゃって」

「いいのか?大丈夫かなぁ」

「構わない!一気に入れちゃお?」

「OK!」

俺はアキホのマンコを見ながらタイミングを考えた。
さっきから潜ってる亀頭が締められたり緩んだりしていたからだ。
緩んだタイミングで一気に挿入!と考えた。
締める・・・緩む・・・締める・・・緩む・・・締める・・・。

(今だ!!)

勢いをつけて一気にアキホの中に押し込んだ。
根元まで一瞬で入った。
俺はアキホの上で仰け反って股間をマンコに押し付けた。

「いったーーーーーーー!っ!!痛い!!兄ちゃーーーー!!」

アキホが声をあげて仰け反った。
ズルズルと上に逃げる。
そのまま俺はアキホに被さって抱き締めて、アキホのずり上がりを止めた。
アキホはチビだから、俺が抱き締めると、まるで俺の体で包んだみたいになった。
少し下にアキホの悶えて仰け反る顔があった。
半分抜けてた。
なので、もう一度根元まで入るよう突き入れた。

「っーーーーー!いつっーーーー!」

アキホの苦悶の顔を見つめながら、アキホのマンコの中が力いっぱい締まるのを感じた。
もう大丈夫。
抜けない。
入った!
アキホに入った!
俺はアキホにキスをした。

「アキホ、全部入ったぞ、兄ちゃんの」

苦悶のまま、しきりに頷いた。

「このままじっとするからな」

うんうんと何度も頷いた。
しばらくしてアキホが目を開けて俺を見た。
少し涙目だ。

「に、兄ちゃん、入ってる。わかるよ。チンチン大っきい!お腹が押し上げられてる」

「奥まで入ったからな。たぶん子宮口辺りまで入ってる」

「兄ちゃんのやっぱ大きいんだね。兄ちゃん、嬉しいよぉ」

「ああ、兄ちゃんもだ。アキホの中って狭くて気持ちいいぞ」

ほんとに狭くて締りが最高。
しかも中がうねるように動いていた。

「ほんと?出ちゃいそう?」

「いや、まだ出ない」

「あ、そっか。男は動かないと発射しないだっけ?兄ちゃんいいよ。我慢するから。出しちゃって」

「大丈夫なのか?いいのか?」

「平気、平気。気にしないで」

ゆっくりと腰を動かした。

「グッ!ウグ!グッ!」

チンコが奥に入るたびにアキホは呻いた。
アキホの呻く声と苦悶の顔を見下ろしながら突き入れた。
少しずつ動く幅を大きくして、緩急をつけて動いた。
だんだんスムーズに動ける感じになってきて、気が付いたらマンコから、クチュ、クチュと音が出てた。

(アキホが濡れ始めた・・・)

そう思った。
そのまま無言で、股間から出る音を聞きながら動き続けた。
徐々にスピードアップ。
突き上げるたびにおっぱいが揺れまくってた。

(もう少し、もう少しだからなアキホ。我慢な)

心の中でつぶやきながら悶え苦しむアキホを見つめた。
だんだん射精感がきた。
動きを速めた。
股間の音も激しくなって、打ち付ける音も聞こえた。
パン、パンという肉同士のぶつかる音。

「アキホ、もうちょいな」

苦悶の顔のまま頷いて、俺の背中に回してる腕の力が強くなった。
激しく動いた。

(もう、出る!!出す!!)

最後の突き入れ!!

「ウォ!」

声が出た。
そのまま股間を押し付けたままアキホの体内に放出開始!!

「ウグッ!!」

アキホが呻いて全力で抱きついてきた。
俺も抱き締めて、アキホの中に放出を続けた。
出るわ出るわ。

(そういえば俺、最近全然オナニーしてなかった)

出しながら気が付いた。
アキホが来てからずっとオナニーを我慢してたから、10日分くらい溜まってたことになる。
まだ出続けてた。
チンコの脈動に合わせるようにアキホの肉襞が動くのを感じた。

(すっごい締め付けてくる。これのせいか?発射が続くのは?)

