先日の合コンでの体験談。
男4人に女5人で一次会、掘りごたつの個室のある居酒屋で飲んでた。

<主な女の子たちのスペック>
前に座ってきたのが、見てるだけでチンポが勃起するほどのエロ女、みさこ。
ミニスカートから出てる太股が白くて胸もデカい。
ブラウスのボタンが左右に引っ張られてる。
右隣はおとなしめのさなえ。
左隣はショートカットでちょっと小柄なゆきえ。
ちなみにみんな20代半ばのOLさん。

まぁ人には色々な癖があるというか、本人は気づいてないのか、前のエロ女が足を広げて座っていた。
両隣の女性はちゃんと足を閉じて座っているんだが、何気にコタツの中を覗くと両足をガバッと広げて座っていた。
さすがにずっと覗いてるわけにもいかず、太股の奥までは覗けなかった。
真っ暗だったし。

でも、あれだけ広げられると、なんかマンコの締まりも緩そうだなと思えてしまい、左隣のショートカットの女のほうが良さそうな気がした。
左隣のゆきえはジーパンにパーカーという格好で、貧乳で小尻。
目の前のデカパイにしゃぶりつきたい願望と、締まりの良さそうな小尻と、どちらを狙うか悩んだが、とりあえず自分が酔っ払わないことだけを考えてアルコールをセーブしつつ、周りの女には酒を飲ませまくった。
他の男もそれぞれ狙いを決めたらしく、運良くエロ女とショートカットは誰も狙ってないようだった。

焼酎をボトルで頼み、女たちに濃いめに作って飲ませた。
ボトル3本と日本酒、それにビールでだいぶ出来上がってきたが、まだ酔いが足りなさそうだった。
2次会のカラオケに向かい、カクテルを頼んで飲ませた。
さすがにチャンポンが効いたのか、歌ってない時はソファでウトウトしているか、トイレに行っていた。

ふと見ると、ゆきえが席を立ちトイレに向かった。
ちょっとフラフラしている。
ちょうど俺もトイレに行きたくなって、「大丈夫?」と腕を支えながらトイレに連れて行った。
女子トイレの前で「大丈夫?」と言うと小さく頷き、ドアにもたれかかるように開けてトイレに入っていった。
さすがに女子トイレに入るわけにもいかず、用を足して表で待っていると、出て来たゆきえは気分悪そうに青ざめてた。
さすがにもうダメだなと思い、周りには「送って帰る」と伝え、2人で抜け出した。
ゆきえは、「1人で帰るから大丈夫」と言いながらも、みんなと別行動をさせたことを悪いと思ったのか、「ごめんなさい、ごめんなさい」と謝っている。
しかし酔っ払ってるせいか舌が回っていない。

「ろめんらさい、ろめんらさい」にしか聞こえなかった。

小柄なゆきえを背中におぶると両手に小尻にジーパンの感触。
やはり軽い。
最初はしきりに謝っていたが、しばらく歩くと静かになった。
俺の背中で眠っているのか寝息が聞こえる。
仕方なく自分のマンションへ連れて帰り、ソファへ寝かせた。
ソファで苦しそうに唸るゆきえ。
水を飲ませようとコップに水を入れてソファへ。

すると急に起き上がり、「うっ!」と口を押さえて吐きそうになっている。

パニックになり、「トイレ、トイレ!」と言うだけの俺。
しかし、そのままソファにリバースする、ゆきえ。

(あ~、安物のソファでも、リバースはきつい・・・)

そんな俺の気持ちなど知らず、散々吐いて楽になったのか、ゆきえはソファで寝ている。
そのまま惨劇状態のソファで寝させるわけにもいかず、ベッドに運んだ。
俺は1人虚しくソファの掃除・・・。

ひと通り掃除を済ませてベッドに行くと、ゆきえはパーカーとジーパンを脱ぎ散らかして下着姿で寝ていた。
可愛らしいピンクの花柄の上下お揃いの下着。
自分の家だと勘違いしているのか、脱がせる楽しみがなくなった反面、脱がせる手間が省けたと思い、隣に添い寝してみた。
間近に見ると小さく可愛い顔。
頭の下に腕を潜り込ませて腕枕をしてやると、体を丸めながら寄り添ってきた。
逆の手で肩を抱いて引き寄せ、向かい合う形にして抱いた。
背中に手を回してブラのホックを外すと、肩紐が落ちて貧乳の片乳が現れた。
小さな胸に小さなピンク色の乳首。
我慢できずに乳首に吸い付いて舌で転がした。

「あっ」

ゆきえは小さな声を漏らして体をひねった。
しかし、起きそうにはない。
ショーツを脱がせると可愛いお尻が現れた。
お尻からマンコへ手を這わせる。
後ろからマンコを弄るとしっとりと濡れ始めた。
薄い陰毛を掻き分けてマンコを弄る。

「あぁ」

片足を自分の太股の上に乗せて、向かい合った状態で前からの挿入を試みた。
花弁の入り口をチンポの先で撫で回す。
蜜も徐々に出てきたが、まだちょっと不足気味。
腕枕を外して仰向けに寝させ、両足を広げてマンコへ直接攻撃。
花弁を舐め回し、クリを舌で転がす。

「あぁあ・・・」

ゆきえは一段と声を上げて感じ始めた。

(もうバレてもいいや、やっちゃえ)

そう思って一気に挿入。
花弁をかき分けるようにチンポが膣中へと入っていった。
次の瞬間、ゆきえの両手が首に伸びて抱きついてきた。
痛いのか感じているのかわからないが、ギュッと力を入れて抱きついてくる。
しかし目を開けてはいない。
奥まで突っ込み、一気に腰を振って薄い陰毛に発射した。
ティッシュで精子を拭いて、下着を穿かせ、布団をかけた。

朝を迎えた。
ゆきえが俺を見つける。

「あれ?あれ?どうして?私、昨日どうかした?」

俺は眠い目を擦りながら言った。

「え?覚えてないの?」

「えっ?う、うん、全部じゃないけど、居酒屋までは覚えてるんだけど」

「無茶苦茶酔っ払って、送ろうと思って家の場所を聞いても答えないから、とりあえずうちに連れて来たら、ソファにリバースするしで大変だったんだよ」

「ごめんなさい・・・全然覚えてなくって」

(ラッキー!)

「でも何で下着姿なの?何かした?」

「違うよ、服は自分で脱いでたんだよ、何もしてないって」

「もし何かあったとしても、◯◯君ならいいかな(笑)」

「ははは、だから何もないって」

そのあと一緒に朝ごはんを食べて、今度は合意の上でセックスした。