主任だった35歳の時、8年間連れ添った元嫁を寝取られて離婚した途端、いきなりモテ期が到来した。
しかし人気があったのは若い女じゃなくて、おばちゃん人気だった。
パートのアラフィフおばちゃん数人に・・・。

「主任さん離婚したんだって?色々不自由してんだろ?私が相手してあげようか?」

なんて言われたけど、離婚直後はなんだかバカにされてるような気がして相手にしなかった。

でも離婚して半年くらい経つと女の肌が無性に恋しくなり、一番仲が良かった47歳のパート妻と一線を越えてしまった。
待ち合わせ場所にやって来た私服姿のパートさんは、いつもの白衣と三角巾姿のおばちゃんなイメージとは全く違い、生活感は漂うものの貞淑な淑女に見えた。
ラブホに入ると、そそくさとシャワーを浴び、「まさか、主任さんとこんな関係になれるなんて夢のようだわ」と言われた。

ややポチャな体形だったが、禁欲のせいかフル勃起した。
太腿を拡げると、すでに赤く熱した使い古された秘唇がポッテリと垂れた。
秘豆を責める執拗なクンニに蕩けだし、甘い吐息が漏れてきた。
ひと回り年上のややポチャおばちゃんの放つ意外なお色気に、俺の淫気が奮い立った。
生のままイチモツを秘穴に宛てがうも、拒否しないからそのまま挿し込んだ。

「アァン・・・ハァ~~~」

パート妻の秘穴を抉り、温かく豊満な女体の抱擁を堪能した。
腰を振るとヌチャヌチャと湿った音を響かせながら乳房を淫靡に震わせて、「アヒィ~~アヒィ~~ヒッヒッヒッヒッ」とヨガりまくった。
47歳の人妻はまだ閉経していないと思われたので、最後はイチモツを抜いて波打つ腹に射精した。

熟した人妻との不倫セックスは、別れた元嫁や昔の元カノとのセックスとは違う快感があった。
もちろんそのセックスに愛情などはなく、ただひたすらに快楽を貪ったのだが、愛情とは別に旦那に対する妙な優越感があった。
そして俺は他人の奥さんを寝取る征服感と言えばいいのか、精神的な快楽が病みつきになり、この47歳のパートさん以外にも、スレンダー系の50歳と小柄な55歳のパート妻とも関係を持つようになった。
55歳のパート妻はすでに閉経していたので、毎回中出しを楽しめた。

娘が小学校に入ったら、父子家庭なので俺がPTAに出る羽目になった。
でもそこは不倫の巣窟で、PTA役員を務めた38歳の時に中学の同級生と再会し、不倫関係になった。
彼女には俺の娘より2学年上の息子がいて、運動会の打ち合わせでPTA活動をした時に再会したのだ。

中学時代は真面目な優等生だった彼女は、とても貞淑そうに見えて、一度エロスイッチが入るとかなりな淫乱になった。
初めの1年はコンドームが必須だったが、不倫2年目からは生挿入を許され、不倫3年目には初めて安全日中出しを許された。
真面目で優等生な同級生だった他人妻の貞操を犯して自分の遺伝子を仕込む。
その禁忌な興奮がたまらなかった。

俺は常に2~3人のパートさんをセフレとしてキープしつつ、同級生との不倫に溺れた。
彼女を抱くとき、思い出すのは中学時代だった。
清純そうなセーラー服に身を包み、真面目で優等生だった彼女はとても凛々しい美少女だった。
正直、当時から好きだったから、アラフォーになって再会して、知的美人になった同級生を抱く喜びはひとしおだった。
清純美少女だった頃にはなかった色香。
妖艶になった女体を抱いて、秘穴に生のイチモツをズッポリ突き刺して秘壷に精液を注ぎ込む快楽にハマった。

不倫4年目、41歳の時に彼女の旦那が単身赴任となって、月に数回だった逢瀬が飛躍的に増えた。
反対にセフレのパート妻は減って、中出しOKの50代1人だけになった。

同級生の旦那は月に2回しか帰って来なかった。
ますますお互いの身体に溺れて夢中になっていった。
夫婦ではできない過激なプレイもするようになり、容赦ない凌辱に清楚な彼女が涙ぐむこともあった。
それでも俺に秘穴を抉られると乳房を揺らして腰を振りながら絶叫して、何度も何度もイキ果てた。
とっくに旦那よりも俺に抱かれる回数が圧倒的に多くなっていたが、とはいえ人妻だから旦那の匂いが感じられた。
どんなに知的な美人で清潔感を漂わせていても、旦那が帰ってきている夜は、(今頃は旦那に抱かれて喘いでるんだろうな・・・)と考えて嫉妬した。
次に会ったとき、旦那が愛情を注いだ身体だと思うと興奮が爆発した。

彼女との不倫は7年に及んだ。
彼女の旦那が単身赴任を終えたのを機会に、お互い44歳で不倫を清算した。

「俺とのことは墓場まで持って行けよ。じゃあな」

「うん、そうする。サヨナラ・・・」

7年も付き合ったから別れるのは哀しかったが、そもそも不倫だからキッパリ別れた。

現在俺は54歳、8年前に再婚した。
その相手とは、7年間不倫していた中学の同級生の彼女だ。
彼女とは不倫を解消したが、なんと彼女の旦那が単身赴任先で女を作っていたことが発覚して、単身赴任終了1年後に彼女は離婚した。
そのあと俺と彼女は独身同士で堂々と付き合って結婚した。

現在、お互いの子供たちは巣立って、俺と妻は2人暮らしだ。
今も夜な夜な卑猥な行為に及んでいる。
妻のクリにローターで強烈な快感を与えてイキまくらせ、白目を剥かせている。
そして閉経した女壷にタップリと精液を注いでいる。