僕の母とリカちゃんの母は仲良くて、僕とリカちゃんが同級生ということもあり、家族ぐるみの付き合いをしていました。

ある日、リカちゃんの母から電話がかかってきました。
家には僕1人だったので電話に出ました。

「もしもし、ゴウくん?」

「はい、そうです」

「ちょうど良かった。ちょっとゴウくんに聞きたいことあって。電話じゃなくて家に来てもらえないかな?」

「いいですよ。じゃあ今から行きます」

リカちゃんの家に着くと、リビングのソファに座りました。
向かい合わせにリカちゃんのお母さんは座りました。

「あの、僕に聞きたいことって何ですか?」

「その前に約束して!誰にも言わないから、ゴウくんに正直に話して欲しいの!お願い」

「わかりました。なんですか?」

「瞳の弟の小学5年の輝樹のことなんだけど、私、女姉妹だから男の子のことはよくわからないし、うちの旦那には何か話しづらくて、ゴウくんなら話しやすいから・・・」

リカちゃんのお母さんは白いTシャツにピンクのフレアーのミニスカートの服装で聞いてきました。

「前に輝樹の部屋を掃除してたらエッチな雑誌が出てきたの!まだ小学5年生なのに・・・ビックリしちゃって。ゴウくんも小学5年生の時はエッチな雑誌見てた?」

約束だったので僕は正直に言いました。

「はい、その頃はもうエッチな雑誌を見てました」

「そうなんだぁ・・・エッチなDVDも?」

僕が頷くと・・・。

「エッチなことに興味があって、どんなのか知りたいから見てるだけよね?」

「知りたいのもありますけど、僕はあれをするために見てました」

「あれって?」

「本当に誰にも言わないでくださいね。あれっていうのはオナニーのことです」

「本当に!小学5年の時にはもうオナニーしてたの?!」

リカちゃんのお母さんは、いつもの癖で脚を組みました。
フレアーのミニスカートだったので、脚を組んだときにピンクの水玉のパンティが少し見えました。

「それでゴウくんはどこでオナニーしてたの?」

「僕の部屋だったり、あと家族が誰もいないときのリビングとか、トイレとか、お風呂場とか・・・」

「そうなんだぁ。その時期って、お母さんもエッチな対象に見えたりするの?」

「・・・はい。洗濯かごにお母さんのアソコの染みが付いたパンティがあったときは、自分の部屋に持ち帰ってお母さんのパンティを見ながらオナニーしたことがあります」

「本当に!あとは?」

「お母さんのパンチラとかおっぱいを見たときとか、写真や映像じゃなくて初めて自分の目でエッチなのを見たときは、それを思い出して・・・」

「あっ、そうだ。お母さんのパンティに出したりしたことある?この前ね、私のパンティに液が付いてて、嗅いだら精子の匂いがして、旦那が付けたのかな?って思ったんだよね・・・」

「はい、あります・・・。ティッシュの代わりにお母さんのパンティでオチンチンを包んで、そのまましごいてパンティに出したことがあります。オチンチンをパンティで包みながらすると女の人と本当にエッチしてる気がして・・・」

「じゃあ・・・私のパンティに付いてたのは輝樹の精子だったんだ・・・」

「かもしれないですね」

「オナニーって、どうやってしてたの?」

「オチンチンを握って上下に動かすんです」

リカちゃんのお母さんの脚が少し開き気味になって、ピンクの水玉のパンティのアソコの部分が見えていました。

「ゴウくんお願い!オナニーしてるところを見せて!輝樹がどんな風にしてるのか知りたいの!」

僕は少し考えて言いました。

「いいですよ。絶対に誰にも言わないでくれますか?」

「もちろん言わないわ」

僕はズボンとパンツを下ろして、オチンチンを握り、上下に動かしました。

「こうやってするんです」

「でも、ゴウくん、オチンチンが大きくなってないのに気持ちいいの?」

「見られてたら緊張して・・・。それにエッチなのを見ながらしないと厳しいです」

するとリカちゃんのお母さんは、どこからか旦那さんのエッチなDVDを持ってきて、リビングのテレビで見せてくれました。
それは巨乳モノのエッチなDVDでした。
リカちゃんのお母さんも巨乳でした。
白いTシャツにはピンクの水玉のブラジャーが透けていて、Tシャツの前が大きく膨らんでいましたす。
でも僕は、それでも大きくなりませんでした。

