家庭内別居中の人妻と中出しエッチをしてます。
中出しエッチの相手とはW不倫の関係です。
名前は『ヒデミ(仮名)』で35歳のスナックでアルバイトをしている人妻。

彼女とは、ある飲み会の席で初めて会い、飲んで話してるうちに仲良くなり、その後、みんなでヒデミがアルバイトをしているスナックへ行き、二次会となりました。
店が混んでいて、テーブル席が空くまでカウンターで飲むことに。
ヒデミは私の隣に座って話をしていましたが、彼女はもうすでにかなり酔っていて、呂律が回らないほどでした。

ふと会話の中で、彼女は舌が長いという話になり、ヒデミが舌を「ベー」と出して私に見せてきました。
冗談ぽく顔を近づけ来たので、酔った勢いで私も舌を出してキスをしました。
それ以上のことはありませんでしたが、ラッキーなエロ体験に浮かれてその日は帰りました。

後日、先日の飲み会のメンバーから、「ヒデミの店に飲みに行こう」と誘われ、行ったところ盛り上がって閉店までいて、その後店の女の子たちと一緒に居酒屋へ行きました。
ヒデミはまた私の隣でかなり酔っ払っており、「もう遅いから帰るよ」とヒデミに言うと、店の外で携帯の番号を聞いてきたので交換して、別れ際にまたキスをしてきました。

(こいつ、俺に気があるのかな?)

そう思い、後日食事に誘うとすんなりOK。
食事しながら話をしていると、やっぱり俺のことを気に入ってくれてるみたいです。

「今日は女の日だから、今度会ったらエッチしよう」

大胆なお誘いに股間が膨らみました。
そして次の週、また食事に行きました。

「本当にいいの?」

「いいよ」

いざラブホへ。
私は結婚して9年、一度も浮気経験がなく、かなりドキドキでした。
ホテルの部屋に入り、ソファーで乾杯してからディープキス。
ヒデミの舌は長いのでやらしくて興奮しました。
胸を服の上から揉みながら、さらに激しくキスをしていると、「私、胸がすごく感じるの」と言うので、服の隙間から手を入れて乳首を摘んでやると、眉間にシワを寄せて感じています。

「一緒にお風呂に入ろう」

ヒデミは上下お揃いのTバックの勝負下着でした。
もうその時点で息子はビンビン。
一緒に体を洗いっこして、ローションがあったので軽くソープごっこをして遊びました。
興奮したままベッドに行き、濃厚なディープキスをしながらおっぱいを揉み、乳首を舐めるとかなり感じています。
手を股間に持っていくと・・・。

「私、すごく濡れやすいの」

確かめようとヒデミのまんこに顔を近づけると、もうすでに洪水状態。
興奮してベロベロ舐めまくっていると、「指、入れて」と言うので人差し指を入れながらクリちゃんを吸っていると、「指、2本にして」とエッチなおねだり。

「もしかして激しいのが好き?」

聞くと恥ずかしそうに小さく頷くので、2本指で激しくピストンしてやりました。
興奮した俺はビンビンの息子を彼女の口元へ持って行くと、喘いでいた彼女がそれに気づきベロンベロンと舌を絡めてきました。
そのまま玉袋までベロベロしてくれます。
お尻を持っていくと、何の躊躇もなく肛門にも舌を這わせてきました。
俺が指マンに集中すると、ヒデミは仰け反ってまんこをギューギュー締め付けてきます。
そして、「イクー」と叫んだと思ったら、ビクンビクンしてあっという間に昇天!

「溜まってたの?」

「かなり久しぶりだから」

今度は俺が仰向けになり、じっくりと人妻のフェラチオを堪能しました。
やらしい舌使いを楽しんでいると、彼女はそのまま息子を掴んで上に跨がり、騎乗位で自ら挿入すると前後に激しく腰を揺すって自分の世界へ。
そしてすぐにビクンビクンして、またイッたようです。

今度は俺のターン。
正常位で激しく突きながら乳首を摘むといい声で泣きます。
次に四つん這いにして、バックから激しくピストン。
背中からお尻にかけていい感じにくびれているラインを見ながらお尻をピシャッと叩くと、「ウウ~ン」とさらにいい声に。
そろそろイキたくなってきたので、もう一度正常位に戻してラストスパート。

「そろそろイクよ」

そう言うと彼女は喘ぎながら・・・。

「うん、いいよ、来て」

「どこに出す?」

「中でもいいよ」

遠慮なく中出ししようと思い、「いいんだね?中で出すよ」と言うと、ヒデミのまんこの一番奥に思いっきり放出しました!
出した瞬間、彼女が私の首に両手を回して抱き締めてきて、ビクンビクンと体を痙攣させました。
どうやら一緒にイッたようです。

後で聞くと、旦那とはセックスレスで会話すらない状態とのこと。
でもセックスは好きで、中出しも好きなのでピルを常用しているらしい。
中出しOKのエロい人妻をゲットできたので、当分は楽しませてもらおうと思います。