姉の結婚を機に関係が終了したのですが、再び身体を合わせてしまいました。

姉は姪(姉の娘)が5歳の時に離婚して、実家近くのアパートで姪と2人暮らしをしています。
姉が8歳になった姪を連れて実家に遊びに来た日、家族みんなで夕飯を食べに行きました。
その帰宅途中、姉が用事を思い出したからアパートに寄ってくれと言いました。
2人で姉のアパート前で車を降り、両親と姪は先に実家の方に戻りました。

部屋に上がると開梱前のDVDデッキがあり、それの接続をしてくれと言います。
姪にせがまれて買ったのはいいけど、機械に弱い姉はどこに接続するか分からないと言いました。
最初から僕に頼む気だったそうです。

すぐに接続を済ませ、実家に戻ろうとしたら、姉がそっと抱きついてきました。
旦那と別れて以来ご無沙汰でムラムラしていたようで、本命の用事は僕とのセックスでした。
僕も姉とのことが忘れられずにいたので喜んで応じました。
服を脱がすと以前と変わらない綺麗な身体、とても経産婦とは思えません。
僕も服を脱ぐと、姉は待ってましたとばかりにチンポに吸い付きました。
激しいフェラから相当な欲求不満だと分かりました。

チンポを貪る姉を制止し、シックスナインに移行します。
マンコとアナルも綺麗なままでした。
マンコを丹念に舐め、愛液を指に塗ってアナルに差し込みます。
旦那にもアナル攻めをされていたそうで、いい具合に解れたアナルでした。
舐め合ってるうちに姉の我慢は限界に達したようで、痙攣しながら激しくイッてました。
それでもチンポを離さないエッチな姉。
久しぶりのなので、どんな体位でするか聞こうとしたら、有無を言わさず上に乗られ、姉は騎乗位で腰をグラインドさせ始めました。

「姉ちゃん、そんなに焦らなくても大丈夫だよ」

「だって久しぶりの大介のチンポなんだもん」

その言葉で余計に嬉しくなった僕は下から突き上げました。

「あぁ!旦那とのセックスも悪くなかったけど、やっぱり大介とのセックスが一番相性がいいわ!」

「嬉しいこと言ってくれるね。それじゃあ明日から姉ちゃんがやりたくなった時は僕がいつでも相手するよ」

「本当に!嬉しい!毎日求めちゃうかも(笑)」

「僕も姉ちゃんとのセックスが忘れられなくて、いつも姉ちゃんのことを想いながらオナニーしてたんだよ」

そう言いながら僕は体を起こして座位になり、姉を抱き締めてキスしました。
キスしたまま姉を押し倒して正常位になって腰を振りました。

「その優しい腰使い、好きよ。なんだか愛されてるって感じるの」

「愛してるんだから当然だよ。姉ちゃん・・・僕と結婚しない?」

「え?姉弟で結婚できるわけないじゃない」

「うん、もちろんそれは分かってる。届けは受理されないし法的には無理だけど、婚姻届けを書いて欲しいんだ」

「私でいいの?」

「姉ちゃんがいい。結婚するなら姉ちゃん以外考えられない」

「・・・嬉しい」

「それはOKってことでいいのかな?」

「はい・・・大介のお嫁さんにしてください」

「愛してるよ、姉ちゃん」

「明日は日曜だから明後日、市役所で届けを貰ってくるね」

「姉ちゃんが行って来てくれるの?ありがとう。そしたらすぐに書こうね」

ラストスパートをかけて腰を振っていたら姉が喘ぎながら中出しを要求してきました。

「今日は大丈夫な日?」

「ちょっと危ないかもしれないけど、大介がプロポーズしてくれたんだもん。中に欲しくなっちゃった」

「もしも子供が出来たら産んでくれる?」

「うん。大介との子供なら喜んで」

「ヤバい!嬉しすぎてもう出そう!」

「来て!いっぱい出して!」

受精することを願いながら射精しました。
ここ2週間近くオナニーしていなかったのと、「子供が出来てもいい」と言ってくれたのが嬉しくて、今までにない快感でした。

「大介も溜まってたんだね。たくさん出てる」

「忙しくてオナニー出来なかったんだけど、今日のためだったのかな(笑)」

「そうかもね。大介のが中に広がっていく感じ・・・」

「子供が出来るといいな~。愛してるよ」

「私も愛してる」

射精が終わったチンポを姉の口で綺麗にしてもらい、時計を見たら1時間以上経ってました。

「もっと抱き合っていたいけど、もう戻らなきゃ」

「大介とのエッチは時間を忘れちゃうわね」

急いで服を着て2人で実家に向かいました。
今は姉も実家に戻り、一緒に暮らしています。
この日以来、両親と姪の目を盗んで毎日のように姉とセックスしています。
たまにセックスを控えて溜めておき、危険日を狙って中出しもしていました。
その甲斐あって、つい先日、姉の妊娠が分かりました。
近いうちに実家を出て、姉と姪と3人、いえ、4人で暮らそうと思っています。