「エッチなDVDでもダメかぁ。じゃあ直接私のを見て!ゴウくんは私のどこが見たい?」

僕は、さっきまでチラチラ見えていたパンチラをお願いしました。
リカちゃんのお母さんはソファに座って脚を大きくM字に開いて、ピンクの水玉のパンティを大胆に見せてくれました。
パンティの脇からは陰毛がはみ出ていました。

「ゴウくんのオチンチン、大きくなってきたね。やっぱり生で見ると大きくなるんだね。次は何が見みたい?」

僕が、リカちゃんのお母さんのおっぱいが見たいと言うと・・・。
リカちゃんのお母さんは目の前でTシャツをたくし上げて、ピンクの水玉のブラジャーで包まれている巨乳を見せてくれました。

「リカちゃんのお母さんってすごい巨乳ですね!僕、触ってみたいです」

リカちゃんのお母さんは頷きました。
僕は右手でオチンチンをしごきながら、左手でリカちゃんのお母さんの巨乳をブラジャーの上から触ったり揉んだりしました。

「ゴウくん、生で触ってもいいわよ」

リカちゃんのお母さんはブラジャーを脱いで、少し垂れた巨乳を見せてくれました。
女優さんの乳首よりも乳輪は大きくて少し黒ずんでいましたが、本当の人妻の巨乳だ思うと異常に興奮しました。
僕はリカちゃんのお母さんの隣に座り、巨乳を直に揉みました。
とても柔らかくてマシュマロのようでした。

「ゴウくんのオチンチン、凄く大きくなってきた!中学生にしては巨根だね!」

マシュマロのようなおっぱいと、陰毛が覗いてるパンチラを見ながらオチンチンをしごいていたら我慢の限界になり・・・。

「リカちゃんのお母さん、出ちゃいそうです。ティッシュをください」

そう言った次の瞬間、僕は射精してしまいました。

「ゴウくん、間に合わなくてごめんね。ティッシュの用意が遅かったから汚しちゃったね。ごめんね」

リカちゃんのお母さんは巨乳のおっぱいとパンチラを見せたまま、精子だらけの僕の手とオチンチンをおしぼりで拭いてくれました。
その拭き方がすごくエッチで、またオチンチンが大きくなってしまいました。

「また大きくなってしまいました。すみません」

「凄い、こんなに早く回復しちゃうの!・・・オチンチンが大きいままだとゴウくんが可哀想だし、オナニーを見せてくれたお礼に口でしてあげる」

そう言うとリカちゃんのお母さんは僕のオチンチンを優しく握り、オチンチンの先をペロペロと舐めてきました。

「ゴウくんのオチンチン、硬いね。それにすっごく大きい」

普段は笑顔の素敵なリカちゃんのお母さんが淫乱な人妻に変わり、むしゃぶりつくように僕のオチンチンを咥えて激しくフェラしてきました。
まるで逆レイプされているような感じでした。
リカちゃんのお母さんは僕のオチンチンに唾液を垂らして手コキしながら、ジュポジュポといやらしい音を立てて口ピストンしてくれました。
僕はすぐに射精しないように頑張っていました。
僕の手は無意識に、リカちゃんのお母さんの巨乳を揉んでいました。

「ゴウくん、我慢しなくていいからね。いっぱい私の口の中に出して」

リカちゃんのお母さんは水玉のパンティを下ろして、陰毛がフサフサのオマンコを見せてくれました。
リカちゃんのお母さんのオマンコを見ながらフェラされていると、だんだんオマンコにオチンチン入れてるような気がしてきました。

「リカちゃんのお母さん、すみません、もう出ます!」

僕はリカちゃんのお母さんの口の中に射精しました。
2回目なのにいっぱい出ました。

「ゴウくん、こんなにいっぱい出せるなんて凄い!」

リカちゃんのお母さんは僕の精子を飲んでから言いました。

「セックスしてるみたいですごい気持ちよかったです。ありがとうございました」

「こちらこそありがとう!でも、絶対に2人だけの秘密だからね!」

それからしばらくの間、僕はリカちゃんのお母さんのことを想像して何度もオナニーしました。