王様ゲームっていいよね。
ついこの前の話だけど、会社の同僚2人(男は28歳、女は24歳)とバーベキューに行ったときの話。
ちなみにこの女の子は俺とは違う課で、たまに仕事のことで話をするくらい。
入社2年で、可愛くて細身で良い体をしてそう。
でもなんかお高い女を気取ってて、今まではあんまりしゃべったことない子だったんだけど、なんとなく誘ったら二つ返事で、「参加しまーす」だって。

夕方からバーベキューを始めて、暗くなりかけて酒も回って来たところで下ネタ系の話になってきた。
すると女は、「あたし、一度も王様ゲームをやったことがない」って言い出した。
彼氏と同棲生活が長くて、あまり合コンにも行かないから、今までそういう経験がないんだって。
女曰く、彼氏に王様ゲームがやりたいって言ったら、「あんなもんやってどうするんだ」って窘められたらしく、逆に興味津々になったらしい。

「んじゃ、試しにやってみよう」って話になった。

まあ俺が言ったんだけどね。

初めに女が王様になった。
喜んだ女は何を命令したらよく分かってないみたいで、いきなり「王様以外の人が王様を気持ち良くする~」って言い出した。

(へ?)

男2人で、その意外過ぎる言葉にしばらく呆然・・・。
あまりにも早過ぎるエロ展開にビビッた俺は思わず、「で、何秒間?」っていらぬ質問をしてしまった。

女は、「え?そんなルールがあるんだ―。じゃあ30秒!」と、はにかみながら言った。

とりあえず、初めからパンツを脱がして触るのはマズイと思った俺達は2人で、女の首筋にキスを30秒した。
女は2人の男からされたことがなかったらしく(それが普通だけど)、普段はお高い女が、「ふぅ~ん、うぅ~ん」とよがった。
酒の力か同棲のマンネリか、今日の彼女はいつもと違っていた。

30秒経って王様タイムが終わると、女は満足気に「はい、次!」とノリノリだった。
次のゲームでは俺達が勝って、女とキス。
そしてまた俺達が勝って、女をジーンズとブラジャーだけにした。
次もまた俺達が勝って、ブラを取ってもらうことにした。
さすがに女は躊躇ったが、「ゲームだもんね!」と言ってブラを取った。
すぐに胸を隠したが、一瞬乳輪が見えた!
俺達も興奮してきて、その場で女を犯してやろうかと思ったけど、会社の女だし、泣かれたら後が面倒だと思い、今の興奮を収めるためにビールを飲むペースを早めてしまった。

「ずるーい、2対1だからあたしばっかり負けるじゃん!」って女が言い出した。

「これでいいんだよ、これが王様ゲームなんだよ」と、もう1人の男が言った。

女は上半身裸の状態で、ちょっと不満そうだったので、ちょいとくじに細工をして女が勝つようにしてやった。
いつもは敬語でしゃべっているのに、徐々にため口になっていく女にだんだん親しみが湧いてきた。

悔しがった女は、勝つと俺達にいきなり「全部脱げ」と言い出したが、それではつまらないので、とりあえず一枚ずつ脱ぐことにした。
次は女が負けたので、「おっぱい隠さずに前転3回」の命令を出した。
女はちょっと躊躇ったが、一気に前転をした。
すっかり暗くなっていたが、薄っすらと乳首が見えた。
この後、もう少しあるんだけど、早く本題に行きたいので省きます。

後日、2対1で負けまくったのが悔しかったのか、この女がもう1人同期の女を連れて来た。
ここからは登場人物が4人になるので名前をつけます。
前回参加の女はともさかりえ似なので、『ともさか』にします。
今回初参加の女は24歳、垂れ目のロリ顔で、背はちっちゃくてデカパイなので、『ロリ子』にします。
男はどうでもいいので俺は『俺』、もう1人の男は『同僚男』ってことで。

前回負けまくったともさかは、その後の王様ゲームで俺たちに生おっぱいを揉みまくられ、舌入れのキスも散々されて、ふらふらになって帰りました。
俺達もかなり酒が進んでしまって、それ以上のことができなかった。
酔ってチンポも立たない状態・・・。

次の週末にともさかから、『またバーベキューしよう。ロリ子も連れていっていい?』とメールが来た。
ロリ子は、勤務態度はまじめで、黒縁のめがね。
笑ったところを見たことがない女の子。

午後5時に待ち合わせをして、海辺の岩場でバーベキューをすることにした。
待ち合わせに来た女達は、2人とも下はジーンズ、上はTシャツ。
ロリ子の私服は初めて見たんだけど、びっくりするくらいのデカパイだった。
後で聞いたんだけどFカップらしい。

バーベキューが始まってお腹も落ち着いてきた頃、「ちょっと着替えてくる」と女達は言い出した。

(汗でもかいたのかな?)

