これは数ヶ月前、先輩の彼女とやってしまった話です。

<スペック>
俺:高1、新体操部、チビで童貞(自慰行為も未経験)。
童顔で、可愛いと言われることが多い。
M先輩:♂、高3、バレー部、高身長のイケメン。
A先輩:♀、高3、吹奏楽部、背はそこそこ、メッチャ美人。

高校に入学して少し経った頃、中学校の頃からずっと好きだった友達(高校は別、何回も告って見事に粉砕)のことを忘れられてきたある日、学校でA先輩を初めて見た時は、(綺麗な人だなぁ)という感想しかなかった。

それからしばらくして、同じ電車で通ってるM先輩とはバレー部の友達経由で親しくなった。
面倒見のいい先輩で、顔を見れば話しかけてきてくれた。
それから3ヶ月後、A先輩とM先輩が付き合っていることを知った。
ちょっとショックだったw
でもまぁ美男美女のカップルだったから納得した。
というか、させたw

その後、M先輩経由でA先輩とも仲良くなった。
もちろん心の中でガッツポーズをした。

ある時、暇だったから学校の近くのイオ◯モールに行ってた時、A先輩を見かけた。
声をかけようかなと思ったが、やめておいた。
(近くにM先輩がいそうだったしw)
そんなこんなで、フードコートに行ってメシを食ってた。
そしたら急に後ろからA先輩に驚かされて、食ってたハンバーガーを落としたw
A先輩がめっちゃ謝ってくれた。
と、ここで俺のS心が起動した。
金は持ってたし、別にそこまでお腹は減ってなかったけど・・・。

「あ~あ、これで今日は夕飯まで食べるもんがないや。お腹空いたなぁ、あ~あ」

そう言ったら先輩が信じちゃって、メチャクチャ困ってた。
終いには超涙目になって、これ以上やったら公共の場で号泣しそうな感じだった。

(やりすぎたかな?)と思って逆に謝りまくったw

謝ってる最中は頭の中で、(こうなった原因はA先輩なのになぁ)とか(もしM先輩にチクられたら、明日から俺の高校生活は・・・)とか色々考えてた。
とりあえずマ◯クに行ってジュース買って先輩に渡したら泣くのが収まった。
恐る恐る「あの、怒ってますよね?」って聞いたら、「当たり前じゃん。こんなことされて怒んない奴いる?」ってマジギレされててビビった。

「でも、元はと言えばA先輩が・・・」

「何?なんか言いたいことでもあるわけ?(怒)」

「何でもないです。本当に申し訳ありませんでした。心の底からお詫びします」

このあたりで俺のM心が開花したのかな?w

急にA先輩がころっと表情を変えた。
あんなに怒っていた顔が、一瞬にして小悪魔のようにニヤけた。
ビビる俺w

逃げたい一心で、「トイレ行って来てもいいですか?」って聞いたら、「いいけど、逃げたりしたらMに言っちゃうよ~」と、俺を見向きもせずに言った。

本当に背筋が凍りついた。
とりあえずトイレに駆け込んで、この先の作戦を練った。
10分くらい経ってから戻った。
そしたらA先輩が待ってましたと言わんばかりに荷物をまとめて歩き出した。

(え?え?)

そう思っていたら「早く!」と言われたので、俺も自分の荷物を抱え後を追った。

道中の会話。

俺「あの、今からどちらへ?」

A先輩「黙ってついてこい」

俺「・・・はい」

ここから目的地まで会話はゼロ。
時間が長く感じて地獄だった。

目的地到着したのか、A先輩が足を止めてこちらを見た。
その目は、いつもの美人さんの目じゃなくて魔女そのものだった。
固まる俺w

俺「あの、ここは一体?」

A先輩「見ればわかんだろ。あたしの家だよ」

(これが家?こんなデカいのが・・・)

A先輩「『心の底からお詫びします』って言ったよね?」

俺「は、はいもちろんです」

A先輩の部屋に行った、というか強制連行された。
なんだろうと思ったら愚痴を聞かされた。
主にM先輩関連の話。

「二股してるかもしれない」とか「本当に私、好かれてるのかな?」とか、カップルにありがちな話だった。

俺は、そのひとつひとつに真剣に答えていった。
そしたらA先輩がいきなり泣き出しちゃった。
どうにもできなくて隣に座って抱き締めた。
変な感情とかじゃなくて、こうするしかなかったから。
10分くらい、そのまま慰めてた。
ようやくA先輩が落ち着いてきたので離れようとしたら、なぜか離れられない。
A先輩に服を掴まれていた。

「離れないで。もうちょっとこのままでいさせて」

もうさっきまでの魔女っ気はどこにもなかった。
抱き締めてたら、吹っ切れたみたいにA先輩は一呼吸した。
で、こんどこそもう大丈夫かなと思って離れようとした瞬間、先輩の目がそこにあって、俺は床に押し倒された。

「え?はい?」って言ったら、「お願い」って涙流しながら言ってきて、断れなかった。

先輩に服を脱がされて、体中舐め回された。
この時の俺はほぼ放心状態で、何も考えられなかったし、何も出来なかった。
気づくとパンツまで下ろされてて、ムスコが丸出しだった。
自慢じゃないが、俺は身長の割にムスコはデカい。
A先輩が大きさに驚いてた。
そしてA先輩は俺のムスコにしゃぶりつきながら自慰行為をしていた。
普段のA先輩からは想像もできなかった。

そしたらA先輩が「あたしのも舐めて」って言ってきて、顔面騎乗された。
初めて見る女性器に興奮して俺は貪りついた。
そしたらA先輩がイッちゃった。

A先輩「ここまで来たら最後までするよね?」

俺は頷く暇もなく童貞喪失。

「初めてだった」って言ったら、「だと思ったw」って。

童貞だったから5分くらいでイキそうになる。

「先輩、イキそうです」

「我慢して。今日、超危険日だから、我慢しないと赤ちゃんできちゃうよ?」

ドSだと思ったw

「じゃあ抜いてくださいよ」

「やだ~。我慢して!」

そんなやりとりをしてる間に我慢の限界が来た。

「せん、ぱい、もう、無理です」

俺は中で果ててしまった。
その時、11時45分くらい。
それからずっとしまくった。
終わって時計を見たら17時30分。

(どんだけしてたんだよ)って思った。

それから数週間後、思い切って先輩に聞いてみた。

「あの、先輩。この間のことなんですけど、赤ちゃん出来てないですよね?」

「ああ、あれね、嘘w」

ほっとした。
それっきりA先輩とは何もなく、今までと変わらない日々に戻った。
俺が童貞じゃなくなったことを除いてはw