知らない男に自宅に侵入され、レイプされました。
夫は5歳年上の34歳で、私は29歳の専業主婦です。

その朝、いつものように主人を送り出し、一通りの家事を終えるともう午前10時になっていました。
少し気合いを入れて掃除などをしたせいか少し暑く感じました。
リビングのレースのカーテンを閉め、汗ばんだシャツを脱ぎ、キャミソールに着替えました。
冷たい飲み物を飲みながらソファでくつろいでいると、窓からの風がとても心地良くて、私はいつの間にかソファで眠ってしまったんです。
物音に気づいて目が覚め、人の気配を感じて薄目を開けると男の背中が見えました。

(え、泥棒?!)

自宅に侵入した男は手当たり次第に金目の物を探しているみたいでした。
とにかく怖かったです。
幸い家には大金なんかは置いていないし、このまま気づかないふりをしていれば出ていってくれるかも。
再び目を閉じて、この恐怖をやりすごそうとしました。

しばらくその辺りを物色した泥棒はやがて私に近づいてきました。
ソファで横になっている私を見下ろしている気配がします。
そのとき思い出しました。

(私、キャミソールのままだ)

途端に恥ずかしさが湧き上がりました。
すると男の手が私の胸を弄り始めたんです。
でもこの時はまだ、『犯される』という恐怖より、『殺される』という恐怖のほうが強かったです。

しばらく私の胸を揉んでいた泥棒は顔を近づけてきました。
男の荒い呼吸を感じます。
男の舌が私の唇を舐め、乱暴にキスをしてきました。
少し強引に私の口の中に男の舌が侵入してきました。
キャミソールの肩紐がずらされ、胸が男の視線に晒されました。
すかさず乳首に吸い付いてくる男の唇。
私の乳首を味わいながら男の手はとうとうオマンコにまで伸びてきました。
そんなことを数分も続けられた後で私の耳に聞こえてきたのは、男がベルトを外す音でした。

(このままだと泥棒にレイプされる!)

もう眠ったふりをしている場合じゃないと思った私は初めて目を開けて男を見ました。
茶色に染めた長い髪でサングラスをかけた若そうな男。
目が合うと、私の足を持ち上げて下着を無理やり下ろそうとしていた男の動きが止まりました。

「やっぱり起きていたんですね」

恐怖で声が出ません。
でもこのままレイプされるわけにはいきません。

「何してるの!やめなさい!」

そう言おうとして大きく息を吸い込んみました。
すかさず男の手が私の口を塞ぎました。

「大声を出したらだめですよ。それにあんまり抵抗されると、僕も何をするかわかりませんよ」

そう言いながらカッターナイフを私の目の前にちらつかせるんです。
それにしてもこの男、なんて落ち着いた声を出すんだろう。
しかも敬語だし。
泥棒とか暴行魔の印象からはほど遠い優しい感じの声。

(この人・・・慣れてる)

目の前のカッターナイフが動きました。

(殺される!)

恐怖に襲われ、私は大声を出すのを諦めて頷くしかありませんでした。
少し微笑んだ男は私の口から手を離し、再び下着を下ろしにかかりました。
私のおまんこを凝視する男。

「キレイなマンコですね」

割れ目を濡らすために男が唾液を垂らし、ゆっくり舌で舐めてきました。
よく見れば男はすでに下半身裸になっています。
しかもペニスは勃起して上を向いていました。

(お、大きい!)

一瞬、目が釘付けになってしまいました。
長いというより、太さが際立っている極太ペニスでした。
そしてついに男は私の股の間に体を入れてきました。

「お願い、入れるのだけはやめて」

男を刺激しないように小さな声で嘆願する私。
すかさず男の手が私の首を掴みました。

「抵抗しなければ傷つけたりしません。入れてもいいですよね?」

「・・・はい。でもゴムは付けてください」

「ゴム嫌いなんですよ。だからこのまましちゃいます」

「だめ、絶対だめ」

少し冷静さを取り戻したこともあり、初めて本気で抵抗を試みました。
激しく足をバタつかせてみたんです。
男は豹変しました。
物凄い力で私を押さえつけて馬乗りになり、両手で首を絞めてきました。
さっきよりも強い力。
苦しい。
そして怖い。

「あんまり僕を怒らせないでください。このまま絞め殺してもいいんですよ」

危害を加えないで欲しいという意思を頷く形で男に伝える私。
ようやく手が離され、声が出せるように。

「お願いです。殺さないで。言う通りにしますから」

「そうしてくれれば絶対に傷つけません、約束します。じゃあ入れてもいいですか?」

「はい」

「本当にご主人以外のモノを入れてもいいんですね。それとも入れて欲しい?」

「・・・」

「どっちなんですか奥さん、入れて欲しいんですか?欲しくないんですか?」

「い、入れてください」

早く終わらせて欲しいのに、焦らす男。
もう私が無事に解放される唯一の手段は、この凶悪な男の性欲を満たすことだけでした。
だから、こう言うしかなかったんです。

男がゆっくり腰を沈めてきました。
私の中に太いモノが埋まっていく。
徐々に、そして根元まで。
結婚後、初めて主人以外のモノを受け入れてしまいました。
根本まで入ると、男は猛烈な勢いで腰を振って陵辱してきました。
すごく荒々しい腰使い。
今までに体験したことのない速さで、何度も何度も私の中を行き来してレイプしてくるんです。
しかも、全然腰が止まりません。
やがて男がとどめの一突きとばかりに思い切り膣奥深く突き入れてきたと同時に鳥肌が立ちました。
体が震えたんです。
情けないと自分でも思います。
だって、レイプ男にイカされてしまったんだから。

