ちょっと聞いてくれますか、自分の状況を。
自分は22歳の大学生で、妹は20歳のフリーターです。
端的に言えば、妹にオナニー見られて、逆にオナニー見せ付けて、さらに妹のオナニー覗いた話です。

自分は実家を離れて大学近くのアパートで一人暮らしをしてまして、やっぱりそこはオナニー天国なわけです。
Fラン大学生なら、一人暮らしのアパートは無料のラブホ状態なるんでしょうが、自分は童貞だったので、この部屋で出された精液はティッシュに吐き出されるセルフバーニングか、画面の向こうのAV男優くらいなもんでした。

で、きっかけとなったのは1ヶ月前くらいです。
その日は大学から帰ってバイトも休みだったんで、夜11時くらいだったんですがAVでオナニーに花を咲かせていたんです。
自分は田舎育ちで家に鍵を掛ける習慣がなかったもんで、その時も鍵をかけずにオナニーしてました。
そこへ妹が尋ねてきたんです。
ピンポンを押さずにいきなり玄関のドアを開けられました。
ワンルームだったんで、もろに自分のチンコとAVの画面をばっちり見られました。
慌ててズボンを上げてAVを止めて、「ああ、ご、ごめん」とか言いながら妹を迎え入れました。
俺はその日、ライブだかイベントだか忘れましたが、自分の部屋に一晩泊めて欲しいと妹から頼まれていたことを失念していました。

妹も、とりあえずオナニー目撃のことは触れず、「お邪魔します」とか言いながら部屋に入りました。
ものすごくバツが悪くて、自分は大学の課題をやってるフリをしてノートPCを部屋の隅で弄ってました。
で、素っ気なく「とっとと風呂に入って寝てれば」と言うと、妹は「そうする」と言って風呂に行きました。

妹がシャワーから上がって布団を敷いて横になってたんですが、「今日、私が来るのを知ってて、わざと見せたでしょ?」とか言い出すんで、「そんなことねーよwごめんなw」って慌てて、でもおちゃらけて弁解したら・・・。

「私が寝ちゃったら、続きをやっていいよ。中断させてゴメンね、おやすみ!」

って背中を向けて寝息を立て始めました。

「しねーよwというか寝るの早ぇー」って、俺はネットを続けてました。

1時間ほど経って、妹が寝返りひとつ打たずにじっと横になってるのに気づきました。
子供の頃から寝相の悪い妹がまったく微動だにしないので、(寝たふりしてる?)と思いました。

(これは新鮮かも・・・)

と、変な考えが浮かんで、思い切って寝てる(ふりかもしれない)妹の横でオナニーを再開しました。
イヤホンで聞くのもつまらないので、微かに喘ぎ声が聞こえるくらいの音量にして。
ズボンを下ろしてしごき始めました。

(寝たふりをしている妹の横で堂々とオナニーをしている自分・・・)

なんだか見せ付けているような興奮が自分の中にはありました。
画面の向こうのおっぱい丸出しのAV女優とかもうどーでもよくて、妹のそばでオナニーをしているというシチュエーションをオカズに猛烈にしごきました。

シコシコしてたら妹が、「うう~~ん」とわざとらしい声を出して寝返り打ちました。
そう、こっちを向いたのです。
妹が目を開ければ、ばっちり自分のチンコとAV画面が見える位置になりました。
この時点で、もう確信していました。

(コイツ、絶対寝たフリして、俺のオナニーを見たがってるw)と。

興奮はMAXになりました。
鬼のレフトハンドピストンでシコシコシコシコ。
我慢汁も絡ませてちゅくちゅくと音を出しながらしごきました。
残念ながら妹の顔は見れませんでしたが、確かに感じる妹の背後からの視線を受けて、どぴゅっと出しました。
普段は無言で出すんですが、変な興奮のせいか、「おふぉっ」って言いながら出ました。

でも、出したら出したでハイパー賢者タイムに突入して虚しくなってしまいました。
ティッシュで後始末をして、俺も寝よってことで風呂に入りました。
ただここで絶対的な何かを感じたんです。

(さっきの俺のオナニーを見て、妹も疼いてたりして!)っていう希望的な直感です。

シャワーの音だけさせて、こっそり風呂のドアを開け、部屋の様子を窺いました。
ユニットバスの引き戸を慎重に開けて出ました。
そしてそっと聞き耳を立てると・・・。

くちゅくちゅ・・・。

(聴こえるううううう!!!)

