AV観るのと違って気持ち悪いもんだな・・・。
日曜、突然元カノに呼ばれて家に行ったんだ。
すると元カノだけじゃなくて知らない男がいた。

元カノ「友達の◯◯くん」

男「ども・・・」

俺「ども・・・」

初めは3人でトークやゲームなんかして過ごしてた。
だんだんそれにも飽きてきた頃、突然元カノが俺にキスしてきた。

俺「・・・」

元カノ「久しぶりだねー、キスすんの」

男は無言。
そのまま元カノに迫られたんで、振りほどいて帰ろうとすると、泣きそうな顔で「ごめん、謝るから帰らないで」と。
男を見ても無表情で何も言わない。
とりあえず元カノとは距離をとって寝たふりをした。
そしてら、そのうち2人がいちゃつき始めた。

男「彼、怒っちゃったねー」

元カノ「っん・・・そりゃそうでしょ、もうやめよ・・・っあ」

無性に腹が立ってきたので、いいところで起きて邪魔してやった。

俺「ふあー・・・ごめん、寝てたわ」

元カノは少し挙動不審。
男は俺が寝たふりをしてたのが分かっていたとみえてニヤニヤしていた。
これにはカチンときたがスルーすると、俺が見てる前で男が元カノにキス。
そのまま胸を触ったり下触ったりし始める。
俺はもう呆れて、何も言わず何もせず。
元カノはなせだか少し嫌がっている。

元カノ「やだ、だめ」

男「えー?何ー?」

ニヤニヤしながら指マンしてわざと音を立てる男。
元カノの喘ぎ声を聴きながら俺は煙草を吸う。
そのうちに男がジーパンとパンツ脱ぐ。

(汚いもん見せんな)

そう思ったが、俺よりデカくてちょっとショックだった。
男は元カノの股を開こうとするが、ここに来て元カノがかなり抵抗した。

元カノ「やだ、入れないで」

男「もうこんななんだけど?」

元カノ「知らない、やだ」

男「・・・」

元カノ「やだ、絶対やだ」

嫌がる元カノを無視してもぞもぞ動く男。
そのうち腰を振り始めた。

元カノ「っん、あ、やだ、抜いて・・・っ」

男は無言で腰を振る。
時々激しくして、俺に聞かせるように音を立てやがるから本気でイラっときた。
けど何より苛立ったのは、「んっ、ん、あっ」と喘ぎはじめて、それからは「嫌」と言わなくなった元カノにだ。
どれくらい続いたかは覚えてないけど、煙草の吸い殻が結構な量になった頃・・・。

元カノ「お、俺くん・・・っ、あ」

俺「ん?」

元カノ「ティッシュとって・・・」

俺「は?」

元カノ「ティッシュ、そこにあるから・・・早く、ん」

イライラが最高潮だった俺は箱ごと投げた。
喘ぎながらもティッシュを2、3枚取った元カノはそれを男に渡す。
受け取った男は何をするでもなく腰を振り続けてたが、ティッシュを床に置くと勢いよく元カノから離れ、そのティッシュの上に出した。
さすがに吐き気がした。
行為が終わって、男はトイレに行った。
俺は腹が立ったので元カノを問い詰めた。

俺「なあ、どういうこと?」

元カノ「俺くんを妬かせたいって話をしたら、『目の前で知らない男といちゃついてるのを見せたら妬くかも』って言うから・・・」

俺「はあ?」

元カノ「ごめんなさい!けど、私も俺くんに会いたかったし、その・・・俺くんとしたかったし・・・」

俺「・・・」

元カノ「だって◯◯くん、いつもああなんだもん、乱暴だし、生だし・・・」

俺「・・・」

さすがに呆れて、俺は帰った。

事の顛末はこんな感じ。
セックスが終わるまで帰らなかったのは自分でも分からないが、こんなの滅多にない機会だし、なんて思いがあったのかもしれない。
実際はやはりイライラして仕方なかったわけで、これってNTRって言えるのかどうかは分からないけど、本当に好きなやつっているの?
その後、元カノから一度だけ連絡があったが無視している。

蛇足だけど、あのときの元カノのパンツの色は白だった。
ただし清楚な感じじゃなくてナイロン生地のやつ。
ちなみに、もう分かってると思うけど、元カノはメンヘラビッチ。
色んな体験談とか読んで、『メンヘラもいいな』なんて思ってる奴は考えを改めたほうがいいぞ。