高校の時、私はバスケ部のマネージャーをしてた。
うちの高校は部活が結構強い。
私が入った時はマネージャーだけで11人いた。
3年が2人、2年が4人、1年が自分を含む5人。
まぁ色々あって結局1人になったわけだけど、それは別の話。

他のマネージャーも部員とやってたかは微妙だけど、少なくとも私以外に5人はやってたと思う。
1年のマネージャーは大体先輩が格好良くて入る。
私は断じて違うけど、マネージャーはみんな全体的に可愛かった。
他校から、「あそこのマネージャー可愛い」とかって言われるくらい。

1年の夏合宿の話から。
バスケ部に入ったときは全然そんな雰囲気はなかったと思う。
最初の1ヶ月でどんどんマネージャーが辞めていったから、その子らがやってて私が知らなかっただけかもしれないけど、大所帯の部活でもマネージャーが11人もいると仕事は楽だった。
むしろ話してばっかりで楽しかった。
後で1人になったときは地獄だったけど・・・。

マネージャー辞め期の1回目の波が来て、残り4人になった。
3年が1人、2年が2人、1年が私1人。
4人になって前よりは忙しくなったけど、まぁそれなりだった。
平日でも9時くらいまでは練習をする。
そこから片付けとか居残り練習とかもあるから、帰れるのは10時過ぎとかだった。
普通は後輩のマネージャーにやらせて先輩は先に帰ると思うけど、うちの先輩マネージャー達は絶対に私より早く帰らなかった。
今思い返すと、そのときにやってたのかとか、疲れてんのによくやるなとか思う。
でも後で私も同じ立場になったので何も言えない。

8月に入ったくらいに夏合宿があった。
4泊5日くらいだったと思う。
学校に泊まり込みで1日中練習。

1日目。
早朝の集合から練習を始めて、ご飯→練習→ご飯→練習で、9時に一応全体練習が終わる。
でもそこから個人練習がある。
その間にマネージャーが交代で風呂に入るんだけど、まだ個人練習は終わってないので、結局また練習に参加することになる。
だいたい12時は過ぎる。
そこから部員は風呂に入って就寝なので、相当きつかったと思う。
マネージャーは洗濯もあり、ようやく寝れたのは夜中かの3時を回っていた。
そんな感じで1日目は普通に過ぎた。
部活が不健全なものになったのは夏合宿の2日目からだった。

2日目も朝から練習して、夜のマネージャー風呂の時間になった。
風呂から上がって練習に戻ってみると部員達がこっちを見てニヤニヤしている。
コソコソと話してるのが聞こえてきた、どうやら風呂を覗かれたらしい。
一応私にも羞恥心はあるので、もうどうしたらいいのかわからずに涙目だった。
そこに2年でDQNっぽい男が近づいてきた。

「◯◯ちゃんって左腕から洗うんだね?」

ニヤニヤしながら言ってきたが、なぜか冷静な自分がいて、ここで焦ったらもっとからかわれると思い、「なんで知ってるんですかぁ?」ととぼけた女を演じてその場から逃げた。
と思いきや、そのDQNっぽい男が腕を掴んできた。
さすがに焦って振り返ると、ニヤニヤしながら「胸は小さいんだね」と囁いて去って行った。
私は何を言われたかわかるまでぼーっと突っ立っていた。
何も言えず、恥ずかしさを隠して、その後の練習に参加した。
その日の個人練習も12時を過ぎ、洗濯をしていると1年の部員に呼ばれた。

「DQN先輩がお風呂の水がどーのって・・・とにかくお前を呼んでこいって」

それだけ言ってった。
人数が多いので学年で風呂の時間が分かれていて、そのときは2年の時間だった。
バカ正直な私は、(給湯器が故障したかな?)と思いながら風呂場に向かった。

「すいませーん、どうしました?」

脱衣室に呼びかけると、「いいからちょっと入ってきて!」と怒鳴られた。
呼ばれたので脱衣室に入ると、上半身は裸だったが下は穿いていた。
練習のときもみんな上は脱ぐので、男の裸にはそれなりに慣れていた。
上半身なら。

「これ見てよ」

奥の方に2年が溜まっていた。

(なんだろ?)

そう思って近づいていくけど、みんなが集まっていてよく見えない。
まぁそこで鍵を掛けられていたわけだけど、当然私は気付かず・・・。
どんな不備があったのかと不思議に思っていたら・・・。

「◯◯ちゃん、もう1回、小さいおっぱいを見せてよ」

DQN先輩が後ろから抱きついてきた。
するとみんなも、「俺も俺も」と言って身体を弄ってきた。
驚いて抵抗したけどDQN先輩に後ろから羽交い締めされててあまり意味がなかった。
もう何を言っても聞いてもらえず、おかしな空気だった。
あとは寝るだけなのと夏だったので、私はTシャツに短パンという格好だった。
2年の1人がTシャツを捲りあげてブラを外した。
私は泣いていた。
2年の中でも優しい先輩が頭を撫でたりキスをしてきた。
今にして思うと、キスも上手かった。
一度みんなが大人しくなった。

「◯◯ちゃん、俺たち今日も練習を頑張ったからお願い。練習ばっかじゃキツいし、集中力が切れるんだよな。先輩たちもしてくれてるよ」

キスをしてきた先輩が訳のわからない説得をしてきた。
これは後で知ったんだけど、「一応無理やりは無し」という、あるようないようなルールがあるらしい。
風呂場の熱気と、先輩マネもやってるならしょうがないかという思いがグルグルして黙っていると、それを了承と捉えたのかまた身体を触ってきた。
何本もの手に触られて、キスされて、いつの間にか私は全裸になっていた。
私は根が変態なのと、犯されたい願望も少しあったから濡れまくっていた。

「あれ?◯◯ちゃん、ぐしょぐしょじゃーん。そんに感じちゃった?」

下を触ってきたヤツが言った。
さすがに恥ずかしくてかなり顔が赤かったと思う。
しかし当時はまだ処女だった。
そのことを言うと、先輩たちはこそっと相談して、「じゃあ今日は舐めて」と自身のモノを出してきた。
当然フェラなどしたことなかったので戸惑っていると、頭を掴まれて顔にモノを押し付けられた。

「口を開けて」
「舐めて」
「歯は当てないで」

指示通りに無心になって舐めた。
すると両手がそれぞれとられ、他の部員のモノを握らされて擦らされた。
周りの人たちはそれを見て自分でしごいていた。
早く終われと思いながら続けていると、舐めているやつが「うっ」と呻き、口から抜いて顔にかけてきた。
反射的に目を瞑ったけど、顔に温かいものが流れるのを感じた。
そして次々と周りも出してきて、身体中が精子まみれになった。
すごく臭かった。
どうしたらいいかわからずにいると、シャワーに連れて行かれて身体を洗ってくれた。
そして爽やかな笑顔で、「ありがとうね」と言われた。
みんながそんなに喜んでくれるなら、たまにならしてもいいかなぁと思った。
私は身体を拭いて部屋に行き、そのまま寝た。

それからの合宿は練習の合間に部室でキスや胸を揉まれたり、就寝後に呼ばれてフェラをさせられたりした。