まだ学生の頃のとある週末、好きな女の子が他の友達と付き合ってしまい、1人でやけ酒を飲んでいたら終電を逃してしまった。
デリヘルでも呼ぼうかと思い、ラブホや風俗店が並ぶ繁華街に向かって歩いていた。
すると後ろから女性の声がした。

「あの・・・すみません」

振り返ると、ショートカットの可愛らしい小柄な女性が困った顔をして僕の顔を見上げていた。
話を聞くと彼女も終電を逃してしまい、タクシーでは遠すぎるし、若い女性が真冬に野宿をするわけにもいかず、宿泊施設を探すもカプセルホテルは空きが無く、他にはラブホしか無い。
1人でラブホに入ろうとしたが、女性1人でのチェックインは断られてしまったとのこと。
当時は漫画喫茶も今みたいに広まってなかった。
そこで彼女は僕に、代金は出すので一緒にチェックインして欲しいと言うのだ。
僕は二つ返事で了解した。

お互い簡単に自己紹介をしながらホテルにチェックイン。
彼女の名前は美香。
年は同じくらいだと思ったが、名前以外は聞かなかった。
リクルートスーツを着ていたので、就活中の学生か新入社員だろう。

しばらく雑談をしていると、美香は我慢出来ないと言うような口調で・・・。

「シャワー・・・浴びて来てもいいですか?」

躊躇するのも無理もない。
シャワールームはガラス張りで、ベッドから中が丸見えなのだから。
僕は笑顔でシャワールームに向かう美香を見送った。
小柄な体型ながらも、スーツ姿越しでもスタイルの良さが窺えたので、裸になるのが楽しみで仕方なかった。
僕の視線が気になったのか、ブラウスのボタンを外す美香の手が止まり、ふと目が合ってしまった。

「あ、失礼・・・」という感じに目線を逸らすが・・・気になるに決まっている。

すでにムスコはトランクスの中で行き場を失っていた。
その後も横目でチラ見していたのだが、美香は開き直ったかのように服を脱ぎ、シャワールームへ入って行った。

片手で胸を隠しているが、予想通り美しい!
おっぱいは手から溢れんばかりに自己主張しているではないか。
小柄で巨乳だが決して太ってはおらず、程良く肉の付いた女性らしい体付きだ。

(抱きたい!)

脳裏にその感情が浮かんだ瞬間、僕は無意識に服を脱ぎ捨てシャワールームに向かっていた。
脱衣場に着く頃には中心部に我慢汁で染みの出来たトランクス1枚になっていた。
美香はシャワールームの一番奥の角に向かって頭からシャワーを浴びていたため、こちらの動きに気付いていなかった。
そっとドアを開け、足音をシャワーの音に溶け込ませながら近づいた。
後ろからおっぱいを鷲掴みして抱きつき、美香の腰の辺りにいきり立ったモノを押し当てた。

美香「キャッ!ちょっ・・・!」

俺「美香さん・・・俺が洗ってあげるよ」

美香「やめっ・・・」

俺「美香さんみたいな可愛い人とホテル入って、男が何もしないわけないだろ?そんなことくらい美香さんだってわかってただろ?」

美香「落ち着いて・・・でも・・・いきなりは・・・ビックリしちゃう・・・」

俺「ごめん・・・でも我慢出来なくて・・・」

美香「とりあえず体洗おう」

俺「うん、俺が洗ってあげる」

お互いにボディーソープを泡立てて洗いっこをした。
肩から背中、そしておっぱいを愛撫するように揉み洗い。
もちろんオマンコも。
体を洗い終わると、美香は膝をついて俺のギンギンのチンチンをパクッ!

(気持ちいいっ!)

可愛らしい顔に似合わず濃厚な舌使いに辛抱溜まらず暴発してしまった。

俺「ごめん・・・溜まってたから・・・」

美香「ンフフッ。ゴクッ・・・」

初対面の男の精液を何の躊躇いもなく飲み干す姿に萌えた。
そのまま体を拭いてベッドへ。
キスをしながらおっぱいを揉むと甘い吐息が漏れる。
すでにコリコリになっている乳首を舌で転がしながら太ももに指を滑らせ、オマンコに近付けると更に喘ぎ声が甘くなる。

美香「舐めて・・・」

おねだりしてくる美香。

俺「どこを舐めて欲しいの?」

美香「オマンコ・・・」

もうムスコは完全復活。

俺「じゃあ舐め合いっこしよっか」

美香「うん・・・」

身長差があって少しきつかったが、69でお互いを舐め合った。
美香のオマンコはぬめりを帯びて心地良く舌が滑り、舌の動きに合わせて美香のフェラの動きも緩急がつく。

俺「美香・・・気持ちいいよぉ・・・美香のフェラ最高だよ・・・」

美香「んっ・・・私も気持ちいい・・・」

指を入れてみると飲み込まれるように入っていく。

美香「んぁっ・・・気持ちいい・・・」

俺「美香のオマンコグチョグチョだよ・・・どこが気持ちいい?」

美香「奥・・・奥が気持ちいい・・・」

奥まで指を入れ掻き回し、美香のオマンコから溢れる汁をすする。

美香「あぅぅっ・・・イッちゃう・・・」

俺「いいよ、イッちゃいな」

指の動きを速めると、美香は体を小さく振るわせながらぐったりとした。

美香「ハァハァ・・・イッちゃったぁ」

俺「美香・・・俺もう我慢出来ない・・・入れたいよ・・・」

美香「うん、あたし上でいい?」

俺「いいよ、俺も騎乗位は好きだから」

そう言ってコンドームを開けようとすると、そっとその手を美香に下ろされる。

美香「いらないよ」

言い終わらないうちに俺達は一つになっていた。

俺「あぁっ・・・美香ぁ・・・気持ちいいっ・・・」

美香「うん・・・あたしも気持ちいい・・・おチンチン硬い・・・」

美香は自分で胸を揉みながら腰を前後上下に振り動かし、俺のチンコを味わっている。
美香は153cmの小さな身長にEカップの巨乳だった。

俺「美香のオマンコ、すごいよぉ・・・」

美香「あたし、体が小さいから・・・オマンコも狭いでしょぉ・・・あぁ気持ちいい・・・」

美香の腰の動きに合わせてこちらも腰を突き上げると可愛い喘ぎ声に心が躍らされる。
しばらく騎乗位を楽しんだ後、対面座位で抱き合ってキスと密着を堪能し、最後は正常位へ。
美香に覆い被さりキスをしながら腰を振る。

美香「中に・・・出していいからね・・・」

耳元で美香が囁く。

俺「いいの?中に出してもいいの?」

美香「うん・・・中にちょうだい・・・精子いっぱい出してぇ・・・」

俺「あぁ気持ちいいぃ・・・出すよぉ・・・美香ぁ・・・!」

中で果てた後、美香とキスをして、しばらく寝転んでいた。

俺「中に出して本当に大丈夫なの?」

まあ二度と会うこともないだろうし、正直心配なんかしてなかったが、一応聞いてみた。
すると驚く答えが帰って来た。

美香「うん・・・あたし結婚してるから、出来ても大丈夫」

なんと人妻さんだった。
せっかくだからと、一度シャワーを浴びてもう一発。
そのまま朝まで休み、僕達はホテルの前で左右に別れた。