そう思って待っていると、なんと胸のゆるいタンクトップに超短パンという格好で現れた。
女達が、「今日のことは絶対に内緒にしてくれる?」と言ったので、内心ドキドキが止まらなかったが、落ち着いて「そんなの当たり前に決まってるじゃん」と言った。
超まじめなロリ子がいるから、今回は全然期待していなかっただけに、チンポが一気にムクムクするのを感じた。
ロリ子はめがねも外しており、笑った顔がめちゃくちゃチャーミングだったので、ロリ子に対するイメージも一気に変わった。

周りには何組か他のグループもあったが、女達はアイコンタクトでもしたのか、声を合わせて「じゃあ王様ゲーム、イェーイ!」と言った。
この時点で、女達はしっかり打ち合わせをしてきたなと思った。
今思えば、王様ゲームもこの女達にとっては建前だったんだなって・・・。

ゲームが始まり、ともさかが王様になった。
前回と同じく、「王様以外が王様を気持ち良くするー」と言った。
もう俺達は、女子達はエロい命令を楽しみにして来ているとわかったので、じっくり攻めてやろうと思った。

ロリ子はともさかにキスして舌も入れている。
同僚男はTシャツの上から右乳首を、俺は左乳首を攻めまくった。
ロリ子にキスされている口から漏れるように、「んぐ、ングッ」とともさかの妖しい吐息が聞こえた。
早くも感じているようだ。

興奮した俺達はブラのホックをはずそうと思い背中に手を回したら、ともさかはホックを外しやすいように協力してくれた。
ノーブラTシャツになったともさかの乳首はもうピンピンになっていて、Tシャツを着ている意味がないくらい形がハッキリわかった。
ロリ子も、同僚男も攻めまくっていたので、俺もちょっとエスカレートして短パンの脇からともさかのあそこに手を伸ばした。
パンツの上からでもハッキリわかるくらいぐしょぐしょになっていた。
触った瞬間、ともさかの体がビクン!と跳ねた。

ロリ子と同僚男がちょっとびっくりして顔を上げたときに俺はすかさず短パンから手を抜いて、「次の王様ゲームをしよう」と言った。
ともさかは、「え?もうあたしの王様は終わり?」と放心状態の目で言った。

次のゲームは同僚男が勝って、ロリ子のブラジャーを取ることになった。
ロリ子は後ろ向きになって、「恥ずかしい・・・」と言いながらはにかんだ様子でブラを取った。
まだTシャツがある安心感か、ノーブラになってもロリ子は胸を隠さなかった。
おかげでロリ子のおっぱいの形がハッキリわかった。

(で、でかい・・・)

普段のまじめな勤務態度とのギャップが俺達の興奮に火をつけた。

次はロリ子が王様になった。

「やった―」と大喜びのロリ子は目を輝かせながら、「あたしも気持ち良くして」と言った。

早速、ともさかがロリ子にキス。
同僚男がノーブラのおっぱいを両手で鷲掴みにして舐めた。
かなりのおっぱい好きらしい。
となると、俺の攻めるところはひとつしかない・・・。
ともさかと同様、パンツの上からでもわかるくらいぐっちょりだった。
さっきのレズキスで濡れたんだなと思った。

パンツの上からじゃなく直接触ってみることにした。
パンツを脱がし、まずはクリから。
案の定、ロリ子のあそこは土手の上までぐっちょりで、クリの位置がわからないほどヌルヌルだった。
ロリ子の息は荒くなってきているが、ともさかがキスでロリ子の声を抑えてくれた。
安心した俺は余裕を持ってマンコを責めた。
肛門までびちょびちょだった。
マンコに第二関節まで指を入れて、ちょっと激しめに動かしてみた。
ロリ子は我慢ができなかったらしく、ともさかに抱きついた。
抱き締められたともさかは、「ふ~」と言ってキスをやめた。

次のゲームに行く前にともさかが、「ちょっとおしっこしてくる」と言った。
でもここは海岸、近くにトイレなんてない。

(あっ、俺も)

と思い、とりあえずおしっこできそうな場所を2人で探した。
俺は男だからどこでもできるんで、「お先に~」と言って岩場の陰で用を足した。
するとともさかが寄ってきて、放尿中のちんちんを俺の肩越しに見てきた。
ともさかは、なんとも言えない笑みをしていた。
そして、まだ止まらない俺のおしっこに、ともさかは手を伸ばしてきた。
はにかみながらちんちんを指で突いてきた。