思いっきりマンコを擦る音!
さすがに自分も興奮しました。
5分くらい聞き入っていたんですが、途中途中に、「んっ」とか「うっ」とか言ってるのが聴こえるんです。
たまらず、その声と音で一発出しました。
10シコシコくらいで一気にスパークして、慌てて手の中に出しました。

俺は風呂に戻って自分と作戦会議です。
手のひらの精子を洗い流しつつ今後の展開を考えました。
俺の作戦はこうです。
シャワー音はそのまま、服も着ずにバスタオル一枚でいきなりドアを開けて部屋に戻る。
いきなりだから隠すこともできず、妹のオナニーをばっちり目撃できる。
そして、「これでお互い様だねー」とかって笑いあって、願わくばそのまま乳くらい揉ませてもらう。
その後は・・・野となれ山となれです。

で、俺はガバって風呂のドアを開けて部屋に突入しました。
妹は布団を肌蹴て、マンコを両手で触ってました。
正確には、どちらかの手でマンコを広げて、どちらかの手でマンコの中かクリトリスを触っていたんだと思います。
自分、童貞なのでよく分かりません。
ただホットパンツは穿いたままだったので、直接マンコは見れませんでした。

俺は、「あっ、ごめっ!」とかわざとらしくおどおどしながらクローゼットの中の着替えを取り出しました。
ちなみにそのときバスタオルがズルっと脱げてケツが丸出しになりましたが、これは予想外でした。
妹は、「あっ、えっと・・・」とか言いながら布団をすぐに被って、また壁に向かって丸くなりました。
そんな妹に追い討ちをかけるように、「これで、お互い様だね」って言いました。
妹は涙声で、「バカ!死ね!」と叫んで、ノーブラTシャツとホットパンツのまま部屋を飛び出して、どっかに行ってしまいました。

妹の行動は、ケツ丸出しよりも予想外でした。
罪悪感が止まらないので探しに行くことに・・・。
あわよくば乳を揉むはずが、夜の住宅街で妹を捜索するはめになるとは。

(チクショー!)と思いながら必死に妹を探しました。

しかし30分探してもまったく見つからず、疲れたので部屋に戻りました。
するとアパートのドアは鍵がかかっていました。
妹は先に帰ってました。
で、締め出しを食らってます。
ピンポンを鳴らしまくり、新聞入れから情けない声で妹に・・・。

「頼むぅううう、入れてくれえええ」

妹がやっと返事をしてくれました。

「じゃあ土下座して謝って」

こんな蒸し暑い夜に外で過ごすなんてごめんです。
自分はアパートの廊下で必死に土下座をしました。

「◯◯(妹)のオナニーを覗いてしまってごめんなさい」

夜中なのに大きな声を出したからだと思います。
せっかく土下座をしたのに妹は、「バカ、死ね!」と怒って部屋の奥に引っ込んでしまいました。
しまったと思いましたが、ここですごい発見しました。
土下座ポジションで気がついたんですが、スペアキーをポストの下に隠していたのを思い出したんです。

(よっしゃ、これで入れる!)と喜びました。

で、そーっと部屋に入ると・・・。

「ぎゃあ!」

妹が声を上げました。
なぜか服を着替えてました。
おそらく慌てて外へ飛び出して汗でもかいたのでしょう、自分のTシャツを勝手に出して着ようとしていたのです。
妹の乳首ゲット!

「出てけ!」

妹が目覚まし時計を投げつけてきました。
しかし、ここは自分の部屋です。
ここは妹と徹底的に戦うことにしました。

「なんでそんなに怒っているんだ!怒りたいのはこっちだ!ばか!」

ちょっと言い方がキツかったのか、妹は泣き出してしまいました。

「もう最悪~」

とか言いながら嗚咽が止まりません。
こっちが最悪です。
もう2時半だというのに一向に泣き止まないので、仕方なしに折れました。

「どうしようか、そうだ!じゃあ今度は堂々とお前にオナニー見せるよ!」

俺の提案に妹は、「はぁ?」とか言ってますが、とりあえず泣きやみました。
妹は、「そんなん見せられても・・・」とかごにょごにょ言っています。

(本当は見たいんだろうが!このクソビッチが!)

