高校を卒業して2年、東京に本社のある会社の地方の営業所に勤めています。
事務機器の販売で、社員は全部で14人。
女子は私と既婚2人の3人、それにパートの倉庫のおばさんの4人だけ。
倉庫は、車で30分ほどの共同倉庫を使用しているので、事務所にいるのは3人です。
女子は全てオペレーターと電話番が仕事。
男子社員は所長を含め、全員が販売とアフターサービスで外回り。

私は独身で、160センチ58キロ。
ちょっと太めで、「色白の安室奈美恵」と言われています。
小さい時から新体操をしてきました。
今も中学で、土曜日の午前中のみコーチをしています。
引退してから7キロ近く太ってしまいました。

「ポチャッとして可愛い」・・・と言ってくれる人もたまにいます。

今、彼はいません。
付き合っていた2つ年上の彼は東京の大学へ行き、そのまま東京で就職して自然消滅。
彼と言っても単なるボーイフレンドで、キス以上の関係はありませんでした。
ずっと部活に追われていて、自由な時間を持てたのは2年の秋からで、その後も後輩の指導と就職活動のため、あまり付き合う時間がなかったのです。
私も進学の夢があり私大の推薦の話もありましたが、父が定年間近で母の体の具合も思わしくなく・・・地元で就職する道を選びました。

先日の話です。
既婚女子社員の2人が、どちらも子供の学校の用事でお休み。
事務所はみんな出払って、今年の春に入社したK君と2人っきり。
私とK君は机が向い合わせで、互いの机の上はデスクトップのパソコンがあり、モニター越しに顔を合わせます。
体育会系の彼は、童顔であっさりした性格。
元彼と同じ2つ年上。
奥手なのか、いつも私を恥ずかしそうに見つめます。
パソコンが苦手で、いつも年下の私にこっそり聞きに来ます。

K君は今、パソコンに必死に出張報告を書いています。
実は私、今日は家を出る前から下半身が疼いて・・・。
我慢できず、昨夜は一人でしちゃいました。
生理の前はいつものことなのですが、朝になってもまだ・・・。
そのままの状態で車を運転して会社に来ました。
下着が気になりトイレで確かめると少し濡れていました。
下着の替えは持ってきていません。
生理はもう少し先だと思っていたから。

汚れたショーツをまた穿く気にはなれず、ストッキングごと脱いでしまいました。
裸足で靴を履くとひやっとしました。
会社の制服は白のブラウスにピンクのペスト、下はミニです。
私はぽっちゃりなので、椅子に座るとスカートが持ちあがり下着が見えてしまいます。
でも今日はK君だけ。

(ちゃんと気をつけていれば大丈夫・・・)

私はデスクに戻り、仕事を再開しました。
でも下着がないせいでスースーした感じ。
ふと下を見ると完全に下半身が丸見えでした。
下の毛がほんわりと持ち上がって脚が全部出ています。
ビックリして画面越しにK君を見ました。
大丈夫、机の下は見えるわけがありませんから。
でも、頑張って裾を引っ張っても少し隠れるくらいなんです。
その時、私の指が敏感なとろろに触れてしまいました。
ビクンとしてガクッと身体が震えました。

(アーン、またムラムラした気分に襲われちゃう)

もう一度トイレに・・・と考えたのですが、そんなに頻繁に行くわけにもいかず、両膝合わせて力を入れました。
すると身体の奥から悪魔の誘い。
私は目の前にいるK君の様子を覗いながら、こっそり右手を下に移しました。
恥毛を掻き分けると尖ったクリトリスが指先に当たります。
そこを避けてその下に行くと・・・そこは恥ずかしいくらい濡れていました。

(あーっ、もう我慢できないかも・・・)

溢れる泉を指先で掬い、クリトリスの膨らんだ芽の先に・・・。

「あぁ」

小さく声が出てしまいました。
私はクリトリスを優しく撫で、薬指の先をおまんこに少しだけ入れました。
でもすぐに物足りなくなって、左手をブラウスの下から中に入れて、ブラの上から乳房を強く揉みました。
K君は何も気づかずにカタカタをキーボードを打っています。
それに安心して私はブラをずらし、直接自分の乳房を握り、乳首が大きく立ちあがるのを確認しました。
だんだん硬くなる乳首を2本の指先で摘むと・・・。

「いぃっ」

思わず声が漏れてしまいました。

「どうかした?」

K君が私の顔を見ました。

「なんでもない、ちょっと間違えただけ・・・」

私の顔は少し赤くなっているはず。
私の左腕は制服の中・・・もしかしたら不自然な格好は見えたかも。
またK君は熱心にキーボードを打ち始めました。
私はブラウスのボタンを2つ外して、ブラも持ち上げて直接乳房を愛撫しながら左手でおまんこを刺激しました。
もう自分の欲望を抑えることが出来なかったのです。

クチュ、クチュ・・・。

おまんこを愛撫する音・・・。
心臓がドクドク鳴っています。
そのときK君が私の上半身を見ました。
ブラウスの下に手を入れて、自分のおっぱいを赤い顔をして弄っている私。
そしてもう一つの手は机の下で・・・。

クチュクチュ、ピチャピチャ・・・。

「◯◯さん・・・?」

私は彼に見つめられても続けていました。

「お願い・・・このまま・・・」

彼は私の行為を完全に理解しました。
はっきりとパソコンのモニターをどかして私を真正面から見つめています。
私は彼の了解を得たと感じ・・・もう我慢できずに声をあげました。

「・・・いい・・・いいの・・・このままイカせ・・・てっ!」

私はベストとブラウスのボタンを全部外してブラジャーのホックも外して、彼に見えるようにおっぱいを曝け出して愛撫しました。
そして椅子から立ち上がり、下半身を彼の目の前に広げて左手で弄びました。
2本の指をおまんこに出し入れします。

「・・・ああ、いい・・・イキそう」

「待って・・・僕も・・・」

K君も急いで立ち上がると、ベルトを外して一気にズボンとパンツを下げて、硬くなったおちんちんを握り締めました。
顔をしかめ、私の全身を舐めるように見つめながら、おちんちんをしごくK君。
私は左足を机の上に乗せて、おまんこを大きく拡げてクリトリスをいじめました。

「・・・イッちゃう・・・イクイク・・・」

「◯◯さん・・・俺も、俺も・・・」

私は上半身を大きく震わせて・・・。

「ダメ、イク!」

「ああっ!」

私達は同時に絶頂を向えました。
お互いに始末して・・・息を整えます。
恥ずかしさ、気まずさ、快感の名残り・・・。

その夜、私はK君と飲みに行きました。
会社の誰にも言わずに2人だけで。
K君に誘われた時、私は処女をあげる覚悟をしました。
そして私は初めてなのに、ホテルで何度も絶頂を迎え、大声を張り上げて体を震わせました。