「やめてくれ~」

足におしっこがかかりそうになったが、ようやくおしっこも終わり、ちんちんを振って雫を切った。
ともさかは目を爛々とさせて、「へー。こうやってやるんだー」と感動していた。

ともさかは、「もう暗いし、あたしもここでする」と言い出した。
俺はシメシメと思い、「うん、暗いし危ないからここでしちゃいな」と言った。
ともさかは後ろを向いて短パンを脱いでしゃがんだ。
俺は、「さっきのお返し~」と言いながら、すかさずお尻側から覗き込んだ。
ウソっぽくともさかは、「キャー」と言った。
ともさかは、男におしっこするところを見られるのは初めてらしく、なかなか出ない様子だった。

ともさか「見られてたら出ないよ~」

俺「大丈夫、暗いからよく見えないし、だからリラックスして」

ともさか「うん・・・」

ピチ・・・ピチ・・・シャーーー!

かなり我慢していたのか、ほぼ水平におしっこが飛び出た。
肛門付近からもポタポタとおしっこが垂れているところを見た俺は、光景が圧巻すぎて声が出なかった。
おしっこが終わった後、ともさかはティッシュで拭こうとしていたが、「せっかく濡れてるんだからそのままにしておいて」って言ったら、「うん」と言って拭かずに短パンを穿いた。

あんまり遅くなると2人に怪しまれるので、とりあえず皆のところに戻り、またゲームを始めた。
ロリ子が勝って、「さっきよりも王様を気持ち良くすること!」と言った。
さっきと同じように、ともさかがキス。
同僚男はTシャツを捲り上げ、直接乳首を舐めまくっていた。
で、俺はまたあそこ。
今度は指を全部入れてGスポットらしきポイントを指で擦りまくった。
ロリ子は泣きそう声を出しながら、ともさかのTシャツに手を入れておっぱいを揉んでいた。
俺は、あそこに入れた指を抜いて匂いを嗅いでみた。
するとロリ子は、「あ~ん、ダメ~」と言って俺を制止した。
ロリ子の恥じらいに興奮した俺は、さらにその指を嗅いだ。

(う~臭い・・・マンコの匂いだ・・・)

俺はさらに興奮した・・・。
するとロリ子は自分のあそこに入った俺の指を掴み、舐めてきた。
もう良いかなって思った俺は、ロリ子の手を取り、チンポに当ててみた。
するとロリ子はベルトを緩めてチャックを開けてきた。
ともさかにキスされて、同僚男に胸を吸われまくってるロリ子は、チンポを出すのに苦労していたので、俺は自分でチャックを下げた。
俺のチンポは完全に勃起状態。
硬くなったちんぽを確認するようにロリ子は強めに撫でてきた。
硬さを確認したロリ子は亀頭の先っちょを指で撫でてきた。
カウパー大放出だったらしく、チンポの先はロリ子の指でヌルヌルしている。
ロリ子は亀頭全体を撫で回した。
俺はすぐにでもロリ子の口にチンポを入れたが、ぐっと我慢してもっと大きいチャンス、4Pを待った。

ロリ子のあそこはびっしょりだったので、1回イカせてみようと思い、クリの皮を剥いて責めまくった。
同僚男とともさかもロリ子の息遣いを感じたのか、さっきよりも激しいキスとおっぱい攻めでロリ子を責めまくった。
そろそろイクなと思ったそのとき、ロリ子の体が仰け反って、そのままの状態で5秒くらい力んで、バタッと元の姿勢になった。
イッて全身の力が抜けたのか、チンポを触る指もキスしていた口も止まった。
後で聞いたら、連続で2回イッたらしい。

しばらく放心状態だったロリ子が目を開けた。
皆でロリ子をじーっと見ていると、ロリ子は急に恥ずかしがり、下を向いてモジモジした。
可愛かった。

ともさかが、「じゃあ次!」と言った。
もう今日はただならぬ日になるという予感しかなかった。
ロリ子の目がちょっと虚ろのまま次の王様ゲームが始まった。
時間はまだ夜の9時くらい。
次のゲームは同僚男が勝った。
相当酔っているみたいで何を言うかちょっと不安だったが・・・。