「もしかして、私が見てたの気づいてた?」

妹が恐る恐る言ってきました。

「あ、うん、途中からw、ごめん」

自分も恐る恐る言いました。

「なんで見られてるのに続けてたの?」

こうなったらと思って素直に白状しました。

「AV女優なんかよりも、お前にオナニー見られたほうが興奮するんだ」と。

妹は泣きモードから軽蔑モードに入りました。
妹は知りませんが、Mな自分にはたまらない表情です。

「最っ低だね、兄ちゃん」

その表情だけで、また勃起してしまった自分。

「じゃあ見ててよ、俺のオナニー・・」

勢いでチンコを晒しました。
あの時は本当に、妹に自分のチンコを見下して欲しかったんです。

「じゃあやってみてよ」

妹様からご指令が下りました!
鬼のレフトハンドピストンでしごきました。
さすがに2回も出してるので、すぐには湧き上がってきませんでしたが、目の前には軽蔑の眼差しの妹・・・これだけで十分なオカズです。

するとだんだん妹は、軽蔑モードから探求者モードにシフトしてきました。

「速っ」とか言いながらじっと亀頭を見つめてます。

(もっとバカにした表情をしてくれ、あわよくば俺の顔を踏んでくれ)

そんなことを思ってオナっていたのですが、これはこれで・・・なかなか!

「いつもこんな速いスピードでやってるの?」

「これらいがちょうどいいんだ」

「ふ~ん」と感心する妹。

すっかり探求者モードです。
第一次予告汁が出てきました。
くちゅくちゅ音も鳴ってきました。

「えっ、何、なんで先が濡れてきたの?」

(えっ、まさかの処女?)

とりあえず学術的にきっちりと教えてあげました。
で、昔からの夢だった、唾をチンコに垂らして手コキしてもらうってやつを、ダメ元で頼みました。

「唾、垂らして」って。

さすがにエロゲのようにはいかず、「やだ、変態っぽい」とあっさり断る妹。
でも必死に説得すると・・・。

「今だけだからね・・・」

「なんで私がこんなことを」とブツブツ言いながら口の中に唾を溜めはじめる妹。
それは感動的な光景でした。

「ありがとう、ありがとう」と何度も何度もお礼を言いました、チンコをしごきながら。

妹が寄ってきて、自分のチンコの頭上に被さってきます。
しかし尿道口から妹の口までは1メートルくらいの高低差がありました。
こんな高低差では、まともにチンコに唾液がかかるとは思えません。
ましてや初心者の妹。
ここはコーチである自分が、「もっと近づけて」と下から妹の頭を掴むと、「やだ!やだ!」と激しく抵抗。

(やる気あんのか!?)

一瞬、キレそうになりましたが、ここで怒ったら台無しになるので、「もう少し近づけないとかからないから」と優しく説得。

妹が恐る恐る、チンコに顔を近づけてきました。
腰を持ち上げてチンコを妹の口に当てようとしました。
よけられてビンタされました。
軽蔑モード復活!
このビンタでもうMAXビンビン。

「お願い!早く唾かけて!お願い!」

涙目でお願いする自分。

「もぅ~~やだぁ~~」

情けない兄に涙する妹。
妹は軽蔑の眼差しで、50センチくらいの高さから唾を垂らしてくれました。
軽蔑モードと探究心モードと泣きモードが交じった妹。
本当に最高でした。
自分史上最高のオナニーでした。

で、いよいよ発射の瞬間が近づいてきました。
いつの間にか純真な乙女モードになってる妹が、目を爛々とさせて亀頭を見つめていました。

「出そう?」

何度も顔を覗き込んでくるので、「ああ、イキそうです」といつの間にか敬語を使っていることにも気づかずに虚ろな目で喘ぐ自分。

「出るとき言ってね」

「はい」

「すごいべちょべちょ・・・というかテカテカになってる、なんか綺麗だね」

そしてとうとう射精の時間です。

「出ます」と高らかに宣言してシューーーート!

3回目ですが、1回目と2回目の中間くらいの量が出ました。
妹の感想は、「うっわ~・・・汚っ」でした。
兄としてはとてもショックで惨めで、そして最高でした。

「もうしないからね、こういうこと」

妹はそう言って、布団を被ってそっぽ向いてしまいました。
照れてるっぽかったです。

で、今に至ってるわけですが、それ以来、妹は時々自分の部屋を訪ねてくるようになって、オナニーを見てもらってます。
これ以上のエロゲ的な展開はないと思いますが、自分としては現状で十分満足しています。

たぶん妹のオナニーを見せてもらうことはないと思います。
妹の性格的に。
万が一エロい展開があったら、またご報告させていただきます。