そう感じた。
で、やっと放出完了。
出しながらアキホの顔を見てたんだけど、アキホの口元が一瞬微笑んだのがわかった。
アキホも俺が終わったのを察知したみたい。
そのまま2人とも無言のまま。
アキホの腕が弛緩して、俺を抱き締める力がスッと消えた。

「アキホ、終わったよ」

コクリと頷いて微笑んだ。
ゆっくり目を開けて俺を見るアキホ。

「兄ちゃん、出たね?なんかすごく出てた感じがする」

「うん、大量に出てしまった」

「なんで?」

「あのな・・・兄ちゃん、オナニーをずっと我慢してたんだわ」

「え!もしかして、私が来てからずっと?」

「うん」

「そうだったんだ。男の人って我慢するとたくさん出るの?」

「だと思う」

「兄ちゃん、まだ溜まってるよね?」

「まあ。溜まってるだろうな」

「兄ちゃん、あと何回出したい?いいよ、出しちゃって」

「お前・・・あのさ、たった今ロストバージンしたばっかだぞ?我慢できるのかよ?」

「う、うん。大丈夫。後半は痛みが減ったもん」

「ん?もしかして少しは気持ち良くなった?」

「え?気持ちいいって感じじゃないけどぉ。痛みはなくなった。だから大丈夫なんじゃないかなぁ・・・。兄ちゃん、処女って初めてだった?」

「初めてだ。だからわからないんだって」

「そっか。よし!私が兄ちゃんを全部受けてあげる!!出そう!出しちゃおう!!」

「ばーか。でも嬉しいけどな、じゃあ甘えちゃおうかな、アキホに」

「いいよ!たっくさん甘えて。何回でも出しちゃって。ああ!!兄ちゃんのチンチンまた大きくなってきたね」

「だな」

「ムニューーて感じで・・・あ!奥に入ってきた!!すごーい!チンチンってこんななんだ」

「また硬くなっちゃったな」

「うん!」

「じゃあ、いいな?」

「うん!たっくさん出してね。アキホの中に。兄ちゃんのいっぱい頂戴ね」

この後、4回も出してしまった。
4回目は溢れ出てきてしまった。
アキホはびっくりしてた。
終わってアキホの股間をティッシュで覆った。
真っ赤だった。
アキホのロストバージンの痕跡もシーツに残ってた。

「兄ちゃん、ごめん。シーツ汚しちゃったね」

「気にすんなって」

「シャワー行こう?一緒に入ろうよ」

風呂場に行き、一緒にシャワーで流しあった。
アキホの股間からは大量に出し続けた俺のがダラダラ、ボタボタと垂れ続けてた。

「兄ちゃん!!まだ出てくるよ!!兄ちゃんのチンチンって破壊的だね。凄いわ」

「だからぁ、オナニーしてないからだって」

「わかってるって。でも嬉しいなぁ。ねえ、兄ちゃん、こっちにいる間は我慢しないでね。アキホのココ使おう?いつでもOKだからね。大好きな兄ちゃんなら1日3回でもOKだよ。朝昼晩って」

「お前さ、ご飯じゃないぞ」

「あれ?あれれれーー?また大きくなってきたよ。凄いわ。ほんとに凄い、兄ちゃん」

「なあ、今度はお前の口でいいか?」

「へ?そっかぁ、さっき口の中に出したもんね。飲んじゃったけど」

「お前さ、結構フェラチオ上手かったぞ」

「えへへ。そう?でも、もう飲むのは嫌かなぁ」

「飲まなくていいから」

風呂場で2度目のフェラに挑戦。
見事にアキホの口に発射。
大満足だった。

それからはアキホが実家に戻るまで毎日セックスした。
もう妹ではなくなった。
正真正銘の恋人って感じ。

その後、アキホは就職して東京に。
もちろん俺の1LDKに転がり込んできた。
俺も待ってました状態。
初日は、もうお互いに動物になって一晩中セックスしまくり。

そして狭い1LDKから2DKに移って、まるで新婚夫婦みたいな生活となり、今も続いてる。
アキホは全く他の男に見向きもしない。
俺も他の女に目が行かない。
なぜなら俺の特訓もあってアキホは超セクシーになって、エッチのテクも半端じゃなくなったから。

「兄ちゃん、私は兄ちゃんだけの女だよ。ずーーっとね。兄ちゃんの欲求は全部私が面倒見てあげるからね。だから兄ちゃんもアキホをずーっと可愛がって愛してね」

夜は風呂上がりにセクシーなランジェリーで俺を誘う。
俺が溜まってるのがわかると、昼間でも下着姿で誘ってくる。
こんな妹だけど、俺のベストパートナー。

以上、告白終わり!