「王様以外、紙コップでビール2杯を一気飲み!」

女達は結構酒がいけるらしく、「イェーイ」と言ってあっさりゴクゴク。
女達は面白がって、同僚男にビールを勧めた。

ともさか「社長さん、もっと飲んで~」

ロリ子「かっこいい~」

同僚男は気分が最高になったらしく、3杯も一気をした。

次は、またロリ子が勝った。
俺は(ロリ子強えー)と思った。

ロリ子は「男同士のキスが見たい」と言い出した。

俺「マジかよー」

ロリ子「ちょっとそういうのも見てみたい」

俺は場を白けさせたくなかったので、同僚男に覆い被さりキスをするふりをした。
ロリ子とともさかは、「ちょっと違う意味で興奮した」と言った。
同僚男は飲みすぎて寝てしまった。
もう今日は絶対やれると思ったけど、俺はこの女達でもっと遊びたくなった。
周りに人がいなくなっていたので、王様になった俺が・・・。

「タンクトップのおっぱいのところを水で濡らす!」

と言ったら・・・。

ともさか「えー、それなら脱いだほうが早くない?」

ロリ子「うん。だよね」

2人は後ろ向きで脱ぎだした。
脱いだ女達は、「これでいい?」と隠さずにこっちを向いた。
すっかり暗いから上半身裸でもあんまり恥ずかしくないようだった。
でも俺は目がいいので、2人のおっぱいの形がよく分かった。
ロリ子はお椀型、ともさかは鳩胸。
乳首の色は暗くてよく分からなかったが、2人ともしっかり立っていた。

2人が、「なんか裸って気持ちいいよね」と言ったので、「じゃあここは日本初のヌーディストビーチってことで!」って言ったら、2人はまた後ろ向きで短パンを脱いで、「あ~超気持ちいい!」と言って背伸びした。

俺は、会社の女とこんなことをしていることに感動さえ覚えていた。
こんな機会はめったにないと思った俺は、2人の体をよーく見た。

真っ裸になったともさかが、「気持ちがいいから脱いじゃいなよ」と言ってきた。

ロリ子が、「みんなで脱いで海に入ってみようよ」と言った。

2人に脱がされているうちに、またチンポがムクムク大きくなってきた。
あのまじめなロリ子がエロい目で俺の勃起チンポを見ている。
次の瞬間、ともさかが俺の足を広げた。
チンポを丸出しで仰向けで膝を広げた情けない格好だ。
ともさかがチンポを触り、「硬くなってるよ」と言った。
ロリ子もチンポの付け根を触って、「本当だ、かったーい」と言った。
2人は面白がって、暗い中でチンポの硬さを確認していた。

ともさかが仮性チンポの皮を剥いて、「なんか先っぽがヌルヌルしてるよ」と言った。
俺は「気持ちいい・・・」と、いかにも感じてますって顔をした。
ともさかの鼻息が「フッ」と聞こえ、チンポをシコシコし始めた。
ロリ子もマジマジとともさかの手コキを見ている。

(ヤバい、これは速攻で出ちゃう)

そう思ったとき、ロリ子も何かしなくちゃと思ったみたいで、俺の乳首にキスをしてきた。

俺「だめ、出ちゃう!」

言った瞬間、チンポから一気に大量の精子が出た。
かなりの量で、ともさかの手とお腹にたっぷりかかった。
ともさかは自分の手に付いた精子を見て、「・・・いっぱい出たね」と。
ロリ子も俺のお腹に付いた精子を見て、「すごいね・・・溜まってたの?」と聞いてきた。
2人がポケットティッシュで拭き拭きしてくれた。
そのときのともさかの表情は、これからのことを期待している顔になっていた。

俺が、「今度はともさかを攻めようぜー」と明るく言ったら、ともさかは目を閉じて自分から横になった。
速攻であそこを確認してみると、さっき以上にヌルヌルになっていた。
俺はレズプレイも見たかったので・・・。

俺「ロリ子、ちょっとおっぱいの先でともさかのおっぱいを刺激してあげて」

ロリ子は満面の笑みで、「そういうのが見たいんだ?」と聞いてきた。
俺が「うん」と言うと、ロリ子はともさかに軽く抱きついて乳首と乳首を合わせた。
俺は目に焼き付けるようにそのシーンを凝視した。
しかし、さすがにこれは2人とも恥ずかしかったらしく、10秒くらいでやめて普通に指でともさかの乳首を転がしていた。

夜とはいえ海岸だったので、その日は結局チンポを挿入することはなかったが、後日、1人ずつ会ってラブホでセックスをした。
けど、王様ゲームのときほどの興奮はなかった。
なんか祭りの後の寂しさに似た感じ。
まあいい思い出になったけどね。