ついこの前起こった出来事を書きます。
地元に夜行バスで帰った時の体験談です。

その夜行バスは座席が、通路を挟んで2つと3つのようになっていました。
自分は3つの方の窓側の席に座りました。
出発を待っていると、隣の席に中3と中1くらいの姉妹らしき子が座ってきました。
乗ると携帯電話で母親に無事に乗れたことを報告していました。
どうやら姉妹2人だけで母親の実家に行くみたいでした。

姉はロングヘアでワンピース、白いブラジャーが透けていました。
妹もロングヘア、こちらはTシャツとプリーツのついたミニスカートで、髪を三つ編みにしていました。
窓側から、『僕・姉・妹』の座席順でした。

バスが出発してしばらくすると、姉が具合悪そうにしていました。
どうやら酔ったみたいです。
窓側の方がいいと思い、自分と席を交換してあげました。
姉は「ありがとうございます」と可愛い声で返事をして席を移動しました。
これで席順は、『姉・僕・妹』になりました。

夜も深くなり、だんだんみんなが寝ていき、姉妹も寝ていました。
自分も寝ていたのですが、途中で目が覚めてしまいました。
時計を見ると午前2時。
周りはみんな寝ていました。
ここで、中学生の女の子2人に挟まれているシチュエーションにムラムラきてしまいました。

まず妹の方を見ます。
毛布を掛けてすやすやと寝ています。
毛布を捲りました。
足を広げて寝ていたので、パンツが丸見えでした。
デジタルカメラを持っていたので、まずはそこを写します。
次にスカートを捲りました。
起きないか心配だったので、自分の手を妹の顔の近くで振ったりして確認しましたが大丈夫のようです。
軽くキスしてみました。
起きる気配がないので、舌を入れて口の中を舐め回し、Tシャツを捲くってお腹や胸の方まで舐め回しました。

次に姉の方に移りました。
まずは携帯電話を確認します。
電話帳には男の名前はありません。
見ると高校の電話番号が入っていました。
おそらく高1だと思います。

妹と同様にそっと毛布を捲ります。
足を閉じていたので慎重に開き、パンツをデジカメで撮影。
太ももから優しく触っていき、胸を軽く揉みました。
小さすぎず大きすぎず、自分の好みの大きさです。

ワンピースを着ていたのですが、胸の所にボタンがあるタイプだったのでボタンを外していきます。
プラジャーが見えたのですが、フロントホックだったのでこれも外します。
胸を揉みながらキスをして、妹のときと同じように舌を入れて口の中を舐め回しました。

ここでハプニング。
なんと姉が起きてしまいました。
自分に何が起きているのかわからない感じでしたが、声をあげられては困ると思い、咄嗟に口を塞ぎ、「静かに、声を出さないで」と小さな声で言いました。
ここで自分の携帯のメモ帳に伝言を書いて姉に見せました。

『妹の方を見てごらん、絶対に声は出さないで』

妹の方の毛布を捲りました。
さっきいたずらしたままの状態だったので、パンツが見えていて、乳首も出ています。
もう一度、携帯のメモを見せます。

『妹を無事でいさせたいよね?だったら僕の言う通りにして』

姉は無言で頷きました。

「少しでも声を出したら妹さんがどうなっても知らないからね」

耳元で囁くと、姉は無言で頷きました。
心配性な自分は、さらに保険をかけました。
携帯電話で本名と学校名が分かっていたので・・・。

「T高校の◯◯ちゃんだよね?僕との約束を破ったらどうなるかわかるよね」

姉はびっくりしていましたが、また無言で頷きました。
ここまでやって口から手を離します。
そして耳元で囁きます。

「パンツ脱いで」

一瞬躊躇っていましたが、ちゃんと従って脱いでくれました。
脱いだパンツを渡してもらい、丁寧に畳んでポケットに入れました。

「お兄さん、なんでも知ってるからね。隠し事はしないでね」

胸を揉みながら聞きました。

「オナニーって知ってる?」

首を縦に振ります。

「へぇー、やってるんだ」

「やっていません・・・」

「本当に?」

「・・・」

「もしも嘘ついたら・・・」

「やってます・・・たまに」

「じゃあ、今ここでやってみて」

「・・・」

なかなかやろうとしません。
そこで僕は妹の太ももにゆっくりと手を伸ばしていきました。
すると姉が僕の腕を掴んで、目で訴えながら首を上下に動かしました。

姉のオナニーが始まりました。
胸を弄りながらスカートの中に手を入れています。
自分は姉の口の中に指を入れてかき混ぜました。
そうして数分。

「ありがとう、じゃあ次だね」

そう言ってスカートを捲りました。
かなり濡れています。
それを指ですくって姉の口に持っていくと抵抗します。
なので妹の口に持っていきました。
妹の唇に塗りつけると、寝ながら舐めていました。
それを見せて、もう一度姉の口元に持っていきます。
今度は舐めました。

次は膣に指を入れてみました。
やはりキツキツでしたが、濡れていたお陰でスムーズに入りました。
姉ばかりやって、だんだんと飽きてきたので、姉に指を入れたままもう片手で妹の太ももを撫でました。
姉は驚いた顔をしていましたが、その時が体がビクンとなり、どっと液が溢れてきました。
ふと思いました。

(もしかして妹と一緒にやった方が興奮するのか?)

耳元で聞きました。

「妹のアソコ、触ってもいい?」

無言だったのでパンツの中に指を入れました。
姉の方のマン汁を妹のそこに塗り、愛撫していきました。
小指を入れると表情が「うっ」となりますが寝たままです。
少しずつ解していきました。
すると、なんとその行為を見ていた姉がオナニーをしているではありませんか。
それに気がついた僕は姉の膣内をかき混ぜます。
その頃には妹の方もだいぶ解れてきて、透明ではなく白いものが指に絡むようになっていました。
姉のおっぱいを揉みながらマンコを弄りました。
しばらくしたら妹のマンコを弄りました。

ここで僕もズボンを下ろしました。
さっきからかなりやばい状態になっていました。

「黙って見てて」

そう言って姉の方をモノに巻きつけて擦りました。
姉は恥ずかしそうにしていましたが、でもずっと見ていました。
両隣に姉妹のマンコというすごい状況で僕は射精しました。