でも男はまだ満足していない様子。
中に精液を放たれた感じもありません。
私は床に下ろされ、ソファに手をつく格好にされました。
予想通り、今度は後ろから犯されまし。
さっきよりも一段と速いスピードで、男は私をレイプしてきました。

「お願いです、外に出してください」

私がそう言う前に、男は中に出しました。
物凄い絶望感。
男が出て行ったら、すぐにシャワーで洗い流したい。
でもその願いは叶いませんでした。

「奥さん、ごめんなさい。思ったよりも早くイッてしまいました。今度はもっと頑張りますから、もう少しお付き合いください」

人の家に侵入してきた男の言葉とは思えない台詞。
でも私は返事もできずにいました。

「あれ、全然素直じゃないですね。私の言う通りにしてくれるんじゃなかったんですか?」

「ご、ごめんなさい。わかりました、お付き合いします。どうすればいいんですか?」

もう私は覚悟を決めました。
どうせ一度犯されてしまったし・・・それに体が熱くなっていました。

「じゃあ今から淫乱な人妻を演じてください。それとも演じる必要なんてないのかな」

「そう・・・かもしれません」

私はいきなり男のモノを口に含みました。

「お、やっと素直になってくれましたね。もっとしたいんでしょ?このまま口に出しますか?それとももう一度入れたいですか?せっかくですからもう一度入れたいですよね?わかりました」

2回目は私が男の上に乗って、騎乗位で腰を動かしました。
男は私の腰使いでは全然気持ちよくないらしく、すぐに私を抱いて立ち上がりました。
私に挿入したまま男はリビングの外へ。

(え、そっちはだめ)

男は構わず私たち夫婦の寝室へ入ったんです。
そして私をベッドの上に・・・。

「このベッドでご主人に抱かれてるんですね。ご主人はいつも頑張ってくれますか?」

「はい」

「最近はいつ?」

「昨晩です」

「どうですか、同じベッドで違う男に陵辱されるって。興奮するでしょう?」

「興奮しているのはあなたのほうでしょ?」

「確かにそうですね。ご主人が留守にしているお宅に入って、こんな綺麗な奥さんを好きにできるんですから」

昨晩、私を愛してくれた主人の顔が目に浮かんで、男がどれだけ激しく動いても全然気持ちよくなれませんでした。
私はまるで男の性処理人形のように、あらゆる体位で犯され続けました。

(お願い、早く終わらせて。そして出て行って)

2度目の男の精液が私の中から溢れ出してきました。
レイプ魔はそれを指ですくい、夫婦の枕に塗りつけました。
そして、まだ残っているいるものを掻き出すように、私の中に指を入れてくるんです。
シーツは男の精液で汚されてしまいました。
男に命じられるまま、まだベトベトのモノを口に咥えました。

すごい、まだ芯が残っている。
っていうことは、まだなの?
まだ帰ってくれないの?
もっと私を犯すの?

寝室の姿見の前、玄関、キッチン、風呂場・・・。
あらゆる場所で、そしてあらゆる体位で、男は私を陵辱レイプしました。

突然、私の携帯電話が鳴りました。
今、私は再び、ベッドで男の上に跨がっています。

「どうぞ、電話に出てください」

男の言う通りに携帯を手に取る私。
やはり主人からでした。
そのとき初めて、外が薄暗くなっていることに気付いたんです。
もうこんな時間・・・。

『もしもし』

『ああ、俺。今から帰るから』

『うん、まだ・・・会社?』

『そうだよ』

『わかった。気を・・・気をつけてね』

短い会話の間も男は猛烈に下から突き上げていました。
よく主人に気付かれなかったと思います・・・。

「もう主人が帰って来ます。ですからもう帰ってください」

「そうですか。せっかくのお楽しみの最中に残念です。じゃあこれが最後ですね。ご主人が帰って来る前に私をイカせてください」

私は焦りました。
なんとか男をイカせようと懸命に騎乗位で腰を振りました。

「さすが人妻さんはすごいですね。ご主人が羨ましいです・・・うっ」

(もう4度目、ううん5度目なのに、この人すごすぎる)

射精の勢いが衰えていないことに私は驚きました。
そして終えると、レイプ魔の男は慌てる様子もなく出ていく支度をはじめました。
全裸のままベッドの上でぐったりしている私。

「奥さん、また来ますからね。今度はもっといっぱい楽しみましょう」

(何言ってるの。もうこれ以上は無理よ)

そう思ったけど、何も言えませんでした。
私は男が出て行った後も疲労感で動けませんでした。
こんなことは初めての経験でした。